指定ディレクトリ配下にある、テキストファイルの中身を置換するスクリプト。 Call replace(“D:\dev\WSH\テストフォルダ”, “てすとA” & vbCrLf & “てすとB” & vbCrLf, “”)赤いのがパス、青が置換したい文字列、オレンジが置換後の文字列。 サンプルソース (入力) Dim fs Dim fn Set fs = WScript.CreateObject("Scripting.FileSystemObject") fs.DeleteFile "e:\make.txt",true (出力) なし 戻る 「FileSystemObject」というものを使うと、テキストファイルの読み書きができる。, 以下のようなスクリプトを fso.vbs などという名前で保存。inputText.txt はスクリプトと同じフォルダに置いておく。, 今回は特に文字列置換などはせず、inputText.txt の中身を1行ずつ読み込んで、outputText.txt というファイルを作って書き出すだけ。ファイルごとコピーしたときと結果は同じ状態だけど、テキストファイルの読み書きの基礎として…。, VBA から覚えたタチなので変数宣言を必ずしている。Option Explicit と書かなければ、Dim で変数宣言をしなくても動くっちゃ動く。あんまりよく調べてないまま書いてるけど、よく調べずに書いても何となく使えるのがスクリプト言語 (WSH) の良いところ。, Scripting.FileSystemObject#OpenTextFile() の引数は以下のとおり。, 第4引数の文字コードのことが書きたかった。そう、FileSystemObject では UTF-8 の読み書きができないのだ。つまり、inputText.txt のエンコードは ANSI などである必要がある。UTF-8 の読み書きの方法は別途紹介。, [改訂版] VBScriptポケットリファレンス (POCKET REFERENCE), ' 読み込みファイルの指定 (相対パスなのでこのスクリプトと同じフォルダに置いておくこと), ' 読み込みファイルから1行ずつ読み込み、書き出しファイルに書き出すのを最終行まで繰り返す, Windows管理者のためのWindows Script Host入門:第10回 WSHスクリプトからのファイル操作(1) (1/3) - @IT, AtEndOfStream プロパティ (Windows Script Host), Oracle Autonomous Data Warehouse (ADW) (1), Oracle Autonomous Transaction Processing (ATP) (1), Oracle Cloud Infrastructure Registry (OCIR) (3), Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) (4), 第1引数:読み込む・もしくは書き出すファイル名。相対パスか絶対パス。必須な引数は第1引数のみ。. VBscriptでテキストの編集方法について質問です。テキストファイルの中身は次のようになっています。 test1(複数の半角・全角スペース)test2test3test4test5test6半角・全角スペースを消して次のようにきれいに改行したいのですが何か方法はございますでしょうか?test1test2test3test4test5test6 ご質問 … これは、アプリケーションがコンテンツを更新したばかりであっても、ファイルに新しい作成時刻を表示させたくないので、 新しいファイルを作成せずにファイルの内容をクリアするためです 。 FileStream fileStream = File.Open(, FileMode.Open); /* * Set the … ; がソースファイルの一番上に書かれているものとする」)の意味が分からないという方は、, Windows Vista以降でUACが有効になっていると、ファイルへの書き込みに失敗する可能性があります。詳しくは、, .NET Tipsをご利用いただく際は、. がソースファイルの一番上に書かれているものとする」(C#では、「using ??? 例えばテキストファイルから末尾の1行だけを削除したいとか、テキストファイルの先頭に1行追加したいという場合は、1発で解決できる方法があり … VBScriptで、テキストファイルに追記をしてみました。自家製スクリプトのログをとろうと思ったわけです。 試した環境は下記です。 ¨ï¼‰, 02 1月 - C#のキューを試してみた, 01 1月 - C#のスタックを試してみた, 省略可。読み取り専用の場合は1、書き込み専用の場合は2、追記の場合は8を指定します。, 省略可。ファイルが存在しない場合に、新しくファイルを作成する場合はtrueを、作成しない場合はfalseを指定します。規定値はfalseです。, TextStreamオブジェクトを指定します。, FileSystemObjectのオブジェクトを作ります。, OpenTextFileメソッドでファイルを開きます。, WriteLineメソッドで文字列と改行コードを書き込みます。. テキストファイルから1行削除する、先頭に1行追加する. VBS(VBScript)によるファイルを削除する方法を紹介. ¨é›†ã—、書き込む方法, ファイルを1度しか開かない方法, 文字コードを指定してテキストファイルを読み込む, 文字コードを指定してテキストファイルに書き込む, 既存のファイルに追加で書き込む, この記事へのコメントの一覧を見る, このサイトで紹介されているコードの多くは、例外処理が省略されています。例外処理については、, コードの先頭に記述されている「Imports ??? ファイルを削除する方法. 「FileSystemObject」というものを使うと、テキストファイルの読み書きができる。 以下のようなスクリプトを fso.vbs などという名前で保存。inputText.txt はスクリプトと同じフォルダに置いておく。. VBScriptでテキストファイルに追記してみた.