パスワード:0000, 詳細は下記参照 では、実際のテストコードを見ていきます。, ログイン処理と同様、最初は正規ルートでの動作を見ていきます。 WithMockCustomUserSecurityContextFactory.java, 半角英数ハイフンアンダースコア以外に属する記号群をPOSTするとAuthInpuTypeエラーが発生, DBに既に存在するユーザ名でPOSTするとUniqueUsernameエラーが発生, 結果が空でない場合、DBから取得したユーザに紐づくパスワードを復号化したものが入力値と一致するか検査, 引数にはSpringSecurityのConfigクラスのloginProcessingUrlを指定, SecurityContextHolderをもとに空のSecurityContextを生成, トークンをもとに認証処理を行い、認証情報を格納したオブジェクトをコンテキストに設定, fieldName...エラーが存在するFormオブジェクト内のフィールド ユーザ名・パスワードのいずれかが該当, you can read useful information later efficiently. What is going on with this article? ・Thymeleaf By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. ただ、formLoginメソッドと異なり、通常のPOSTリクエストでは、CSRFトークンは付与してくれません。よって、wirh(SecurityMockMvcRequestPostProcessors.csrf)メソッドでCSRFトークンをリクエストに追加する必要があります。, これだけでも、ログアウト処理が動いていることの検証には問題なさそうですが、もう一歩踏み込んでみましょう。 !」という情報を覚えてもらうためのメモのようなものです。, WithMockCustomUserでは、名前の通り、ユーザ情報しか定義していないので、続いて、コンテキストを作成している処理を見てみます。, コンテキストの工場と言われてもなんのことやらさっぱりなので、実際のコードを見てみることにしましょう。, 色々とコードは書いてありますが、やっていることはごくシンプルで、ログイン済みの状態すなわちSecurityContextを作っています。, SecurityContextHolderは、コンテキストを管理するためのオブジェクトで、スレッド周りのあれこれを管理していたりするのですが、本筋から外れてしまうので、今回は割愛致します。 もう少しイメージしやすくするため、コンテキストを簡単に図で表したものを図5に示します。, コンテキストがあることによって、画面でかちかちログインしたときと同じ状態をコードによってつくり出すことができます。便利ですね。, まずは、中身に入る前に、テストコードの中でどのようにログイン済みの状態が記述されているか、見てみましょう。 相関チェックについては理解しきれておらず、パスワード合致のテストコードとかで心が折れてしまったので、お詳しい方がいらっしゃったら、情報を頂けるとうれしいです。(: ログイン処理についても、ざっくりとではありますが、テストコードを記述し、動作が検証できるようになりました。 サンプル用の画面なので、デザインは...気にしないでください。, さて、今回はログイン関連の処理を検証することが目的なので、この画面については、以下のことが想定した通りに動作しているかを検証していきます。, おおむねログイン画面と同様、悪いことはできないかを軸に検証すれば良さそうですね。 これは、ユーザ名・パスワードが認証のための鍵となる、という意味から、「Hard Token」の方が意味的に近いかと思われます。, 少し話がそれてしまいましたが、カスタムアノテーションを定義することにより、テストコード上では、ユーザ名・パスワードを指定するだけで簡単にログイン済みの状態、すなわち、SecurityContextを作れました。やったね。, 少し大変でしたが、ログイン済みの状態が作れるようになったので、ログインが必要な画面のテストコードはぐっと楽に書けるようになります。, さて、ログインが必要な画面の例として、ユーザ用トップ画面を見てみます。 SpringBootでログイン画面を作成し、データベースに登録されているユーザーとパスワードが合致した場合にログイン可能にするログイン認証画面の作成方法を解説する, OS:Windows 詳細については、公式を見て頂くのがよいかと思います。. いつぞやに書いた記事の続きです。 後ほど触れていきますが、ここでは、ログインが上手くいったらユーザのトップ画面っぽいURLへ飛ばされるんだなー、ぐらいを理解して頂けたら十分です。, 上記のテストコードで、何やら、SpringSecurityはユーザを通してくれることが分かりました。 しかし、これだけでは、もしかしたら誰でもウェルカムながばがばセキュリティである可能性が残ってしまっています。 引数として、name, fieldName, errorを渡しています。 ここで、整理するため、悪いことが何を表しているか、もう一度見てみます。, 上記を防ぐための実装自体はSpringSecurityのConfigクラスで定義しているので、ここでは、本当に防げるかどうかをテスト的なリクエストを送信することで確かめてみます。, ログインしていないユーザの場合、ログイン画面へリダイレクトして欲しいので、ステータスコードがリダイレクト(3始まり)であること、遷移先がログイン画面であることを記述しています。, そして、権限を持たないユーザの場合(管理者は見ることができた方が自然っぽいですが...)、ステータスコードとして403Forbiddenが返ってくることを記述しています。, これらのテストコードにより、SpringSecurityさんは想定していた仕事は問題なくこなしてくれていることが分かりました。 ・Spring Data JPA 尚、ログインユーザーを表示したい場合は「Thymeleaf Extras Springsecurity5」を使用する リダイレクトとフォワード時に、パラメータを受け渡す方法を確認します。 リダイレクトとフォワードとはそもそもなんぞや?というのは、JavaTips 〜JSP/サーブレット編:リダイレクトとフォワードの違いを知る - @IT で非常にわかりやすく説明されてます。 | 前処理として、セッションIDを発行して、紐づくユーザオブジェクトを作成しておき、SpringSecurityが扱える形にあれこれして...とSpringSecurityが行なっている処理を一つ一つ再現しても作ることはできますが、ちょっとしんどそうです。, 実際には、公式で紹介されている通り、アノテーションで処理をちょろっと書くだけでログイン済みの状態を擬似的に作成することができます。 ここで、WithSecurityContextTestExecutionListenerという何やら関連がありそうなクラスがTestExecutionListenersに指定されていることが分かります。, これは、TestContextManagerがSecurityContextを扱えるようにするための設定です。 ・Lombok 今回はログイン画面をオリジナルのものに差し替えるやり方です。 "BOKU"のITな日常 62歳・文系システムエンジニアの”BOKU”は日々勉強を楽しんでます. カスタムアノテーションについては、こちらをば。, アノテーション自体は、2つのフィールドを持つシンプルなものなのですが、WithSecurityContextなるすごく長いパラメータを持つアノテーションが難しそうな雰囲気を漂わせています。, これは、SpringSecurityContextを定義するためのアノテーションです。いまいちピンとこないので、言い方を変えると、SpringSecurityさんに、あらかじめ「この人は覚えておいてね! Spring Security を使用する時の内容をまとめると以下のようになります。 2.1. TestContextManagerを図でざっくりと表したものを図7に示します。, コンテキスト以外にも前処理・後処理等も担っているのですが、ここで重要なのは、テストの実行に必要なコンテキストを管理している点です。 パスワード:0000   ログイン処理はお馴染みのものなので、雰囲気で動作はイメージできるかと思いますが、ここで大事なのは、以下のことです。, 公式さんに書かれている通り、SpringSecurityは、ログインの成功/失敗時に指定したURLへリダイレクトさせるよう動作します。 動きのイメージとしては、図10のようなものとなります。, バリデーション処理のテストコードの書き方について、色々とはまってしまったので、備忘録としてポイントを書いていきます。, 色々と書いてありますが、やっていることは値を設定してPOSTリクエストを手動で送信しているだけです。ここで、重要なのは、attributeHasFieldErrorCodeメソッドです。 Spring Boot Thymeleaf Extras Springsecurity5, Copyright 2019-2020 All rights reserved, yoshi, LINE BOT入門 vol.2:プロバイダー・Messaging APIチェネル作成, Spring Boot Thymeleaf Extras Springsecurity5. これでは堅苦しくて少し雰囲気が掴みづらいので、もう少しとっつきやすい形にしてしまいましょう。, 図3のように、SpringSecurityさんが頼んだ通りに頑張ってくれているかとすると、イメージがしやすくなるかと思います。, 以下では、これらが正しく動作しているかを検証するためのテストコードの書き方について見ていきます。, まずはシンプルにログイン画面から始めていきます。 Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー. ・MyBatis ※③で設定する, ・application.properties といっても、難しいことはしておらず、単にログアウト後に画面遷移処理を追加してみただけです。 ログインに使用する ID、パスワードは DB に保存します。ただし今回は DB に保存するパスワードは暗号化しません。 2. 前回は「spring-boot-starter-security」が提供してくれるBASIC認証をやってみたので、今回は、自分でログイン機能を作ってデータベース認証をやってみたいと思います!何が違うかというと、ロ . ブログを報告する, SpringBoot2.2.5 画面遷移でハマった。HTMLの表示、redirect、forwardする方法, SpringMVCのFormの配列の上限値の初期値が256でIndexOutOfBoundsExce…. コンテキストのためのコンテキストと書くと少しややこしくなってしまうので、ここでも図で整理してみましょう。 テストコードの書き方を習得するにはコストがそれなりにかかってしまいますが、楽しいコードを書く時間が更に増えてくれるので、楽しみながら少しずつ取り入れていくのがよいかなと。, エラそうに言っていますが、私もテストコードに関してはまだまだ勉強中の身なので、頑張ってもっと色々勉強したいです。.   Java spring-security テスト JUnit spring-boot. これから触れていくコードを書いておくことによって、どのようにテストコードが書きやすくなるか、メリットを先に知っておくと、理解もしやすくなるかと思います。, 重要なのは、WithMockCustomUserアノテーションです。パラメータとして、ユーザ名・パスワードを渡す。たったこれだけでログイン済みユーザとして、ログインが必要な画面のテストコードを実行することができます。ありがてえ。, さてさて、このアノテーションはカスタムアノテーションで、作るのに少し頑張らないといけないものですが、一度つくってしまえば、ログインが必要なアプリケーションで使い回すことができます。楽をするために頑張って見てみましょう。, まずは先ほど書かれていた、WithMockCustomUserアノテーションのコードです。 ログイン画面の作成、確認 ( ログアウト機能もここで作ります ) 1.2. Help us understand the problem. 今回の手順で確認できるのは以下の内容です。 1.1. ここで、ログインした状態は、正確には、SecurityContextと呼ばれています。コンテキストについての説明は、ここが分かりやすいかと思います。, 急に話が抽象的になってしまいました。 OS:Windows IDE:Eclipse(ver:2019-06) ビルドツール:Gradle DB:MySQL . SpringBootでログイン画面を作成し、データベースに登録されているユーザーとパスワードが合致した場合にログイン可能にするログイン認証画面の作成方法を解説する . コンテキストを作る大元なんだなーぐらいに思って頂ければ問題ないかと思います。, そして、大事なこととして、ここでの認証トークンは、クッキーとよく対比されたり、APIトークンなどと呼ばれるものとは全くの別物だということです。 「EmployeeMapper.java」に下記を追加する, ・GeneratePass.java ログイン関連の処理のテストコードを書く際にも色々とハマったので、備忘録として残しておきます。 これらは、それぞれ、以下の対応関係を持っています。, name, fieldNameについては、MVCアプリを触ったことがあれば、イメージはわくかと思います。errorについては、フィールドを実際に見て頂くとわかるかと思います。, ここで、errorとして引数に渡されたものが、アノテーションの名前と対応しています。   Spring Boot でログイン画面 + 一覧画面 + 登録画面の Webアプリケーションを作る ( その7 )( 検索/一覧画面 ( MyBatis-Spring版 ) 作成2 )の続きです。 1. 概要. MyBatis Generatorの設定方法と実行 最後に後処理として、ログアウトについても、見ておきたいと思います。, ログアウト処理も、SpringSecurityで設定したログアウト用のURLへPOSTリクエストを送信しているだけなので、雰囲気で理解できるかと思います。 今回は、SpringSecurityへ定義した機能が想定した通りに動作しているかということになります。 Why not register and get more from Qiita? ・Spring Web   前回の記事で簡単なCRUD、今回の記事でWebアプリで重要なログイン処理を見ていくことで、簡単なアプリケーションであれば、しっかりテストコードを書きながら開発ができるのではないかと思います。, コードを書いていると、超いい感じのリファクタリングを突然思いついて、コードをあれこれ変えたくなりますが、こうやってテストコードを書いていれば、検証した振る舞いが崩れていないかはボタン一発で検証できるようになります。, 他にも、毎回ログインして、画面をかちかちしてエラー画面を出して...としなくても、効率よく、かつ再現性を担保してテストが実行できるようになります。 ビルドツール:Gradle ・Spring Boot DevTools BCryptアルゴリズムで「0000」に設定した場合, employeeテーブルに任意の「名前」と上記で作成した「パスワード」をインサートしてログイン遷移を確認 Solowareの技術目録. また、ログイン処理自体についての解説はこちらに記載しているので、よろしければ。, 機能自体はシンプルなものですが、あれやこれやを考慮していると、パッケージが増えていき、全体像が掴みづらくなってしまうので、役割単位でふんわりと分類したものを図2に示します。, コード化するにしろ、しないにしろ、テストを行う上で最も意識しておく必要があるのは、「何を検証したいか」を明確にすることです。 直近がRuby On Railsでの開発だったのもあり、Java屋の自分はホームゲームで戦えている気分。, そんな中、画面遷移時に画面遷移先の初期表示メソッドを呼び出せず、ThymeleafのWhitelabelエラーとなって、若干ハマった。, Thymeleaf(spring-boot-starter-thymeleafをバージョン指定なしでmavenで指定), AAAController.javaのsendメソッドからBBBController.javaのinitメソッドを呼び出し、BBB画面の呼び出し。, こんな感じの際に、 BBBController.javaのinit処理が走らず、画面に必要なModelの情報も設定されないため、Whitelabel画面が出てしまうという結果。, つまり、必要なモデルはAAAControllerのsendメソッド内で準備しないといけない状態となっている。これは求めている状態ではない。, リダイレクトをすると、クライアントへリダイレクト先のURLを返却するので、クライアントは再度リダイレクト先のURLを実行することとなる。この動きは想定通り。, ちなみに、 "forward:/bbb"と書くと、該当するURLのコントローラーに処理を引き渡すことができる。クライアントからのリクエストは継続されるので、/aaa/sendのURLのまま、BBB画面が表示されることとなる。, HTMLの表示は初期表示では使いやすいが、画面遷移の際に行う処理ではないということでした。この辺、Railsだと意識せずにできたような記憶がある…, DankanTakeshiさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ※今回は下記をインサート IDE:Eclipse(ver:2019-06) まとめに入る前に、ログイン処理とは少しずれてしまいますが、それなりにはまったユーザ登録処理について、補足として簡単に触れておきたいと思います。, さてさて、ユーザ登録処理についてですが、処理自体は、SecurityContextを作ることと、ほぼ同じです。 以下の図8, 図9を見て頂ければログアウト処理によってログインしていない状態が作り出されたことが分かります。, 少し長くなってしまいましたが、これでログイン処理についてもテストコードで検証することができました。やったぜ。   よって、ここでは、リダイレクト先のURLが想定通りかを検証します。 先ほど紹介したアノテーションが増えたぐらいなので、すっと理解できるかと思います。, WithMockCustomUserについては、これまで触れてきた通りで、ユーザ名・パスワードを指定することで、ログイン済みの状態を作り出しています。 ここでは、セキュリティが担保できている、すなわち、通して欲しくない人を通さないかを検証します。, 正常系と大きな違いはないのですが、リダイレクト先が/?errorとなっていることがポイントです。これが正しく動作していれば、ログイン可能なユーザがログインできることだけでなく、ログインできないはずのユーザがログインに失敗することが検証できます。, これで最低限のレベルではありますが、ログイン処理についてテストコードを書くことができました。DaoやService層については、前回の記事と重なるものなので、割愛させて頂いています。興味がございましたら、ソースコードをご参照頂ければと思います。, さて、Webアプリケーションはログインして終わり...ではなく、ログインした状態で様々な画面を利用していきます。しかし、ログインが必要な画面のテストコードに毎回ログインして、それから画面のテストコードを書いて...としてしまうと、非常に面倒です。, これを解決するため、ログイン済みの状態を手動で作ることができれば、とても便利です。 画面イメージを図6に示します。, ユーザに挨拶しているだけの単純な画面です。   指定されているアノテーションは、カスタムアノテーションで、Constraintアノテーションが付与されているので、制約アノテーションとして振る舞います。 ユーザー名:dbuser 開発環境. DB:MySQL, ・Spring Security 実装についてはソースコードをば。, ここで取り上げたいのは、バリデーション処理です。 (入力画面と確認画面の2画面構成) それにより、画面遷移とフロント - サーバ間の値の受け渡し方法を理解します。 前提 各ツールのインストール、及び新規プロジェクトの作成までは完了しているものとします。 環境 OS Windows 10 Pro IDE Eclipse Photon Release (4.8.0) 言語 Java SE 8 FW Spring Boot …   ぱっとイメージは掴みづらいかとは思いますが、テストを実行する前に事前にログインした状態をつくっておくためには、必要な処理となるので、意識しておくとよいかと思います。, 続いて、悪いことをたくらんでいる人を防げるかを見ていきます。 そんな中、画面遷移時に画面遷移先の初期表示メソッドを呼び出せず、ThymeleafのWhitelabelエラーとなって、若干ハマった。 結論としては、redirectやforwardしないといけなかった。 環境 Windows10 Pro SpringBoot2.2.5 Thymeleaf(spring-boot-starter-thymeleafをバージョン指定なしで… 名前:tanaka Spring Bootでログイン機能のテストコードを書いてみる .