テキストエリアには表示行数の指定がるんですが、無料版では表示行数を8行以下にすることができません。 ©Copyright2020 むねひろ@プログラマー.All Rights Reserved. 東京都中央区銀座6-6-1 2018.12.30 WordPress のプラグイン Advanced Custom Fields のフィールドタイプのテキストエリアを8行以下に縮める方法を紹介します。例えば、管理画面の縦幅を縮めたい時に便利な方法です。 銀座風月堂ビル5F ●チェックボックス・ラジオボタン このようにthe_fieldを使うと、Advanced Custom Fieldsプラグインで作ったカスタムフィールドの内容を出力することができます。ただし、画像フィールドやファイルフィールドのようにそのまま出力しても意味がない項目もあるので、用途に応じてHTMLタグを使ってレイアウトを整える必要があります。 WordPressに慣れてきた方に。「そろそろPHPをマスターしたい」と思ってい ... サイトにYouTubeの動画を貼り付けることもありますが問題はレスポンシブ対応で ... 不完全なSSL対応が原因で問題が起きることはよくありますが、「httpとhttp ... 次のようなHTMLでボックス内にリンクを設置した場合、「ボックス全体をリンクにし ... 【住所】 WordPress のプラグイン Advanced Custom Fields を使ったカスタムフィールド値の取得と表示方法を紹介します。値の取得方法と合わせて、表示されない時の注意点や対処方法も紹介します。 プログラマーの技術や経験の暴露ブログです。何か聞きたいことがあれば遠慮なくご連絡ください。, WordPressの使い方 あとは、管理画面から指定の行数を変更して確認してみてください。, WordPress のプラグイン Advanced Custom Fields のフィールドタイプのテキストエリアを8行以下に縮める方法を紹介しました。 Advanced Custom Fields Pro V5.8.7. Advanced Custom Fields のテキストエリアを8行以下に縮める方法, WordPress のプラグイン Advanced Custom Fields のフィールドタイプのテキストエリアを8行以下に縮める方法を紹介します。 【最寄り駅】 投稿や固定の編集画面の拡張に欠かせないのが「Advanced Custom Fields」というプラグインです。 投稿の編集ではタイトルとコンテンツしか入力できないので、URLを別の独立した値として持っておきたい、テキストを独立した値として持っておきたい、ってなった時に、どうしようもありません。 Copyright © 西沢直木のIT講座 All Rights Reserved. 「Advanced Custom Fields」は、フィールドビルダを使用して好きな場所にフィールドを作成できるプラグインです。今回はこの便利なプラグイン「Advanced Custom Fields」の使い方を完全解説していきたいと思います。 そこで今回は、CSSを調整してテキストエリアの行数を8行以下に縮めてみたいと思います。, そもそもテキストエリアの行数が8行以下にできない原因は、プラグインのCSSの指定にあります。 長くなりそうなので、使い方はまた次の機会に。, インストールしたものの、フィールド登録画面が盛りだくさんなため挫折していたアナタ。 項目の追加・出力方法は以下のサイトに細かい説明があるので参照してください。, ちなみに以下は、私がよく使うフィールドと作成時、気をつけていることです。 wp_get_attachment_image_src関数使用の場合は「画像ID」を使用したりと、どれを選択するかは人によりけりみたいです。 様々なフィールドタイプが作成できるだけに管理画面も縦長になりがち、特にテキストエリアがタテ積みになってしまうと更新もし辛くなってしまいますよね。 このようにthe_fieldを使うと、Advanced Custom Fieldsプラグインで作ったカスタムフィールドの内容を出力することができます。ただし、画像フィールドやファイルフィールドのようにそのまま出力しても意味がない項目もあるので、用途に応じてHTMLタグを使ってレイアウトを整える必要があります。 Dev – Added new ACF_MAJOR_VERSION constant. Fix – Fixed PHP warning when loading meta from Post 0. Advanced Custom Fieldsを使って「テキストエリア」項目を追加し画面に出力する, Advanced Custom Fieldsを使って「画像」項目を追加し画面に出力する, Advanced Custom Fieldsを使って「テキスト」項目を追加し画面に出力する. ●Repeater(有償アドオン Repeater Field 必要) 例えば、「自己PR」というラベルがあっても人により書く内容は異なります。そういったときに④に「過去の経歴、取得資格を記載」と書いてあれば何を書けばいいか明確になりますね。, No formatting は、入力された内容をそのまま出力します。HTMLタグが書かれた場合にもHTMLタグを文章として画面に出力します。, Convert new lines into
tags は、改行が自動的にHTMLの改行タグ
に置換されて出力されます。何も無ければこれがよさそうです。, Convert HTML into tags は、HTMLタグを書いたらHTMLタグと認識して出力してくれます。改行をする場合は自分で改行タグを入力する必要があります。, 通常のWEB開発時には改行コードをHTMLの改行タグに置換する必要がありますが、このプラグインでは項目を作成するときに選択しているのでそれ通りに出力されます。, でも、これは固定ページのデフォルトで、特別なページを作成したい場合には page.php をコピーしてテンプレートファイルを作成します。, WordPress管理画面の「外観」→「テーマ編集」から編集したいファイルを選択し編集することも出来ます。, 今回の対応程度なら比較的簡単なので後者の方法で対応できるかと思いますが、新しくテンプレートファイルの作成はできたっけな?, 項目を追加する手順としては、作成したフィールドグループに追加したいフィールド(項目)を追加。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 項目数が少ない場合は「水平」で横並びにしています。, ●柔軟コンテンツ(有償アドオン Flexible Content Field 必要) ●テキスト・テキストエリア WordPress のプラグイン Advanced Custom Fields のフィールドタイプのテキストエリアを8行以下に縮める方法を紹介します。例えば、管理画面の縦幅を縮めたい時に便利な方法です。 アップデートの度に同じ修正をするのは面倒なので、今回は管理画面に上書き用のCSSを読み込んで対応することにします。, 管理画面に上書き用のCSSを読み込む場合は、次のコードを functions.php に追加します。, コードを追加すると、管理画面内に独自のCSSファイルを読み込めるようになるので、テーマファイルのディレクトリに admin.css をアップロード。ファイル名やディレクトリは開発環境に応じて自由に変更してください。