šã®ç¬¬å››ä¸–代の車両です。以前の300系に比べると乗り心地が大幅に改善されました。2001年度以降の車両では各車両両端の座席にコンセントが設置されています。禁煙車と喫煙車に分かれており、喫煙ルームはありません。最高速度は285km/hです。, 当サイトはJRグループとは関係ありません。. 東海道・山陽新幹線13年ぶりのフルモデルチェンジ車両「n700s」。この「n700s」へ確実に乗るには、どうしたらいいのでしょうか。どの列車に「n700s」が使われるのか、知る方法があります。 今回は、現在運用されている新幹線の車両だけでなく、過去に活躍し引退した車両も紹介します!, 実は3桁目が9の列車は事業用車(ドクターイエローなど)に用いられているため、東海道・山陽新幹線ではすでに番号が枯渇してしまっています。, そのため、700系以降の新系列はN700系→N700Sと、700系に付け加える形でナンバリングされています。, 今後新型車両が登場した際にどのようなナンバリングになるのか、注目が集まっています。, コンセントがすべての席で対応するようになったほか、座席をリクライニングさせたときに座面も少し沈み込むようになるなど、より快適な座席へと進化しました。車内の温度が均一になるよう空調の通風孔を広げたことや、照明を間接照明にしたことも相まって、さらに快適な車内環境を実現しています。, 床下機器は小型軽量化を徹底し、電力の消費量はN700Aより6%も削減される見込みです。バッテリー走行も可能になり、突然停電が発生しても駅まで移動できるようになりました。, また、車いす利用者が乗車しやすいよう、車いすスペースがある車両では自動ドアの開口部をずらし、不用意にデッキから丸見えにならない工夫がされています。, N700Sの部品の一部は、廃車になったN700系や700系の廃材が使われています。これまで鉄道の廃材は様々な種類の合金が混合しており品質が低かったのですが、特定の種類の合金を抽出する技術が開発され、品質の良い合金を再利用できるようになりました。N700Sは、世界初の「新幹線から作られた新幹線」なのです。, 2020年春のダイヤ改正にて、東海道新幹線のみを運行する「のぞみ」と東海道・山陽新幹線を直通する「のぞみ」は全てN700Aに統一されました。これにより、所要時間が短縮され1時間あたりのぞみ12本ダイヤが実現することとなりました。, 座席配置やコンセントなどには差はありませんが、ブレーキ設備や照明などが改良されており、従来のN700系よりも快適性が増したと言われています。, 最初からN700Aとして作られた車両と、既存のN700系を改造してN700Aにした車両の2通りが存在します。今後は、既存のN700AにN700Sの一部機能を追加する改造工事が行われる見込みです。, N700系は、東海道新幹線で主力として運用されていた車両でしたが、2020年3月のダイヤ改正によって全て改良型のN700Aが用いられるようになりました。一部のN700Aは、N700系の車両を改造してN700Aとして運用されています。, 元となったN700系はN700Aに移行されていますが、時刻表ではN700系と表示されます。, 700系をもとに、更なる速さと快適性の両立を目指し、JR東海とJR西日本が共同開発した車両です。, 2020年3月8日に東海道新幹線におけるラストランを終えましたが、当初予定されていた式典は運休により中止となってしまいました。山陽新幹線では2020年3月13日まで定期運用され、3月14日からは臨時列車のみの運用となります。, 700系は臨時列車で運用されるといわれていますが、JR西日本の車両案内では既に700系の項目はなくなっています。新幹線唯一の喫煙席のある車両でしたが、今後は滅多に見られなくなりそうです。, 新幹線にしては珍しく4人用個室が設置されており、「ひかりレールスター」として運用されているときは指定席扱いで利用することができます。, しかし、2011年の九州新幹線開業により、山陽新幹線に乗り入れる「さくら」が「ひかりレールスター」の停車パターンを踏襲することになり、大幅に数を減らすこととなりました。, レールスターは700系ですが、通常の700系が全廃された後でも運用は継続されるそうです。, 設計段階の対応速度は320km/hという、とにかく速さを追求した車両ですが、後続の700系と比べ居住性に難がありました。500系独特の円形フォルムは、高速化による騒音対策です。, 2010年に「のぞみ」および東海道新幹線での運用から撤退し、現在は山陽新幹線の「こだま」でその姿を見ることができます。近年はエヴァンゲリオンやハローキティとコラボしています。, 非常に珍しいため、ドクターイエローを見ると幸せになれると言われています。JR側から運行日や時刻は公開されていませんが、これまでの運行パターンから運行日、時刻を予測することは可能です。, 700系が引退して東海道・山陽新幹線の最高速度が285km/hへと引き上げられたため、鉄道ファンからは存続を危ぶまれています。少なくともしばらくは活躍することが見込まれています。, 高速化への挑戦により徹底的な軽量化を目指しましたが、振動や騒音等の居住性は苦情が出るほど悪かったそうです。, イメージアップを図るべく、新幹線で初めて一部2階建ての構造を取り入れていました。食堂やカフェテリア、個室も設定されていたそうです。, 東海道新幹線では高速化のあおりを受け2003年に運用を終了しましたが、山陽新幹線では「こだま」で2012年まで運用されました。, 0系は世界初の高速鉄道車両です。東京オリンピックの開催に合わせて開業した東海道新幹線の初代の車両です。, 山陽新幹線の区間も運行する九州新幹線の車両は、どちらもトップクラスに美しいインテリアデザインになっているのが特徴です。, 山陽・九州新幹線のN700系は、東海道・山陽新幹線のN700系と異なる点がいくつかあります。, 客室内が全体的に木の温かみを感じる内装になっており、普通車指定席が2・2列の座席配置になっています。, また、このN700系は東海道・山陽新幹線のN700系より若干青味がかかった車体で、帯にも金色の細いラインがついています。, 外装や内装のデザインは鉄道デザインの巨匠と称される水戸岡鋭治氏が手がけ、まさしく観光列車のような高級感が特徴です。, 車体の白は100系以降の東海道・山陽新幹線の車体に用いられてきた白よりもさらに明るい白となっており、デザインした水戸岡氏は「多分一番白い列車」と述べています。, 完成当初は列車種別の「つばめ」がロゴ部分に書かれていましたが、全線開業後は「さくら」でも用いられることとなり、紛らわしいためつばめをイメージしたロゴマークに置き換わりました。, JR東日本が開発した車両には「E」、JR北海道が開発した車両には「H」、JR西日本が開発した車両には「W」とつくのが特徴です。, 2020年3月3日にJR東日本より発表された、2024年春に投入予定の新型新幹線です。, E5系と併結して300km/h運転を目指しており、E5系やE6系のような先端の尖ったデザインになりました。, 新型車両ではお馴染みとなった全席コンセント付きで、スーツケース対応の大型荷物スペースや、車椅子スペースの増設など、さまざまな人にとって快適な車両になることでしょう。, E7/W7系は、北陸新幹線金沢延伸の際にJR東日本・JR西日本が共同開発した車両です。JR東日本が所有しているほうがE7系、JR西日本が所有しているほうがW7系です。, 車体横のロゴに書かれている英語や車号、車内放送で流れる音楽などの細かい違いはありますが、設備の差はほとんどありません。, 比較的新しい車両であるため、全席コンセント設置やWiFi完備、バリアフリーの充実など、乗客にとって嬉しい設備が揃っています。, 東北新幹線の区間ではやぶさと併結し、320km/h運転を行うために開発されました。, 秋田新幹線は在来線の線路を走るため、車体幅は在来線に合わせて少し狭く設定されています。その分普通車の座席配置が2・2列になっています。, E5系は、JR東日本が保有する「21世紀の夢の超特急」をキャッチコピーとする車両です。, コンセントが窓側すべての席で設置されるようになったほか、はじめてグランクラスが導入されました。, E5系との違いは帯の色が紫になったことと、コンセントが全席に設置されるようになったこと。よく見ると、内装が湖や雪のイメージになっていたりします。, 初期は帯の色が黄色でしたが、2014年にとき色に変更になり、ロゴマークも朱鷺のイラストになっています。, E4系は2020年度中にすべてE7系に置き換えられ、2階建ての新幹線はすべて消滅すると言われていましたが、台風による水害でE7/W7系10編成が走行不能となったため置き換えは延期となりました。, E3系は、もともと秋田新幹線に投入するための新幹線車両として開発されました。現在は秋田新幹線での運用はなくなり、山形新幹線での運用がメインになっています。, 在来線を走るために車体幅が狭くなっており、普通車の座席配置も2・2列になっています。, つばさとして運用されているE3系はロゴマークが4種類あるので、余裕がある方は撮影してみてはいかがでしょうか。, JR東日本の観光新幹線はどちらもE3系を改装したものとなっており、「つばさ」の従来の塗装や「こまち」から引退したものと合わせて外装のバリエーションが多くなっています。, 現在は「やまびこ」の大半がこのE2系です。上越新幹線ではほとんどの「とき」「たにがわ」がE2系ですが、E7系への置き換えが進んでいます。, 従来の検測列車では入れなかった山形新幹線や秋田新幹線といった在来線区間でも走行できるよう、E3系をベースに開発されました。, ちなみに、このE926形は検測車両としては世界最速です。走るタイミングは非公表であるため、「見ると幸せになる」といわれています。, 実は設計時点では600系という名前になっていたそうです。国鉄時代の付番を踏襲する予定でしたが、会社が分かれたためJR東日本独自のナンバリングに変更することが決まったといいます。, 速度よりも大量輸送に重きをおいた設計で、JR東日本の新幹線車両の中では一番重い車両です。, E3系なども含む在来線規格に合わせて作られた車両は、新幹線専用ホームとの間に大きな隙間ができます。そのため、ドアの部分に延長ステップがついており、乗降しやすくなっています。, この400系ができた当初は新幹線は白地に青もしくは緑の塗装が一般的だったため、グレーが基調の400系は斬新なデザインとしてとらえられていました。, 実は東海道・山陽新幹線の100系より発表が早かったにも関わらず系列番号が大きくなっています。これは、200系が登場した当時の、東海道・山陽新幹線の車両の3けた目には奇数を、東北・上越新幹線の車両の3けた目には偶数を与えるという取り決めによるものです。, 東海道新幹線の「のぞみ」「ひかり」「こだま」の違いを比較して、どれを選べば良いのかを分かりやすくご紹介いたします。, 山陽新幹線を走る「のぞみ」「みずほ」「ひかり」「さくら」「こだま」の違いを比較していきます。種別ごとにどの車両が使われるか、「のぞみ」「みずほ」はどちらに乗るのがいいかなど、山陽新幹線を利用する上で気になる情報が盛りだくさん!, 7月1日に東海道新幹線でデビューする新型車両「N700S」の紹介や、乗車できる日を調べる方法を掲載しています。, 2020年3月8日に東海道新幹線を引退した700系の情報や、山陽新幹線での運行予定についてご紹介しています。, 山陽新幹線のコラボ新幹線、「ハローキティ新幹線」の利用方法からグッズ・駅弁の購入方法まで、さまざまなお役立ち情報をまとめています!ぜひご参考ください。, 九州新幹線の「みずほ」「さくら」「つばめ」の情報をなんでも比較していきます。新しい車両「800系」の設備や、どの列車が800系で来るかなどの調べ方もご紹介しています!, 東北方面の新幹線「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」「なすの」「こまち」「つばさ」の違いを徹底比較!, 車両の種類が多い東北方面の新幹線。「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」「なすの」「こまち」「つばさ」でよく使われる車両ごとに比較し、どの種別を利用すればいいかなどを解説しています。, 上越新幹線を走る「とき」「MAXとき」「たにがわ」「MAXたにがわ」の違い、運行されている車両の特徴を徹底的に比較していきます。2階建て新幹線に乗りたいけどどんな設備か分からない方は要チェック!, 北陸新幹線を走る「かがやき」「はくたか」「あさま」「つるぎ」の違いを比較していきます。それぞれの新幹線の生い立ちなど、豆知識も充実!, 上越新幹線は全てE7系に統一!?期間限定のとき色のE7系など、E7系統一にまつわるギモンを解決!, E7系への統一が進む上越新幹線で走っているE7系新幹線の運行時刻や、上越新幹線がE7系を用いるようになった理由を解説しています。, 山形新幹線の区間を走る観光列車「とれいゆつばさ」。見所である足湯の利用方法、予約をする上でのポイントを解説しています。, “世界最速の芸術鑑賞”とうたわれる「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」の魅力、利用方法を解説しています!. 山陽新幹線の自由席車両 のぞみ 全列車16両編成。自由席は博多寄りの「1号車〜3号車」。 ひかり、ひかりレールスター 東京発着の列車は16両編成で東海道新幹線のひかりと同じで、博多寄りの「1号車〜5 … 東海道新幹線を走る車両の種類. 山陽新幹線の区間も運行する九州新幹線の車両は、どちらもトップクラスに美しいインテリアデザインになっているのが特徴です。 現在、v2~v6の5編成が山陽新幹線の「こだま」として活躍しており、500系16両編成の「のぞみ」が消えた後もスピード感にあふれた美しいフォルムで快走。8両編成と短くなってしまいましたが、輝かしい歴史を誇る500系の姿を見ることができるのです。 jr東日本の列車の運行区間・列車編成・列車設備などをご案内しています。新幹線、特急列車、在来線、のってたのしい列車の情報もご覧いただけます。 東海道新幹線では、「のぞみ」「ひかり」「こだま」の3つの列車種別がありますが、車両の違いはありません。「のぞみ」に古いタイプの車両が使われることもありますし、「こだま」に最新車両が使われることもあります。