焦る気持ちが募る中、なんとかならないものかと検索していたらこのサイトにたどり着きました。 Copyright© 尿管結石の症状は、上記に加えて、吐き気、排尿痛(おしっこをするときに下腹部に痛みを感じる)、残尿感、尿漏れ、おしっこが出なくなる、おしっこの回数が増える、排石、腰痛、発熱などです。 (function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(d.getElementById(id))return;js=d.createElement(s);js.id=id;js.src='https://connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.11';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}(document,'script','facebook-jssdk')); 当サイトは以下のプライバシーポリシーを遵守することで、 個人情報の保護に努めます。. スポンサードリンク どうもありがとうございました。, けっこう大きな結石でしたね。出た瞬間は、私と同様に感動ものだった事でしょう。お役に立てて、とても嬉しく思います。, 他の苦しむ同志(?)の方たちのために再コメントします。 すると効果がグンと高まりますが、勢い余って尿が飛び散る可能性もあります。 この裏技は、あっ尿道にひっかかったな、と思った初期段階で行う方が良いかもしれません。というのは時間が経過し、尿道内の傷が深くなってからだと、仮に排石できたとしても、尿道内の圧カが高まることによって、傷がさらに深まる可能性があるからです。私の場合、丸一日以上、排尿のあと出血していました。 なんと、1回で「コロン」と出ました。結石は長径9ミリ、短径7ミリという久々の(?)ビッグサイズでした。 ©Copyright2020 生涯ボディメイキング.All Rights Reserved. 2020 All Rights Reserved. 前回の記事はこちら。左腹部に激痛が!救急車で運ばれた話尿管結石の痛みには飲み薬より座薬の痛み止めの方が効くらしい尿管結石再び前回は左側で激痛は1回だけ、石もすぐに排出されたと思われます(いつ出たかは不明)。今回は右側で長い戦いになりました。 皆さんこんにちは。プロトバナムです。 今回は日記のような物を書くつもりなので、思った事をそのままに書いて行こうと思ってます。 ※砕かれた結石の画像は貼るので、グロくはないけど少し生々しいので苦手な人はご注意下さい。 議題は【尿路結石、尿管結石】についてです。 yamamoto. カルシウム結石の形はこんぺいとうの表面を鋭く尖らせたような形をしているため、尿路に引っかかって排石されにくい, 尿管結石になりやすい食事というのは、上記に挙げた肉の食べ過ぎや、プリン体の多い食事です. 人生最悪に痛みと言われている尿管結石。尿管結石で入院した私が実践した尿管結石早く出す方法教えます。尿管結石は尿管に結石が詰まって腎臓に痛みが出るので大量の水を飲んでジャンプする。結局は排尿あるのみ!尿管結石の前兆、脇腹や背中が痛くなったら水を飲む! 裏技??確かにこの方法だと、尿道に引っかかっている結石が動くかもしれない。 2017.02.11 すがる思いで試しました。書かれていたように限界まで尿道に尿をためました。 リーゼ錠とスルピリドの効果と副作用はどのくらい? , 尿路結石 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); すると、その衝撃によって上手い具合に石が尿管の下へと移動したようで、次第に鈍痛は治まりました。, こうした場合に、石が尿管に残ると激痛を伴うようですが、私の場合は幸いにもその第一関門はクリアしたのです。, その後、石は自然に膀胱へと移動したようで、お腹の違和感はいつの間にか治まっていました。, 私のようなケースは尿路結石の症状としては非常に軽く、幸い大事に至る事はありませんでした。, また、結石の表面は細かくザラザラとしていて、しかもその先端が鋭く尖っていたりもします。, このように、いびつな形状をした石が尿管の中を移動すれば、尿管は簡単に傷付けられてしまいます。, 腎臓で作られた尿は結石の凹凸の隙間を通り抜け、少しずつ膀胱まで流れ落ちてこれる訳です。, 私は軽くそう考えていたのですが、なぜか尿が近くなる、尿の出が悪いといった違和感を度々覚えるようになりました。, 尿道の中を石が動いている感覚はあったのですが、石は尿道に詰まったまま出てくる事はありませんでした。, そう思いながら、少し多めに水を飲んで排尿の回数を増やしてみたのですが、石は一向に出てくる気配がありません。, 私はトイレの時間になると気分が憂鬱になり、何とか石を早く出す方法はないか?と考えました。, そこで、尿路結石の出し方について色々と調べてみたところ、とりあえず以下のような方法に行き着く事になりました。, すると、行き場を失った尿の圧力で一時的に尿道が広がり、詰まっていた石が動きやすくなります。, そのタイミングで指を離せば、勢いよく流れ出る尿と一緒に石が出てくるのではないかと考えたのです。, すると、行き場を失った尿の圧力で、尿道がどんどん広がって行く感覚が指先に伝わってきました。, しかし、排出されずに残ったシュウ酸は腎臓へと運ばれ、そこで結石に変わる可能性が高まるのです。, つまり結石の出来やすい人は、シュウ酸の摂取量に比べてカルシウムが不足しているという事になります。, ですから、余分なシュウ酸の吸収を抑えるには、十分なカルシウムを摂取しておく事が大切です。, 結石が小さい内なら尿と一緒に排出されますから、水分を多く摂る事によって排尿を促しておく事が大切です。, 逆に、水分の摂取が少なければ結石が腎臓の中に残りやすくなり、そのまま大きくなる可能性が高まります。, 例えば、水量が多くて流れの良い川は美しく、逆に水量が少なく流れの悪い川は沈殿物やゴミが溜まりやすいのと同じです。, ですから、身体も水分の循環を良くしておけば、結石の素になる成分を上手く洗い流す状態を保つ事が出来る訳です。, ただし、紅茶やコーヒーはシュウ酸を多く含んでいるので、水分補給には普通の水が最適です。, (2)尿道に詰まった結石を早く出す方法は、排尿と同時に尿道の出口を指で押さえ付けて一気に尿を流し出す事です。, (3)尿路結石の主な原因は、肉などの動物性タンパク質の摂り過ぎとカルシウム不足です。, いかがでしょうか。尿路結石は偏った食事が大きな原因ですから、栄養は植物性と動物性からバランス良く摂取しましょう。, また、尿道に石が詰まってなかなか出て来ない場合は、ぜひ今回ご紹介した尿路結石の出し方を試してみて下さい。, これは本当にすばらしい方法を伺いました。尿道で留まってしまうと、痛いやら、情けないやら、焦りやらで、どうしようもなくなり辛いですよね。このやり方で他にコツや注意点はありますか。あれば是非 ご教授ください。よろしくお願いいたします。, 参考にして頂き、大変嬉しく思います。 ひとこと感謝のコメントを残さずにはいられません。 かかりつけの診療所に駆け込み、取り急ぎブスコパン(尿管、尿道を弛緩させる薬)を注射して貰い、水を大量に飲むも効果はなし。尿の後に鮮血がしたたり落ちることをただただ繰り返すばかりでした。たまりかねて救急病院にも電話してみましたが、この時間(午後10時)ではどうにもできないとのこと。 結石が尿管や尿道に詰まって出て来ない! あなたも、そんな経験はありませんか? 実は私も最近、この尿路結石を生まれて初めて経験したのです。 自然に出るのを待つよりも、何とか早く出す方法はないか? そう考えた私は、ある方法を試したところ驚くほど上手くいったのです。 亀頭からばい菌が入って尿道炎とならないよう、そのあと清潔さを保つことも重要です。, ご経験からの貴重なアドバイス、ありがとうございます。確かに、傷口が小さなうちに対処する事が何よりも重要ですね。. 尿路結石は人生で体験する痛みのうちトップ3に入るほどの痛みです。「のたうちまわるような」とか「失神するような」と表現されます。特に尿管結石だと前兆からして激痛となることが多いです。しかし、患者全員に症状がでるわけではなく、30%ほどの人は何も自覚症状なく自然治癒します。尿道を通って尿と一緒に排出されるのです。, 全人口に占める罹患者数の割合はおよそ15%で、30歳代から40歳代の男性に多く、女性の場合は50歳から70歳代が多くなります。中間管理職の男性はストレスを受けやすいので注意しましょう(下記参照)。尿管結石は女性はほどんどできないと少し前までいわれていましたが、近年は更年期の女性、さらに20代の方の患者数が増加していることがデータでわかっています。, 再発する確率は高く、食事の指導も受けてその通りにしても、治療が終わってから5年以内に再発する確率は50%以上もあります。また、再発した場合は下記の種類のうち前回と同じタイプの石であることがほとんどだと言われています。, 尿路結石(urolithiasis)のうち、日本人だとほぼ全ての人(95%以上)が腎臓か尿管にできる上部尿路結石で、残りの5%以下の人が膀胱か尿道にできる下部尿路結石に罹患します。尿路は腎臓からはじまって尿道で終わりますが、体の上部から発生する結石の順に、腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石となります。この4種類のうち、ほとんどが尿管結石です。尿管結石の前兆さえ知っておけば、尿路結石はほぼ防げたも同然なのです。, それでは前兆はいったいどんな症状なのでしょうか?個人差がありますが、腰、腹部、脇腹、背中に痛みを感じ、血尿が出るケースもあります。この初期症状が現れても放置しておくと、数日してから気を失いそうなぐらいの激痛に見舞われるのです。ただし、前兆が現れずにいきなり激痛になることもありますので、注意しましょう。尿管結石の症状は、上記に加えて、吐き気、排尿痛(おしっこをするときに下腹部に痛みを感じる)、残尿感、尿漏れ、おしっこが出なくなる、おしっこの回数が増える、排石、腰痛、発熱などです。, シュウ酸カルシウム結石、リン酸カルシウム結石はカルシウム結石と呼ばれていて、動物性脂肪の過剰摂取が原因となります。全体の85%がシュウ酸カルシウム結石というタイプです。カルシウム結石の形はこんぺいとうの表面を鋭く尖らせたような形をしているため、尿路に引っかかって排石されにくいです。, リン酸マグネシウムアンモニウム結石はプロテウスという尿素分解菌に感染することが原因となる結石です。罹患者は比較的少なく、全体の5%前後といわれています。結晶化が進むと急に石が大きくなるのが特徴で、尿路感染症にかかりやすい女性に多いです。石の色は、茶褐色や黄褐色、白褐色となります。, プリン体が多い食事をしていると尿酸の血中濃度が上昇し、尿酸結石になってしまいます。尿酸結石ができる場所は膀胱から尿道までで、排尿障害を引き起こし、尿路に傷がつくと感染症にかかってしまう可能性があります。罹患者は全体の約5%です。シスチン結石はシスチンというアミノ酸が腎臓の尿細管(renal tubule)から再吸収されないのが原因となります。その他にキサンチン結石という種類もありますが、これは遺伝性です。, 尿管結石の原因は、食生活にあります。患者の85%を占めるシュウ酸カルシウム結石を例にして説明しましょう。近年、日本人の食文化が欧米化して肉類をたくさん食べるようになりましたが、肉類を大量に食べると動物性タンパク質を多量に摂取することになります。, 肉にはシュウ酸という物質が多く含まれていて、これがカルシウムと結合すると体内で石となってしまうのです。結石の原因となるシュウ酸は、尿の中に混ざる前に、まず腸の中でカルシウムと結合して便として排出されるようになっています。ですので、食事でカルシウムをたくさんとるように心がけることが結石の予防となります。, 尿管結石になりやすい食事というのは、上記に挙げた肉の食べ過ぎや、プリン体の多い食事です。プリン体は尿酸を増やしてしまうので、煮干し、干ししいたけ、鶏レバー、豚レバーなどはなるべく食べないようにしましょう。これらは100グラムあたり280mgも含まれていますので、ちょっと食べただけで確実に体内の尿酸値を上昇させてしまい、尿酸結石の原因となります。, プリン体はほぼ全ての食材に含まれていますので、全く摂取しないで食事をとるということは不可能です。ですが、居酒屋で酒のつまみとしてレバーを注文するとか、煮干しは健康に良さそうだからといってボリボリ食べるということをしなければ尿酸結石はほとんど予防できます。ちょっと食べ物に気をつけるだけで罹患する確率をぐんと減らせるのです。食事のレシピを考えるとき、上記の食べ物はなるべく避けて、肉類もほどほどにしておいたほうがいいですね。, 尿路結石は食事の献立を考えるときダメなものがあまりにも多すぎるので、シュウ酸と結合しやすいカルシウムを含む食品、例えば牛乳を取り入れたり、クルミを使ったメニューにするのがオススメです。クルミは腎臓の機能を高めますので、人体に不要な物質を取り除く作用を強化することが期待できます。食事制限は特に必要なく、外食を減らして野菜中心の食生活にすれば問題はありません。, コーヒーにはシュウ酸と尿酸の両方が含まれているので飲み過ぎには注意しましょう。コーヒーを飲んだ後には水をたくさん飲んで、結石の原因となる物質を尿としてできるだけ排泄できるようにしましょう。アルコール、特にビールの飲み過ぎに注意しましょう。ビールは、目安として500ml缶だったら1日3本以内に抑えておきましょう。個人差はありますが、4本を超えると尿路結石の原因となりやすくなります。, アルコールは利尿作用があるため、一見対策としてよさそうですが、尿を排泄したあと脱水症状になりやすく、結石ができやすい環境を自ら作ってしまうことになるのです。さらに、緑茶、紅茶、ウーロン茶にもシュウ酸が含まれていますので、尿路結石の原因となることがあります。適量なら大丈夫ですが、緑茶もがぶ飲みしないようにしたほうがよいです。健康に良い飲み物は水、これは覚えておきましょう。, また、ストレスも尿路結石に関係しているとされています。ストレスを感じると交感神経が優位となり、血管が収縮して血流障害が発生しやすくなり、尿酸を体外に排泄する働きが弱まってしまうと考えられています。, 尿管結石を診断するためにはいくつかの検査を行います。まず尿検査をして潜血反応がないかチェックします。結石が体内にある場合、尿管が傷つけられて尿に血が混ざっていることが多いためです。また、結晶の成分があるか、小さくても排石があるかどうかを顕微鏡で確認します。さらに、尿管が傷ついている場合は感染症に罹患しているケースもあるため、尿の中に雑菌が混ざっていないかどうか、炎症反応(CRP)がないかも調べます。, そして検査結果や症状から尿管結石がある可能性が高いと判断した場合は、レントゲンや超音波検査(エコー検査)、CT検査で結石の有無や位置を確認します。, 結石があり、大きさが1センチ以下の場合の治療方法としては保存療法の適応となります。治療方法は、具体的にはウロカルン錠という排石薬を投与します。ウロカルン錠という薬は尿管結石を溶かす作用があり、小さくして自然に尿と一緒に排出させる治療となります。同時に、鎮痛剤も処方します。, 鎮痛剤の種類は、インドメタシン、イブプロフェン、アスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)となります。利尿薬を処方して尿の量を多くし、排石を促すという治療も行うことがあります。, 体外衝撃波結石破砕術(ESWL)は、文字通り体の外から衝撃波を結石に照射して細かく砕き、体外に排出させる手術です。メスは一切使わず、痛みもほとんどないのが特徴です。体外衝撃波結石破砕術(ESWL)は、腎盂や腎杯、尿管にできた石に対して有効な手術です。治療時間は1時間と短く、麻酔も必要無いのですが、衝撃波をあてる直前に座薬をして痛みを和らげる必要があります。, 日帰り手術となり、当日から職場復帰が可能です。日常生活もすぐに普段通りとなりますが、破砕片が尿管を通るため2日程度、血尿が出ます。治療回数は通常1回ですが、完全に石を砕くために2回以上の通院が必要になるケースもあります。場合によっては、結石の破片で尿路が詰まらないように尿管ステントを留置するケースがあります。, 経尿道的尿管結石砕石術(TUL)は、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)の適応とならなかった場合や有効でないケースで適応となります。経尿道的尿管結石砕石術は、尿道から硬性尿管鏡を挿入し、モニターを見ながら空気圧式砕石装置(リソクラスト)またはレーザーを使って結石を直接見ながら破砕し、バスケットカテーテルで確実に回収するという手術です。TULの手術時間は2時間以内で、入院期間は5日以内が目安となります。手術費用は15万円以下が相場です。尿管が狭窄していて内視鏡が入らない場合は、内視鏡手術が難しいので他の手術方法を選択することになります。, ESWLやTULの適応とならない2センチ以上の結石は経皮的腎砕石術(PNL)が行われる可能性があります。経皮的腎結石砕石術(PNL)とは、特に腎臓の中(腎盂)に発生した珊瑚状結石の摘出に適応となることが多く、背中から腎臓まで腎瘻(じんろう)というカテーテルの通り道をつくって砕石する手術です。, ESWLやTULと比較するとこの内視鏡手術は侵襲が大きく、血液の集中する腎臓にカテーテルを挿入することから場合によっては輸血も必要になることがあり、オペに際しては医師の熟練した技術と豊富な経験が必要とされます。入院期間の目安は10日以内、手術費用は20万円以下となります。尿路結石は再発率が高く、治療費がかさむ傾向があります。, 尿管結石の治療として運動をすることが有効です。毎日の適度な運動は代謝を高めて尿の排泄を促し、石が出やすくなります(自然排出しやすくなる)。ジェットコースターに乗ったり、なわとびをしたり、ジョギングをしたりするとよいとされています。治療後の運動は結石の再発を予防します。, 突然の痛みを感じたとき、自力でできる応急処置があるとすれば薬局で市販の痛み止めの薬を購入することぐらいです。応急処置よりも医師の診察をあおいだ方がいいので、救急車を呼ぶか、タクシーに乗って大きな病院の泌尿器科に駆け込みましょう。もし夜間で病院があいていないときは、夜間専用の緊急外来の受付に行きましょう。, 痛みはいつまで続くのかと考えてしまいますが、石が完全に尿道から外に出るまで続きます。痛みをやわらげるには病院で処方された薬を決められたときに飲む(座薬もあり)ことが有効です。TULまたはESWLの手術を受けたのであれば、我慢する期間は2日間程度で済みます。, みなさんは会社やアルバイト先などの職場で緊張することがありますか?なおちゃんは緊張を強いられる職場を避け続けてタクシー運転手になったのですが、それでもやはりお客様を乗せるとドキドキしてしまいます。 そ …, 風邪がなかなか治らないと鼻水の色が黄色や緑色になって、鼻から息ができなくなりませんか?それって、もしかしたら蓄膿症の症状かもしれませんよ。ほかにも、口呼吸が増える、頭痛がする、集中力が途切れやすくなる …, 寝て起きて鏡を見たら目の上のまぶたまたは下まぶたが画像のように腫れていた・・・こんなご経験、皆さん一度はあるのではないでしょうか?そうです、ものもらいです。ものもらいは医療用語では麦粒腫(ばくりゅうし …, 胃がんの患者の約10%を占めるスキルス胃がんとは、未分化型または低分化型胃癌の一種で、瀰漫性(びまんせい)を持ち浸潤するタイプのがんのことです。ここでいうびまん性とは、病変がまとまりをもたずに、広範囲 …, 明るいところではなぜか物が見えにくい、視界が白くかすんだような見え方になった・・・。これは白内障の症状の一例です。白内障とは水晶体に濁りが発生して視力が低下する目の病気です。水晶体は角膜や瞳孔、虹彩の ….