これは全く別のものです。 PCB(ポリ塩化ビフェニル)は燃えにくく電気絶縁性に優れていたため、変圧器やコンデンサー等の電気機器の絶縁油として広く使用されました。しかし、有害であることが判明したため、昭和47年以降は製造や新たな使用は禁止されました。このため、絶縁油にPCBを使用した変圧器やコンデンサー等で廃棄物になったものはPCB廃棄物として特別な保管・処分をしなければなりません。 @中性点にアースを接続しては絶対ダメです。もし接続すれば電源線から負荷を通じて中性線に流れる電流(負荷電流)がアースを接続したところから分流して漏電電流になります。当然漏電ブレーカーはトリップします。, まず回路の説明を致します。 ていねいなご回答ありがとうございました。, なるほど、漏電すると、漏電した点からアースを通って回路に戻っていくんですね。 一般的な三相変圧器の2次側がΔ...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 関係にあるのでしょうか?私の考えでは、それぞれ120°ずれている、 まあ恐ろしいので実際触ったりはしませんが(^-^;, >異常時に電圧の上昇を抑えることができます 【4】 電力会社との契約種別。 これは単相変圧器を2台をV結線にして1台の中間点を接地する方法です。 中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が さらに、定格電流を超える電流値を、遮断した場合は、メーカーの保証動作回数までの動作が保証されるわけではありません。 @どちらも大地に接地極を埋設しているのですが目的は全く違います。変圧器内で高圧と低圧が混食すれば電灯やコンセントの100V回路に6,600Vの高電圧が印加されて大変危険です。B種アース(トランスの中性点のアース)があれば高圧側(変電所等)でその電流を感知して地絡継電器が動作し高電圧を遮断できます。 既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。 限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。 電位と電位差(電圧)の概念を混同していませんか?電位0V(接地)と電圧0Vはまったく違う概念です。この点で、「S相の接地=s相の電圧0V」との勘違いが生じていると思います。, No.2です。 変圧器はトランスフォーマー、略してトランスと呼ばれることもあり、電圧の高さを変換するものです。, 高い電圧から低い電圧に変換するものをダウントランス(又は降圧専用変圧器)と呼び、低い電圧から高い電圧に変換するものをアップトランス(又は昇圧専用変圧器)、電圧の上げ・下げ、両方が出来る変圧器をアップ/ダウントランス(又は昇圧降圧切替式変圧器)と呼びます。, 日本の一般家庭電圧(電気コンセントの電圧)は通常100V(世界でも最も低い家庭用電圧と言われています)となっています。ところが海外では各国で電圧が異なり、同じ国でも地域によって電圧が異なる場合があります。, 日本の100V電圧対応の電気製品を電圧の高い海外(例えば240Vの国)でそのまま電気コンセントに接続し使用した場合、電気製品が破損してしまう恐れがあります。 電気製品の破損を防ぎ、支障無く使用するには、電気コンセントからの電圧を電気製品に合った電圧に変換しなければならず、この為に変圧器が必要となります。, 尚、電気製品の対応電圧が100V~240V等の全世界対応の場合、変圧器は不要です。, 当ホームページの【各国の電圧・プラグ形状一覧表】はそれぞれの国・地域の主たる電圧・プラグ形状を記載しておりますが、地域の開発時期や建物の建設時期によって、使用されている電圧・コンセント形状が異なる場合もありますので、ご心配な場合は、事前に渡航先やご利用の旅行会社にご確認願います。, 電熱器具専用変圧器のため、電熱器具以外には使用できません。但し、電熱器具であってもマイコン・デジタル表示・電子コントローラ付きなどの電気製品には使用できません。 <電子式>変圧器を利用できる・できない電気製品一覧表を参照願います。, <電子式>変圧器を利用できない電気製品をご使用の場合は <トランス式>の変圧器をご使用ください。, 電気製品の説明書、本体の仕様表示欄に<(定格)電源>、<入力>もしくは<INPUT>と表示されている数値を確認する。 不明の場合は、製品メーカーにご確認ください。, 「変圧器が必要かどうか」 当ホームページの製品検索画面から簡単に調べることが出来ます。, 渡航先の電圧は当ホームページの【各国の電圧・プラグ形状一覧表】にそれぞれの国・地域の主たる電圧・プラグ形状を記載しておりますので、こちらからも確認できます。, 尚、地域の開発時期や建物の建設時期によって、使用されている電圧・コンセント形状が異なる場合もありますので、ご心配な場合は、事前に渡航先やご利用の旅行会社にご確認願います。, 1時間以上継続してご使用の場合には消費電力値の1.25倍以上の容量を持つ変圧器が必要となります。1回のご使用時間が1時間以下であれば同じ消費電力容量をもつ変圧器で対応可能です。(当社製品の場合), 電気製品の消費電力(WまたはVA)は、電気製品の説明書、本体の仕様表示欄、もしくは製品メーカーにご確認ください。, 消費電力容量以下の変圧器を使用した場合、変圧器が発熱・発煙・破損する恐れがあります。, 当社製品の保護回路付き変圧器には、保護装置が作動した場合に手動復帰タイプと自動復帰(約20~30分後)のタイプがあります。 また、保護装置が作動した場合に管ヒューズ交換で復帰するタイプとヒューズ内蔵タイプがあります。ヒューズ内蔵タイプは復帰しませんのでメーカー修理が必要となります。, 電気製品仕様欄に<AC100~240V>表示があれば「変圧器」は不要です。 不明の場合は、製品メーカーにご確認ください。, 当社製品の保護回路付き変圧器には、保護装置が作動した場合に手動復帰タイプと自動復帰(約20~30分後)タイプがあります。 また、保護装置が作動した場合に管ヒューズ交換で復帰するタイプとヒューズ内蔵タイプがあります。ヒューズ内蔵タイプは復帰しませんのでメーカー修理が必要となります。, Copyright (C) NISSYO INDUSTRY CO.,LTD All rights reserved, ドライヤー(ナノケア・ナノイオン付・デジタルモーター付・マイクロプロセッサー付は除く):600~1200W. ということは人が感電してしまうのは、人から大地を通じてアースに閉回路ができてしまうから? 【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。 あのサイン波のうちの1本が、常時対地電圧0V、ということ? また仮にこれで家電を動かすだけの電気が流せたとしても、 アース線も電源系統の中性線は正しく接続すれば同電位です。 有効電力がPowerから、P となった後 いるとの事ですが、ここで疑問です。 対地電圧は一相のみが0V、残り2相は200Vとなります。 > 何千ボルトという静電気由来の電圧がかかったりするのを >交流で時間的に変わるのは線の間の電圧で、そのなかの一本が大地と同じ電位になっても問題ありません。 (a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。 例えばそのキュービクルにD種接地が1つしかない時に下図で言いますと、 低圧側の短絡電流を計算したことがありませんし、該当設備の電源側%Zがわかりませんので完全地絡時の電流はなんともいえませんが、何れにせよELBが即時遮断するので接地線が溶断するような熱量は発生しないかと・・・(^^; まともに動かないと思います。 あまり用いられないと思いますが対地電圧を下げる等の目的で使用されることがあります。 >(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等) 変圧器の2次側コイルをΔ結線とし、三相のうち一線を接地します。 また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、 短絡電流の遮断については、動作特性をよく調べて使用してください。経済性を無視すれば、一度短絡電流を遮断した遮断器は、交換すべきだという人もいます。 単相ならわかるんですが・・・、三相交流だと、良くある図として、サイン波が1/3ずれて重なっているグラフがあるじゃないですか! とか思っちゃうのですが??? 必要な容量とは、その回路に流れる最大の電流値(容量を電流値で表した場合)で決まります。一般的に、最大電流値となるのは、短絡時となります。 結構地面って電流が流れるものなんですね。 仮に私の考えが正しいとしたとき、この位相のずれが動かそうとする 各相の電位だけを考えていたのでは混乱してしまうので、教科書にも説明があるように、ベクトル図(フェーザ図)を使って、直感的に把握する工夫がなされているのです。 208Vとなっていれば3線のうち1本の対地電圧は約180Vとなります。, 6kV/200Vの変圧器の低圧側の接地方法は3種類に大別されます。 「S-T間電圧の 〃  =T相の時間変化」でもありません。 具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に225Aの電流を流したとしても遮断器はOFF動作しません。 これで人間を守ろうというのです。 とりあえず電流はアース線を通って大地に逃げます。 ちなみにこれは3線式に限りません。2線式でも同じです。 いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。 ○中性点接地 ○V結線の電灯側中線接地(三相4線式灯動共用方式) しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など) (1)・・・ELBの動作を確実にする為 【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。 変圧器の2次側コイルをスター結線とし、中性点を接地します。 あれが、なんで必要なんだか良くわかりません。 で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって ます。 (a) 動力専用バ...続きを読む, ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが? 電子部品なんかは導電性の袋に入れたりします。 限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。 その理由は、日本の(多分全世界でそうだと思いますが?)電源事情が、定電圧送電方式となっているからです。即ち、電圧の項は、定数として扱えるため、変数となる電流値で表せば事実上問題がないのと、実用上合理的となるからだと思います。 定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。 R相、S相、T相の中でS相を接地してもR-S間、S-T間、T-R間の電圧は 家電製品などによくアース線というものが付いています。 そしたら全体的に見たらどんだけ複雑なグラフになるんだろう??, 世の中の成功している男性には様々な共通点がありますが、実はそんな夫を影で支える妻にも共通点があります。今回は、内助の功で夫を輝かせたいと願う3人の女性たちが集まり、その具体策についての座談会を開催しました。, なんでトランス変圧器の一次側とニ次側の両方に接地を付けてから点検するんですか? 一次側に接地を付けた, 配線図を見ると、トランスの中性点から、接地線が「アース」がとられていますが、中性点とアースは、同じなのでしょうか?中性点から、アースをとっても、同じなのでしょうか?地中から、トランスに電流を逃がすのと、直接中性点に逃がすのと、違いは、?あるのでしょうか?, 中性点とアースは、同じなのでしょうか? 環境・省エネに貢献する日立産機システムがご提供する製品:変圧器のご紹介と関連情報を掲載しています。どんな設置場所でも、いかなるニーズでも、設置場所や目的条件にあわせてお選びいただけます。 ■当該変圧器の接地相はX点に接続 中性点から、アースをとっても同じなのでしょうか?地中から、トランスに電流を逃がすのと、直接中性点に逃がすのと、違いは、?あるのでしょうか? 対地電圧は三相とも115Vとなります。(200/√3) >また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、 ご参考にして頂ければ幸いです。  XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。 >蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは であることから500Ωの制限抵抗を入れた場合かなりの感度低下が予想される。 対地電圧は三相とも115Vとなります。(200/√3) 油入変圧器の内部異常や経年劣化度合、絶縁油を分析することで判断できます。 1.油中ガス分析 変圧器内部で局部的な過熱・放電等により絶縁油や絶縁物が熱分解する際に生じた分解ガスは、絶縁油中に … 言葉だけでの説明ですので状況が分かりづらいかもしれませんが、単相トランス2次側の接地の有無とその理由について、どうかご助言いただけませんでしょうか? (1)Trに字接地の必要はある B種接地というんでしょうか。 そうではなかった場合、例えばその他変圧器回路の負荷側接地線がX点なんかに接続したりなんかすると技術基準上及び感電防止の観点からまずいかもです・・・ これは、規格の考え方の違いでどちらが正しいとかという問題ではありません。しかし、一つの電気設備で、複数の規格を採用しなければならない場合などは、保護協調上注意を要する点であります。 初心者向け電気のしくみ、的な本を読むと、 1台の変圧器の中間点で接地を取ります。需要変動への取替え対応や電柱上の限られたスペースへ 漏れてはいけないものです。 (3)ELBの不必要動作については、恐らく・・・ 各相の電位だけを考えていたのでは混乱してしまうので、教科書にも説明がある...続きを読む, 三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。 三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。 内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまったような場合、 赤、白、黒の3線のうち、白を中性線とし、赤と白の2本がコンセントとして R相、T相の電圧は「仮想中点(仮想接地点)」に対して定義されたものであり、S相を接地した場合は「仮想中点(仮想接地点)」の電位が0Vと考えられなくなるだけです。この場合、「S相の接地=S相は変化しない(電圧0V)」を意味しません。三相交流で定義されたS相の「交流電圧」はもとのままです。 単相3線式はわかるんですが、三相3線式の場合はどうなるんでしょう? 必ず接地されているそうですね。 高濃度pcbを使用した変圧器・コンデンサーの処分の流れ ①まずは確認を. 行に対する支援に係る検討会, 適正保管について詳しくはこちら, 軽減制度について詳しくはこちら, http://www.jesconet.co.jp/customer/discount_04.html, 周囲に囲いが設けられていること, 必要事項を記載した掲示板が設けられていること, PCB含有ステッカーを貼り付けること, 飛散、流出、地下浸透しない措置をすること. >次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか? 変圧器(トランス)の出口側(二次側)はアースをしますよね? どなたか教えてください。よろしくお願いします。, もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。 (2-1)他の方々が仰る通り制限抵抗がある場合の地絡電流は、 アースがなければ、人が触っても回路ができないんだから安全ですよね!じゃあB種接地なんて良かろう悪かろうですね! しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など) 静電気は中性線はおろか電力会社から来ている電源と無関係で、 >このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない 「変圧器の二次側を接地するのはなぜ?」というより、「変圧器の二次側を接地しても危険でないのか?」とかが良かったのか・・・ 確かに大地の電位と給電線の中性線は同電位ですが、 今回は、pcb(ポリ塩化ビフェニル)廃棄物の処分について、期間や場所などをまとめます。 pcb廃棄物は期間内の処分が義務付けられている pcb廃棄物を保管する事業者は、pcb廃棄物の期間内での処分が義 漏電遮断器の原理がいまいちよく分かりません。 (エアコン、冷蔵庫、洗濯機等) (b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。 (3)ELBの不必要動作については、恐らく・・・ (a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。 電気に詳しい方、教えていただけませんか?, 一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと、電気が流れている電気製品で、電線の被服が破損して電気製品のボディーに接触したとします。この時破損した側の電線がアース側なら電位が同じなので何も起きません。また反対側でも電気製品のボディーが完全にゴムか何かの絶縁体の上に乗っていれば漏れ電流が流れないので漏電遮断機は働きません、あくまで遮断器のところを通る電流の差が規定値(50mA程度)を超えた場合のみ働きますから。ここでこの電気製品のボディーを地面に接触(アース)させると電流がボディーからトランスのアース側へと流れて漏電遮断機に流れるプラスマイナスの電流値に差が出て漏電遮断機が働くことになります。つまりこの意味で、アースしていないと漏電遮断機が働かないのであって、漏電遮断機そのものをアースする必要は全くなくまたそんな端子もありません。, 一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと...続きを読む, 気になったのでどなたか教えてください。 (2)・・・ しかし、アメリカ製の250AF/225AT(フレームという概念についての説明は、割愛します)の遮断器に225Aの電流を流すと遮断器はOFF動作を起こします。 1953年(昭和28年)から1972年(昭和47年)にかけて製造された変圧器・コンデンサーには絶縁油にpcbが使用されたものがあ … ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。 一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、 単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。 相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として ブレーカーの仕様に定格電流と定格遮断容量とありますが、違いや意味を教えてください。定格電流は、その電流値を超えた場合にトリップするものだとは認識しているのですが。遮断容量は大きいほうがいいのでしょうか?詳しい説明をお願いします。, こんにちわ! 2台の変圧器をV結線で接続し単相100/200V、三相200Vを同時に供給する方法です。 以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。, いくつか逆質問になります。 電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。, 三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが >ないのですか? ありがとうございます。モノの本に良く書いてありますよね。 >ないのですか? 接地の目的は高低圧の混触が起こった場合低圧側の対地電圧抑制のためです。(B種接地と呼びます) 人間が触れてもアース線と人体とでは、 ・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z 4-5 別添 1 変圧器の適用範囲について 1. 必ず接地されているそうですね。 詳しい方、どうか中学生に教えるような感じでわかりやすく解説してください(´・ω・`), 「B種接地」に関するQ&A: B種接地線施行について(特に400V系配電線), なるほど!1相分を接地して0Vになっても、他の2相はサインカーブのままなんですね。 定格以上の容量を遮断しようとすると熱により接点が溶着したり、溶断してしまうことがあるようです。 > ○一線接地 次にそれぞれの理由ですが、 「S-T間電圧の 〃  =T相の時間変化」でもありません。 ないのですか? ご参考にして頂ければ幸いです。 許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。 それを防止するのに対策することはあります。 >ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず (2-2)D種接地抵抗規格値に準拠しようとした場合、規格値は100Ω又は、0.5s遮断で500Ω以下です。私の解釈では接地抵抗地というのは接地相と対地間の抵抗と考えていますので、それから言うと厳しいかもです。