(e in b)&&0=b[e].o&&a.height>=b[e].m)&&(b[e]={rw:a.width,rh:a.height,ow:a.naturalWidth,oh:a.naturalHeight})}return b}var C="";u("pagespeed.CriticalImages.getBeaconData",function(){return C});u("pagespeed.CriticalImages.Run",function(b,c,a,d,e,f){var r=new y(b,c,a,e,f);x=r;d&&w(function(){window.setTimeout(function(){A(r)},0)})});})();pagespeed.CriticalImages.Run('/mod_pagespeed_beacon','http://cyclehack.jp/61/','8Xxa2XQLv9',true,false,'Xc59W9QSUZA'); 自然の中でマウンテンバイク(MTB)を楽しみたい人向けに、関東近郊のマウンテンバイク専用コースをご紹介します!街中で自転車を通勤・通学... 中学生の頃にメッセンジャーブームが到来し一気に影響を受け、芝浦周辺のメッセンジャーの後を追走するなどして自転車のスキルを磨いたものの、現在は一児の父となり自宅のMTBも子供の遊び道具になりつつある・・・ //]]>, CYCLE HACK > ジャンル > マウンテンバイク(MTB) > 安定感が抜群!街乗りにおすすめのマウンテンバイク7選, 本格的なオフロード自転車のMTB(マウンテンバイク)。マウンテンバイクに興味あるけど、種類が多くて、わからない事が多い…普段使いしたいけど、街乗りに合うのかなあ…と、悩むユーザーも多いのではないでしょうか。マウンテンバイクは街乗りに相性が良いのかという疑問を解決しつつ、通勤・通学など普段使いに最適な「街乗りにおすすめのマウンテンバイク」7選をご紹介します!, マウンテンバイクは本来、山の中など、荒れたオフロードを走るために開発された自転車です。少し前はATB(All Terrain Bike)と呼ばれた頃もありました。, ”Terrain”は地形や地面という意味なので、マウンテンバイクは、どんな地形でも乗れるように作られた自転車と言えるかもしれません。, 様々なモデルがありますが、山岳を専門的に走る”ダウンヒルバイク”と呼ばれるモデルなど、フレームや構造などが高機能な「レース向き」なモデルも多くあり、価格もピンからキリまであります。, 特に路面からの衝撃を抑えるサスペンション機能は、マウンテンバイクならではの特徴と言えるでしょう。, 様々なモデルがあるマウンテンバイク。フレームの形状で、大きく3種に分けることができます。, 街乗りと言うことを考えるとやはり段差は無視できないですよね。そんな段差のストレスを軽減してくれるサスペンションをフロントに装備したモデルが『ハードテイル』。, ハードテイルは、テイル(しっぽ=後ろ)がハード(サスペンションが無し)という語源から来ています。, 街乗りに限らず、マウンテンバイクではこのタイプが主流と言っても良いでしょう。走破性能と価格のバランスが取れたモデルが多くあります。, 前後のフォークの両方にサスペンションが装備されたフルサスペンションのモデル。歩道と車道の間や、店舗などの施設に入る時の段差など、街中には段差などが多くありますが、フルサスペンションなら、そんな段差もへっちゃらです。また見た目が特徴的なので、街乗りでの注目度はダントツです!, フロントフォーク含めて、ショックを吸収するサスペンションが無いタイプの『フルリジット』。段差や乗り心地では多少劣りますが、乗る時の力は地面に伝わりやすい自転車と言えるでしょう。, マウンテンバイクの経験豊富なライダーの中には、「1周回って」フルリジットが街乗りに適している!というライダーもいたりします。, なんと言っても、太いタイヤとサスペンションで安定感抜群の乗り心地です。遅いスピードでもふらつきなく乗れるでしょう。街中の段差を走行する時も、ロードバイクやクロスバイクの細いタイヤはストレスになりますが、マウンテンバイクは問題にしません。, また、長距離を速く走り続けるのであれば、ロードバイクなどに軍配があがりますが、短い距離であればマウンテンバイクも十分に速い走行性能があります。, そして、タイヤが太いと、頻繁にタイヤの空気を入れる必要がないのも、日常的に使ううえでは非常に大切なポイントです。, これらも、きちんと認識しておくと良いでしょう。出先での急な雨でも「泥はねしないギリギリのスピードで走る」などしましょう。, 台湾発の自転車メーカーですが今では世界のビッグブランドに成長しました。ATXシリーズはアルミフレーム、フロントサスのみのハードテイルスタイルですがメカニカル(機械式)ディスクブレーキを装備。フレームカラーもブルー、ホワイト、ブラックと三色展開しています。ワイヤー内装やフレームに直付けのスタンドなど、街乗りを意識した装備も充実です。スポーツバイクブランドでは最大手の安心感のあるブランドと言えます。, GTならではのクロスドシートポストという特徴的なフレーム形状が他のメーカーには無い特色です。さらにこの価格帯で油圧式ディスクブレーキを装備しているのもお得感があります。タイヤのインチサイズもこのモデルは27.5インチですが、29インチのモデルも同価格で用意されています。タイヤは27.5”×2.25”と存在感のあるセミブロックパターンを採用、コンポーネントはSHIMANO AltusとAlivioの混在で9スピードと坂道も段差もこなせるギアレシオを持ちます。, 何を隠そう筆者が人生で初めてマウンテンバイクに魅了されたのがこのFUJI製のマウンテンバイクです。アルミフレームにフロントサスペンション+メカニカルディスクブレーキというコスパに優れたモデル。このNEVADAシリーズは1.2、1.5、1.9とグレードがあります。1.9はシマノTourneyのコンポーネントを搭載し街乗りだけでなく、ちょっとしたトレイルライドもこなせそうです。, 2台目、3台目で街乗りマウンテンバイクをお考え方向けのおすすめ20万円以下のモデル4選です!, 先ほどご紹介したAvalancheとフレームカラーが同じだと侮ることなかれ。まず、フロントフォークはサスペンションのパイオニア”ROCK SHOCKS”社製のRockShox Sektor RLを装備。このフォークはデボンエア方式と呼ばれるサスペンションで、エアとスプリングの併用で最適な硬さを調整することもできる機能付きです。, このバイクは街乗りの中でもファットバイクに分類されるようなジャンルでストリートの要素も兼ね備えています。KONAのマウンテンバイクのノウハウが生かされたもモデルでありながら、抜群の存在感!コンポーネントはSHIMANO Deore、フロントのブレーキローターは180mmと大径で、機能性も兼ね備えています。街乗りでの注目を集めること必至です。, SPECIALIZEDのバイクの注目の部分はウィメンズがラインナップされていることです。このモデルはウィメンズシリーズの中でも「PRO」とついているようにかなり本格的な装備充実しています。細部に渡って軽量化されつつも、油圧ディスクなどを搭載し走破性能の面で妥協は見られません。, さすがは世界シェア上位のGIANT。シンプルそうな見た目よりも装備が充実した「しっかり者」の1台です。リアスプロケットも11-46Tのワイドレシオの11S変速で多彩な走りに対応。走行性能、コスパ、スタイリッシュな見た目などバランスのとれた一台です。. 初めてスポーツ自転車を購入するとき、カッコいいロードバイク・クロスバイクを購入するのもアリですが、色々な用途に使いたいなら「マウンテンバイク」が一番かも・・・?, マウンテンバイクなら、通勤・通学という一般的な用途から未舗装路での走行・雨天時にも滑らず走ることができます。実は様々な状況で使える万能選手なんです!, 今回はこれから購入を検討されている方のため、価格の安いマウンテンバイクの選び方と本当におすすめの車種をランキング形式で紹介していきたいと思います!, 初めてスポーツ自転車に乗るとき、最初は慣れていなくて上手く走行できなかったり、砂利道を走ってパンクさせてしまうことも多いです。, マウンテンバイクは、剛性が高く色々な意味で「雑」に扱っても大丈夫なので、初めての1台におすすめなんです!, 「初めての車は新車じゃなくて中古車を買え」という言い伝えに似ています。どんなシチュエーションでも使え、例え自転車で崖に突っ込んでも簡単には壊れないので、長く使えるんですよ!, マウンテンバイクには衝撃吸収用の「サスペンション」が付いていて、前輪側だけに付いている「フロントサス」タイプと、後輪側と2つ付いている「ダブルサス」の2種類から選べます。, フロントサスタイプは、主に街乗り用として一般道を素早く走るのに向いています。力が逃げるので、早く走りたいならサスペンションは少ないほうがいいんです。, 一方ダブルサスは前後輪についているので、かなりの衝撃も吸収してくれます。その代わりペダル回転時の力が逃げやすく、重くなりやすいためスピードを出す走行には不向き。, 街乗り前提なら好みで選んでOKですが、ダブルサスタイプは荷台取付不可など制限があるので、どんな用途で使いたいかじっくり考えてから購入するようにしましょう。, 一般的な自転車のタイヤサイズは26インチなんですが、マウンテンバイクのなかには29インチという大型サイズもあります。ちなみに1インチ=2.5cmです。, 何が違うというと、タイヤサイズが変わることで走破性能が大きく変わります。走り出しは重いですが、一度慣性で回り始めると平坦で巡航30km、トップスピードで最大50kmぐらいまで出せます。, タイヤが大きければ平坦での走破性能は向上する一方、登りには弱く機転も効かないなど本来のマウンテンバイクのメリットを失う・・・というデメリットもあります。, マウンテンバイクには坂道でも登坂しやすいよう「自転車のギア(コンポーネント)」が取り付けられていますが、価格によって変速の快適さが大きくかわり、走行スピードに直接影響します!, グレードが高いほど段数が多くなり、坂の斜度等によって細かくギアを変えることができます。プロ用だと最大30段以上になることも。, 日本企業のシマノ製ギアが大半で、マウンテンバイク専用のギアが装備されている場合も。グレードの低いものは故障しやすいので、SHIMANO製のコンポ2種類を選ぶことをおすすめします!, 日本ではマイナーブランドの「センチュリオン」。ドイツの会社で作られていて、5万円以下の自転車は品質にバラつきが多いなか、パーツ一つ一つの精度が高く安心して乗車できます。, 5万円をやや下回る価格で、他より一段グレードの高い「SHIMANO ALTUS」のコンポを搭載。各パーツは全て公表されており、そこらの中華メーカーとは一線を画す信頼性を誇ります。, 知名度が低いだけで、剛性・信頼性に関しては有名メーカーと肩を並べられる性能。すぐに売り切れてしまう可能性もあるので、デザインが気に入れば即買い必須です!, 「メリダ」は上級者ロードバイクを製造しているメーカーで、主に本格的なレース仕様のモデルが多い印象です。, 軽量性を追求したレース用のマウンテンバイクも販売されており、初心者モデルとしてこの製品が販売されています。基本性能は全て備えているため、通勤・通学から休日のサイクリングまで全く問題なくこなしてくれます。, 基本性能が高く、メリダは有名ブランドなため初心者モデルといえども分かる人には「あっ!」と言われます。性能に不満を抱くことはまずないので、「失敗したくない!」という人にこの自転車を選びましょう。, オフロード車で有名な「HUMMER」というブランドの自転車。HUMMERは「フルサスペンションモデル」のマウンテンバイクが多数販売されています。, ダブルサスペンションタイプのため、重量はあるもののオフロード走行で大活躍してくれます!デザインもかっこよく、街中でも頻繁に乗っている人を見かけます!, サスペンションの信頼性も高いし、ダブルサスタイプを乗りこなしたい人にはこのモデル一択ですね。街乗りはもちろん、オフロードの走行まで幅広くこなしてくれます。, 2万円台前半の激安価格ながら、アルミフレームとダブルサスペンション、マウンテンバイク専用コンポ「SHIMANO TOURNEY」が装備された高コスパバイク。, HUMMERなど定番のモデルと比べると性能は一歩劣りますが、合計で4色のカラー展開があって自分の好みを選ぶことができるため、より街乗りに特化したモデルと言えるでしょう。, もちろんダブルサスなのでオフロードの走行もバッチリ。ある程度の性能で、低予算で自転車を購入したい人はこのモデルで決まり!, 初心者向けモデルから中・上級スペックの自転車を多数販売している、大手メーカーの「ブリジストン」。, このマウンテンバイクは数ある製品の中でも初心者向けモデルとして位置付けられていて、4万円程度の価格で本格仕様の自転車が味わえるようになっています!, これ!という特徴はないものの、大手メーカーだけに信頼性は高いです。マウンテンバイクはサスペンションがある分走行中に破損するリスクもあるので、できる限り信頼性の高い自転車を買っておくと吉。, 「CANOVER ATLAS」は特にショップで人気が高いモデルで、3万円で購入できる価格で基本性能が高く自転車入門におすすめのモデルです!, 変速装置が劣るのが気になるものの、デザインもよく街中をメインで走行するにはピッタリです。性能が低いといっても日常的な通勤・通学は全く問題なくこなしてくれます。, 「DIAMOND BACK」は本格的なハイエンドマウンテンバイクを製造しているアメリカのメーカーで、この自転車は最廉価モデルとして販売されています。, この自転車を知るまで全然メーカーのことを知らなかったんですが、アメリカでは一定の知名度を得ているようです。日本ではあまり販売されていません。, 通常より太いタイヤが使用されており、剛性や信頼性が高いのはもちろんのこと、なかなか街中でも見かけないメーカー製なので、「人と違う自転車に乗りたい!」という方にはオススメ。, 今回紹介するマウンテンバイクのなかでも貴重な、「タイヤサイズ29インチ」タイプの自転車です!, 一般的な26インチ・27インチと外径が5cm〜7.5cm以上も違うので、トップスピードが早くなりMTBでも40km程度まで飛ばすことが可能になります。タイヤが大きい分、障害物の回避能力も高くなります。, 走り出しが重くなる・車体重量が増すなどデメリットも多いですが、一度ビッグサイズを使うと通常のタイプには戻れなくなります。スペックは至って普通ですが、29インチに興味がある方はぜひ試してみてください。, 2万円前後で購入でき、かつ折りたためるので輪行にも最適なマウンテンバイク。自宅に収納場所がない・・・といったときにも便利に活躍します!, ダブルサスペンションタイプなので、街乗りからオフロードの走行までこなすことができます。ただ全体的な性能は低めで、予算を抑えつつ自転車に乗りたい人におすすめ。, フレームがスチール素材で折りたたみ機構も採用しているため、どうしても車体重量が増してしまうのが唯一のデメリット。ただしママチャリよりは快適に走行できます。, 2万円以下で購入できる格安仕様のマウンテンバイク。予算はないが、とりあえずMTBに乗ってみたい!と考えている人におすすめできる自転車。, 性能は低いものの、前後に衝撃緩和装置がついた「フルサスペンション仕様」なので格安でマウンテンバイクに乗る楽しさを味わうことができます。, もちろん、変速機構や細かいパーツは5万円台の自転車と比べると大きく劣りますが、それでもママチャリよりは性能がいいので、お試しで購入してみては!, というわけで、「通勤・通学にオススメのマウンテンバイク」を紹介させていただきました!具体的な性能の比較は上記の表を参考にしてみてください。, ぶっちゃけ、通勤に使用する程度ならどんな自転車でも構わないのですが、本格的な使用も考えるとこの価格帯の自転車が一番コストパフォーマンスに優れていておすすめなんですよね。, ここで紹介したモデルは全て厳選して掲載してあるんですが、特に初心者におすすめのモデルをピックアップするならば、下記の3つのモデルになりますね!, もちろん用途によって買うモデルを選ぶべきですが、少なくともこれらのマウンテンバイクを買えば失敗は少ないですね!, ▼5万円以下の予算でおすすめの「ロードバイク」「クロスバイク」「マウンテンバイク」「ママチャリ」「折りたたみ自転車」「電動アシスト自転車」をピックアップしてみました!, 「アウトドア(自然体験)を加速させよう!」をモットーに、野外活動がもっと楽しくなる旅行・アウトドアに関する情報、10年以上におよぶブログ運営の情報を発信しています。月間30万〜50万PVを記録。. マウンテンバイクといえば山道をグイグイ走ることができる自転車というイメージが強いですが、自転車ブームの最近ではマウンテンバイクを街乗り用としてかっこよく乗りこなす人も増えています。そこで今回は街乗りにおすすめのマウンテンバイクの選び方とランキングを紹介します。, 通勤通学、ちょっとした買い物など、街乗りには一般的にシティサイクルが利用されていますが、マウンテンバイクを利用している人を見ると、つい「かっこいい!」と振り返ってしまいますよね。, 近年、小径タイプが爆発的に普及している反動で、シティサイクルの売上も極端な下降線をたどっていますが、実はマウンテンバイクの売上は順調に推移しているんです!それだけマウンテンバイクは街乗り用として安定した人気を誇っていることがわかります。, そこで今回は、マウンテンバイクの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、フレーム素材・ホイールサイズ・種類を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。, マウンテンバイクは、太くてゴツゴツしたタイヤに頑丈なフレーム、モトクロスバイクのようなサスペンションやディスクブレーキが特徴で、オフロードなど場所を選ばず、どこでも難なく走破できる自転車です。, 山を走るスタイルによってモデルも異なり、山を駆け降りる競技に使用される「ダウンヒル」、山の中を駆け抜ける競技に使用される「クロスカントリー」、山を楽しむために使用される「トレイル」などが人気です。, しかし近年、自転車通勤が流行になると、多くの人がスポーツタイプの自転車に乗り換え始め、マウンテンバイクも街乗りスタイルのモデルが登場し、多くの人気を集めています。, 街乗りに適したマウンテンバイクの選び方にはさまざまなポイントがあります。以下では失敗しないための街乗りにおすすめのマウンテンバイクの選び方を紹介します。, マウンテンバイクは、大きく、ハードテイル・フルサスペンション・フルリジットの3種類に分かれています。それぞれの特徴を把握しておきましょう。, 通勤通学などの街乗りを視野に入れたときに頭をよぎるのが段差です。車道と歩道の段差や、信号付近の段差などさまざまな段差があります。そんな段差のストレスを軽減してくれるのがサスペンションをフロントに装備したハードテイルです。, 実は街乗りに限らず、現在のマウンテンバイクの主流がこのハードテイルになっています。そのため、シティサイクルと比べて走破性と価格のバランスがとれた種類として人気となっています。, フルサスペンションは、前後のフォークの両方にサスペンションが装備されたモデルで、どのような段差でも振動や衝撃を吸収し、抜群の走破性を発揮することができます。, また、見た目もかっこよく、特徴的なため、街乗りしていると注目度はダントツで、視線を独り占めすることができます。, リジットとは、「固定されていて動かない」という意味で、フロントフォークを含めて、段差などによるショックを吸収するサスペンションが全く無いマウンテンバイクを「フルリジット」と呼んでいます。, 段差や乗り心地の面では、他の種類に劣りますが、乗る時の力は地面に伝わりやすく、路面の変化や状況を敏感に察知できます。, マウンテンバイクはタイヤにも種類があり、そのタイヤの違いによってさまざまな効果が得られます。, ブロックタイヤとは、マウンテンバイクのイメージを象徴するようなゴツゴツとした感じが特徴のタイヤで、安定していないオフロードで威力を発揮します。, 接地面積が広いので、それだけペダリングが重たくなるため、舗装道路は若干不向きなタイヤと言われていますが、未舗装道路ではグイグイ進むことができます。, センターリッジタイヤとは、一見ブロックタイヤと似ていますが、タイヤの中央部のブロックがつながっているタイプで、接地面積も少ないことからペダリングが非常にスムーズで、街乗りに適したタイヤとされています。, また、オフロードでもバランス良く走ることができ、オンロードではスピードが出やすく、高速走行でもスピードが安定しやすいため、長距離でのツーリングでも十分走ることができます。, セミスリックタイヤとは、タイヤの中央部分はスリックタイヤ、両サイドにはブロックタイヤのような形状のタイヤです。セミスリックタイヤは、スピードが出やすくコーナリング時のグリップ力も高めることができます。, 舗装された道路では転がり抵抗が低く、こぎだしが軽く、直進安定性も優れています。また、タイヤの両サイドにブロックが施されているので、濡れた路面でも安定して走破できます。, スリックタイヤとは、タイヤ自体が軽量で、転がり抵抗が少なく設定されているため、直進安定性が高く、舗装道路を快適に走ることができるタイヤです。長距離のツーリングでは疲労軽減効果も発揮します。, 以上のことから、スリックタイヤは、マウンテンバイクを街乗りや通勤通学で使うことを想定している人に最も適したタイヤと言われています。, ホイールはタイヤの大きさに関係し、スピードや小回りが利くかなど、さまざまな部分に影響を及ぼします。, 26インチのホイールサイズは、小さいため、細かいハンドリングができるのがポイントで、小回りが利くため、街乗りなどで狭い道を走る機会が多い方におすすめです。下町などでは今でも狭い道が特徴的なため、26インチはちょうどいいかもしれません。, ホイールサイズが29インチのものは、他のホイールと比べて大きく、1回転で進む距離も長くなることから、速度と走破性を重視したい方におすすめのホイールです。また、安定性や推進力にも優れていることから速度が落ちにくく、長距離走行にも適しています。, 27.5インチサイズのホイールは、現在の主流のサイズとされています。この27.5インチのホイールの特徴は、26インチと29インチのメリットを合わせたサイズで、26インチよりも加速性に優れ、29インチよりも小回りが利く点にあります。, ディスクブレーキとは、車輪と一緒に回転する円盤型をしたブレーキで、油圧式と機械式の2種類に分けられています。, 油圧式ディスクブレーキは、圧力を分散させることで効果を上げるというパスカルの原理を利用していることから、レバーを操作するだけで油圧ジャッキのように、少ない入力でも圧倒的に強いパワーを出力できます。, そのため、握力に自信のない方でも、少ない握力で簡単にブレーキをかけることができ、さらに長時間のブレーキングでも握力を消耗することがありません。, 機械式ディスクブレーキは、ホイールのリム部分を挟むタイプの、従来のリムブレーキ仕様と同様にブレーキの部品をワイヤーで稼働させているため、リムブレーキと同じブレーキレバーを使用することで、調整が簡単になっています。, フレームの素材の違いによって、マウンテンバイクの特性を大きく作用するため、選ぶ際にはそれぞれの特徴をおさえておきましょう。, クロモリはスチールの一種で、フレームの特徴は、振動吸収性が高い点にあります。そのため、長時間の走行でもお尻が痛くなることを抑制します。また、素材自体が弾性に優れ、頑丈のため、フレームに傷がつきにくく、耐久性に優れているという点も魅力です。, 一般的にクロモリ、スチールと表記されているフレームを採用したマウンテンバイクは、価格が安く、それでいて耐久性・振動吸収性に強いため、コスパに優れているといえます。, アルミフレールの最大の特徴は軽いという点にあります。アルミは密度が低いため軽量で、マウンテンバイクに最も多く使われている素材です。そのため、初心者におすすめのモデルにも多く採用されています。, また、剛性が高いため、漕いだ際の力が逃げることがなく、推進力を生み出すことから上級者向けモデルにも採用されています。, チタンは、頑丈で錆びにくいという性質を持ち、自転車のフレーム以外では船やゴルフクラブにも多く使われている素材です。非常に軽いため、チタンフレームのマウンテンバイクは車体が軽くなるため、走りやすさを重視している方におすすめです。, カーボンは、劣化しにくく、繊維を固めていることから非常に軽いという特徴があります。さらに地面からの衝撃を吸収するため、乗り心地は抜群です。また、ペダルを踏みこんださいの力も逃がさないことから、スピードが出やすい点も魅力です。, このように全体的にハイスペックな素材ですが、他の素材に比べて高価なため、価格よりも性能を重視する方におすすめの素材です。, ステンレスは、非常に丈夫なため、耐久性に優れた素材の代表格的存在で、さらに見た目が美しいことから、塗装せず、表面を磨くおしゃれなデザインが多い点が特徴です。また、衝撃吸収性も抜群で、オフロード走行におすすめです。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41WmSMFZMlL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07PGTC8T3?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, こちらのマウンテンバイクは、外装6段変速×3段変速で、走る道によって思い通りのギアを選択できる人気モデルです。乗り心地に配慮したフルサスペンション、制動力の高いVブレーキを搭載しています。, また、前後には泥除けに役立つフェンダーを搭載しているので、雨の日でも通勤通学など、街乗りに適したおすすめのマウンテンバイクです。, [{"key":"フレーム素材","value":"スチール"},{"key":"ホイールサイズ","value":"26インチ"},{"key":"種類","value":"フルサスペンション"},{"key":"ブレーキ","value":"Vブレーキ"}], 結論から言うとコスパ高くておすすめです。未走路は走らないで、と書いてありますが、自己責任でガンガン砂利道や林道を走っています。1ヶ月経ちますが、今のところ全く問題なく快適に走れています。耐久性は高そうです。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51shj3K6kxL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Ftantan%2F673799%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Ftantan%2F673799%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07XFWRFX7?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fjitenshaproshop%2Fcanover-camt-042-dd-orion.html"}], CANOVERから発売しているこちらのマウンテンバイクは、エアロチューブデザインのミドルクラスマウンテンバイクです。また、シマノ21段変速、ブロックタイヤ、ロングリーチのサスペンションに前後ディスクブレーキを搭載し、街中のあらゆる地形を走破します。, フロントは三段構成のコンパクトクランクを採用し、リアスプロケットとの組み合わせで変速可能段数は21段になっており、平地のみならず、坂道でも快適に登れる能力を備えた人気モデルです。, [{"key":"フレーム素材","value":"スチール"},{"key":"ホイールサイズ","value":"27インチ"},{"key":"種類","value":"フルサスペンション"},{"key":"ブレーキ","value":"メカニカルディスクブレーキ"}], 自転車本体も軽く、フットワークも軽い感じでサイクリングを楽しめています。ギアチェンジもあり坂道なんかも楽しく乗れて居ます。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51pDfKclYoL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fdentaro%2F673798%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fdentaro%2F673798%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07XBSBMT4?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fjitenshaproshop%2Fcanover-camt-043-dd-atlas.html"}], フロントフォークの振動吸収により、街中での段差や溝でも衝撃を緩和でき、路面から離れることなく走破できます。また、フロント、リアにはメカニカルディスクブレーキを搭載、強力なブレーキング性能で瞬時に停車が可能です。, タイヤにはブロックオフロードタイヤを採用し、舗装路での安定した走りを実現するので通勤通学などの街乗りにもおすすめで、さらに林道など軽めの未舗装路も走行可能です。, [{"key":"フレーム素材","value":"アルミ"},{"key":"ホイールサイズ","value":"27インチ"},{"key":"種類","value":"フルサスペンション"},{"key":"ブレーキ","value":"メカニカルディスクブレーキ"}], 通学用に。コスパはgoodですマウンテンバイクは初めてでしたが、安価なわりにはなかなかな商品です, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51tff+pobXL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fcyclemall%2F2105%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fcyclemall%2F2105%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01LL0V1FU?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fjoy%2Fdh2618-e.html"}], 人気ブランドのハマーといえば、強靭なフォルムですが、その強靭なフォルムはそのままに、迫力のあるデザインが人気のマウンテンバイクです。Wクラウン、フルサスペンション搭載モデルで、シマノ製18段変速ギアも搭載し、変幻自在に変速調整が可能です。, 極太のアルミフレームを採用し、力強いイメージにぴったりの人気の車種です。前後のサスペンションは路面の衝撃を吸収するので乗り心地は抜群です。, [{"key":"フレーム素材","value":"アルミ"},{"key":"ホイールサイズ","value":"26インチ"},{"key":"種類","value":"フルサスペンション"},{"key":"ブレーキ","value":"Vブレーキ"}], ダイエット目的で買って、どうせならかっこいい自転車が欲しくてこれにしました。かっこよくて大変満足です。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41Zi1uJ6j7L.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07WSLBQDT?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fjoy%2Fal-atb2618glow.html"}], こちらは、シボレーブランドの軽量アルミフレームを採用した本格派マウンテンバイクです。街乗りにおすすめの26インチモデルで、前後に路面の衝撃を吸収するリンク式フルサスペンションを搭載し、ハードさとスポーティさを演出した設計です。, 変速はシマノ社製18段変速ギア搭載で、左右のハンドルからギアチェンジが手を離すことなくグリップ操作で変速切替が可能なため、通勤通学など街乗りにおすすめです。, 派手目のルック車だとわかった上でフルサスに魅かれて購入しました。結果は大成功でした。フロントサスが柔軟に動いて滑らかな乗り心地を提供してくれます。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/516mD97Uc6L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjism%2F4582428102666-36-17308-n%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjism%2F4582428102666-36-17308-n%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01CQABB86?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fjoshin%2F4582428102666-36-17308.html"}], こちらのマウンテンバイクは、パール得意の折りたたみ26インチのマウンテンバイクです。フルサスペンションを採用し、走行時の衝撃を最大限に和らげ、信頼のシマノ18段変速ギアを採用し、急な坂道などあらゆる道に対応できます。, タイヤは、街乗りに最適なスリックタイヤを装着し、使用しないときには折りたたんで家の中に収納できるので盗難の心配もありません。, [{"key":"フレーム素材","value":"アルミ"},{"key":"ホイールサイズ","value":"26インチ"},{"key":"種類","value":"フルサスペンション"},{"key":"ブレーキ","value":"ー"}], 購入から1年半の180cm男です。未だまだ飽きない自転車です。今でも故障も錆びも出てなく、よく出来た商品です。クロスも所有してますが、道路状況もあり、休日の30km程度のサイクリングは、折り畳みMTBで楽しく出来てます。お値段以上と断言出来る商品です。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51LBAKCXrWL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fvoldy%2F10011215sale%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fvoldy%2F10011215sale%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B010USP1CI?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fvoldy%2Fmkz-266.html"}], KAZATOのこちらのマウンテンバイクは、パワフルな走行性能と収納性を両立した、低価格のコスパ最強マウンテンバイクです。オーバルシェイプのフレームは強度抜群で、そのパイプを使用し、マウンテンバイク用にY字型のダブルサスペンションフレーム設計にしています。, 地面からの衝撃を軽減して体への負担を少なく軽快に走行できるので、街乗りや通勤通学時にも活躍する、1万円台の格安マウンテンバイクです。, [{"key":"フレーム素材","value":"スチール"},{"key":"ホイールサイズ","value":"26インチ"},{"key":"種類","value":"フルサスペンション"},{"key":"ブレーキ","value":"ー"}], ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51+Bp8cTKvL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01LY8080I?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Foffselection%2Fb01ly8080i.html"}], ANIMATOから発売しているこちらのモデルは、通勤通学におすすめの人気モデルです。軽量アルミフレームにシマノ18段変速ギアを搭載して坂道でも安心で、フロント・リアサスペンションにより長時間の走行でも安定した乗り心地を実現します。, また、前輪と後輪部分に泥除けも施されており、オフロードの環境下やダウンヒル用マウンテンバイクとしても活躍する、初心者にもおすすめなマウンテンバイクです。, いわゆるMTBルック車ですが街乗りメインの私には十分です。やはりアルミは軽いですね。タイヤブロックもそんなにごつごつしてないので街乗りも楽です。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51bJo-6OAaL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fuous%2Fmtb2618rr%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fuous%2Fmtb2618rr%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00QN7QJXG?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Ff-select%2Fmtb-2618rr.html"}], Raychellから発売しているこちらのマウンテンバイクは、使用後に中央部から折りたたんでコンパクトにできる人気モデルです。凹凸の激しい道を走行する場合も、しっかりと振動を吸収し、バランス感の良い走行の手助けとなるフルサスペンションを搭載しています。, 前輪・後輪とフェンダーも備わっているので雨天などにより路面が濡れている場合の泥はねをしっかりと防ぎながら走行できるので、通勤通学などの街乗りにもおすすめのマウンテンバイクです。, 今まで買った折り畳み自転車で一番出来が良く河原で走っても快適でした。(普段は河原に行きませんが、試し乗りしてみました)普通自転車+αなので本格MTBには敵いませんが、町乗り程度なら完璧ではないでしょうか?, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51Vq+3436tL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2F21technology%2Fmtb266%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2F21technology%2Fmtb266%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00I31ES1K?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2F21technology%2Fmtb266.html"}], 21Technologyから発売しているこちらのマウンテンバイクは、価格がマウンテンバイクとしては驚きの1万円台の人気モデルです。シマノ製の6段変速ギアを搭載し、手元で簡単に変速操作を行えるグリップシフターを搭載しています。, 街乗りとしてはじめてマウンテンバイクを使うという方にも安全な走行を実現するため、前後にVブレーキを採用し、濡れた路面や下り坂でも安全に止まることができる仕様になっています。, 他との比較はできませんがコスパは最強だと思います。ギアに塗布するオイルや、組み立ての取説などきちんと揃っていました。組み立ても簡単ですし早速走りましたがシマノの6段変速はとても快適でした。サスも2つ付いているしこれが2万円を切るというのはすごいとしか言いようがないですね。, マウンテンバイクは、折りたたんで自宅内で保管する場合を除き、自宅前など、屋外で保管している方が多いかと思います。しかし屋外だと、雨や風にさらされ、汚れてしまったり、マウンテンバイクを長く使うためにはいいことはありません。, そこで、マウンテンバイクを屋外で保管するさいには、自転車カバーをかけて保管することをおすすめします。, 以下の記事では、自転車カバーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。, 自転車カバーの人気おすすめランキング15選【子供用・クロスバイク・ロードバイク用も紹介】|セレクト - gooランキング, マウンテンバイクは、シティサイクルよりもスピードが出やすいロードバイクの一種です。そのため、万が一交通事故に遭遇し、頭を強打すれば、その衝撃もはかり知れません。, そこでマウンテンバイクに乗る際には、ヘルメットを忘れずに装着することをおすすめします。選び方に迷ったら、BELLやBontragerなど人気メーカーをチェックしてみるのもいいでしょう。, 以下の記事では、ロードバイク用ヘルメットの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。, ロードバイク用ヘルメット人気おすすめランキング15選【2019年最新】|セレクト - gooランキング, 今回の記事ではフレーム素材・ホイールサイズ・種類を基準に「街乗り」に最適なマウンテンバイクのおすすめ商品を紹介させていただきました。, しかし、マウンテンバイクは他にもいろいろな種類がありますよね。そこで、下記記事では街乗りに適したマウンテンバイクに限らず幅広くおすすめの製品を紹介しています。, マウンテンバイクの人気おすすめランキング15選【通勤にも使える】|セレクト - gooランキング, ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年09月23日)やレビューをもとに作成しております。.