ギターを弾くときにはとかく脱力が重要といわれます。でも、完全に脱力してしまったら弾けないし、どうすればいいのかわからない人が多いかと思います。コツは力を抜くことではなく、必要最小限の力の量を知ることです。脱力についてはこちらのカテゴリの記事 ギターお悩み相談・コラム, クラシックギター, 自分もギターを始めた頃は左肩が凝ったり左手が疲れたり、手首が痛かったりと大変な時期がありました。, 右手の話になってしまいますが、僕がエレキギターで速弾きを練習していた頃には肘から弾くスタイルで、肩から右腕全体にかけて力が入っていました。, 結果、右肩が上がらなくなってしまい、今でもボールを投げるような動きは痛みが伴います。, 足台を使うのでネックが45~60度くらい傾いていますから腕の自重を使った押さえ方が割と簡単に使えます。, 練習した後に肩が痛かったり、疲れているようなら力が入りすぎていますので鏡などを見て練習するか、録画して確認して見てください), 指板に向かって押さえるのではなく弦にぶら下がるイメージ。(もちろん少し指板側にも力を加えますが), 実際は曲を演奏するときにぶら下がってしまうと音程が狂ってしまうことがありますので適度に調整が必要です。, 何でもかんでも力を入れて親指と他3本の指で挟んでしまう癖をまず見直すことが大事です。, 曲を弾いて集中していくとどうしても力が入りがちですが、上手い人ほど力の抜きどころで指を休めています。, 自重で押さえる練習をして、簡単な押さえやロングトーンの場所でしっかり休む癖をつけていきましょう。, https://studio-grandsonori.wixsite.com/grandsonorite, クラシックギター特殊奏法について解説しています。ピチカート、タンボーラ、タバレット、人口ハーモニクス、フラメンコ流トレモロなどを紹介しています。, 正しいチューニング方法について書いています。意外に知らない人が多いチューニング。音痴なギターにならないように気をつけましょう。, クラシックギターの右手の爪の磨き方について書いています。最低限これを守っていただければ汚い音は出ないはずです。, ギターが上手くなる人の特徴をまとめてみました。是非とも参考にしてみてください。全部当てはまったらすぐに上達するはずです!, 空き家をタダで譲ってくださる方を募集しています。DIYでリフォームしてみんなで使えるギター合宿所を作ります。ピザ窯を作ったりウッドデッキを作ったりと非日常空間で音楽を楽しめるようにします。, クラシックギターで最大の武器であるアルペジオを徹底的に鍛える基礎練習について書いています。日々アルペジオを練習することで驚くほど安定感が増します。是非取り入れてみてください。, クラシックギターの構え方について書いています。構え方が悪いと腰が痛くなったり肩が凝ったりしますので正しい楽な姿勢を知りましょう。, エレキギターとクラシックギターでは開放弦の捉え方が違います。当時受けたカルチャーショックについて書いています。真剣に学んだからこそ違いを知り、理解できるようになりました。参考にしてみてください。, 本番でのパフォーマンスに悩んでいる方が多いと思います。今回は成功する音楽家の新習慣より本番でのあがり症についての要約と対応策を紹介していきます 。, クラシックギターの各部名称について説明しています。基本的なことですので覚えておきましょう。, エレキギター、アコースティックギター、クラシックギターについての情報をアップしていきたいと思います。, ギター初心者から中級者まで、タメになる情報をギターブログに書いていきたいと思いますのでぜひ参考にしてください。, 指が開かなくて悩んでいる人に向けてコツを紹介しています。一度確認するだけで驚くほど開くようになりますのでぜひ参考にしてみてください。, 【名著】成功する音楽家の新習慣を要約 練習の仕方を見直して効率アップ 伸び悩み解消. 2019/3/13 ギターによって左手のフォームが異なります。 親指がネック上に出るか出ないかでコツが変わってきますが今回は. 自重で押さえやすいクラシックギター について解説していきます。 近々エレキ、アコギでの押さえ方も追記します。 . 2020/5/4 クラシックギター 腕の自重で押さえる方法.