ヤスリじゃなくてもいいです、薬品?機械? DIYは全くの初心者です。 ウッドデッキの塗装が気になり始めました。 年明け前にやりたいな〜と思い、夫がランダムアクションサンダー … var ua = navigator.userAgent; Array ・ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる これは私も使っていますが、先端ローラー径が小さいので隅まで届きやすいところがGood。  割れがあると、すい針(当地の方言で木のささくれによる針)...続きを読む, 棚を作ろうと思っております。 CO計や換気にいくら気を付けたも万一が怖いので…。 色々作ってみたいものがありますので、道具は今後も使って行こうと思っているため、道具を揃えていこうと思っております。, #2です。 再びお邪魔します。 お店で板を見ていたのですが、何の処理もしていないトゲの多い板が安いので、それを触ってもスベスベしている板に仕上げたいのですが、どのようにするのでしょうか? 効果が落ちたり、色むらがでる可能性もあるので、今回は避けた方が無難かもしれません。 ads.yahoo.comからget-user-id.jsを開くかまたは保存しますか?このメッセージの意味が分かりません。 #3さんのおっしゃる通り、ベルトサンダーは、その研磨力の強さのせいで、一か所に何秒か止めると、そこだけ凹んでしまいます。 木を研磨するときは、絶えず動かしながら(というより、スイッチが入っていると勝手に前に進んでいきますから、弾き戻しながら均等に掛けていきます。)使うものです。 それとオービタルサンダーですが、確かにほこりが出ます。一応、袋が付いていますが、掃除機につないで使うのがベストです。それは、ベルトサンダーにも言えることですし、掃除機が付けられる電動工具はほとんどつけた方がいいですね。掃除も楽になりますし。 もちろん、施工は電気工事士にやってもらいます。. 例えばこういう塗料がいいとか、こういう下地剤をぬるといいとか。もしくは簡単な塗料の剥がし方とか。 本当は全部剥がして木目を生かす感じでメープル色にしたかったのですが…サンダー挫折です。 それと以上の研磨をして、さらに鏡面用の研磨剤(クレンザーみたいなもの)を使えば、それこそ顔が写るくらいの面にすることができます。 今回のメンテナンスもこのオイルステインを使うつもりです。オイルステインを塗る前に表面処理が必要なのかどうか?一度業者さんに相談してみた方がよさそうですね。, 回答ありがとうございます。 ペーパーの番手についても参考にさせていただきます。, 回答ありがとうございます。 特に、柿渋などしみ込ませるタイプのものは、色味は落とせませんね。しみ込んでいるので。。。 ヤスリ難民並に、いろんなタイプのヤスリを購入しては試していますが、どうにも時間がかかります。 ベルトサンダーについて補足しておきます。 このヤスリは強力だよ!など何かおすすめがありましたら、 JavaScriptが無効です。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。JavaScriptを有効にするには, 電動サンダーについて diyは全くの初心者です。我が家のウッドデッキにオイルステインを塗るメンテナンスを考えています。その前処理としてサンダーなどで表面の処理を行う必要があると思うんですが、どの程度のスペックの物を購入したらよいのか?また作業時 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. ベルトサンダーについて補足しておきます。 材料は、1液型ウレタン。素人さんだから、水性のほうが取り扱いやすいでしょう。 もうこうなったら濃い色を上塗りするか!と思っているのですが、その場合の注意点を教えてください。 if ((ua.indexOf('iPhone') > 0 || ua.indexOf('Android') > 0) && ua.indexOf('Mobile') > 0) { ホームセンターに行ってみましたが,どの工具が適しているのかよくわかりません.この作業に適した電動工具を教えて下さい., 私も、手に持つタイプのベルトサンダーが最適と思いますが、今回だけの使用なら安いオービタルサンダーでも良いかと... ・業者によって得意分野が異なる ホットペッパーのGotoイート終了予告が出ましたが、今から今月の残り日数全てに予約を入れてもポイントは入りますか?ほぼ毎日キャンペーンを利用しているのですが、先ほど予約受付の終了予告が出ました。 ですから、真っ白でも、真っ黒でもできます。好みの色にできるので、大丈夫です。 素人がするということで、話しますね。 window.addEventListener('load', function() { 天井はポリカーボネートの波板です。 また、お勧め商品があったら教えてください。 #3さんのおっしゃる通り、ベルトサンダーは、その研磨力の強さのせいで、一か所に何秒か止めると、そこだけ凹んでしまいます。 木を研磨するときは、絶えず動かしながら(というより、スイッチが入っていると勝手に前に進んでいきますから、弾き戻しながら均等に掛けていきます。)使うものです。 ・ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる  木表を表にするのは、室内の美観を目的にする敷居や鴨居、床の間の場合でウッドデッキや壁板は必ず木裏を表にします。木造校舎の頃、その床を逆にしていたら図のように釘が浮いてきます。  このままでは床板が早く腐ってしまいます。 そろそろ雨が当たるところ、人がよく通る玄関前の. N02,3の方のようなことは、プロの私でも、ちょっと無理です。へたくそって言われるかもわかりませんが、資格としては、建築塗装、鋼橋塗装の1級の資格を持っています。私の過去の回答も(回答者のところをクリックすると見ることができる) ウッドデッキの塗装でよく使われている塗料を2つ紹介します。素人に限らずプロもよく使用する塗料です。 もちろん、普通の塗装だと落ちはしますが、ものすごく時間がかかります。 ベルトサンダーでは削りすぎるくらいですか?サンダーは何台も購入するつもりは無いので1台ならオービタルでしょうか?オービタルならホームセンターでも比較的安価なタイプもあるので手軽に購入できそうです。しかし240番ってのはちょっと細かすぎませんか?, 「マキタ クリーナー」に関するQ&A: ダイソンにしようか?マキタにしようか?, 「ウッドデッキ」に関するQ&A: ベランダ、ウッドデッキなどは延床面積にはいりますか?, ホームセキュリティのプロが、家庭の防犯対策を真剣に考える 2組のご夫婦へ実際の防犯対策術をご紹介!どうすれば家と家族を守れるのかを教えます!, インウッドに代わるウッドデッキ用塗料探してます。 ウッドデッキ塗装にインウッドのピーカンという色の塗, 中古住宅を購入したところ、ウッドデッキがついてきました。建築と同時につけたようです(設計図に載っていました。築9年目) [2] => 15198 // PC用処理 これを逆にしたいです。ON時にライト点灯、OFF時にライト消灯にしたいです。 大工さんに天井点検口設置をお願いしているのですが、前日に2時間ほど作業しているのですが木枠(吊っている木と接触し、天井を固定している枠)に入らないとかで終わらず、今日は木枠を部分解体するので4時間は必要と言います。 床板の一枚が傷んでいること、色がヘン(うすい水色?グレー?どんな塗料なのかわかりません。木目は見えません)なので塗りなおすことにしました。 お教えくださいますか? かなり辛いので電動工具を使いたいと思います. VVFのケーブルは屋内に使う物だそうです。 注意することは、他を汚さないこと。(地面とか、塗らない部分には養生といって、マスキングしましょう)それと、使い終わった刷毛ローラートレイ、下缶などの道具類は、水性の場合は水洗いします。 いけないので、雨の直後は避けてください。, 古い木製品の塗装を剥がしています。 ウッドデッキの塗装方法について劣化症状別に解説しています。diyで塗装する際に必要な道具と手順を中心に、ウッドデッキのメンテナンスを業者に依頼する際の注意点を具体的に解説します。また、ウッドデッキの塗装に特化した見積もりサイトも紹介します。 木造でジプトーンの天井で... 外構のコンクリートにこのように無数の穴が空いています。このように空いているおうちが他にないのですがこれは何でしょうか?, 自己所有地にゴルフクラブ5本を捨てられました。 © 2020 外構の達人 All rights reserved. 木の種類にもよるのでしょうが、我が家のウッドデッキは一年が経ち色がやや薄れてきて塗料の剥げが目立つようになってきました。, そこでウッドデッキのメンテナンスとして塗料の塗りなおしを行いました。今回はその記録も兼ねて記事にします。, 落ち葉やゴミなどを取り除き、スポンジやデッキブラシなどで大きい汚れを洗い流していきます。(洗剤はいらない), 塗装の剥がれ等があれば軽く削り取ります。削るといっても全部やるのは大変です。目立つ所や全体的にうっすらとというレベルでもいいと思います。複数人での作業推奨。, 我が家の塗料は木材に染み込むタイプなので、スポンジで軽く表面の汚れを洗い落とした後、全体を100均で購入した紙やすり的な物で軽く削りました。その方が塗料の染み込みや、塗膜を作るタイプでも木材との馴染みがよくなるようです。, 塗料を塗っていきます。15分前後経過した所で、今度は塗った部分をふき取っていきます。我が家が塗った「リボス」という塗料は厚く塗ればいいという物ではなく、薄塗りを推奨しており拭き取りが作業過程に含まれています。, ほぼ一人でやったので、約半日を必要としましたが、終わった後は見た目も撥水性も復活しました。, 業者に依頼するのは簡単ですが、安くはありません。自分で出来る事は自分でやったほうが経験値になります。, 全体的に色あせてきており、角の部分など足がこすれやすい場所などが白っぽくなってきています。, 上の写真は室内側から撮っているのですが、ウッドデッキに出るためのテラスドアを開けて、「始めの一歩」の所の色落ちが強く白さが目立ちます。, 室内から出る時は裸足や靴下など履いていますが、ウッドデッキ自体は屋外にあり汚れているので結局サンダルや靴であがる事になります。, 汚れたまま再塗装しても、塗料の馴染みもよくないので塗装の前には汚れ落としも大事になります。, この言葉が頭から離れない。いつかは少しづつ朽ちていく運命かもしれないけど、その寿命を少しでも長くしたい。, 塗料はリボスのチェスナット色。自然素材で作られている塗料です。木材に染み込むタイプになります。, そのリボスを入れる入れ物は、ダイソーで売ってたBBQとかで使う、使い捨ての焼きそばプレートみたいなやつ。, 写真がありませんが、まずウッドデッキの表面を高圧洗浄機やデッキブラシ等でこすり、コケや汚れなどを落とします。, 洗浄するにあたり洗剤などは必要ありません。どうせ屋外にあり汚れるものだし、この後の作業で軽く削ります。, 全部取るのでは無く、塗料が染み込み密着しやすくなるように荒く傷をつけるイメージです。, でも、「良くかき混ぜてからご使用ください」的な事が書いてあるので,よく混ぜると沈殿しているものと混ざり塗料の色が濃くなります。, このトレーだと終わったらそのまま捨てれるのがメリットですが、強い風が吹いていると飛んでいきそうになるのがデメリットです。, 塗り始めて気が付いたのは、ローラーに塗料を均等につけないとまだらになります。注意です。, 一通り塗ったら、今度は表面に残っている余分な塗料をふき取っていきます。けど時間が経ちすぎたのか、ベタベタ感が強くあまり拭き取れませんでした。, リボスの塗料缶の説明を確認した所、「10~20分経過したら、余分なオイルを軽くふき取ってください」とあります。, 全体像だとこのように、色味も戻っています。まだ光の加減もありムラがあるように見えますが、徐々に落ち着いていきます。, 1回目の塗装後24時間程放置し、もう一度塗る事でより耐久性も出るようですが一年に一回位ならこの塗装メンテナンスも楽しいもんです。, 私は自分で出来るメンテナンスなら自分でやりたい派なので問題ありませんが、手間をかけたくない人は「木製」を選ばない方がいいかもしれません。, ハードウッドといわれる「ウリン」や「イペ」など使えば数十年持つという情報もありますが初期費用は高くなります。, また、樹脂と木材を混ぜ込み木材に似せた人工木材というのもあるみたいなので、予算のある方は初めからそういった素材を選ぶのもいいのかもしれませんね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 家業を継がないと決めた30代。子育て中のサラリーマンのHIROです。千葉の北西部在住。家の事、跡継ぎ問題、お金、バイクや車、家族の事など日々の感じた事をテーマにゆったり書いていきます。 詳しいプロフィールはこちら. } いざウッドデッキに塗装しようと思っても、どの塗料がおすすめなのか迷ってしまっている方もいるのではないでしょうか。, 塗料はさまざまな種類があり、使う用途や望む効果によっても選ぶべき塗料は変わってきます。, ウッドデッキはこれからも長く使っていくものなので、見た目だけでなくしっかりと保護できる塗装をしたいですよね。, おすすめ塗料の効果や塗りやすさなど、ウッドデッキの塗装をする際の参考にして下さい。, ウッドデッキに塗る塗料には、木材に浸透するタイプと表面に塗膜を張る造膜タイプがあります。, 塗膜が水を弾いてウッドデッキをしっかりと保護してくれそうなイメージがありますよね。, ただウッドデッキの場合、木目など木の質感をできるだけ残したいので、ダメージがあまりない場合は浸透タイプを使用するのがおすすめです。, ウッドデッキ用塗料の浸透タイプと造膜タイプのどちらを選んだら良いのかを、機能や効果をふまえながら見ていきましょう。, ウッドデッキ用塗料の浸透タイプは、塗膜を作らずに浸透していくので、内側から木材を保護してくれます。, ウッドデッキに塗装した後にひび割れなどが起きても、塗料が浸透している深さであれば木材を保護できるので安心です。, また、効果を保つために定期的に塗装をする必要がありますが、塗膜がないので下地処理などの手間がかかりません。, 浸透タイプの塗料は、ウッドデッキの木の質感や木目などの見た目を残したい場合におすすめです。, 造膜タイプは基本的にペンキのように塗りつぶす種類なので、キズや汚れなどを隠すことができます。, ただ、塗装後にひび割れが起きた場合、塗膜で覆われていなければその部分から水が侵入してしまいます。, ウッドデッキの状態をまず確認して、基本的なタイプのどちらにするかを決めておきましょう。, 塗料には金属用やコンクリ用などそれぞれに対応するものがあり、種類も豊富なので間違って選ばないように注意が必要です。, 耐水や撥水、耐候性などの機能を持っていないと、自然環境にさらされているウッドデッキに塗装しても効果がありません。, そこから雨水が染み込んでいくと木材が腐る原因となり、その部分にシロアリなどの虫がついてしまうことがあります。, においが少なく有害な物質も少ないので、お子さんがいる家庭で塗装をする場合など安全面で気をつけたい方におすすめです。, また、化学物質を含まない自然系塗料もあるので、環境や健康面を気にかける方はそういったものを選ぶといいでしょう。, 水性塗料は塗りやすく、塗装後に刷毛を洗うのも水でできるので扱いやすい特徴があります。, においが強く塗料を薄める時にシンナーを使うので、安全面では水性よりも劣っています。, 浸透性が高く木材をしっかりと保護することができるので、メンテナンスの回数を減らしたい方におすすめです。, ウッドデッキの色味を決める際には、まず色見本を見て家の外壁や庭に合う色の塗料か確認しましょう。, 大きな面積のあるウッドデッキは、仕上がり次第で庭や家の雰囲気をがらりと変える影響力を持っています。, ウッドデッキを色見本通りに塗るのは難しいので、重ね塗りをしていくなかで近い色になるように調整していきましょう。, 今回選ぶ塗料が油性塗料の場合は次回も油性塗料で、水性塗料の場合は次回も水性塗料というふうに塗り替えは同じタイプの塗料で行います。, 今ある塗装を剥がして違うタイプの塗料を塗ることはできますが、同じ塗料を選ぶようにすれば剥がしの手間が必要ありません。, また、古い塗装に傷みがある場合もそのまま塗り重ねできる場合もありますが、十分に時間が経っていないとできません。, 外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。, 理由は >カンナで削る場合、カンナの幅って10cmくらいですよね? えっ!表面処理は不要なんでしょうか?ちなみにデッキの表面は塗装っというか防腐処理された木材でデッキを作っていただいた業者さんはステンプルーフっと言うオイルステインを使われていて、木材を切った断面などに丁寧に塗られていました。 ・業者によって得意分野が異なる さて、 マイホームに設置したウッドデッキ。外壁や屋根と違って木材を使用しているので、早く傷んでしまい、困っている方も多いのではないでしょうか。, ウッドデッキは比較的にDIYがしやすく、業者に頼まず自分で済ませることもできる部位です。, しかし、重要なのが「塗料選び」。塗料選びを間違えると、イメージしていた仕上がりと異なる出来栄えになってしまい、せっかくのウッドデッキが台無しになってしまいます。, ウッドデッキの塗料は、「浸透タイプ」と「造膜タイプ」の2種類があります。どのような見た目にしたいかによって、選ぶタイプは異なるので塗料についてよく理解し慎重に選びたいものです。, 本記事では、DIY時に悩みがちなウッドデッキ塗料の選び方からおすすめ塗料、DIYする際の注意点をご紹介いたします。塗料について知識をつけ、後悔しない塗料選びをしましょう!, (画像出典:http://www.xyladecor.jp/lecture/guide/function.html), ウッドデッキの塗料には「浸透タイプ」と「造膜タイプ」があります。浸透タイプは、木材に塗料を浸透させ腐るのを防ぐ塗料、造膜タイプは、木材表面に塗膜を作り保護する塗料です。 造膜タイプのほうが、塗膜表面で水を弾いてくれるので耐久性が高そうに感じます。, しかし、劣化したウッドデッキはひび割れも発生しており、ひび割れから水が染み込み、ウッドデッキ内部の腐食や劣化が進んでしまいます。, 浸透タイプなら表面に膜を作らず、保護成分が木材内部に浸透し、内側から効果を発揮してくれます。塗り替え後にひび割れをしても内部を守ってくれるので安心できます。造膜タイプは表面のみの保護なので、内部を守ることはできません。, 以上のことから、特にこだわりがなく、塗料選びで迷っている場合は浸透タイプを選ぶと良いでしょう。 浸透タイプと造膜タイプの違いについては、次の章で詳しく比較します。, ウッドデッキの塗料の種類と違いを紹介します。自分の好みや家にあったタイプを選びましょう。, 前章で説明した通り、浸透タイプと造膜タイプは仕上がりが大きく異なります。それぞれの特徴を理解した上で目的にあったものを選びましょう。, 前項では浸透タイプと造膜タイプの違いについて説明しました。仕上がりと機能に大きな差があることがお分かりいただけたかと思います。さらに、塗料には水性塗料と油性塗料の2種類あります。浸透タイプと造膜タイプそれぞれに水性と油性の2種類の塗料が存在します。, 水性塗料は、主な成分が水であり、乾燥時に水が蒸発します。塗料の粘度が高くて薄める場合は水を使用する為、においが少なく、ちいさなお子様がいるご家庭は水性塗料を選ぶと安心です。, 油性塗料は、主な成分が油で、塗料を薄める際はペイント薄め液やシンナーを使用します。, 耐久性が高いのは油性塗料です。安全性や臭いがきつい等のデメリットはありますが、浸透性や耐久性が高い為、多く選ばれています。, みなさんも想像できるように、水と油は反発します。例えば、前回油性塗料を施工した場合、その上から水性塗料を塗ってしまうと弾いてしまい馴染みません。, 前回、水性塗料で施工した場合は水性塗料を塗り重ね、油性塗料で施工した場合は油性塗料を塗り重ねるようにしましょう。, しかし、前回の塗装からかなり時間が経っており、既存塗料が傷んでいたり残っていない場合には、前回と違う塗料を使用することが可能です。もし古い塗料が残っていたら、サンダー等で丁寧に研磨して、塗料をはがす必要があります。, ウッドデッキの塗装でよく使われている塗料を2つ紹介します。素人に限らずプロもよく使用する塗料です。, 木材保護塗料といったら「キシラデコール」。発売以来45年以上の実績もある定番ブランドです。油系の浸透タイプが一般的ですが、水系や造膜タイプの塗料もあります。, http://www.xyladecor.jp/products/list.html, こちらも40年近く発売されている木材保護塗料。推奨品は水系の浸透タイプと半造膜タイプ。カラーバリエーションも豊富です。, 画像出典:http://www.washin-chemical.co.jp/product/watertype/gllx/694), http://www.washin-chemical.co.jp/guardlac_envi_info, カンペパピオの油性木部保護塗料は、少量サイズでも展開されているので塗装範囲が少ない場合におすすめです。, 最後に、施工時の注意したいポイントを紹介します。塗料選びも施工も失敗せず、最高の仕上がりにしましょう!, 塗料は、様々な成分が混ざっており、時間が経つと成分が沈殿します。そのまま塗料を塗布すると、塗料の効果が発揮できませんし、色ムラも出来てしまいます。塗料缶を空ける前に必ず容器を上下に振り、ローラーや混ぜ棒で撹拌してから使用しましょう。, 木目を綺麗に指すために、板一枚ずつ丁寧に施工しましょう。ローラーで複数枚一気に施工したほうが楽ですが、ムラが出てしまい、仕上がりも汚くなってしまいます。木目の方向にローラーや刷毛を動かすと、きれいな木目を出すことができます。, 1度にたっぷり施工すると、乾燥しづらく塗布量もムラになってしまいます。ローラーに塗料をつけた後、缶の縁で余分な塗料をしごいてから塗布しましょう。1度で仕上げず、2~3回塗りで施工すると発色もよくなり、綺麗に仕上がります。2、3回目に塗布する際は、前の塗装がしっかりと乾いたことを確認してから塗布しましょう。, 塗料の乾きをよくするためにも晴れの日におこないましょう。仕上がりや耐久性にも影響します。また、理想は施工前3日間雨が降っておらず、ウッドデッキが完全に乾燥している状態をつくり、塗装後も3日間ほど雨が降らず塗料をしっかりと乾燥させることです。施工前にウッドデッキの状態を確認し、少しでも湿っていそうであれば、施工はやめましょう。, 本記事では、ウッドデッキの塗料の種類と選び方を紹介しました。特にこだわりがない、どれを選べば良いかわからない方は、浸透タイプの塗料を選びましょう。, ウッドデッキは定期的にメンテナンスをすることで長持ちさせることができます。ひどく劣化してしまう前に、ご自身で塗装してみてはいかがでしょうか?思ったよりも簡単にできるので、DIY初心者の方にもおすすめです。, 「リフォームジャーナル」の運用を行なうプロタイムズとは・・・お客様の安心と満足のため、塗装業界全体の信頼・品質の向上を実現する組織です。, お客様のお悩み改善のため、全国のプロタイムズ加盟店よりご要望に沿った、お見積もりをご提出させていただきます。, ※2019年は全国で10,355棟のお見積りをご提出。 ※一部対応できない地域がございます。また、ご相談内容によっては診断・お見積りをお受け出来かねる場合もございます。, //記事内フォーム用 デバイス判定