Windows10では暗号化されたフォルダ・ファイルを解除することができます。Windows10の暗号化はEncrypting File System(暗号化ファイルシステム)、略してEFSが採用されています。今回は、Windows10の暗 Windows10の暗号化はEncrypting File System(暗号化ファイルシステム)、略してEFSが採用されています。, 今回は、Windows10の暗号化されたフォルダ・ファイルを解除する方法を紹介します!, それではさっそく、Windows10で暗号化されたフォルダ・ファイルを解除していきましょう!, 暗号化・暗号化解除はWindows10 Pro以上に対応しています。Homeには対応していませんので注意してください。, 参考ページ:Windows10 証明書(PFX)をインポートして暗号化ファイルを開く, Windows10で暗号化されたファイルはこのようにアイコンに鍵マークがついています。, 暗号化されたフォルダ、もしくはファイルを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。, 属性の詳細がひらきます。「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」のチェックを外して、「OK」ボタンをおします。, フォルダのプロパティに戻り「OK」ボタンをクリックします。すると属性変更の確認を求められます。「変更をこのフォルダー、サブフォルダーおよびファイルに適用する」にチェックをいれ「OK」ボタンをおします。, フォルダを確認すると、鍵マークのアイコンがなくなり通常のアイコンに戻っていることがわかります。, 以上、Windows10で暗号化されたフォルダ・ファイルを解除する方法(EFS)でした。, この記事が役立ちましたら是非ツイッター・Facebook等でシェアしてください!シェアして頂くと励みになります!. 8.BitLockerの解除は「BitLockerを無効にする」を選択する. レジストリも変更しましたが、それでもできません。なぜでしょうか。お教え願いたいです。, Windows10 Homeではないでしょうか?(Pro以上対応) Windows10 [ BitLockerの解除 ] 1.『コントロールパネル」の『BitLockerドライブ暗号化』を表示します。 『BitLockerを無効にする』をタップまたはクリックします。 タスク バーの検索ボックスに「 システム情報 」と入力し、結果の一覧の [システム情報] を右クリックして、 [管理者として実行] を選択します。. Windows10の自動ログインは利便性はありますが、パスワードの入力は安全のため設置されたものです。もしパソコンに貴重なデータがあるなら、Windows10の自動ログインを解除したほうがいいでしょう。次にWindows10の自動ログインを解除する方法4つを紹介します。 Windows10におけるデバイスの暗号化の解除Windows10CreatorsUpdate以前のバージョンでは設定→システム→バージョン情報→デバイスの暗号化をオフにするで SDカードなどの暗号化をHome、Pro問わず解除出来ましたが、現在のバージョンではProにアップデートしてBitLockerに誘導されるだけで設定自 … 暗号化を解除したい場合はBitLockerの管理画面にて「BitLockerを無効にする」を選択します。 暗号化時と同様に解除の処理が始まりますので完了まで待ちます。 セキュリティ上の理由から、多くのユーザーは個人のプライバシーを保護するためにWindows 10システムのファイルを暗号化したいと考えています。 では、Windows 10でフォルダにパスワードをかけるにはどうすればよいでしょうか。次に便利・安全・人気のある4つの方法を説明します。 デバイスの暗号化は、データを保護するために役立ち、広範な Windows デバイスで利用できます。デバイスの暗号化を有効にすると、承認されたユーザーだけがデバイス上のデータにアクセスできます。お使いのデバイスでデバイスの暗号化を利用できない場合は、代わりに標準の BitLocker 暗号化を有効にできる場合があります。, BitLocker は Windows 10 Home エディションでは利用できません。, デバイスの暗号化は、任意の Windows 10 エディションを実行しているサポート対象デバイスで利用できます。代わりに標準の BitLocker 暗号化を利用する場合は、Windows 10 Pro、Enterprise、または Education を実行しているサポート対象デバイスで利用できます。一部のデバイスには両方の種類の暗号化があります。たとえば、Windows 10 Pro を実行する Surface Pro では、簡略化されたデバイスの暗号化エクスペリエンスと、完全な BitLocker 管理制御機能の両方を利用できます。使用している Windows のバージョンがわからない場合は、「使用中の Windows オペレーティング システムのバージョンを確認する」をご覧ください。, タスク バーの検索ボックスに「システム情報」と入力し、結果の一覧の [システム情報] を右クリックして、[管理者として実行] を選択します。または、[スタート]  ボタンを選択し、[Windows 管理ツール] で [システム情報] を選択することもできます。, [システム情報] ウィンドウの下部で、"デバイス暗号化のサポート" を見つけます。この値が "前提条件を満たしています" になっていれば、お使いのデバイスでデバイスの暗号化を利用できます。利用できない場合は、代わりに標準の BitLocker 暗号化を利用できる場合があります。, 管理者アカウントで Windows にサインインします (サインアウトしてからサインインし直してアカウントを切り替える必要がある場合があります)。詳しくは、「Windows 10 でローカルのユーザー アカウントまたは管理者アカウントを作成する」をご覧ください。, [スタート] ただし、Windows10の暗号化には注意点があります。 暗号化したファイル・フォルダーを別のところにコピーすると、暗号化が解除されてしまいます。 よって場所を移動した場合は再度暗号化の設定をやり直す必要がありますので注意してください。 暗号化が完了しBitLockerが有効となったところ.  ボタンを選択し、[設定]  > [更新とセキュリティ] > [デバイスの暗号化] の順に選択します。[デバイスの暗号化] が表示されない場合は、利用できません。代わりに標準の BitLocker 暗号化を有効にできる場合があります。, 管理者アカウントで Windows デバイスにサインインします (サインアウトしてからサインインし直してアカウントを切り替える必要がある場合があります)。詳しくは、「Windows 10 でローカルのユーザー アカウントまたは管理者アカウントを作成する」をご覧ください。, タスク バーの検索ボックスに「BitLocker の管理」と入力し、結果の一覧から選択します。または、[スタート]  ボタンを選択し、[Windows システム] で、[コントロール パネル] を選択することもできます。[コントロール パネル] で、[システムとセキュリティ] を選択し、[BitLocker ドライブ暗号化]、[BitLocker の管理] の順に選択します。, このオプションは、BitLocker がデバイスで利用できる場合にのみ表示されます。BitLocker は Windows 10 Home エディションでは利用できません。, [BitLocker を有効にする] を選択し、画面に表示される指示に従って操作します (BitLocker が有効になっている場合に無効にするには、[BitLocker を無効にする] を選択します)。, デバイスのロックを解除するために回復キーが必要な場合は、「BitLocker 回復キーを探す」をご覧ください。, Windows 10 でローカルのユーザー アカウントまたは管理者アカウントを作成する. または、 [スタート] ボタンを選択し、 [Windows 管理ツール] で [システム情報] を選択することもできます。. Surface Pro 4など多くのパソコンのSSDドライブには暗号化の機能が無いため、暗号化はソフトで行われます。 パソコンが正常に動作しているうちは良いのですが、ひとたび障害が発生すると暗号の解除が行えなくなります。 管理者権限をもっているユーザーでしょうか?, この記事が役立ちましたら是非ツイッター・Facebook等でシェアしてください!シェアして頂くと励みになります!. また、暗号化属性を設定したフォルダ内に新たにサブフォルダを作成したり、ファイルを保存した場合も自動的に暗号化属性が設定されます。 (図4) ファイルを暗号化属性に設定した場合 「暗号化に関する警告」画面が表示されます。 暗号化しておけば、同じパソコンを使用している他のユーザーからファイルを見られることはありません。またハードディスクの盗難にあっても読み取られることはありません。, Windows10の暗号化はEncrypting File System(暗号化ファイルシステム)、略してEFSが採用されています。, 今回は、Windows10のEFSでフォルダ・ファイルを暗号化する方法を紹介します!, それではさっそく、Windows10のフォルダ・ファイルを暗号化していきましょう!, 暗号化はWindows10 Pro以上に対応しています。Homeには対応していませんので注意してください。, 暗号化したいフォルダ、もしくはファイルを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。, 属性の詳細がひらきます。「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」にチェックをいれて、「OK」ボタンをおします。, フォルダのプロパティに戻り「OK」ボタンをクリックします。すると属性変更の確認を求められます。「変更をこのフォルダー、サブフォルダーおよびファイルに適用する」にチェックをいれ「OK」ボタンをおします。, 暗号化したフォルダを確認すると、アイコンに鍵マークがつき、暗号化されていることがわかります。, このフォルダは暗号化されているため、暗号化したユーザー以外では開くことができません。, それでは、この暗号化したファイルを他のユーザーでひらくことができるか確認してみます。, 暗号化したユーザーとは別のユーザーでログインします。そして先ほどのファイルを開いてみます。, 開くことができませんでした。複合化するキーをもっていないので別のユーザーではこの暗号化されたファイルを開くことができませんでした。, 人に見られたくないファイル・隠しておきたいファイル・個人情報が入ったファイルはこのようにWindows10で暗号化しておくとよいですね。, 暗号化したファイル・フォルダーを別のところにコピーすると、暗号化が解除されてしまいます。, よって場所を移動した場合は再度暗号化の設定をやり直す必要がありますので注意してください。, Windows10ですが、グレーアウトしていて、暗号化にチェックできません。 [システム情報] ウィンドウの下部で、" デバイス暗号化のサポート " を見つけます。.