スバルの... スカイラインの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど日産 新型スカイラ... ホンダ 新型インサイトの値引き/納期/実燃費レポート フォルクスワーゲン|メルセデス・ベンツ|BMW|アウディ|ポルシェ|スマート|アルファロメオ|フェラーリ|ランボルギーニ|マセラティ|シトロエン/DS|ミニ|ジャガー|ボルボ|プジョー|ルノー|フィアット, 1920年代|1930年代|1940年代|1950年代|1960年代|1970年代|1980年代|1990年代|2000年代|2010年代|, フォルクスワーゲン|メルセデス・ベンツ|BMW|アウディ|ポルシェ|スマート|アルファロメオ|フェラーリ|ランボルギーニ|マセラティ|シトロエン/DS|ミニ|ジャガー|ボルボ|プジョー|ルノー|フィアット, コロナ禍による国内での外出自粛、海外のロックダウンなどの影響により部品供給がストップするなどで納期が大きく乱れている可能性があります。一方で国内の新車の販売台数は大きく落ち込んでおり、ディーラーが抱えている売れ筋グレードが即納で大きな値引きを狙えるチャンスでもあります。購入を予定している人はディーラーに納期をご確認下さい。. (2020年10月5日更新) (2020年10月5日更新) gtiを600限定車として2018年6月8日発表、2018年7月3日に発売した。2017年4月27日に新型up!のマイナーチェンジし発売した。価格:219万9000円。新型up! (2020年10月5日更新) 自分での試乗無しでの購入は基本的にしないので、今回は見送りになりそうです。 書込番号:21885098. フォルクスワーゲンのAセグメントハッチバック車「up!」は、2007年9月にフランクフルトモーターショーに出展されたコンセプトカーをベースに市販化に向けた改良を加え、2011年8月にまず欧州で、翌2012年10月に日本で発売が開始されました。コンセプトカーのRR方式からFF方式に変更された以外は基本コンセプトを踏襲し、このセグメントの枠を超えた優れたトータルバランスが特徴となっています。, フォルクスワーゲンの最もコンパクトなハッチバックとしてランナップされているアップ!。フォルクスワーゲンらしい堅実な造りをベースとしながら、フロントバンパーなどポップなデザインが散りばめられています。ディーゼル不正問題の影響から値引き引き出しやすい状況にありましたが、問題も沈静化し値引きは少し落ち着いています。, 「新型アップ!の値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。しかし、焦りは禁物。商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。, 自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、新型アップ!の魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、買換え全体では損をする事になります。, まずは「ナビクル」など、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。複数社に査定してもらうと査定の差額は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】, 「ナビクル」なら数項目の入力が完了するとすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに調べる 新型アップ!を見に行って下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。, ※価格は2019年10月22日現在のメーカー小売希望価格(消費税10%込)です。最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。, パワーユニットは1.0L直3ガソリンの1種類。4WDは設定がありません。トランスミッションは全て5速ASG(オートマチック)となります。, ベーシックグレードの「ムーブ アップ!」、上級グレードの「ハイ アップ!」の2グレードとなります。「ムーブ アップ!」には4ドアの他、2ドアも設定されています。, 2WDでの価格は、「ムーブ アップ!」(2ドア)の1,652,000円から「アップ!GTI(4ドア)」の2,342,000円までで、価格差は69万円となっています。, フォルクスワーゲン アップ!は、軽量なボディと小排気量エンジンにASGの組み合わせで、ハイブリッドなどの技術要素を入れずに低燃費を実現しています。, アップ!を安く購入する為には、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。競合車種とポイントは以下の通りです。, アクアはマイナーチェンジにより内装の質感向上やヘッドランプ・テールランプのデザインを変更するなど改良を施していますが、発売から期間も経過しているので、新鮮味という部分では薄れつつありますので、値引き交渉がしやすい状態です。, 日本車の中で一番ドイツ車に近いクルマ作りをしているマツダのコンパクトモデル、MAZDA2が競合になります。, SUVテイストのコンパクト・ボディに1.2Lエンジンとマイルド・ハイブリッドの設定もラインアップするスズキ イグニス。, 往年のセルボのデザインをオマージュするなど個性的なルックスに最新のパワーユニットを搭載し、個性的な一台となっています。発売間もないモデルなので、少し値引きは厳しめですが、ポジショニングが異なるドイツ車のアップと競合させることで、値引きを引き出しましょう。, トヨタのベーシックカー、パッソも競合となります。軽自動車の人気に対抗すべく、ベーシックカーの在り方を再度考え直したパッソは、広い室内と十分な走行性能、そして最新の安全装備を用意しています。, アップ!の値引きを引き出すにあたっては、上記のホンダ グレイス、マツダ アクセラの見積もりを事前に入手してから臨みましょう。他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較する事で、購入に対する本気度も伝わり、アップ!の値引きを引き出し易くなります。, 日本には世界的にも特殊な軽自動車というカテゴリーがあり非常に人気です。アップ!は世界戦略車として多くの国で販売されています。街乗りに特化した軽自動車と違い、アップ!は高速道路での巡行なども考慮されており、コンパクトながら幅広い用途で使えるベーシックカーとしての魅力がある一台です。, エントリーモデルが150万円台からと、ドイツ車としては非常に魅力的な価格のフォルクスワーゲン アップ!。低価格であるぶん、割り切りをしている部分もあります。, 1つはトランスミッションで、AGSというシングルクラッチの自動変速機。簡単に言うと、シフトチェンジとクラッチ操作を自動で行うマニュアルトランスミッションのようなもので、加速する際に一旦クラッチを切り、シフトアップ、クラッチを繋ぐ、という動作をします。, 普通のオートマになれた感覚で運転すると、変速時に前後に揺すられる独特のフィーリングがあります。クセに慣れれば変速ショックを抑える事も出来ますが、このフィーリングに馴染めない人もいると思うので、試乗してしっかり確かめましょう。, リアウィンドウは上下に開閉せず、ガラス後端がわずかに開くタイプです。4ドアモデルを検討中で、後席に人を乗せる機会の多い人は確認しましょう。, 車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。, まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】, 「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。, 新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。, ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく, ミニバン:アルファード|ヴェルファイア|ヴォクシー|ノア|セレナ|ステップワゴン|シエンタ|フリード, SUV:ハリアー|CX-8|CX-5|エクストレイル|RAV4|C-HR|CR-V|ヴェゼル, 軽自動車:N-BOX|スペーシア|タント|ワゴンR|N-WGN|ムーヴ|デイズ|ハスラー, 日本メーカー GTIは「high up!」をベースに、ラジエターグリルの赤いストライプやタータンチェックのシート柄など、GTI伝統のエクステリアやインテリアを踏襲しつつ、ダイナミックな走りを連想させる専用17インチアルミホイールやスポーツサスペンション、レッドのブレーキキャリパーを装着。, 加えて、シートヒーターやパークディスタンスコントロール、アンビエントライトに加え、車内でスマートフォンを活用できる「インフォテイメントパッケージ」を標準装備して快適性を向上させた。, ボディカラーは「ピュアホワイト」「トルネードレッド」「ディープブラックパールエフェクト」の3色を採用した。, ・オプティカルパーキングシステム・ダークティンデッドガラス(リア/リア左右、UVカット機能付)・フルオートエアコンディショナー・アレルゲン除去機能付フレッシュエアフィルター(花粉/ダスト除去外気導入フィルター)・Volkswagen純正インフォテイメントシステム“Composition Phone”/スマートフォンホルダー/iPod/iPhone/USBデバイス接続装置・GTI専用エクステリア(ハニカムフロントグリル、フロント&リアバンパー、ブラックドアミラー、デコレーションフィルム、リアスポイラー、サイドスカート)・クロームエキゾーストパイプ・GTI専用レザーマルチファンクションステアリングホイール/GTI専用レザーシフトノブ/GTI専用ドアシルプレート・GTI専用スポーツサスペンション/レッドブレーキキャリパー・195/40 R17タイヤ/6.5J×17アルミホイール(6スポーク), フルモデルチェンジした新型「ポロ」をベースに、日本初導入の「ミラーサイクル方式」を採用する高効率な直列4気筒DOHC 2.0リッターターボエンジンを採用。最高出力147kW(200PS)/4400-6000rpm、最大トルク320N・m(32.6kgf・m)/1500-4350rpmを発生し、従来比で6kW(8PS)/70N・mのパワーアップを果たした。トランスミッションには6速DSGを組み合わせる。, 電子制御式XDSディファレンシャルロック、スポーツサスペンション、アクティブダンパーが選択できる“Sport Select”シャシー付スポーツパフォーマンスキット、ドライビングプロファイル機能を標準装備して、好みに応じたスポーティな走りを実現可能。, エクステリアでは、GTIを象徴するラジエターグリルの赤いストライプやレッドブレーキキャリパーに加え、専用17インチアルミホイールやデュアルエキゾーストパイプ、リアスポイラーを採用してダイナミックな走りを視覚的に表現。, インテリアでは、伝統のタータンチェックのファブリックシート柄に加え、レッドステッチの入ったマルチファンクションステアリングホイール、ベルベットレッドのダッシュパッドを採用して、赤と黒でスタイリッシュなカラーコーディネートとした。, また、最新世代のデジタルメータークラスター“Active Info Display”と、日本初導入の「スマートフォンワイヤレス チャージング」を採用。ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に対応したスマホを車内で充電可能とした。, ボディカラーは「ピュアホワイト」「フラッシュレッド」「ディープブラックパールエフェクト」に加え、新色で専用色の「ライムストーングレーメタリック」を加えた4色を設定した。, ・アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)・デイタイムランニングライト・プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)・プロアクティブ・オキュパント・プロテクション/アクティブボンネット・ダークティンテッドガラス(リア/リア左右、UVカット機能付)・2ゾーンフルオートエアコンディショナー(運転席/助手席独立調整、自動内気循環機能付)・Volkswagen純正インフォテイメントシステム“Composition Media”(CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、ワイドFM対応、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン)・スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”/パドルシフト・ドライビングプロファイル機能・GTI専用エクステリア(ハニカムフロントグリル、フロント&リアバンパー、リアスポイラー、サイドスカート<ブラック>)・クロームデュアルエキゾーストパイプ・GTI専用ファブリックシート・GTI専用レザーマルチファンクションステアリングホイール/GTI専用レザーシフトノブ/GTI専用ドアシルプレート・アルミ調ペダルクラスター(アクセル/ブレーキ)・電子制御式ディファレンシャルロック“XDS”・GTI専用スポーツサスペンション/“Sport Select”シャシー付スポーツパフォーマンスキット・レッドブレーキキャリパー・215/45 R17タイヤ/7.5J×17アルミホイール(5スポーク), ・テクノロジーパッケージ(Discover Proパッケージとのセットオプション。7万200円):デジタルメータークラスター“Active Info Display”、スマートフォン ワイヤレスチャージング, ・セーフティパッケージ(Discover Proパッケージとテクノロジーパッケージとのセットオプション。9万7200円):駐車支援システム“Park Assist”、パークディスタンスコントロール(フロント/リア、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付)、オプティカルパーキングシステム、ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)、リアトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能), ・Discover Proパッケージ(22万6800円):Volkswagen純正インフォテイメントシステムDiscover Pro(SSDナビゲーションシステム、VICSワイド対応、DVD/CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、ワイドFM対応、地デジ受信、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン、Volkswagen Media Controlアプリケーション対応)、ETC2.0対応車載器、モバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”(コネクティビティ機能“App-Connect”、テレマティクス機能“Guide&Inform”), ゴルフ GTIにおける6速MTが最終仕様となる今回のモデルは、最高出力169kW(230PS)/4700-6200rpm、最大トルク350N・m(35.7kgf・m)/1500-4600rpmを発生する直列4気筒DOHC 2.0リッターターボエンジンを搭載。トランスミッションには100台限定の6速MTのほか、6速DSGも設定した。, Volkswagen純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”や、デジタルメータークラスター“Active Info Display”といった最新テクノロジーを標準装備するとともに、ハイビーム使用時に対向車への眩惑を防ぐ「ダイナミックライトアシスト」、ステアリング操作に連動してヘッドライトの照射エリアを調整する「ダイナミックコーナリングライト」に加え、LEDテールランプ(ダイナミックターンインジケーター付)などの装備も標準化して安全性と快適性を向上した。, また、ダンパーの減衰力や電動パワーステアリングの特性を変更できるアダプティブシャシーコントロール“DCC”やGTIを象徴するレッドストライプをあしらったダークカラーのアルミホイールを装着して、GTIらしさを動力的にも視覚的にも実現。, ボディカラーは「ピュアホワイト」「インジウムグレーメタリック」「ディープブラックパールエフェクト」(DSGモデル専用色)の3色を設定した。, ・デジタルメータークラスター“Active Info Display”・Volkswagen純正ナビゲーションシステム“Discover Pro”・モバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”(コネクティビティ機能“App-Connect”、テレマティクス機能“Guide&Inform”)・ダイナミックライトアシスト/ダイナミックコーナリングライト・ダークテールランプ/LEDテールランプ(ダイナミックターンインジケーター付)・アダプティブシャシーコントロール“DCC”・225/40 R18タイヤ/7.5J×18アルミホイール(5ダブルスポーク), ・レザーシートパッケージ(DSGモデルのみ。27万円):レザーシート、電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター、メモリ、リバース連動機能<助手席>付)、パワーシート(運転席<前後/高さ/角度/リクライニング>、メモリ付)、パワーシートランバーサポート(運転席)/シートヒーター(運転席/助手席), フォルクスワーゲン、“小が大を喰らう痛快モデル”「ゴルフ GTI」「ポロ GTI」「up!