上記のファイルの圧縮で、データベースファイルが小さくなるが、ログファイルがその分大きくなる。 sqlでパディングを行う方法を紹介します。パディングを行うと固定長のコード値を持つマスタテーブルのコードの桁数を左0埋めで合わせたり、特定の文字数に合わせるためにスペースで埋めたりすることができます。左0埋めした値を取得する先ず、よく使う数 ファイルを最小にしたい場合は、以下の方法を試してみてください。, ・アクセス You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. 3.[データベースファイルの検索]画面で対象のmdfファイルを選択し[OK]ボタン押下 アクセス等で、SQLServerの実データをインポートし、作成しておく。 できれば、SQL Server Compact のインストールはしたくないので(.NET Framework 4.0 は仕方がないにしても)、適当なアセンブリ(*.dll)をコピーすれば、クリーンな windows 7 マシンでも動作する、っていうのがいいなぁ。 ファイルが小さくなるため、キャッシュ等がなくなりパフォーマンスが落ちるが、しばらく使用していると、パフォーマンスは戻る。. その後、アクセス等で、作成しておいたデータを追加クエリで流し込む。 4.[データベースのインポート]画面で[OK]ボタン押下 SQL Serverトラブルシューティング(58):数年間安定稼働しているシステムで、システムデータベースが肥大化した(ファイル管理トラブル) (1/2) 5.色々操作する。, 3.[データベースファイルの検索]画面で対象のmdfファイルを選択し[OK]ボタン押下, 1.対象のデータベースを右クリックし[タスク]-[デタッチ]を選択 移動先のSQL ServerのManagement Studioを起動しSQL Serverに接続します。左側のツリービューのサーバーノードの下の[データベース]ノードを選択し、右クリックします。ポップアップメニューが表示されますので[アタッチ]メニューを選択します。 ・ファイルを圧縮しても小さくならない。 SSMS のクエリウィンドウで赤い波線を消す方法(オブジェクト名 ○○○ が無効です), Windows8 シャットダウン時に「DRIVER POWER STATE FAILURE」のブルースクリーンになった。。. Copyright ©  zoro0nine All rights reserved. Visual Studio で App_Data フォルダーを右クリックして、新しい SQL Server データベースを追加しようとすると、次の例外が表示されることがあります。, SQL Server ファイル (* .mdf) への接続には、SQL Server Express 2005 が適切に機能する必要があります。 コンポーネントのインストールを確認するか、URL: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=49251からダウンロードしてください。, SQL Server ファイル (* .mdf) への接続には、sql server Express edition の機能である sql server ユーザーインスタンスが必要です。また、開発者やエンタープライズなどの他のエディションの SQL Server ではサポートされていません。, コンピューターに SQL Server Express がインストールされていない。, Visual Studio で、SQL Server Express のインスタンス名が正しく指定されていません。, 注: sql server 2008 は visual studio 2005 と visual studio 2008 の後にリリースされるため、例外メッセージに sql Server 2008 Express は含まれていません。, SQL Server express edition (2005 または2008バージョン) が適切にインストールされ、現在システムで実行されていることを確認します。 SQL Server 構成マネージャーを使用して、システムにインストールされている SQL インスタンスを確認して開始することができます。, SQL Server Express インスタンスが実行されている場合は、Visual Studio が正しい SQL インスタンスを指しているかどうかを確認します。 この操作を行うには、Visual Studio IDE の [ツール] > オプションの [データ接続] に移動します。, http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=49251. Weblog it-azusa is proudly powered by WordPress Entries (RSS) and Comments (RSS). Server – SQLServer 2008 , 2012 アクセス違反エラーで停止 ». 下の再構築をするとログファイルも小さくなる。, ○最小データベースの保管と再構築 対象のSQLServerのリンクテーブルの選択クエリで、削除クエリを実行する。, これでデータベースファイルが小さくなる。 mdfファイルは稼動中は、コピーすることもできません。ファイルを固定することによって、安定した高速処理を実現しているのでしょう。, ・mdfファイルを小さくする。 2.[データベースのインポート]画面で、[追加]ボタンを押下 Management StudioでLocalDB等のデータを編集したい場合の操作。, 1.左ペインの[データベース]を右クリックし、[アタッチ]を選択 SQLServerのファイル(mdf)は、サーバーが管理をしており、中のデータ(レコード)が少なくなっても、ファイルの大きさは、ほとんど変化しません。各データベースには「圧縮」がついていますが、これをおこなっても、ファイルが小さくなることはなく、未使用領域が増えたりするだけです。 This entry was posted on 木曜日, 10月 23rd, 2014 at 10:00 AM and is filed under IT, SQLServer, Windows, トップ. 定義されたほぼ空のデータベースとして、保管しておく。ファイルが壊れたりした場合などの、データベースのリセットに最適。 Management StudioでLocalDB等のデータを編集したい場合の操作。開く(アタッチ)1.左ペインのを選択2.ボタンを押下3.ボタン押下4.ボタン押下5.色々操作する。 ・mdfファイルを小さくする。 ファイルを最小にしたい場合は、以下の方法を試してみてください。 ・アクセス アクセス等で、SQLServerの実データをインポートし、作成しておく。 対象のSQLServerのリンクテーブルの選択クエリで、削除クエリを実行する。 Both comments and pings are currently closed. 2.[データベースのインポート]画面で、[接続の削除]をチェックし、[OK]ボタン押下, ※LocalDBはデタッチしとかないと、Visual Studio等からアクセスできなくなります。たぶん。, 2.[データベースのインポート]画面で、[接続の削除]をチェックし、[OK]ボタン押下, SQL Server Management Studio から LocalDBのインスタンス へ接続する. SQL Server Management Studio または Transact-SQL を使用して、SQL Server でデータベースをアタッチする方法について説明します。 この機能は、データベースのコピー、移動、またはアップグレードに使用できます。 SQL Server ファイル (* .mdf) への接続には、sql server Express edition の機能である sql server ユーザーインスタンスが必要です。また、開発者やエンタープライズなどの他のエディションの SQL Server ではサポートされていません。 Visual Studio で作成した SQL Server Express の データベース ファイル(拡張子 .mdf のファイル) を、Excel で開いて内容を見る方法です。 内容を閲覧、確認する"だけ"であれば Excel で可能でした。 ここでは、その具体的な手順を記載します。 Excel を起動します。