【インフォメーション】 2020年11月7日~8日に開催予定だった「秋のヘッドフォン祭 2020」の中止が決定。 その代わり、11月7日(土)に「秋のヘッドフォン祭 2020 ONLINE」と銘打たれた激熱セールがフジヤエービックにて開... まちろさんのプロフィール 昭和40年代生まれで、音楽を聴くこと(主に80年代アイドルなどの昭和歌謡)、ギターを弾くことが大好きなお父ちゃん。 愛犬キャバリア「まちろ社長」を溺愛してまする。 私も、もう50を... 【PCデスクのおすすめ】大川家具 東間 デスク 「オクタ」~IKEA・ニトリを選ばなかったワケ~, 皆さん、こんにちは。昭和40年代生まれのまちろです。 このチャンネルは私が運営している【まちろブログ】の動画版・おしゃべり版です。 ブログが雑多なので、このチャンネルも雑多 そんなこともあって、このチャンネルに辿り着いた方が迷子にならないよう、再生リストを作っておきました。 お好みの再生リストからご覧になってみ…, 「STARシリコンイヤーチップ」と「TRUE FIT FORMイヤーチップ」について, 耳を痛めないようにイヤホンを上下左右に揺すりながら、ゆっくりとはずすようにしてください, BABYMETAL / イジメ、ダメ、ゼッタイ(アルバム「BABYMETAL」)を使用しました。, 【MP3編集】タグ編集フリーソフト「Mp3tag」の使い方<分かりやすく解説します>, Westone(ウェストン) Starシリコンイヤーチップ ブラック (M/直径12mm/長さ11mm) 5ペア 62807. se846は他のイヤホンと比べてもハイハットなどの音を過不足なく綺麗に鳴らしてくれるのでイヤホン初心者にもおすすめです。 中高音域の分離がとても優れており、楽器それぞれの音色聴を聴くことができます。 学習書や科学雑誌の編集から、コンピュータ雑誌、オーディオ&ビジュアル専門誌の編集者として幅広く活動。その後、クラシック音楽の評論をはじめ、オーディオ&ビジュアルの評論家として多数の雑誌に執筆を続けている。豊富な経験と知識を背景にした見識と親しみやすい語り口で知られる。ステレオ再生はもちろんサラウンド再生についても、実証的な見地から既成の概念にとらわれることなく実用的な再生方法を研究し提案している。放送や映画などプロ用映像機器にも造詣が深い。趣味はビール作りとチェロ演奏。, 本物のサブウーハーのレスポンスを提供する4 基の高精度MicroDriverが、豊かな低域と明瞭で伸びのある高域を実現。. 前回、据え置きヘッドフォンアンプ試聴の話を書きましたが、今回は試聴後に購入したTEAC UD-505の使い勝手や音質、その他実際に使用して気づいたことなどを書いてみたいと思います。 強制的なエージング(音の慣らし運転)はせず、... 【インフォメーション】 2020年11月7日~8日に開催予定だった「秋のヘッドフォン祭 2020」の中止が決定。 その代わり、11月7日(土)に「秋のヘッドフォン祭 2020 ONLINE」と銘打たれた激熱セールがフジヤエービックにて開... 【PCデスクのおすすめ】大川家具 東間 デスク 「オクタ」~IKEA・ニトリを選ばなかったワケ~, 皆さん、こんにちは。昭和40年代生まれのまちろです。 このチャンネルは私が運営している【まちろブログ】の動画版・おしゃべり版です。 ブログが雑多なので、このチャンネルも雑多 そんなこともあって、このチャンネルに辿り着いた方が迷子にならないよう、再生リストを作っておきました。 お好みの再生リストからご覧になってみ…, 【MP3編集】タグ編集フリーソフト「Mp3tag」の使い方<分かりやすく解説します>. 2017.09.27 合うイヤーピースが少ない; おすすめの音楽とか; おわりに SE846のざっくり解説. イヤホン イヤーピースは、イヤホンの装着感を左右する重要なアイテムです。近年では音質を上げられるハイテクな物まで多く販売されています。機能や素材の種類が豊富なため、選ぶのに悩んでいる方も多いでしょう。今回はイヤーピースの選び方やおすすめ人気ランキングをご紹介します。 SE846は、Shure製のイヤホンです。 SHURE SE846CL-Aを、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、デザイン・高音の音質・低音の音質など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情 … 耳型を取って自分専用のイヤーピースを作ってもらうカスタムイヤーピースが現在人気のもよう。1,5000円からとなっておりカスタムIEMと比べて少し手を出しやすいのも人気の理由だとか。販売ページ:10: イヤホン速報 2017/07/06(木 熟成された真の音質 final E5000 レビュー|リケーブル・イヤーピース・価格比較まで, BA型の真骨頂!audio-technica ATH-IM02 レビュー|リケーブル・価格比較, AKG Y50BTをリケーブルするならこれしかない! | AKG純正ケーブルC200とC120徹底解説, SHURE SE215SPEをリケーブルするならこれ!|おすすめのリケーブルを徹底解説. イヤーピース(イヤーチップ)はイヤホンの軸(ステム)部分に装着するチップのことです。イヤホンの内径に合わせるのはもちろん素材によって着け心地や遮音性が異なり、自分に合うサイズを選びをすることで外れる心配がなくフィット感も高まります。 初めてSE846を耳にセットし、音を出した瞬間「ハッ」とした。いままで使ってきたヘッドホンやイヤホンの聴こえ方とまったく違うではないか。ヘッドホンでもイヤホンでも、スピーカーで聴くときのような自然でクリアな定位感やステレオ感は味わえない……と半ば諦めていた。ところがSE846で聴くと「オオッ、定位が明確に出ているじゃないか」。これは凄い!, さっそくジャズピアノの清水絵里子がピアノソロと弦楽四重奏でコラボレーションした「Aftergrow」を聴く。このアルバムは192kHz/24ビットの5.0chで録音されており、2chミックスで聴いてもピアノの響きと空間表現がすばらしい。, センターにはピアノが存在感のある音像を創り、打鍵にともなって響きが空間に漂う美しさ。低音の伸びが心地よい。これがステレオ再生の醍醐味だ。弦楽器はどうだろうか。ガブリエル・リプキンのチェロでサン=サーンスのチェロ協奏曲第1番。冒頭から圧倒的なチェロのソロ。楽器の音像感やオーケストラの内声部の動きなど、スピーカーで聴くよりもむしろ明瞭だし、オーケストラのバランスやそれぞれの楽器の質感もいい。, ボーカルも聴こう。ジルデコ結成10周年アルバム「Lovely」から「リハル」。chihiRoの声の表情がとても魅力的に再現され、音像がスッと前に張り出してくる。やっぱりボーカルはこうでなくちゃ。それを包み込む空気感はスタジオライブならでは臨場感だ。, SE846には、中・高域用各1基、低域用2基という計4基の新設計ドライバーによる3ウェイ構成になっている。とくに興味深いのが低域のローパスフィルターで、75Hzから下降するように設計されているので、人間がブーミーさを感じてしまう250Hzあたりでも、いわゆる低音のカブリがなく、クリアで力強い中低域が聴ける。10枚もの精巧なステンレスのプレートを溶接して形成される音響フィルターは効果抜群だ。, 新潟市にある文化ホール「りゅーとぴあ」のオルガンで「バッターリャ」。この曲では1分45秒あたりから32Hz※と半音上の34.3Hzを連打する猛烈な低音が入っていて、大型のスピーカーでも再生が難しい。さすがにイヤホンでは……と思ったのだが、スケールの大きな16フィート管の雰囲気が再現できるではないか。しかも低音のカブリがないので響きが明瞭。これは相当な実力だと思う。 ※ピアノの低音部記号下の加線二本のド(C 64Hz)のさらにオクターブ下, もう一つ、SE846で画期的な技術がある。それが交換式のノズルで、その効果がじつに興味深い。ノズルの交換で1kHz~8kHzの周波数特性を可変させることができるのだ。あらかじめ内蔵されている「バランス」の他に2種類のノズルが付属する。, 周波数特性を2.5dBアップさせる「ブライト」に交換してみる。すると中高域の輝かしさが増加するだけでなく、音の飛びにスピード感が加わる。とても活気があって、音像もクリアだ。では2.5dBダウンさせる「ウォーム」にしてみよう。高域が穏やかになり、低域の弾力感や音像感もいくぶんソフトフォーカスになる。, この優しい音場感も素敵だ。ウーン、どっちがいいだろう。もう一度「バランス」に交換すると、なるほどフラットでオールマイティに使える。まずは「バランス」で聴き込むことをオススメしたい。, じつは、1kHz~8kHzの周波数帯域は、楽器の音色や響きの色彩感だけでなく、ステレオ再生の肝である定位感にも影響がある。というのも、人間がスピーカーの音を聴くとき、空気の波は聴く人の額や鼻、頬骨にぶつかり、さらに耳たぶにも当たって特有の周波数パターンを示す。ところがヘッドホンやイヤホンでは、耳穴に直接音波を入れる。だから、スピーカーと同様に考えるわけにいかないのだ。これが難しい。, おそらくSE846では何百回と試聴を繰り返して、人間の感覚にもっともフィットする特性を追求したに違いない。これを電気的に補正しようとすると、電源や回路基板などが必要になり、とても実用的なイヤホンにはならない。それをアコースティックな手法で実現した音響設計のすばらしさ。だから長時間聴いても疲れない。これはクラシック音楽ファンには嬉しい。オペラとなったら2、3時間は聴き続けることになるからだ。, SE846は、ノズルの音響設計がもたらすステレオ再生の醍醐味と、驚異的な低音再生を実現したローパスフィルターなどの画期的な技術によって、今後のヘッドホン&イヤホンの音作りに決定的な影響を与えるに違いない。イヤホンというイメージを超えて、イヤホン型のスピーカーと言ってもいいのではないだろうか。, 評論家。 イヤーピースを変えれば、装着感が向上し、音質も自分好みになる可能性があります。 今回は 計11種類のイヤーピースを試し、MOMENTUM True Wireless 2におすすめのイヤーピースを探して … 最大再生周波数帯域: 20 KHz イヤーピースといったらコンプライです。確かに装着感は良いんだけど、難点は音が変わってしまうこと。535はリファレンス用に買ったイヤホンだから、あまり音が変わるのは困るなってこと … 今回は、Westoneの「STARシリコンイヤーチップ」をSHURE SE846に使用すると、どのような音質になるのか検証してみたいと思います。WestoneのイヤーピースについてWestone1,2,3,4といった、イヤホンの型番の数字が shure se846を購入すると付属してくるトリプルフランジイヤーピース。その特殊な形状から使ったことがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?このイヤーピースを使用するとフォームイヤーピースと同等、またはそれ以上の遮音性を発揮し SHURE SE846 シュア Campfire Audio ANDROMEDA. 1.ゼンハイザー SENNHEISER IE800. このイヤーピースを使用するとフォームイヤーピースと同等、またはそれ以上の遮音性を発揮し、音質もかなり変化します。, 今回は、SE846にトリプルフランジを付けた場合、どのような音質変化があるのか、その装着方法と共に書いてみたいと思います。, 大中小のきのこが重なって見えることから、三段きのことも呼ばれる、シリコン素材のイヤーピースです。, 昔からSHUREのBA(バランスド・アーマチュア)には付属しているイヤーピースですが、ダイナミック型であるSE112,SE215,SE215spe等には付属していません。, トリプルフランジイヤーピースは、エティモティックリサーチではメインのイヤーピースとなっています。, 通常の丸形シリコンのように耳に装着しようとしても、このトリプルフランジイヤーピースははまりません。, もし、痛みを感じるようなら、一番先端の小さい傘の部分をハサミでカットし、ダブルフランジにするか、イヤホンに装着する側の茎を適度な長さにカットするかで調整してください。, 私はこのトリプルフランジイヤーピースを色々なやり方でカットし、試してみましたが、個人的にはダブルフランジが一番しっくりきました。, 耳に装着し、ベストなポジションになったにもかかわらず、イヤホン本体が耳から飛び出すようなら、茎の部分を1ミリ単位でカットしてみてください。, 茎をカットするに当たって、目分量ではなく、きちんと定規等で図ってカットした方が良いです。適当にカットすると、左右を揃えようとだんだん短くなってきてしまいます。, 耳から外す時は、イヤホンを上下左右にゆすりながら、ゆっくりと抜くようにしてください。, 力づくで一気に引っこ抜くと、耳の中が真空状態になっているため、大きな耳鳴りがし、耳を傷めます。, トリプルフランジイヤーピースの最大の利点は、遮音性の高さと耐久性の高さを両立している点です。, この遮音性は、コンプライと同等、もしくはそれ以上です。物理的に耳に栓をする形になるので、電子制御によるノイズキャンセルよりも遮音性は高いです。, 遮音性はコンプライと同等でありながら、シリコン素材でできている為、コンプライとは比べ物にならないぐらいの耐久性があります。, コンプライの耐久性は1~2か月程度ですが、トリプルフランジイヤーピースはイヤーピースが劣化してイヤホンノズルからスポッと抜けてしまう状態になるまで使用でき、その耐久期間は、最低でも1年はあります。, コンプライでトリプルフランジイヤーピースと同等の高さがあるPシリーズは、耳の中で先端がつぶれ、高域がマスクされるケースがありますが、トリプルフランジイヤーピースは、そもそも先端がつぶれるような仕様になっていないため、このような心配はありません。, さて、気になる音質ですが、通常のシリコン(丸形)イヤーピース(Lサイズ)とトリプルフランジイヤーピースで、同じ曲を聴き比べて、その違いを検証したいと思います。, なお、トリプルフランジは傘の一番上をカットしてダブルフランジにしたものを使用しました。, 試聴曲は、斉藤由貴「情熱」(アルバム「ガラスの鼓動」)と、BABYMETAL「イジメ、ダメ、ゼッタイ」(アルバム「BABYMETAL」)を使用しました。, バスドラムやベースは重く、はっきりとベースの音階が分かります。キレキレという訳ではありませんが、とても自然な鳴りです。, 全ての音がはっきりと聴こえますが、各音の主張が強いわけではなく、ボーカルにフォーカスが当たっています。, 特筆すべきは前方への立体感で、音が出た瞬間から耳を起点として逆八の字に前方へ空間が広がり、頭が音の空間に包まれるような感覚になります。, ボーカルは若干前に出てきます。ハードロックのアルバムは、ボーカルが引っ込み気味なものも多いですが、この曲のバランスは絶妙だと思います。, これ以上ボーカルが前に出るとポップス的なバランスになりそうだし、逆に楽器音がこれ以上前に出ると、SU-METALの声が聴きとりづらく不満が出ます(^^♪, 音色は変わりませんが、音が出た瞬間から「情熱」同様、空間に奥行きがあり、音場により立体感が出ます。, 音の分離も良くなったように聴こえます。この曲は、あまり多くの音が鳴っているわけではありませんが、空間が広くなったおかげで、各音が重ならず、聴き取りやすくなりました。, そのせいもあり、MOAMETAL&YUIMETALのコーラスが若干ですが、聴き取りやすくなりました。, 以前、SHURE SE215speでも同様のチェックをしてみましたが、それと共通する点は、音色は変わらず、音にダイレクト感が増したこと、空間が立体的になったことです。, 違うと感じた点は、ハイハットやシンバルといった高音域が引っ込まないこと、低音の量は若干増えますが、SE215speよりも増えないこと、SE215speでは低音の切れが若干後退したのに対し、SE846では切れは変わらないといった点です。, このように同じイヤーピースでも使用するイヤホンや曲によって変化が生じます。いくつか持っていると、気分に合わせて音色を変化させることができるので良いと思います。, 特にこのトリプルフランジは、すべてがシリコン素材でできているので、硬い部分がなく、素材による痛みは全く感じません。, そして、遮音性がものすごく高いので、自分の世界に浸りたいときのは最適です。音楽を流すと本当に周囲の音が全く聴こえなくなるため、電話や家族が帰宅しても全く分かりませんのでご注意を。, 特に生産限定盤や80年代アイドル復刻アルバム等は、購入時期を逃すと入手困難になりがちなので、早めにチェックしてみてください。, 80年代前後に活躍したハードロックバンドを中心とした新譜・再販などの様々な最新情報ページです。, おすすめの情報を日付の新しい順に随時更新していきます。 2021年 1/29 Michael Schenker Group「I…. 最低再生周波数帯域: 15 Hz SE846のざっくり解説; 使用環境; いいところ. ブログを報告する, 【レビュー】MOMENTUM True Wireless トップクラスの完全ワイヤレス, 【レビュー】EFFECT AUDIO Horus X/8wire 化け物超弩級ケーブル, 【レビュー】A&ultima SP1000SS+SP1000AMP 最強パワー系DAP. SHURE SE846を購入すると付属してくるトリプルフランジイヤーピース。その特殊な形状から使ったことがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?このイヤーピースを使用するとフォームイヤーピースと同等、またはそれ以上の遮音性を発揮し インピーダンス: 9 Ω 沈み込む低域; 高域の出方をカスタマイズできる; わるいところ. ハイブリッドイヤーピースがSS、S、M、Lの4種類で、シリコンフォームイヤーピースがS、M、Lの3種類と、その豊富さはさすがのソニー。 またユニット部分には、2基のBAドライバーと16mmダイナミックドライバーユニットを搭載することで、ハイレゾ楽曲に対応しています。 SE846は、Shure製のイヤホンです。Shureはマイクやらヘッドホンやらイヤホンやらいろいろなものを作っているブランドです。イヤホンだけに絞っても7種類(+3種類マイナーチェンジあり)リリースしているのですが、SE846はKSE1500に次いで2番目に上位のモデルです。ドライバ構成はBA4基(High*1/Mid*1/Low*2/3way)で、低域ドライバにローパスフィルタという特殊技術を搭載しています。, ・リケーブル: ALO Audio / Litz Wire Earphone Cable MMCX-3.5mm, BA型イヤホンは特性上低域を苦手とすることが多いのですが、SE846は頭の中でズシッと響くようなしっかりした低域を鳴らしてくれます。ただし、イヤーピースの密閉が弱いと結構減衰するので、自分の耳に合ったイヤーピースを選ぶことが重要です。, ノズル部分が着脱可能になっており、付属品の小さな白・黒・青の3種類のインサートを入れることで高域の強弱が調整できます。初期状態は黒(Balance)が入っていますが、白(Bright)にすると高域が強くなり、青(Warm)を入れると弱くなります。個人的には、白インサートのはっきりした高域が好きです。, Shureのイヤホン全体の話になるのですが、ノズル径が細く、かつ長いので、イヤーピースの選択肢がかなり少ないです。今付けているSpinfit TwinBladeは付属のスペーサーを使ってピッタリになっています。, バスドラムやベース強めのロック系の曲は低域がグイグイ来てハイになれます。電子系サウンドなどもかなりハマります。, 私をハイエンドイヤホンに引きずり込んだ張本人がこいつです。それまでSE535LTDをメインで使っていた耳には刺激が強すぎました(535も決して悪くはないのですが)。3.5mmリケーブルに適度な感度なので、ゲーセンの音ゲーをやりに行くときはこれを使ってます。また、それ以外で外出するときに持ち出すのもほとんどがこいつです。, ポータブルオーディオ機器のレビュー語ったり欲しいものについて語ったりする感じにしたい, Shun_1a4さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 感度: 114 dB SPL/mW 色: ブルー、クリスタルクリアー、ブロンズ、ブラック | 発売日:2012年12月4日 実勢価格:7万円前後 リケーブル:不可 装着感:ふつう。 早歩きすると抜けてくるようならイヤーピースを交換するなどして自分にフィットさせるべき。 ケーブルの長さ: 162 cm のワイヤーフォームフィット機能搭載の着脱式ケーブル、別途付属ケーブル 116 cm Karma, SHURE SE846の高音は良く伸びる音質で解像度も非常に高い印象です。SE846は他のイヤホンと比べてもハイハットなどの音を過不足なく綺麗に鳴らしてくれるのでイヤホン初心者にもおすすめです。中高音域の分離がとても優れており、楽器それぞれの音色聴を聴くことができます。SHURE SE846の高音は綺麗に聞き取ることができますが、刺さる高音ではないのでシャリシャリとした高音が聴きたい方にはあまりおすすめできませんがイヤホンでは最上級の高音を体感することができます。, SHURE SE846の中音・Vo域もこのイヤホンの最大の特徴である解像度がふんだんに機能しています。ボーカルの音もとても広がっていくのでボーカル中心のバンドや演歌歌手の声を身近に感じることができます。SHURE SE846の中音・Vo域は他の同価格帯のイヤホンと比べても前述した通り解像度が高いので楽器の位置なども耳で感じ取ることができるでしょう。SHURE SE846はボーカル中心で音楽が聴きたい方にもおすすめできるイヤホンです。, SHURE SE846の低音は解像度の高さも合間ってベースラインがとてもはっきりした低音になっています。SHURE SE846の低音は他の高音域や中音・Vo域にも埋もれることがないので低音中心のEDM系の音楽を聴く方にもとてもおすすめのイヤホンとなっています。ロック系の音楽もベースラインが強い音楽が多いのでSHURE SE846でロックなサウンドを存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。, SHURE SE846の最大の特徴と謳われている解像度が最大限に生かされているイヤホンといった印象です。高音、中音・Vo域も他の音のバランスを考えた音になっているのでいろいろなジャンルの音楽に対応することができます。どの音も埋もれさせることなく音楽を楽しみたいという方にはとっておきのイヤホンではないでしょうか。SHURE SE846の音質は口コミでの評判も良いです。遮音性・音漏耐性も抜群なので総評としてとても高評価です。一度手に取ってみてはいかがでしょうか。, 私は滅多にレビューを書かないのですが、今回ばかりは書かずにいられませんでした。普段はSENNHEISER IE8およびHD800を使用しています。商品到着後、ワクワクする反面、最初だから高音域暴れているだろう。納得いく音はエージング後かな。などと考えつつ。ノズルインサートやイヤーパッド当、初期状態で。再生ボタンを…一発で気に入りました。, SHUREは、215、535、846と3代目になりますが、どうしても聞いてみたくなり、清水の舞台から飛び降りる気持ちで、ポチりました。なんですか、このイヤホン!今まで聞いたことのない領域の音を出してくれます。アーティストの息づかい、圧倒的な臨場感、低音から高音まで気持ちよく鳴ってくれます。価格は正直高いですが、個人的には価格以上の価値を得られたと思っています。さぁあなたも846の世界へ!オススメできる一品だと思います!, スピーカータイプ: 本物のサブウーハーのレスポンスを提供する4 基の高精度 MicroDriver 取り外し可能ノズル: 交換式ノズルで、サウンドシグネチャーの調整とクリーニングが容易にできます。, 高品質リケーブルの定番といえばやはり、beat audio社です。その中でも定番商品であるsupernovaです。高純度銅線胴体に銀メッキを施した導線を使用しており、高純度銅線による全域の音質改善と銀メッキによる高音域の煌びやかを感じることができます。このケーブルは硬く、shure掛けする際イヤホンが引っ張られる悪印象もあります。他にもケーブルの種類があり、beat audioのケーブルは、リケーブルによる音質の変化をはっきり感じることができます。満足感のある最高の音を届けてくれるのではないでしょうか。, こちらは銅線オンリーですが、特殊なミネラルを添加しており、高級感もあり見た目も派手は印象があります。ちなみに特徴的な赤色は被覆の色で線そのものの色ではありません。銅線なので、全域の音質改善が感じられますが、supernova以上に全域にパワフルさ・メリハリが加わる感じです。ROCKジャンルを好む方にはもってこいのものになっております。ですが巻き癖が強いのもあり、取り回しが上手くいかない印象を持ちます。, 超高級品ではない価格帯ながらとても扱いやすく、音質を向上してくれるケーブルになっております。音の傾向は低音寄りで、SHURE SE535の低音をさらにパワーアップしてくれる印象を持ちます。中高音もしっかりとレベルアップしてくれて、全体的に音を改善してくれます。全体的に音の質が向上させ、特に低音をレベルアップさせたい方におすすめできます。, スペックだけ見ると、再生帯域の上限が20kHzのSE846は「ハイレゾ非対応」に分類されてします。しかし、再生帯域の数字だけで判断すると、スピーカーを含む多くのハイエンドオーディオ機器を「非対応」と分類せざるを得なくなってしまう。ハイレゾオーディオの特徴を最も雄弁に再現する定番モデルまでもが「非対応」の烙印を押されかねない。, 特にヘッドホンやイヤホンは、メーカーごとに測定基準が異なることもあり、仕様の数字を過信しない方が良い。正確なアタックや精度の高い空間情報など、ハイレゾの音が良い理由はたくさんある。それを意識しながら、耳で確かめることが肝心なのだ。, SHUREのシリコンは球形、Westoneのシリコンは釣鐘型になっております。音の出口についてですが、SHUREのシリコンは小さく、Westoneは出口に向かってラッパ形状に広がっております。, 胴が長いタイプのSTARシリコンイヤーチップは、耳の中の接地面が増え、耳の奥まで挿入できることから、SHUREのシリコンや茶楽音人のSpinFitに比べて、遮音性が上がります。ただし、SHUREのトリプルフランジの方がより耳に深く挿入できるため、一番高い遮音性を誇るのは、トリプルフランジとなります。, SHURE SE846にウォームノズルを装着させた時の音質は、音が柔らかめの音になり音圧が通常より少し抑えめになります。とても柔らかい音になるので激しいロックサウンドを聴いても優しく耳へ音楽が流れるといった印象です。, SHURE SE846にバランスノズルを装着させた時の音質は、ボーカルが特に厚みがあり生々しい音を聴くことができます。ローパスフィルターの威力も感じることができ、低音の重圧感も感じられるのでかなりオススメできます。, SHURE SE846にブライトノズルを装着させた時の音質は、単に音色が明るくなるのではなく、エッジが立ち、音圧感も減る印象です。ただ、刺さるような音は一切出しません。アルティメットイヤーズのUE900に音の厚みを持たせたら、この感じに似る印象を持ちます。, SHURE SE846をノズルインサートなしの場合の音質は音が非常にストレートに届いてくる印象をもちます。ノズルインサートなしは嫌悪感を覚える方もいるかもしれませんが、クリアな音を好む人はとても気にいるものになるのではないでしょうか。, ボーカルの音がかなり主張しており聴きやすいと思われます。王道ですがSHURE SE846で改めて聴いてみると、新鮮なサウンドで胸を高まらせるものになるのではないでしょうか。, SHUTE SE846はクリアな音が聴きやすい印象を強く持っているため、オススメです。印象的なボーカルの声も伸びて聞こえ優しいサウンドになっております。, SHURE SE846は非常に解析度が高いものになっているため、高音.Voが聴きやすいものを好む人にピッタリなものになっております。ボーカルの伸びも非常にクリアで張りのあるものになっており、大きな満足感を得られること間違いなしです。高級感溢れる外見と共にサウンドも引けを劣らず心地よい高貴な音を送ってくれます。SHURE SE846をぜび自分の耳で聴いてみてはいかがでしょうか。.