PCゲーム、ゲーム攻略、ガジェット系 【PUBG】初心者にオススメの武器とアタッチメントの組み合わせ YouTube チャンネル 【PUBG】全武器40種類の簡単な基本性能と特徴まとめ, PUBG部門監修の『きりゅー』です。 Copyright© ・大学在学中にインターネットビジネスの世界を知る 新マップの噂も出てきましたし、PUBG Japan SeriesのPhase2も始まりしたし、モチベーションが上がる一方ですね。, また、日本からSunSisterRoyaltyが出場したIEM2018(現地2月24日~25日)を、ご覧になった方もたくさんいらっしゃることでしょう。, 技術の高さはもちろん、各チームの動き方を見るとそのレベルの高さが分かる大会でした。, そこで今回は、各サーバーにおける特徴を紹介しつつ、 【fpsでの上級者の共通した特徴】この記事の関連ページ bf3上達の基礎 fps初心者がbf3で上達するためのコツを解説しています。 fps関連周辺機器レビュー バトルフィールド3というかfpsに役立つ周辺機器(デバイス)について解説しています。 2017/06/12 他人に誇れます。ステイタスです, またスタヌー氏のPUBGはほぼ激戦区のポチンキに降りる(キルを沢山取りたい、エリア移動したくないという理由)のであるがポチンキ北にある2階建ての家は「関さんの実家」と言われるくらいスタヌー氏が使っている。, ツイッチ、オープンレックで配信しており上手かったプレイ等をyoutubeに投稿している。, これにより麦畑に隠れたまま敵を倒すことができるのでほぼ位置バレする事無く攻撃ができます。, あと1勝で200勝 その際は、NAやASサーバーに切り替えてみると早くマッチングすることがあるので、お試しください。, 「NAサーバーは武器が1.5倍多い」というわけではありません。 どの武器に装着できるのか? 装着したときにどんな効果があるのか? を、簡単にですが説明していますので、アタッチメントを選ぶときの参考にしてみてください。, ADS(サイトを覗き込んだ状態)への切替速度が20%向上し、アイアンサイトよりも狙いがつけやすくなっている。, レッドサイトとホログラフィックサイトで好みはわかれるが、ハンドガンにも装着できるぶんレッドサイトのほうが使用頻度は高い。, またADSの状態でShiftを押すと、呼吸を止めて集中することでわずかにだがズームする。, サイト部分にアタッチメントを装着可能な、ハンドガン以外の武器に装着できる近接用のサイト。, レッドサイトと違いハンドガンには装着できないが、それ以外のサイトを装着可能な武器には装備することができるので、近距離用のアタッチメントとして1つは持っておきたい。, レッドサイトやホログラフィックサイトがないとき、4倍以上のスコープがないときに活躍するのがこの2倍スコープ。, とはいえどっちつかずの倍率なので使い勝手がいいとは言えず、入手する際の優先順位はそこまで高くない。, Kar98kを所持していて8倍スコープを持っていない場合、見やすいという理由で4倍よりもこちらの2倍スコープを好んで使う愛好家も存在する。, 2倍以上4倍未満という今までになかった倍率のスコープだが、6倍スコープと同じく非常に見やすいので2倍スコープとは違い十分に実用可能なレベルのスコープに仕上がっている。, 4倍以上のスコープがないときは3倍スコープで十分だといえるぐらいの性能なので、4倍と好みで使い分けるといい。, アサルトライフルを所持している場合、使用の有無にかかわらず持ち物の中に入れておきたいアタッチメントの1つ。, 2018/4/16(木)におこなわれたテストサーバーアップデートにより、順次ライブサーバーでも実装される。, アサルトライフルに8倍以上のスコープを装着できなくなったため、アサルトライフルに装着できるスコープとしては最大倍率のものになった。, フィールドでドロップするスコープの中では、最高倍率をほこる8倍ズームが可能なスコープ。, スナイパーライフルを所持しているなら是が非でも入手したいアタッチメント。4倍近い倍率から8倍までの可変倍率を採用していることもあり、4倍スコープの代わりとしても使うことが可能。, 救援物資からしか入手することのできない、PUBG最高倍率の15倍ズームが可能なスコープ。, 真価を発揮するのはAWMやM24といった救援物資からしか入手できないスナイパーライフルを手に入れたとき。, 8倍スコープと同じく可変倍率を採用しており、6倍強の倍率から15倍まで幅広い範囲で扱うことができる。, わざわざアタッチメントを探さなくてもいいのは便利だが、VSSで4倍ズームした先の的に当てるのは難しいので練習が必要。, クロスボウにデフォルトで装着されているアタッチメントで、性能的にはレッドサイトやホログラフィックサイトと変わらない。, 集弾率を高めることで、本来なら全弾命中しないような距離でも当たるようになるので、ショットガンでの殺傷能力を高めたい場合には効果的。, 垂直方向の弾丸の広がりを抑え、水平方向の弾丸の広がりを拡大させる効果をもっている。, 今までS12Kにはショットガンチークを装着することができなかったので、S12Kにもショットガンチークと同様の効果を持つものを装着できるようになったと思えばいい。, ただしS1897の場合は通常のショットガンチークのほうが集弾率が高くなるので、S12K専用のチークだと考えてもいい。, 銃口につけることで発砲時の発光を抑え、さらにリコイル(発砲時のブレ)を10%程度抑えてくれる。, 発砲したときに見つかりづらくなるというメリットがあるが、サブマシンガンで応戦するような距離であればコンペンセイダーをつけてリコイルを抑えたほうがいい気がしないでもない。, 暗所からの発泡だけではなく、平野部でも発光によって位置バレするのを防げるので、隠れながら奇襲をかけたときには見つかりづらいというメリットがある。, ただし発光がなくなるだけで発砲音はしっかりするので、それなりにプレイしている相手には音で位置バレするので過信は禁物。, スナイパーライフルに限って言えば、サプレッサーがあるならそちらを優先したほうが圧倒的に有利な立ち回りができるので、サプレッサーがないときは装着しておきたい。, 水平方向と垂直方向の反動を20%軽減してくれるうえ、リコイルパターンも25%と大幅に縮小してくれる。, とはいえサブマシンガンはリコイル制御が比較的容易な武器なので、わざわざ消音機能も発光防止機能も備わっていないコンセンペイターをつける意味はほとんどない。, ないのだが、近距離絶対殺すマンになるためには必要なアタッチメントでもあるので、AIM力に自信がない方は優先して装着したい。, リコイルパターンを25%,水平方向の反動を10%,垂直方向の反動を15%軽減してくれるほか、弾の拡散を10%程度抑えてくれる。, ブレの激しいアサルトライフルで張り付くようなAIMをするためにはあったほうがいいが、フォアグリップやタクティカルストックで反動を軽減できるタイプのものはそちらでカバーしてもいい。, サブマシンガンの補正機と同レベルで反動を抑制してくれるが、連射ができるスナイパーライフルに装着するならともかく、AWMやKar98kといった王道をいくスナイパーライフルに装着することは基本的にない。, ハンドガンのサプレッサーは他のものに比べて、よくドロップしているので入手頻度は高い。とはいえハンドガンを使うことが序盤の武器が少ないときぐらいしかないので、使用機会はそこまで多くない。, すべての武器でサプレッサーは非常に優秀なアタッチメントなので、サブマシンガンでもとりあえずつけておけば問題ない。, AIM力に自信がないなら、フラッシュハイダーやコンセンペイターを見つけたら交換しておこう。, アサルトライフル+サブマシンガンなどの組み合わせで、アサルトライフルをスナイパーライフルのように使うことがあるなら持っておきたいアタッチメント。, 発砲音と発光を防いでくれるので位置特定が困難になり、一方的に攻撃できることも少なくない。, アサルトライフル+スナイパーライフルのような組み合わせの場合は、撃ち合いに勝てるようコンセンペイターを優先してもいい。, 発砲音だけではなく発光も抑えてくれるので、スナイパーライフルを所持しているなら確実に拾っておきたいアタッチメント。, ドロップ率が低く、フラッシュハイダーやコンセンペイターと比べると入手する機会が少ない。, サプレッサーの中では群を抜いて性能が高く、50メートル程離れているだけで発砲音が聞こえなくなるという極悪な性能を持つ。, 現在は中止されているが天候が雨のときにVSSで狙撃されると、どこから狙われているのかまったくわからない状態になる。, リコイルパターンを20%,水平方向へのブレを20%,垂直方向へのブレを15%軽減したうえで、ADS(サイトを覗き込んだ状態)への切替速度が高速化する。, 性能のわりに装着できる武器が少なく、アサルトライフルからM416とSCAR-Lの2つと、サブマシンガンからUMP9の合計3つにしかつけることができない。, SCAR-Lにはバーティカルフォアグリップよりもアングルドフォアグリップを装着したほうが、リコイルパターンが安定するので使いやすくなります。, リコイルパターンを20%,垂直方向へのブレを15%軽減したうえで、ADS(サイトを覗き込んだ状態)への切替速度が高速化する。, アングルドフォアグリップよりも装着可能な武器が1つだけ増えたかわりに、水平方向へのブレを軽減する効果がなくなったもの。, これだけ聞けばVector以外はアングルドフォアグリップを付けておけと思うのだが、M416,UMP,VectorはSCAR-Lと比べ横ブレが少ないので、垂直方向へのブレを抑えられるバーティカルフォアグリップのほうが安定性が増す。, リコイルパターンを20%軽減するが、垂直方向と水平方向の反動が25%増える。反動回復時間やADS以降時間は短縮されるので使い所が難しいグリップ。, オートモードで連射するときにはAIMが非常に難しくなるので、初心者の方がとりあえず拾ったアタッチメントなので……と装着すると痛い目を見ることになる。, リコイルパターンを20%,垂直方向へのブレを15%軽減するが、水平反動が大きくなり反動回復時間も長くなってしまう。, とはいえ元々が反動の少ない銃を使用している場合は、水平方向の反動はそこまで気にしなくてもいいので、似た性能を持つバーティカルフォアグリップとどちらを使うかは悩むところ。, 軽量グリップと違い、見つけたらとりあえず装着しておいて問題ないアタッチメントである。, リコイルパターンを20%,垂直方向と水平方向への反動・反動回復時間を10%軽減してくれる優れたグリップ。, 使用武器によっては、水平方向へのブレがほとんど無くなるレベルで軽減してくれるので、垂直方向のブレだけ気にすればいいようになる初心者向にも優しいグリップ。, もちろんAIM力の高い人が使用すると、撃ち漏らすこと無く狙い撃てるようにもなるので、使い慣れておくと非常に便利。, 遠距離から狙撃をするときにはブレを抑えられるので便利だが、スナイパーライフル以外には装着できないアタッチメントなので、使用していない場合は入手する必要さえない。, リロード時間を30%減少させることで、Kar98kとWin94の連射速度をあげることができる。, Win94には装着してもいいかもしれないが、Kar98kの場合は連射速度をあげるよりも、射撃時の安定性を高めてヘッドショットをしっかりと決められるようにしたい。, M416とVectorにのみ装着できるアタッチメントで、リコイルパターンを20%,銃身の揺れを10%減少させるほか、反動からの回復速度も高速化してくれる。, ほかに重複するようなアタッチメントが存在しないため、M416とVectorを装備しているなら装着しておくといい。, リコイルパターンと垂直方向へのブレを20軽減し、反動からの回復速度も向上させてくれるMicro Uzi専用のストック。, Micor Uziがこの他に装着できるアタッチメントにはマズルアタッチメントとマガジンしかないので、Micro Uziを使用するのであれば装着しておきたい。, リロード時間を30%減少させることで、S686とS1897の連射速度をあげることができる。, とはいえショットガンをリロードしなければいけない状態を作ることがよくないので、出来ることならリロードする前にしっかりと撃ち勝つことができるだけのAIM力を身に着けたい。, P18Cにはオードモードがあるので、少しでも弾数を増やすためにクイックドローマガジンよりも優先して装着したい。, Vectorに限っては大容量マガジンが無いとすぐに弾切れを起こすので、Vectorを使用する場合には必ず大容量マガジンか大容量クイックドローマガジンを装着したい。, アサルトライフル・マークスマンライフル・S12Kの装弾数を増やすことが出来る大容量のマガジン。, アサルトライフルは元々の弾数がそこまで少ないわけではなく、好みでクイックドローマガジンと使い分ければいい。, とはいえリロード時間が長いというわけでもないので、クイックドローマガジンと比べればこちらのほうが優先度は高め。, S12Kに関しても、リロード時間を縮めるよりは装弾数を増やしたほうが接敵時に撃ち勝つことが多くなるため、クイックドローマガジンよりも大容量マガジンを優先したい。, スナイパーライフルを使うような環境では、リロード時間に迫られることは非常に少ないのでクイックドローマガジンよりも大容量マガジンを優先して確保しておきたい。, 装弾数が10発のVSS,Mk14,SKSは、大容量マガジンを付けていると残りの弾数を気にすること無く狙撃できるようになる。, P1911やP92になら装着しても構わないが、オートモードで使用する可能性のあるP18Cには大容量マガジンを付けておきたいところ。, リロード時間を短縮してくれるのはありがたいが、Vectorに限っていえば元々の装弾数が少なすぎるのでクイックドローマガジンを使用する必要はない。, アサルトライフルなどのリロード時間が、アタッチメント未装備でもそこまで遅くないため大容量マガジンと比べると優先度が低くなる。, スナイパーライフル使用時、リロード時間に迫られることは滅多にないので、大容量マガジンと比べると優先度は低い。, AWMやM24になら装着してもいいが、ほかのスナイパーライフルなら弾数を増やしたほうがキルのチャンスはあがる。, ハンドガン用大容量マガジンと、ハンドガン用クイックドローマガジンをあわせた効果を持つ。, サブマシンガン用大容量マガジンと、サブマシンガン用クイックドローマガジンをあわせた効果を持つ。, アサルトライフル用大容量マガジンと、アサルトライフル用クイックドローマガジンをあわせた効果を持つ。, スナイパーライフル用大容量マガジンと、スナイパーライフル用クイックドローマガジンをあわせた効果を持つ。, リロード時間を大幅に短縮することができ、4秒近いリロード時間を3秒ほどにまで短縮できる。, クロスボウを使用するのであれば絶対に必要なアタッチメントだが、それ以外の武器には流用できないので一部の愛好家にしか使われることはない。, PUBGには多くのアタッチメントが存在し、アタッチメントごとに装着できる武器が決まっています。, いい武器を入手できるかどうかもドン勝を食べるにあたって必要な要素ですが、終盤を勝ち抜くには武器にあったアタッチメントを装着できているかどうかも大きく左右します。, また同じ武器でもアタッチメントによって発砲時のブレかたなどが変わってくるので、お気に入りの組み合わせを見つけて練習するといいかもしれませんね!, 関連記事