・tablespace作成 (環境) ----- 項目名1 項目名2 項目名3 項目名4 datapumpの実行方法(expdp/impdp)について、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授の程お願い致します。 =====, いつもお世話になっております。 ●環境 SQL> CREATE TABLE TEST_TBL(USER_ID VARCHAR2(8) NOT NULL, DEPT_NO VARCHAR2(8)) tablespace tbl01; INSERT INTO TEST_TBL (USER_ID, DEPT_NO) VALUES (seq1.nextval, '1234') ; オブジェクト型DATABASE_EXPORT/SCHEMA/TABLE/POST_TABLE_ACTIONの処理中です でデータを切り捨てるのがいいかと。 >新規に増えたテーブルは  B    お    イ    尾 この時に、Aの重複を排除して取得するレコードは1~3行目のどれでもよいです。 SQL> grant read,write on directory expdp_dir to system; NUMBER(10,0) TABLE_A が(自分のテーブルとして)あれば1件引っかかりますし、なければ結果0件になります。 ----- exportしたダンプファイルを頂いたので 質問点を簡単に説明いたしますと、 $ impdp system/pass dumpfile=TEST_DIR:expdp_all.dmp logfile= TEST_DIR:impdp_all.log ※以下のORAエラーが多数発生 二回目以降にBの定義(データも含め)を削除せずにAのデータを追加及び上書きしたいのですが増分Expなどで出来るのでしょうか? truncate table テーブル名;  A    い    ア    以 Oracleのバージョンは8.0.5.2.1です。 $ sqlplus / as sysdba よいものがあれば、ご指摘お願いします。 テーブルのデータだけで良ければ、ユーザ作成後に 原因調査を依頼されましたが、system表領域がどのような要素で ・大量のデータを一度にすべて削除したい時はTRUNCATE文 "SYS_IMPORT_FULL_01"が完了しましたが、146エラーが20:14:48で発生しています truncateではwhere句が指定できないので不可。deleteでは遅すぎる。何かいい方法はないでしょうか? 1万レコードを一時テーブルに退避してtruncate後に1万レコードをinsertというのは無しです。1万レコードが1秒でもテーブル上から消えてはいけません。 datapump impdpコマンド(インポート)のまとめ (197,542 view). ORA-31655: ジョブに対してデータまたはメタデータ・オブジェクトが選択されていません 既に同じ内容のテーブルが存在するが、それは気にせずimportを行う。既存のテーブルデータは新しくimportするもので更新されている??? また、データを取得する際には必ずそのレコードの「全項目」を取得したいのでDistinctはうまく使えませんでした。 テーブルの存在をチェックする命令はあるのでしょうか? ●impdp実行 新しいスキーマを作成してそちらにオブジェクトを移動した方が良いです。 2) oracleにimportしようと思っています。 OracleのDB関連の仕事で、SQLのパフォーマンスチューニングをしていた時に、 実行計画を見る機会が多かったので、 簡単ではありますが実行計画について記事を書きました。 今回は、パフォーマンスチューニングをする上で重要となってくるインデックスを ----- SQL> create directory expdp_dir as '/u01/tpump';  A    あ    ア    亜  B    え    イ    江 オブジェクト型DATABASE_EXPORT/SCHEMA/TABLE/TABLE_DATAの処理中です また、テーブルスペースを削除"...続きを読む, > SYSスキーマなどを含めてエクスポートしたいときには、 end loop; from user_tables; 長さ = 1 + CEIL (n / 2) ===== "SYS_EXPORT_FULL_01"が11:31:19で正常に完了しました select table_name,tablespace_name tablesで指定するものは、"CREATE TABLE"で作成したテーブル名ではないのでしょうか。 SYSTEM.SYS_EXPORT_FULL_01に設定されたダンプ・ファイルは次のとおりです: 入力された値の桁数によって異なります。 SQL> create sequence seq1; 1) また、テーブルスペースを削除"drop tablespace tbl01"したのですが、 ===== 二回目以降は先月のImportでBにはAと同じテーブル定義がされています。 TRUNCATE TABLE文(DDL)は、テーブル内のデータを無条件に全件削除(テーブルの切捨て)を行います。 DELETE文(DML)の条件なしでの削除に比べて、圧倒的に高速で処理出来ます。データ量が多い場合、DELETE文はかなりの時間(10分以上かかるケースも)がかかりますが、TRUNCATE TABLE文は1秒以内~数秒程度で処理出来ます。 オプションで、割り当て済みの領域を削除と、保持を選ぶことが出来ます。 1. ・INSERT実行(5件分)  B    え    イ    江 $ sqlplus / as sysdba オブジェクト型DATABASE_EXPORT/SCHEMA/TABLE/TRIGGERの処理中です ORA-31684: オブジェクト型TABLESPACE:"USERS"はすでに存在します どなたか詳しい方、方法を教えてくださると幸いです。回答お待ちしております。, 私は仕事上でデータベースを扱っていて、タイトルのような処理を行う必要があるのですが、いかんせん方法がわからずネット上を検索しても同様だったためここで質問させていただきます。 オブジェクト型DATABASE_EXPORT/TABLESPACEの処理中です オブジェクト型DATABASE_EXPORT/SCHEMA/POST_SCHEMA/PROCACT_SCHEMAの処理中です expdpで"tables"を指定するとエラーとなり実行できませんでした。 /u01/tpump/expdp_all.dmp 例えばこのような感じです オンラインマニュアルやSQLポケットリファレンスなどを参考に探したのですが見つかりませんでした。 ORA-17502: ksfdcre:4 ファイル+DATA/testdb/datafile/tblsp1の作成に失敗しました begin "SYS_EXPORT_TABLE_01"が完了しましたが、2エラーが11:33:54で発生しています > Full=y では無理だから各スキーマ(SYS、ORDSYS等)を指定して個別で BLOCKSメソッドを使用して見積り中です... test2 ← このユーザーの表領域にデータを作成したい。, >上記オプションで、既存のテーブルは古いデータが削除され、 TRUNCATE TABLE文と条件なしでのDELETE文を違いを本記事では解説します。両方ともテーブル内の全データを削除するという点では同じですが、処理時間や割り当て領域・HWMのクリアといったところに差異があるので、詳しく見ていきます。全データを削除するという点では... DDL文であるため、実行前にトランザクションが暗黙的にコミットされる(DML文であるDELETE文と同じようには使えない). system表領域がいっぱいになる現象が発生しました。(使用率98%) よく読まれている記事. 社内で名前が痛いと言われますが、このまま名乗り続けようと思います。, 本日はタイトルの通り、 ORA-39083: オブジェクト型TABLESPACEの作成が次のエラーで失敗しました: 因みにDROP文はオブジェクトに対するSQL文なのでTABLEを変えてあげれば索引なども削除できます。, ・単純に1行単位での削除はDELETE文 DELETE文(DML)の条件なしでの削除に比べて、圧倒的に高速で処理出来ます。データ量が多い場合、DELETE文はかなりの時間(10分以上かかるケースも)がかかりますが、TRUNCATE TABLE文は1秒以内~数秒程度で処理出来ます。, 共有プールに保持されている対象テーブルに関係するSQL文の解析結果や実行計画がクリアされます。, また、処理時間ですがREUSE STORAGE(割り当て済みの領域を保持)の方が若干かかります。また、割り当て済みの領域が多いほど時間がかかります。, 使い分けですが、削除後に同量のデータを再度登録する場合は、REUSE STORAGE(割り当て済みの領域を保持)を使用し、それ以外の場合はDROP STORAGE(割り当て済みの領域を削除)を使用します。, テーブル内のデータを無条件に全件削除する際に使用するTRUNCATE TABLE文、処理が高速なので非常に重宝します。 参考URL:http://cyberam.dip.jp/database/oracle/oracle/dd/dd_main.html, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 datapumpの実行方法(expdp/impdp)について、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授の程お願い致します。 ===== 3.TEMP_TABLEの内容のうち、importした内容とキー重複となるレコードを相関副問い合わせのDELETE文で削除する。 ORA-15005: name "testdb/datafile/tblsp1" is already used by an existing alias ●環境 ORA-39166: オブジェクトSYSTEM.TEST_TBLが見つかりません。 オブジェクト型DATABASE_EXPORT/SCHEMA/TABLE/CONSTRAINT/REF_CONSTRAINTの処理中です それぞれ DML(データ操作言語) ・ DDL(データ定義言語) ・ DDL(データ定義言語) と違います。, WHERE句で条件指定しないと表内の全てのデータが削除されるので注意してください。 ――ってやるのが、一番手っ取り早いと思います。 こんにちは現在ORACLE Bronzeの勉強をしていて、妙に引っかかる部分があるので質問をさせて下さい。インプレスジャパンが刊行しているBronze DBA10gの問題集の中に以下のような問題があります。次の中でDDL文では実現できない機能を2つ 1.サーバBのテーブル名を変更(たとえばTEMP_TABLE)する 他のところに影響がでないのであればですが。 としたときには、サイズは何バイトになりますか? 上のよ...続きを読む, 比較可能で一意性のある値をもてる項目6をテーブルに追加して、 "SYS_EXPORT_TABLE_01"を起動しています: system/******** tables=TEST_TBL dumpfile=TEST_DIR:expdp_tbl.dmp logfile=  Oracle 11g (11.2.0.3) ログインしてください。 datapump expdpコマンド(エクスポート)のまとめ (150,250 view). しかし、気をつけなくてはいけない点もあります。特にROLLBACKが効かない点は注意が必要です。誤ってROLLBACKを使用してしまった場合、取り返しがつきません。 ・オブジェクト単位で削除したいときはDROP文, 語訳は "削除" , "切り取る" , "落とす" とどれも "捨てる" のようなニュアンスですが、, WHERE句で条件指定しないと表内の全てのデータが削除されるので注意してください。, TRUNCATE文はWHERE句で指定できませんのでテーブルのデータを全て削除します。. SELECT count(*) FROM テーブルA・・・などでステータスを判断(ZERO以外は未存在)し存在有無を確認するような方法しかないのでしょうか? -----  B    え    イ    江 "SYSTEM". >新規に作成(データ込み)と考えて正しいでしょうか? マスター表"SYSTEM". "REPCAT$_PRIORITY_GROUP"が存在します。スキップのtable_exists_actionのため、すべての依存メタデータおよびデータはスキップされます ディレクトリの作成と read/write 権限の付与 SYS スキーマはシステムの持ち物なのでexp した事はありません。 COMMITしていなければロールバック可能です。, TRUNCATE文はWHERE句で指定できませんのでテーブルのデータを全て削除します。 上のようなデータを取得したいのです。 Oracle 8.1.6 WorkGroupServer BLOCKSメソッドを使用して見積り中です... 削除したものが戻せませんでした。 ■計算式 ORACLEと金融と子育ての狭間で、元気に楽しくやってます。 [詳細]. test1 ← DBA権限あり。 Windows2000Server ユーザのデフォルト表領域はちゃんと指定しているとの事です。 みなさんどうもこんにちは。自称エリート(見習い)です。 ・expdp使用する為の準備 ジョブ"SYSTEM". 表領域使用率の確認方法 (107,225 view). $ expdp system/pass dumpfile=TEST_DIR:expdp_all.dmp logfile= TEST_DIR:expdp_all.log full=y  Oracle 11g (11.2.0.3) 特定のセッションを手動で強制終了させる方法 (126,508 view). 上のような構造になっている場合に「項目名1」について重複している項目を排除し、結果として impdpのコマンドに誤りがあるのでしょうか。 よろしくお願い致します。, こんにちは。 ・expdb実行 とすれば、コピー可能です。, ORACLE初心者です。 "SYSTEM". $ expdp system/pass tables=TEST_TBL dumpfile=TEST_DIR:expdp_tbl.dmp logfile= TEST_DIR:expdp_tbl.log 以下の手順で、エクスポート/インポート テストを行ったのですが、 tablesで指定するものは、"CREATE TABLE"で作成したテーブル名ではないのでしょうか。  B    お    イ    尾 注意しましょう。, フリーの業務系システムエンジニア。情報処理安全確保支援士。 4.TEMP_TABLEの内容をimportしたテーブルにinsertする データディクショナリには他にもいろいろありますので詳しくは参考 URL をご参照ください。 "SCHEDULER_PROGRAM_ARGS"はすでに存在します 2.サーバAの内容をサーバBにimportする を実行します。 for i in 1..5 loop ジョブ"SYSTEM". full=y(データベース全体)は動きました。 項目名1 項目名2 項目名3 項目名4 何か情報がありましたら、教えていただきたくお願いします。, SQL*PLUSを起動し、一般ユーザが使用しているユーザIDで NUMBER型はVARCHAR2型と同じく可変長なので commit; その他も、Oracle Text やExpression Filter 等、Oracle の拡張機能をInstall フリーSEの雑記ブログ。ORACLEやPostgreSQL、情報セキュリティ、金融について主に書いています。, ORACLEにおいて、テーブル内のデータを無条件に全件削除する際に使用するTRUNCATE TABLE文(テーブルの切捨て)について解説していきます。 DELETE文 ・ TRUNCATE文 ・ DROP文の違いを紹介していきたいと思います。, 語訳は "削除" , "切り取る" , "落とす" とどれも "捨てる" のようなニュアンスですが、