完全ワイヤレスイヤフォンの名機、Jabra elite 75tを実機レビュー!アンボックス~メーカー解説~スペックレビュー~音質レビューまで、画像盛りだくさんのレビューをお届け。 小さいコンパクト、バッテリー持ちの良いTWS(完全ワイヤレス)を探しているならこれで決まりです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); まずはJabra「Elite Active 75t」のスペックについてザッと見てみましょう。, 約2万円の販売価格としては、かなり機能・性能が充実した完全ワイヤレスイヤホンという印象です。, 迫力サウンドを堪能できる高い音質、ロングライフなバッテリー性能、極めて高い防塵防水性能などの基本スペックをしっかり押さえつつ、バッテリーの消耗を抑えるスリープモードを搭載していたり、同時に2台のデバイスと接続できるマルチポイント機能、さらに公式アプリで自在にサウンド設定が行えるなど、注目ポイント盛りだくさんなイヤホン。, ただ一点、android端末向けの高音質コーデック「APT-X」に対応していない点だけが悔やまれます。, ここまで無双感を漂わせるなら、APT-Xくらい対応させればよかったのに・・・とボヤキたくなるのが正直なところ。, ここでは特に「Elite Active 75t」が優れているポイントに注目してみましょう。, 本機には15分の充電で最大60分の音楽再生が可能になる急速充電機能が搭載されています。, 「Elite Actibe 75t」は、防塵防水性能を示す規格「IP57」に対応しています。, 防塵性能は、「粉塵が内部に侵入せず、若干侵入しても正常運転を阻害しない」と定義されている高度な性能を有しています。, 防水性能は、完全防水に相当する等級なので、雨天時や運動の際はもちろんシャワーを浴びながら使用しても壊れることはありません。, 何千人もの耳の形状をスキャンしたデータとフィット感に関する最新技術を掛け合わせたことで、最高のフィット感を実現させています。, またJabraが独自開発したイヤージェル(イヤーピース)とハウジング本体に施した特殊コーティングで、更にフィット感を向上させています。, 本機には、イヤホン本体を耳から取り外すことなく周囲の音に耳を傾けることができる「HearThrough」機能が搭載されています。, 左ボタンを押すだけで、状況に合わせて周囲の音を拾うことができるので、非常に便利です。, ハウジングに内蔵された4つの集音マイクと、最先端のデジタル音声信号処理アルゴリズムとビームフォーミング技術によって、いかなる場所でもクリアなハンズフリー通話が可能です。, 公式アプリ「Jabra Sound+」を使えば、多彩なサウンドモードを用いたイコライザー機能で音質をカスタマイズすることができます。, また通話用イコライザーも用意されていて、相手の声を聴こえ方を調整したり、自分の声の大きさを調整することも可能です。, コッパーカラーのハウジング前面が美しい、Jabra「Elite Active 75t」。, ハウジングの裏側を占める部分には、特殊コーティングが施されていて、これが抜群のフィット感を生み出す要因の一つになっています。, 付属品は必要最低限に留まっていますが、そもそも製品自体が持ち合わせているフィット感を考えれば、余計な付属品は不要でしょう。, ここではiPhoneを使った「Elite Active 75t」のペアリング登録方法を解説します。, 右イヤホンのLEDインジケーターがブルーに点滅しているのがペアリングモード中のサインです。, ペアリングモードに入るとBluetooth設定画面(「設定アプリ」→「Bluetooth」)に「Jabra Elite Active 75t」と表示されるので選択しましょう。, 「connected」とアナウンスが入って、スマホのBluetooth登録デバイス一覧に「Jabra Elite Active 75t」が「接続済み」と表示されていればペアリング完了です。, やり方は簡単で、ただ右側のイヤホン本体を取り出すだけ。途中で右側イヤホンだけの使用に切り替えたくなったら、左側イヤホンをケースに仕舞うだけ。, ペアリング登録以後は、イヤホン本体が入った充電ケースのフタを開けるだけで前回接続したスマホに自動接続してくれます。, 自動接続されるまで5~6秒と非常にスムーズに接続されるので、実用シーンで接続のもたつき具合にイライラすることはないでしょう。, 最近では採用されることが減ってきた物理ボタンですが、本機ではあえて採用しています。, 使い心地から言ってそれなりの意味があってのことなのだと確信させられますが、何といっても押し心地が良好です。, 通常の物理ボタンはプッシュする際に耳穴に過度な圧力がかかって非常に不快なんですが、本機の物理ボタンはそんなことが一切ありません。, ちょっとした力でしっかり押し込めるボタン設計と、それによる圧力を耳穴に伝えない高い装着安定性が功を奏している格好ですね。, 取扱説明書がアプリでしか参照できない点については、賛否が分かれるところだと思います。, スマホを介して閲覧することに慣れている人は気にならないと思いますが、紙の説明書が好ましい方にとっては、ちょっと煩わしく感じるかもしれません。, とはいえ基本操作はあくまで基本に忠実なものなので、操作に極度に戸惑うことはないと思います。, 知る人ぞ知る方法ですが、念のためイヤホン本体のバッテリー残量の便利な確認方法について、iPhoneを例にご紹介しておきたいと思います。, 接続したらホーム画面から左フリックでウィジェット画面を表示させて、下にある「編集」と書かれたボタンをタップします。, ウィジェット追加画面に移るので、「バッテリー」と書かれた項目の左側にある「+」マークをタップして、画面右上の「完了」をタップします。, ウィジェット画面を見ると一番下に「バッテリー」という項目が追加されていて、「Elite Active 75t」のバッテリー残量がパーセント表示されているはずです。, イヤホン本体のバッテリー残量を確認するなら、このウィジェット表示が一番分かりやすいのでおすすめですよ。, 耳穴にスッポリ収めるタイプのインイヤー型完全ワイヤレスイヤホンとしては、最上級のフィット感と断言しておきましょう。, 本体のサイズ、本体の形状、ハウジングから伸びるノズルの取り付け角度などが絶妙に絡み合って、最高のフィット感が実現しています。, ハウジングの後ろ側に施された上質なラバー加工コーティングが適度なグリップ感を生み出しています。, これによって耳穴にしっかりと収まってくれるので、落下の心配はもちろん、微動だにしない抜群の装着安定性が得られます。, 6mmのドライバーとは思えない確かな低音と、全体的にクリアで安定したサウンドを楽しむことができます。, Beats by Dr.Dre製品のようなパワフルさはありませんが、明瞭感を帯びた力強さを感じます。, 恐らくかなり低い周波数帯の低音がしっかりと発せられていることが要因でしょうね、低音に品を感じます。, 6mmドライバーは決して十分と言えるサイズではありませんが、それを感じさせない技術は流石の一言。, 割と臨機応変な音質変化に耐えられるようなので、幅広いジャンルの音楽を楽しめますね。, 「【Jabra Elite Active 75tレビュー】Jabra完全ワイヤレスイヤホン最上位モデル!バッテリー性能・防塵防水性・音質など申し分無しのBluetoothイヤホン」と題して、2万円ちょっとで可能な限りの機能・性能を詰め込んだ、ハイエンド系完全ワイヤレスイヤホン製品としては高コスパなJabra「Elite Active 75t」について、詳しく解説してきました。, 本機は2万円ちょっとの販売価格なのでわりとハイエンド機種に分類されますが、そのコストパフォーマンスは同価格帯では群を抜いていると言っていいでしょう。, 高い基本性能に加えて、同時に2台のデバイスと接続できるマルチポイント機能やアプリを用いたイコライザー機能など、ユニークな機能・性能が満載。, 同じ価格帯で完全ワイヤレスイヤホンを探しているのであれば、「Elite Active 75t」は間違いなく購入候補の筆頭になること請け合いです。, この記事があなたにとって最適なワイヤレスイヤホン選びの一助になれば、嬉しく思います。, レンタルする場合も。店に行ったものの借りたいCDが全部借りられていて時間を無駄にしたり、借りられたとしても返却するために店頭に行かなきゃならないのはダルいですよね。, そして数ある音楽配信サービスの中で特におすすめなのが、業界最多の楽曲配信数・業界最安値・他社サービスに無い豊富な付加価値の三拍子が揃った「LINE MUSIC(ラインミュージック)」です。, コミュニケーションアプリ「LINE」でお馴染みのLINE株式会社が提供する「ラインミュージック」は、LINEと強力な連携が行えるただ一つの音楽配信サービスになります。, 20年11月現在、「ラインミュージック」で聴ける代表的な音楽アーティストをほんの一部ですが掲載してみました。, 洋楽アーティストに関しては、ほとんど網羅されていると言ってよいので、下記は邦楽アーティストに限定して掲載しています。, 音楽配信サービス全体で権利が解禁されていないジャニーズ系アーティストなどは流石に聴けませんが、これだけ押さえておきたいアーティストが数多く名を連ねているので、ラインナップに不満を感じることはありません。, 最近はアーティスト側で音楽配信サービスへの意識が変化していて、続々と音楽配信サービスへの楽曲提供が発表されています。なので現状聴くことのできないアーティストが聴けるようになる日もそう遠くないでしょう!, CDアルバムはたった1枚買うだけで2,000円も払わなければなりませんが、「ラインミュージック」は月額980円で6500万曲+今後リリースされる最新楽曲がすべて聴き放題!, 無料会員でも利用価値がある高コスパな音楽配信サービスなので、まずは3か月間無料お試し利用してみて、「ラインミュージック」の良し悪しをチェックしてみましょう!, >>【無料登録】「LINE MUSIC(ラインミュージック)」をとりあえず3か月間だけ使ってみる. https://form1ssl.fc2.com/form/?id=05c6b54d9f8894f3, プライバシーポリシー ここ最近は「雑誌読み放題サービス」の真価に気付いてドハマり中。雑誌1冊分の料金で数百冊のタイトルが読み放題だから、本屋とかに立ち読みに行かずに済んでてメチャ助かってます。ワンコインとか神々しすぎる・・・。. 完全ワイヤレスイヤフォンの名機、Jabra elite 75tを実機レビュー!アンボックス~メーカー解説~スペックレビュー~音質レビューまで、画像盛りだくさんのレビューをお届け。 小さいコンパクト、バッテリー持ちの良いTWS(完全ワイヤレス)を探しているならこれで決まりです。 Jabra Elite 75tは、あのベストセラーJabra Elite 65tの後継機種で、さらに小型化して、音質もアップ、装着感も抜群らしいじゃないか? コロテックは 中華ガジェットレビューサイト だぞ、キワモノを紹介するサイトだ。 高性能、高音質じゃあ、困るんだよ、君! Corsair、フロントパネルがハーフ&ハーフになっているミドルタワーPCケース『470T RGB』, ASUS 『ROG Chakram Core』 画像など ~ジョイスティックなどギミック満載の有線ゲーミングマウス, FiiO 『EM5』 レビューチェック ~ベリリウムドライバー&交換式プラグ採用のインナーイヤー型イヤホン, Acer、Predatorブランドの32インチ/IPS/WQHD/170Hzゲーミングモニター『XB323U GPbmiiphzx』, AJAZZ、ノーマルボディで重量78.6gのワイヤレスゲーミングマウス『i309Pro』, JBLの機能充実な完全ワイヤレスイヤホン『LIVE 300TWS』が10,000円を切る, DELL 『S2721Q / S2721QS』 レビューチェック ~低価格でも機能充実の27インチ/IPS/4K UHD液晶モニター, ikbc、白無垢と桜をモチーフにしたピンク×ホワイトのメカニカルキーボード『白无垢・樱』, Razerのワイヤレスゲーミングマウス『Razer DeathAdder V2 Pro』の分解レポート, Razerのワイヤレスゲーミングマウス用充電ドック、サードパーティ製の廉価な互換品があらわる, ソニー 『HT-G700』 レビューチェック ~大型TV向けのサウンドバー/ホームシアターシステム, AOC、”PORSCHE DESIGN”を前面に出したAGONブランドのゲーミングモニター『PD27』, https://www.phileweb.com/news/d-av/202010/21/51348.html. http://kdgadget.com/privacypolicy/, オーディオ・ビジュアル機器を中心に、最新のデジタル家電・ガジェットなどのニュース・情報、選び方や比較、おすすめなどをお届けします!, Noble Audioの完全ワイヤレスイヤホン新モデル「FALCON2」が2020年10月30日に税抜き約1.4万円で発売。従来機「FALCON」と比較しての違いを交えながらご紹介。また、購入ユーザーの方々のレビュー・感想の情報もお届け。, ノイズキャンセリング機能搭載で高音質、ロングバッテリーを満たす、期待の新製品がMaster & Dynamic MW07 PLUS。AirPods Proを上回るスペックも備えている有望なモデルです。国内価格や発売日はまだ決定していません。, AIPから「EAR DEVIL」という完全ワイヤレスイヤホンが2020年9月11日に約1万円で発売。最大の特徴は、装着すると悪魔の角耳に見えるようなデザイン。デザイン以外は意外と普通の完全ワイヤレスイヤホンとして使えそうな内容を備えています。, 2020年春に注目の完全ワイヤレスイヤホン新モデル、EAH-AZ70WとMOMENTUM True Wireless 2を比較しての違いを紹介し、両機の特徴やメリット、どちらをどう選ぶのがよいのかも解説します。, 韓国のSamsung(サムスン)は、完全ワイヤレスイヤホン新モデル・Galaxy Buds+を発表。米国では2月14日より、149ドルにて発売。従来モデル・Galaxy Budsと比較しての違いを交えながら、ご紹介。, TaoTronicsブランドの完全ワイヤレスイヤホン「SOUNDLIBERTY FREE(TT-BH1001)」が2020年10月9日に約6千円で発売。従来機「TT-BH053」と比較しての違いを交えながらご紹介。, LUXMAN JPA-10000i 電源ケーブル JPA-10000と比較しての違いは?, Jabra Elite 75t/Elite Active 75tにアクティブノイズキャンセル機能が無料で追加, Jabra Elite 75t/Elite Active 75tのANC機能追加へのツイッター上での感想, Bluetooth 完全ワイヤレスイヤホン Jabra Elite 75t WLC Titanium Black【100-99092000-40】ハンズフリー通話 Bluetooth5.0 ワイヤレス充電対応, Elite フルワイヤレスイヤホン Elite Active 75t Navy[マイク対応] 100−99091000−40, (11月12日発売予定) 完全ワイヤレス Jabra Elite 85t Titanium Black 【100-99190000-40】 イヤホン Bluetooth (送料無料), PULSE 3Dワイヤレスヘッドセット CFI-ZWH1J 購入者のレビュー・感想は?, PS5はUHD BD再生時にドルビーアトモス/DTS:X音声のビットストリーム出力対応!, Pioneer PD-50AE MQA-CD対応SACDプレーヤー PD-70AEと比較しての違いも, SoundPEATS TrueAir2 従来のTrueAir比較での違い、レビュー・感想情報も, Audeqs 世界初のaptX HD対応完全ワイヤレスイヤホン?QCC5121を採用, ハイセンス U7Fシリーズ 4Kテレビの新エントリー!E6800シリーズと比較しての違いは?, https://form1ssl.fc2.com/form/?id=05c6b54d9f8894f3.