2.1 Reduxを使用する準備; 2.2 ログインフォームのコンポーネントを作成; 2.3 actionsを書く; 2.4 reducerを書く; 3 ログインしている時だけにLoginedPageに移動するようにする Except as otherwise noted, the content of this page is licensed under the Creative Commons Attribution 4.0 License, and code samples are licensed under the Apache 2.0 License. FirebaseのAuthenticationの「メールアドレス認証」の一部だけでも一般的な会員機能はこのようにして作成することができます。 他にもパスワード不要のメールリンク認証や、SNS認証、他サービスによる認証など 幅広い機能が備わっているので、触ってみたときにアウトプットしてきたいと思います。 Java is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates. 1 Firebaseの下準備. 1.1 Firebaseのプロジェクトを作る; 1.2 プロジェクトでfirebaseを使う下準備; 2 ログインフォームを作成. (現在は、loading…と表示されます。), Firebaseコンソールのプロジェクトを開き、開発→Authenntication→Sign-in method→メール/パスワードを選択して、有効にします。, Firebase AuthenticationとFirebaseUIのライブラリをインポートします。, Firebaseコンソール(https://console.firebase.google.com/)のプロジェクト→プロジェクトの概要→プロジェクトを設定からコピーして貼り付けます。, Firebase UIの設定を行います。 createUserWithEmailAndPassword メソッドを呼び出すか、Google ログインや Facebook ログインなどのフェデレーション ID プロバイダを使用してユーザーが初めてログインすると、Firebase プロジェクトに新しいユーザーが作成されます。, Firebase コンソールの [Authentication] セクションにある [ユーザー] ページで、または Admin SDK を使用して、パスワードで認証される新しいユーザーを作成することもできます。, 現在ログインしているユーザーを取得するには、Auth オブジェクトでオブザーバーを設定することをおすすめします。, オブザーバーを使うと、現在ログインしているユーザーを取得するときに Auth オブジェクトが中間状態(初期化など)ではないことを確認できます。signInWithRedirect を使用すると、onAuthStateChanged オブザーバーは getRedirectResult が解決された後にトリガーされます。, 現在ログインしているユーザーを取得するには、currentUser プロパティを使用します。ユーザーがログインしていない場合、currentUser は null です。, ユーザーのプロフィール情報を取得するには、User のインスタンスのプロパティを使用します。次に例を示します。, ユーザーにリンクされているログイン プロバイダからプロフィール情報を取得する場合は、providerData プロパティを使用します。次に例を示します。, updateProfile メソッドを使用して、ユーザーの基本的なプロフィール情報(ユーザーの表示名とプロフィール写真の URL)を更新できます。次に例を示します。, updateEmail メソッドを使用して、ユーザーのメールアドレスを設定できます。次に例を示します。, sendEmailVerification メソッドを使用して、ユーザーにアドレス確認メールを送信できます。次に例を示します。, Firebase コンソールの [Authentication] セクションにある [メール テンプレート] ページで使用されるメール テンプレートをカスタマイズできます。Firebase ヘルプセンターでメール テンプレートについての記事をご覧ください。, 確認メールを送信するときに、継続 URL を使用して状態を渡し、アプリにリダイレクトすることもできます。, さらに、メールを送信する前に Auth インスタンスの言語コードを更新して、確認メールをローカライズすることもできます。次に例を示します。, updatePassword メソッドを使用して、ユーザーのパスワードを設定できます。次に例を示します。, sendPasswordResetEmail メソッドを使用して、ユーザーにパスワードの再設定メールを送信できます。次に例を示します。, パスワードの再設定メールを送信するときに、継続 URL を使用して状態を渡し、アプリにリダイレクトすることもできます。, さらに、メールを送信する前に Auth インスタンスの言語コードを更新して、パスワードの再設定メールをローカライズすることもできます。次に例を示します。, Firebase コンソールからパスワードの再設定メールを送信することもできます。, delete メソッドを使用して、ユーザー アカウントを削除できます。次に例を示します。, Firebase コンソールの [Authentication] セクションにある [ユーザー] ページでユーザーを削除することもできます。, アカウントの削除、メインのメールアドレスの設定、パスワードの変更といったセキュリティ上重要な操作を行うには、ユーザーが最近ログインしている必要があります。ユーザーが最近ログインしていない場合、このような操作を行うと失敗し、エラーになります。このような場合は、ユーザーから新しいログイン認証情報を取得して reauthenticateWithCredential に渡し、ユーザーを再認証します。次に例を示します。, ユーザー アカウントをファイルから Firebase プロジェクトにインポートするには、Firebase CLI の auth:import コマンドを使用します。次に例を示します。.