ADAのCO2 ADVANCED SYSTEM FORESTでのCO2添加は非常に簡単でありがたく使っています。 ちょっとした準備ですが、地味にめんどくさいです(笑), ただし、タイトルにもある通り最終的には撤去に至っておりますので、参考にはならないと思ってください。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}). 個人的に感じるメリットとデメリットを書いておきたいと思います。, これについては、もはや言うまでもなく「ローコスト」でco2添加をスタートできる事でしょう。 夏は周囲温度が高い為に発酵が早く、冬は周囲温度が低い為に発酵が遅くなります。, 発酵式は2週間程度で効果がなくなる為、その都度発酵式を作る必要があります。 これからの時期はメンテナンスや水草等を育成するのにもいい季... 30センチキューブなので、濾過はエデニックシェルトV3で十分だろうという事で濾過はこれ一本の予定でしたが、生体をラスボラエスペイを5匹、追加... 元々20cmのキューブ水槽を既に数年維持しており、少しサイズアップをしようかと思い、30cmのキューブ水槽を立ちあげる事にしました。 今までの経験を元にした実践的な内容を初心者の方にも分かりやすく解説していきます。興味のある方は是非目を通してみてください!ご質問のある方はお気軽にコメントくださいませ。, 皆さん初めまして。Ordinary-Aquariumの管理人「轟 元気」です。このブログでは実践的な「水草水槽の知識」「レイアウト手法」「アクアリウム雑学」を分かりやすく解説していきます。まずはこちらをお読みください!まだあまり公開されていない「手法」なども私が有効だと考えているものは積極的に公開していきます。記事を読んでみてご質問のある方はお気軽にコメントくださいませ。. 水槽や照明、水草などなど色々と必要な初期にコストを抑えられるというのは魅力的ですね。, これはコストを抑える為には仕方ない部分ではありますが、お洒落な水草水槽の外観とはちょっと遠くなってしまいます。, 添加量が調節できない為、発酵式ペットボトルの周囲温度に添加速度が左右される事になります。 これに対応する為には、... タイトルの通りメルカリで水草の南米ウィローモスを購入しました。 2018/8/7 co2が高圧で充填されているボンベからレギュレーター、チューブ等を通して少しづつ水槽内に添加します。 添加量の調節やタイマーを使えば自動化出来ることなどメリットが多く、予算に余裕があれば、この高圧ボンベ式をおすすめします。 高圧ボンベ式のCO2添加キットを使っていると、ボンベ交換時のミスやパッキンの付け忘れ、配管の不具合などでガス漏れが起きることがありますよ。, 永く水草を楽しんでいる方ほど、経年劣化などでガス漏れを経験するリスクが高くなります。, ガス漏れが起きるとガス代が余分にかかるだけでなく、CO2が添加できなくなってしまうので水草の調子も悪くなります。, 「昨日まで問題無く使えてたのに、、、イライラ。。」みたな感じで気持ちまで落ち込んでしまうので、なるべく経験したくはありませんよね。, そこで、ガス漏れの主な原因と各対処法を解説しますので、お困りの方はぜひご覧ください。, 「ボンベ交換に失敗している」「パーツの付け忘れ」の場合、ガス漏れの程度によりますが、すぐにボンベが空になってしまいます。, 「配管途中の不具合」などで微量なガス漏れが発生している場合は、配管内の圧が高くならないためCO2が拡散器より出ないかもしれません。, 独断ですが、「パッキン、ボンベの差し込みミスは小型ボンベ」「耐圧チューブとリリースプッシュは大型ボンベ」を使っている方に多く発生している気がします!, 特に「AIネットCO2フルセットシリーズ」など、簡単にパッキンが交換できるタイプはその分、外れやすいので注意が必要ですよ。, 「シューという大きなガス漏れの音」「ガスによってレギュレーターが凍るほど冷却」されますので見逃すことは無いと思いますよ。, こちらの「ADA CO2アドバンスシステム-フォレスト」ならパッキンのことは気にせず作業ができますよ。, ボンベの構造上、「レギュレーターの針で穴を空ける → ガスが出る」という流れを経てガスが出るようになります。, まだ差し込めるからと最後まで差し込んでしまうと安全弁が作動してガスが全部漏れてしまいます。, ボンベ交換に失敗してせっかくCO2キットを買ったのに添加を止めてしまう方が多いです。, とっても勿体ないことですので、これからCO2添加を始められる方は精度の高い製品をおすすめしますよ。, こちらの「ADA CO2アドバンスフォレスト」と「ADA専用ボンベ」ならガス漏れをきにすること無く作業できます。, これは「ボンベ交換の失敗リスク」「安定してCO2を添加できないリスク」「作業時のストレス」と天秤にかけて選んでいただくしかないのですね。, 僕はないよりも「CO2が添加していない時間、水草の調子を悪くなること」が気になるので精度の高い製品をおすすめします。, せっかく高い買い物したのにそんなことに気を使いたくないですし、その分の心の余裕を水槽の中身にぶつけたいですね。, ADA CO2アドバンスシステム-フォレストのコスパを良くするなら、「専用アダプターを使って大型ボンベ(ミドボン)に接続すること」をおすすめします。, 多くはリリースプッシュに接続している部分が変形してしまい起こるケースが多いですね。, そのまま触らずに使い続ける分には問題無いのですが、一度配管外してしまうとガス漏れをおこすかもしれませんよ。, 特にリリースプッシュに接続している部分が曲がっているとガス漏れの原因になりますよ。, 引き抜く時は「リング部分を手前に引きながら、チューブを引き抜く」ような構造をしています。, とくに電磁弁のリリースプッシュから漏れることが多いので、できるだけ精度、耐久性の高い製品を使うことをおすすめします。, 特にこちらの「ADA EL-バルブ」はリリースプッシュがしっかりしているので、すぐに壊れてしまうような製品ではありませんよ。, 仕事柄たくさんの電磁弁を触りますが、 「ADA EL-バルブ」が一番長持ちします!, 「ADA EL-バルブ」なら特約店を通して、ADAにて修理してもらうことが可能です(有料)。, 各製品の不良で無い場合、「レギュレーター ~ 電磁弁(ON / OFFバルブ)の間」で漏れるケースが多いです。, 通常、CO2ボンベのセッティングが終わったら電磁弁(手動の方はON / OFFバルブ)にて開閉してコントロールするはずです。, そのため、レギュレーターと電磁弁(ON / OFFバルブ)の間は「常に高圧の状態」となります。, また、常にボンベが開いている状態なので、「レギュレーター ~ 電磁弁(ON / OFFバルブ)の間」で漏れが発生した場合、空になるまで漏れ続けてしまうのです。, 大容量の大型ボンベ(ミドボン)を使っていると、一度セットするとなかなかCO2が無くなりませんよね?, 同じセッティングで長期に渡り維持できる分、たまにいじったタイミングで漏れが発生するケースが多いですよ。, 長期に渡りCO2を添加する → 配管に負担がかかる → たまにしか配管をいじらない → 耐圧チューブ、リリースプッシュの不具合が発生, とくに、数年に一度程度の交換で済むような使い方の場合、ボンベ交換時など配管をいじる際は要注意です。, もし漏れているなら、石鹸水が泡立つなど何か動きを見せるので確認することができますよ。, 音で確認するよりも、確実なので「耳で音を確認 → 怪しい箇所に石鹸水」という手順でチェックするのがおすすめです。, レギュレーター内部の故障で発生するガス漏れに関しては、チェックすることができません。, 小型ボンベ用も大型ボンベ用もADA製のものが精度が高く故障も少ないのでおすすめです!, CO2漏れを体験した方なら分かっていただけると思いますが、イヤ~な気持ちですよね。, この記事が気に入ったらボタンをプッシュ!「ブログ村」「ブログランキング」のポイントが加算され記事執筆のモチベが上がります!, Ordinary-Aquariumで「水草水槽の知識」を中心に記事を書いています。