Chrome リモート デスクトップの評判、ユーザーレビューを掲載中!Chrome リモート デスクトップを実際に使用したユーザーが評価したポイント、改善点、導入企業名も閲覧可能。企業規模や業種による絞り込みで自分に近いユーザーの評判をチェック! Chromeリモートデスクトップを利用したくても接続できないケースがいくつかあります。それぞれの原因と対処法を解説しますので、トラブルの際の参考にしてください。 ‎iOS デバイスからパソコンに安全にアクセスできます。高速、シンプル、無料です。 それを毎回図形を挿入してから線の色と太さと塗りつぶしの設定で3手間かけている。(途中から他ボタンマウスを導入しましたがそれでも手... そうなんですね。とても不安で相談できる人もいなかったので丁寧に相談に乗ってくださってとても助かりました。あとはアドバイスをもとに自分でやってみます。ありがとうございました。. ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要(E) この名前は、操作する側のPC(クライアントPC)に表示されます。, PINコードとは、認証の際に用いられる番号です。6桁以上の数字を設定しますが、セキュリティ的には長めの番号を設定しておいた方が良いですね。, また、クライアント側PCから接続する際に必要な情報なので入力した値をメモしておきます。, クライアントPCには、拡張機能がインストールされていなくてもOKです。 今回は、クライアントPCにMacを使用しました。, まず、Chromeのアドレスバーに「remotedesktop.google.com/access」と入力します。 Googleアカウントのログインを求められますので、ホストPCと同じアカウントでログインします。, Chromeリモートデスクトップの画面が表示されたら、ホストPCのデバイスをクリックします。, ※事前にオンライン状態になっていることを確認してください。ホストPCがスリープ状態になっていると接続できません。, PINコードの入力を求められますので、ホストPCで設定したPINコードを入力します。, 接続が完了し、ブラウザ内にホストPCの画面が表示されました。 さらにそれぞれのメリット・デメリットと、ユーザーニーズごとにどれがおすすめかも併せて紹介します。, 2019年7月に廃止された「どこでもMyMac」の代わりとなる、リモートデスクトップ機能のアプリ「RealVNC」を紹介します。 ルートディレクトリにブログがなくてもルートディレクトリのURLを入力すれば良いです。 と表示されます。 新型コロナウイルスの影響で、テレワーク(リモートワーク/在宅勤務)を推奨する企業が増えています。そこで注目を集めているのが「Chromeリモートデスクトップ」。職場で使っているパソコンを、自宅から簡単に遠隔操作できるようになります。, 2020年2月以降、連日のようにニュースを騒がせている新型コロナウイルス。電車や職場での感染から身を守るため、自宅などで業務を行う「テレワーク」(リモートワーク)を推奨する企業が増えています。3月からは全国の小・中学校が一斉休校となり、両親で交互にテレワークを考えている家庭も多いのではないでしょうか。, テレワークというと、ITの専門知識や難しい設定が求められそうに感じますが、現在では在宅での業務を簡単に実現できるツールが登場してきています。その1つが、Googleが提供する「Chromeリモートデスクトップ」です。, Chromeリモートデスクトップの起動画面。必要なのはWebブラウザーの「Chrome」とGoogleアカウントのみで、誰でも無料で使えます。, 例えば、自宅にあるパソコンのChromeの画面内で、職場にあるパソコンを遠隔操作できます。, ここではChromeリモートデスクトップを職場のパソコンにインストールし、自宅のパソコンからリモートアクセス(遠隔操作)する方法を紹介します。, Chromeは職場と自宅の両方のパソコンに必要なので、あらかじめインストールしておいてください。Googleアカウントは、ふだん使っているGmailのアドレスとパスワードがそのまま使えます。, 企業のセキュリティポリシーによっては、Chromeリモートデスクトップのインストールや利用が許可されない場合があります。あらかじめ社内のシステム部門などに確認してください。, まずは職場のパソコン(遠隔操作される側)に、Chromeリモートデスクトップをインストールします。Chromeウェブストアから入手可能です。, 上記のURLをクリックするか、Chromeウェブストアで「Chromeリモートデスクトップ」と検索してください。, 続いて、職場のパソコンでChromeリモートデスクトップの設定を行います。アドレスバーの右側に表示されるアイコンをクリックしてください。, Chromeのアドレスバーの右側にあるChromeリモートデスクトップのアイコンをクリックし、[リモートアクセス]をクリックします。, 初回起動時は、上記画面の右下にあるポップアップが表示されます。これはChromeとは独立したウィンドウで、Chromeリモートデスクトップを利用するかの確認です。あとからインストールすることもできるので、ここでは[インストールしない]をクリックします。, 現在(職場)のパソコンに名前を設定します。こうすることで、リモートアクセスするときに、ほかのパソコンとの区別が付きやすくなります。設定後に[次へ]をクリックします。, リモートアクセス時のパスワードとなる「PIN」を設定します。6桁以上の任意の数字を指定し、[起動]をクリックします。, 設定が完了しました。先ほど入力したパソコンの名前に「オンライン」と表示されています。, ここまでの設定で、自宅のパソコンからリモートアクセスすることは可能なのですが、もう1つやっておきたいことがあります。職場のパソコンのスリープ対策です。, Windowsの標準設定では、一定時間にわたってパソコンを操作していないと、自動的にスリープ→休止状態となります。職場のパソコンがスリープしてしまうと、自宅からのリモートアクセスができなくなるため、電源とスリープの設定をあらかじめ変更しておく必要があるのです。, また、リモートアクセス時には、職場のパソコンのディスプレイが他人から見えない状態になっているのが望ましいでしょう。この設定も変更しておきます。, Windowsの[設定]画面を表示し、[システム]→[電源とスリープ]の順にクリックします。続いて[スリープ]の項目にある時間を[なし]に設定します。上記画面では「バッテリー駆動時」と「電源に接続時」の両方を[なし]にしていますが、後者のみでもいいでしょう。, これで、職場のパソコンは手動で操作しない限り、常に起動したままの状態になります。デスクトップパソコンの場合は、これに加えてディスプレイの電源をオフにしておけば準備完了です。, ノートパソコンの場合は、さらに[電源の追加設定]からカバーを閉じたときに[何もしない]設定にしておきます。これにより、カバーを閉じてディスプレイが見えない状態にしつつ、パソコンを起動したままに保つことができます。, [電源とスリープ]画面の下部にある[電源の追加設定]をクリックし、[電源オプション]を表示します。ここで[カバーを閉じたときの動作の選択]をクリックします。, [カバーを閉じたときの動作]から[何もしない]を選択して[設定の保存]をクリックします。ノートパソコンのカバーを閉じても、パソコンは起動したままになります。, 職場のパソコンでの設定が完了したので、今度は自宅のパソコン(遠隔操作する側)を操作します。職場のパソコンと同じGoogleアカウントでChromeにログインし、Chromeリモートデスクトップもインストールしておいてください。, Chromeリモートデスクトップを起動すれば、すぐにリモートアクセスができる状態になります。, Chromeリモートデスクトップのアイコンをクリックして起動し、前述の手順で設定した職場のパソコンの名前をクリックします。, 職場のパソコンで設定したPINを入力し、[→]をクリックします。次回以降、PINの入力を省略したいときは、[このデバイスにPINを保存します。]にチェックを付けておきます。, 職場のパソコンにリモートアクセスできました。Chromeの画面内に、職場のパソコンのデスクトップが表示されています。, Chromeリモートデスクトップのオプション設定を見ていきましょう。特に「全画面表示」は必須で、Chromeのアドレスバーなどを非表示にできるため、まるで職場のパソコンをそのまま操作しているように扱えます。, Chromeリモートデスクトップの画面右端にある[<]をクリックすると、オプションが表示されます。, Chromeリモートデスクトップが全画面表示に切り替わり、職場のパソコンのデスクトップが、自宅のパソコンのディスプレイいっぱいに表示されました。, リモートアクセスを終了したいときは、オプションのいちばん上にある[切断]をクリックしてください。全画面表示を終了し、Chromeのタブを閉じてもOKです。, 職場と自宅のパソコンで、ファイルをやりとりすることも可能です。職場から自宅へのダウンロード、自宅から職場へのアップロードの両手順を見ていきます。, なお、以降はChromeリモートデスクトップの表示をウィンドウに戻して操作しています。, まずは職場から自宅へのダウンロードです。自宅のパソコンからリモートアクセスし、Chromeリモートデスクトップのオプションにある[ファイルをダウンロード]をクリックします。, ファイルをダウンロードできました。ファイルの保存場所は、Chromeでダウンロードしたファイルを保存するフォルダーを同じです。標準では[ダウンロード]フォルダーとなります。, 今度は、自宅から職場へのアップロードです。自宅のパソコンで、Chromeリモートデスクトップのオプションにある[ファイルをアップロード]をクリックします。, 以上、職場と自宅を想定したChromeリモートデスクトップの使い方を解説しました。, 職場のパソコンを自宅に持ち出し、社内のファイルサーバーなどにアクセスするには、VPNなどの高度な設定が必要になるでしょう。しかし、職場のパソコンにあるファイルを適宜参照しながら、メインの作業は自宅のパソコンで行うのなら、Chromeリモートデスクトップが最適です。, また、自宅のパソコンに職場ほどの性能がなくても、ネットワーク(通信環境)さえ安定していれば、スムーズな操作が可能です。テレワークを実現する手段の1つとして、ぜひ試してみてください。, Chromeリモートデスクトップは、スマートフォンでも利用可能です。ちょっとした確認作業のほか、職場のパソコンを設定後、本当にリモートアクセスが可能かをすぐにチェックしたいときにも便利です。, 「Chromeリモートデスクトップ」アプリを起動し、接続先のパソコンを選択してPINを入力します。, パソコンのデスクトップが表示されました。スマートフォンを横向きにすれば、パソコンのディスプレイに近い感覚で操作できます。, 元パソコン書籍の編集者。現在は、パソコンのほか、デジタルカメラやスマートフォンなどのデジタルデバイス、Webサービスなどに関する企画・編集・執筆を中心に活動しています。お届けした情報が少しでも役立ったと思ってもらえれば幸いです。. • 説明に沿って、リモート アクセスできるようパソコンを設定します。 YouTube liveを組み合わせたライブ配信方法をご紹介, 「Functional PHP」PHPのための関数型プリミティブライブラリを触ってみた, webサイト制作見積りはなぜ会社によってこんなに違うの? これは何が原因なのでしょうか。 今テレビにPCをつないで表示させている。 その中でもChromeの拡張機能「Chromeリモートデスクトップ」を利用すれば、無料で誰でも簡単に遠隔操作を実現できます。, そこで今回は、Chromeリモートデスクトップのインストールから設定までを解説したいと思います。, 馴染みのない方に解説させていただくと、リモートデスクトップとはインターネットを経由して別のパソコンに接続し、接続先のパソコンを操作(遠隔操作)できるようにする技術です。, 離れた場所にいるユーザのパソコンを操作してトラブルの原因を取り除いてあげたり、特定のパソコンにしかイントールされていないアプリケーションを別のパソコンから操作したりと、非常に便利な使い方ができます。, リモートデスクトップを行うには、リモートコントロールソフトが必要になります。そのソフトの1つが今回紹介する「Chromeリモートデスクトップ」です。, 遠隔操作なので2台のPCを用意します。