また、平日夕方時代になってからは飯田が番組放送前に朝の『OK! Cozy up!週末増刊号」. Player FMは今からすぐに楽しめるために高品質のポッドキャストをウェブでスキャンしています。 これは最高のポッドキャストアプリで、Android、iPhone、そしてWebで動作します。 全ての端末で購読を同期するためにサインアップしてください。. ニッポン放送「飯田浩司のOK! ... 2020年 4月23日(木曜) 飯田泰之さん 黒岩祐治神奈川県知事 大野元裕埼玉県知事 ---再生時間 1:49:05. コージー・アップ!)は、2018年4月2日からニッポン放送で放送している平日朝の報道番組である。 Cozy Up!週末増刊号」 及び 424 つのエピソードに聴く。サインアップやインストールなどが不要になります。 2020年11月14日(土)「飯田浩司のOK!  更新:2020-04-14, ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月7日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。日本学術会議の任命見送りに関して、「内閣総理大臣に推薦どおり任命すべき義務はない」とする2018年の文書を政府が公表…, ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(9月29日放送)にジャーナリストの有本香が出演。中国によるウイグル族などへの同化政策について解説した。 加藤官房長官~ウイグル人などの人権が尊重されているか注視して行く…, ニッポン放送「飯田浩司のOK! 」(ニュース解説) )※木曜 - 2012年4月7日 - 2017年9月30日、2020年4月30日 - 過去 テレビ. Cozy up!』公開生放送 in 羽田空港(6:00 - 8:00), 2月24日(月)『飯田浩司のOK! 2020年 4月21日(火曜) 長谷川幸洋さん 小池百合子東京都知事---再生時間 … Cozy up! Podcast on your phone right now with Player FM's free mobile app. See omnystudio.com/listener for privacy information. 但し、集計方法が1サンプルが好みの3番組を列挙し、順位によって「3点、2点、1点」でポイント計算される形式のため、当該番組は1位回答数では8位で上位で算出される, 2018年8月27日、2019年2月18日、7月8日、2020年2月3日、10月5日, 当初は不定期出演であったが、現在はほぼ隔週で出演しており、番組ホームページ上もレギュラーコメンテーターとして扱われている。, 2019年2月28日から木曜隔週にてテスト出演を開始し、同年4月から正式に木曜隔週に異動, 2018年8月31日、2019年2月22日、7月12日、2020年2月7日、10月9日, 放送尺確保のため、「飯田浩司のココが気になる」と「教えてニュースキーワード」ゾーンに分けて音源を放送, 番組開始から2018年5月第2週迄は、曜日別の識者はこのゾーンから番組に参加し、飯田がチョイスしたニュースに対してトークを行う, ストレートニュースで、特に前日がプロ野球開催日は、7時台でスポーツニュースを扱う。また、『ショウアップナイター』含めたNRN系列の実況音源を放送するがネット再配信ではカットされる, このセクションでも場合によって、「お早う! また、別の意味としてニッポン放送編成部がインテリジェントパーソナルアシスタントであるGoogleアシスタントの「起動ワード」である、「OK Google!」になぞかけし、「飯田に質問すれば何でも答えてくれる」と言う意味を込めてネーミングしている[8]。, 出演者は、アシスタントとして、飯田の前担当番組で代理パーソナリティ等を担当していた新行が務め、コメンテーターは『ザ・ボイス』と『あさラジ!』に出演していた、識者メンバーが略々移行し、日々の国政、国際情勢、国内・国際経済情勢、社会情勢をディスカッションする。, また、番組放送中で、リスナーからのメールもしくはTwitterのツイートを紹介する。ハッシュタグは「#cozy1242」。番組の放送全体は関東ローカルであるが[注 2]、後述するネット配信やポッドキャスト配信及びRadikoプレミアムによる同時放送を行っているため、リスナーからのオピニオンは日本全国は元より、世界各地の在外日本人からも投稿される[7]。2020年6月15日から30日に掛けてWEBアンケート調査を実施し[9][10]、約3700サンプルからリスナーの多い居住地域は東京都、神奈川県、千葉県に続き大阪府、埼玉県、国外と言う結果となっている[11]。また、日経トレンディ2020年11月号の特集企画「すごいラジオ大研究」の2751人に聞いた!好きなラジオ番組ランキングの19位にランクインしている[注 5]。, その他に、番組にて扱った話題や取材内容をテキスト記事としてニッポン放送の総合サイトWebサイト「しゃベル[13]」にて配信しており[14]、共同通信社加盟社等が使用している「nor.(ノアドット)」[15]でも同内容を配信している[16]。その他にも、前放送番組の記事同様に、同局の主要株主であるフジ・メディア・ホールディングスの筆頭企業であるフジテレビのニュース系列ポータルサイト「FNN.jpプライムオンライン」にも掲載されている[17]。, 生放送につき、記載されている時間は目安。また、当該番組は報道部仕切りの番組であるが、報道部記者が出演しない番組[注 28]となっている, 当該番組放送開始前、飯田が担当していた『ザ・ボイス』の2018年3月26日放送分にて、YoutubeとPodcast配信をレギュラー放送開始当初から実施と告知しており、その通り、番組放送開始から何故か同局公式YouTubeアカウントからとニッポン放送 PODCAST STATIONにて音源配信が開始。2019年6月24日に当該番組のYouTubeアカウントが登録され、同年10月31日放送分のアップデートから移行された。また、2019年4月17日から音楽ストリーミングサービスのSpotifyでの音源配信を開始している[41]。, その後、2020年7月18日に同年6月15日から30日迄募ったWebアンケートの結果を紹介するお試し版をアップデートし、同年8月22日アップデート分から『新行市佳の週末増刊号』として、新行が進行する放送週のコーナー音源プレイバックと翌週の日本国内の出来事予定やリスナーメッセージ等を紹介するWeb限定コンテンツの配信を開始した[42]。, しかし、当該番組のYoutubeチャンネルにて、2020年9月5日配信分の『増刊号』アップデート以後、悪意のあるユーザーからの恣意的コミュニティガイドライン違反通報により、同年9月4日放送分以外の放送週音源と同局公式Youtubeチャンネルへの過去アップデートを分含めたコンテンツがYouTube側に削除されていたが、同局がYouTube側に異議申立てをした結果、同年9月22日に復活し、アップデートも再開された[43]。, Web配信コンテンツについては、主にニュース解説を纏めたものを配信しており[44]、番組放送開始3回目の2018年4月4日放送分から、時間尺を拡大してBGMと6時の「ニュースデリバリー」、「ニッポン放送ニュース」、「モーニング ライフ UP!(通常版)[注 46]」、「エンタメ・トレンド UP!」で著作権管理上取材音源や記者取材報告を抜いた物を配信している[45]。また、2019年4月1日から番組とは別に『… 今日の早起きドクター』が独立して、ニッポン放送 PODCAST STATIONにて、音源の配信が行われている。.