一年を通し、暑くても寒くても雨でもバイク通勤のツーキンライダー, つい先日までは通勤の足として理想的な原付2種も持ち合わせていましたが旅立ちました。, 現在、 250ccバイクのおすすめ15台&試乗レポート [バイク] All About, 各メーカー250ccバイクのリリースに力を入れています!人気の250ccバイク。本当におすすめの250ccバイクはどの車種なのか?250ccバイクのメリット、デメリットは?年間40台以上のバイクに乗るガイドがお勧めのポイントと車種をご紹介します, 出典: 中型バイクとは - バイク用語 Weblio辞書, 400ccクラスのバイクは普通自動二輪で乗れる最大の排気量というところがポイント。, リンク: 現在通勤バイクとしてTW225を愛用しています。通勤はもとより100km程度の距離であればコイツで対応して来ました。ただ、来年度より通勤はもちろんのこと、100km超の走行をすることが増えそうになり、このままTWで大丈夫だろうか?と心配を覚 一般的に中型バイクとは、126cc以上400cc以下のバイクのこと。なかでも400ccクラスは、普通自動二輪免許で乗れる最大の排気量であることがポイントです。大型免許を取る予定はないけれどパワーのある車両に乗りたい方へ、400ccクラスの中型バイクの試乗レポートをお届けします。, リンク: スズキ グラディウス400一週間通勤試乗レポート [SUZUKI(スズキ バイク)] All About, 803ccのスクランブラーに比べ、必要以上の能力に振り回される心配が皆無。今まさにバイクに乗ろうと思っている人、また「スクランブラーに乗ってみたい!」と思っている人には、オートバイの世界を楽しむ第一歩としてこのSixty2はうってつけのモデルと言えるでしょう。, 出典: クルマはMAZDA CX-5 100km超の走行をすることが増えそうになり、このままTWで大丈夫だろうか?と心配を覚えるようになりました。, 心配というか、より楽な方かいいなと。排気量の大きさに比例する楽さと、反比例する取り回し。この狭間で悩んでいる現在です。, タイトルにあるようにバルカン400かドラッグスター400の値段の高く無い物を若干探していたりします。, 上記2車種をチョイスしている理由は、不人気な400ccクラスのクルーザータイプということで安く手に入る可能性が高いこと。, 通勤で使っているTWに大きな不満があるわけでは無いんですが、100km単位の距離(高速道路含む)を走行する機会が今後増えることになるので、さすがにTWなどの250ccクラスに比べると400ccクラスの方がゆとりが生まれます。, ドラッグスター400だと初期型である4TR。年式はこれまた同じくらいで1996年あたり。, まぁ同じ400ccクラスのクルーザーなので大きく考えたスペックには大差はない感じです。この年式あたりでないと気にせずに乗れる価格帯ではなくなってしまう。, TWとは全長が約30センチは変わってきますから少し気になるところです。ハンドル幅は、TWもノーマル幅で乗っているのでそんなに大差はないです。, 燃費も良くて街乗り20km/lあたりなんでしょうか。むっかしスティードに乗っていた時もそんなくらいだったような気がします。, バルカンをチョイスしたとするとラジエターなどの水回りの整備も増えます。ドラッグスターであれば空冷なので関係なし。→ここではドラッグスターの方がメンテナンス性には優れる。, ただ、カワサキの部品は注文してから1週間くらいかかったりする。ヤマハは早ければ翌日到着。中古部品もタマ数の多さからドラッグスターの方が多い。, んー、手入れしやすそうなのはバルカンだけども、整備の必要性が出やすいのもバルカン。, バルカンは通常通りにスプロケットとチェーンを駆動系で採用しています。これだと、今まで通りにチェーンメンテナンス、スプロケットの交換は必要になります。, ドラッグスターはチェーン駆動ではなくクルマなどと同様にドライブシャフト駆動。これだと一度シャフトオイルを交換してあげればそうそうメンテする必要もない。, 若干ドラッグスター400の方が整備性の面も含めると楽な感じ。やはりドライブシャフトでチェーンメンテフリーは大きいです。雨の日でも関係なしに乗る必要があるために、この部分にはものすごく魅力を感じます。スカチューンじゃないのでそこまで汚れることもないでしょう。, 現在基本2車種をじっくり探し始めている段階ですが、値段も含めて若干ドラッグスターの方が探しやすそうな感じです。バルカンはタマ数が少ないので探しにくいですね。, 通勤にTW、休みの日にHarley FORTY-EIGHTなんか持っていると最高な感じですが。。, 平地生活を挟んで現在は海の近所生活再開。 スズキ GSR400 一週間通勤試乗レポート [SUZUKI(スズキ バイク)] All About, 多くの教習所で普通二輪免許の教習車に使われているホンダのCB400SF。バイクの免許を取得するためにはほとんどのライダーがこの車両に乗るので、バイクの性能基準になるモデルともいえます。一週間通勤で試乗したインプレッションを見たい方はリンク先へ。, 出典: を所有しています。, セローを買うか?CRF250Lを買うか?悩んでいるときにCRF250Lを買うべき理由とは?, バイクの自賠責保険の支払いにクレジットカードを使う方法/i自賠やネットde保険@バイク, バルカン400(VN400A)とドラッグスター(4TR)のメンテナンス性の違いで考えると・・・, クルマの鍵の電池交換は自分で!マツダ アドバンスドキーの電池交換を自分でやってみた, ワークマンでネックウォーマーを衝動買いした|ストームシールドネックウォーマー|17365. 暇があったら機械モノに触りたい。でも根っこは田舎者なアウトドア派 スズキ GSR400 一週間通勤試乗レポート [SUZUKI(スズキ バイク)] All About, 30年前のバイクと今のバイクを見比べてみると、デザイン・性能など全てにおいて大きく変っていますが、30年以上変わらず愛され続けるバイクがあります。それがヤマハSR400です。, 出典: ツーリングバイクとして400ccのアメリカンモデルはいかがでしょうか。最近では400ccのアメリカンモデルは見られなくなりましたが、その他の排気量にはない魅力を備えているのは確かです。250ccモデルよりも大きなパワーで爽快に進む感覚は多くの人がやみつきになっていることでしょう。車もバイクも何かと小さくまとまりがちな昨今だからこそ、あえて古きをたずねてみるのはいかがでしょうか。きっとあなたの知らない楽しさが待っていることでしょう。今回は400ccのアメリカンモデルを5種類、厳選して紹介していきます。, 日本では80年代~90年代にかけてアメリカンモデルが流行したことがありました。アメリカンモデルとは広いアメリカを走るような、長距離走行に向いた形状を持つバイクのことです。その特徴から、クルーザー(長距離走行の意)モデルと呼ばれることもあります。, スティードは1988年に発売されたホンダ初のアメリカンバイクです。シリーズとしては400ccクラスと600ccクラスが用意されていました。発売から10年間で累計売上8万台を達成したベストセラーモデルでもあります。名前は「馬」という意味を持ち、まさに足代わりとして広く使われたバイクでした。, スティードは2001年に生産終了するまで、度重なるマイナーチェンジが行われていました。主なものを挙げると、1990年のバックレスト装備、1993年の燃料タンク増量、1995年の出力と燃費の向上などがあります。また、バリエーションとして低価格モデルであるVCL、 1995年のマイナーチェンジ後に売り出されたVSE、フロントフォークを組み替えたVSEなどがあります。, ホンダ シャドウは1997年に発売されたアメリカンバイクです。ホンダのアメリカンバイクはスティードが有名ですが、シャドウは外装などをゴージャスにすることで差別化を図っており、シャドウには400ccクラス、750ccクラスが用意されていました。, 2008年にはエンジンが改良されるなどのフルモデルチェンジが加えられた際に、大型のフェンダーを装着したシャドウクラシック、異なるタイヤサイズが準備されたシャドウカスタムの2つのグレードに分かれました。, ドラッグスターは1996年に発売されました。ヤマハのアメリカンバイクとして過去に発売されていた「ビラーゴ」の後継車種です。2017年9月に生産終了されましたが、アメリカンバイクとしては未だに名前があがるほど知名度の高い車種です。400ccアメリカンバイクとしては国内で最後まで販売されていた車種でもありました。, ドラッグスターの走行性能として、やや取り回しがしづらいことが挙げられています、車体が長く作られたため、仕方のない部分があるのかもしれません。また、重量も手伝って、さらに取り回しがしづらいと感じる部分もあるようです。, カワサキ バルカンクラシックは1990年に発売されたアメリカンバイクです。元々は「EN400TWIN」という1985年に発売されたアメリカンバイクが原型だったのですが、名前をバルカンと改められて販売されていました。, 1995年にはフルモデルチェンジされてVN400と型番が変わりました。クラシックとは追加されたモデルの種類の一つで、外装などが変更された他は特に違いはありません。走行性能についてもほとんど違いは出ていないようです。バルカン400は2004年に販売終了しています。, スズキ イントルーダーは1985年の750ccクラスの販売からシリーズが始まりました。その後のシリーズの流れの中で2001年にイントルーダークラシック400が発売されます。, イントルーダークラシックの主なマイナーチェンジとしては、2008年の燃料噴射装置の追加が挙げられます。また、2006年にはタイヤのホイールを付け替えたイントルーダークラシック400キャストホイールというモデルが追加されました。, 400ccクラスのアメリカンバイクを紹介してきました。250ccクラスと比べるとトルクやパワー、ラグジュアリー感がだいぶグレードアップしてくるのが分かると思います。買い求める際には今回紹介したバイク達が、250ccクラスでは満足できない部分をきっと満たしてくれることでしょう。レトロな魅力を放ち続けるすばらしいバイク達をぜひ貴方の手で活躍させ続けてあげてください。. ローマの剣闘士が用いた短剣の名前を与えられたスズキの400ccバイク・グラディウス400。個性的な見た目が特徴的なグラディウス400の性能はどうなのか?一週間通勤で使用してインプレッションをお届けします 日本人のためのアメリカン「ドラッグスター400」試乗 [YAMAHA(ヤマハ バイク)] All About, ホンダからニューファンダメンタルというコンセプトでリリースされた三台のうちの一つである400X。遠出するにもパワーは充分で燃費は抜群。その上、軽快なハンドリングは山道などの走行も楽しく走行することが出来そうです。, 出典: スズキ グラディウス400一週間通勤試乗レポート. 250ccバイクのおすすめ15台&試乗レポート [バイク] All About, 現在の普通自動二輪にあたる免許が、昔は中型免許と呼ばれていたことで、普通自動二輪で運転できるバイクのうち、一般的には126cc以上400cc以下のバイクのことを指す。中型バイクの中でも250ccクラスは、車検がなく比較的扱いやすいため、入門モデルとしてとくに人気がある。, 大型二輪免許が教習所で取得できるようになった為、400ccクラスは以前ほどの人気はありませんが、かつては大型二輪免許は試験場で試験をクリアした者のみが取得することが可能な難易度の高い免許でした。普通二輪免許で乗ることが出来る最大排気量である400ccクラスは人気が高く、当時はとにかく高性能なバイクが求められていた事もあり、各社フラッグシップと言っても過言ではない車両がラインナップされていました。, 251cc以上の排気量のバイクは二年に一回車検を受けなければなりません(※新車購入時は初回のみ三年に一回)。, ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。, ホンダ CB400SF NC42 一週間通勤試乗レポート [HONDA(ホンダ バイク)] All About, スズキ GSR400 一週間通勤試乗レポート [SUZUKI(スズキ バイク)] All About, 変わらないもの・SR400試乗インプレッション [YAMAHA(ヤマハ バイク)] All About, 日本人のためのアメリカン「ドラッグスター400」試乗 [YAMAHA(ヤマハ バイク)] All About, ホンダ 400X 一週間通勤試乗インプレッション [HONDA(ホンダ バイク)] All About, スズキ グラディウス400一週間通勤試乗レポート [SUZUKI(スズキ バイク)] All About, 400ccモデル スクランブラーSixty2 試乗インプレ [バイク] All About. ホンダ 400X 一週間通勤試乗インプレッション [HONDA(ホンダ バイク)] All About, ローマの剣闘士が用いた短剣の名前を与えられたスズキの400ccバイク・グラディウス400。個性的な見た目が特徴的なグラディウスは、エンジンや足回りの設定も個性的。非常にスポーティーさを感じるセッティングになっています。最近のバイクは大人しくてあまり好みではない。という昔からのバイクファンにもオススメできる1台です, 出典: 世の中にはたくさんのバイクが存在します!通勤目的で使われているバイクはたくさんあるが、果たして日本のバイク通勤にはどのバイクが一番通勤に適しているのだろうか?!皆の足を助ける通勤バイク王を勝手に決めちゃいました!!果たして通勤バイク王はどのバイクだっ? 400ccモデル スクランブラーSixty2 試乗インプレ [バイク] All About, リンク: バイクはホンダ CRF250L 一般的に中型バイクとは、126cc以上400cc以下のバイクのこと。なかでも400ccクラスは、普通自動二輪免許で乗れる最大の排気量であることがポイントです。大型免許を取る予定はないけれどパワーのある車両に乗りたい方へ、400ccクラスの中型バイクの試乗レポートをお届けします。 ホンダ CB400SF NC42 一週間通勤試乗レポート [HONDA(ホンダ バイク)] All About, 国内の4メーカーが販売する車両で4気筒エンジンを搭載する400ccバイクはスズキのGSR400とホンダのCB400SFのみ。バイクユーザーの間でも両方の車両を比べて購入を検討する人が多いようです。パワーもあり、フレームの剛性にも優れ、タイヤも太いタイヤを装備しているため、見た目も大型バイクに負けない迫力があります。, 出典: 2016年に和歌山県に移住。 変わらないもの・SR400試乗インプレッション [YAMAHA(ヤマハ バイク)] All About, 加速・減速・ハンドリング、バイクの操作全てにおいて、マイルドに反応するドラッグスター400は長距離のツーリング用途の方には文句なしにおすすめでき、ご年配の方や女性ライダーにもおすすめできる一台です, 出典: ツーリングバイクとして400ccのアメリカンモデルはいかがでしょうか。最近では400ccのアメリカンモデルは見られなくなりましたが、その他の排気量にはない魅力を備えているのは確かです。250ccモデルよりも大きなパワーで爽快に進む感覚は多くの人がやみつきになっていることでしょう。 どのぐらいの距離までならバイク通勤が可能なのか?僕の実体験から検証します。また記事の後半ではバイクで職場に通うメリットやデメリットを紹介。さらに通勤を快適にするための工夫も紹介していき …