今回紹介する教員の強み・自己PRポイントを参考に、自分の経験に当てはめて根拠を伝えましょう。, ・コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力・マルチタスク処理能力・計画性・忍耐力, 生徒や保護者、研修ではいろんな学校の教員同士・同勤している教員など、コミュニケーションが仕事といっても過言ではないのが教員です。, ・相手の話の意図を正確に理解し、自身が伝えたいことを相手に分かりやすい方法で伝える力, 「毎日の授業」はもちろん、」「研究授業や研修での発表」、「職員会議」など人前で話す機会が多い教員はプレゼンテーション能力が高いです。, 写真や動画などを準備し、子どもたちが意欲的に行動する授業作りをしている教員は得にプレゼンテーション能力が高いといえるでしょう。, ・授業で写真や動画をうまくつかい子どもたちに関心を持たせ、意欲的に行動してもらうことができました。, 毎日のように授業を行っているとプレゼンテーション能力が高くなるのが、教員の強み・自己PRポイントです。, 授業、授業準備、生徒指導、部活動、保護者への連絡、行事に関係、校務分掌など数多くの仕事を任されても、冷静に処理することができました。, 民間企業じゃあ有り得ないくらいの仕事を処理している教員の強み・自己PRポイントです。, 日々の時間割、各教科の単元や学期ごとの進行度の調整など計画的に授業や仕事を進めないといけない教員を経験すると計画性が身に付きます。, 目標に向かって必要な行程や予想されるトラブルなどを鑑み計画を立て、着実に実行して、目標を達成すること, 学期ごとの期限、単元ごとの期限、行事の準備など多岐に渡る仕事を計画的にこなしてきました。, 長時間労働、人間関係、、、様々なことに耐えて仕事をこなした忍耐力は教員の強み・自己PRポイントです, 転職エージェントなら自分の強み・自己PRポイントから履歴書まで全て相談に乗ってくれます。, さらには転職エージェントがあなたにあった仕事を紹介してくれるので、忙しい教員にピッタリです。, >>参考:元教員の私が使った転職エージェント・転職サイト厳選3社【短期間で内定2つ獲得】, 客観的に見てもらうことで自分でも気づかない自分の強み・自己PRポイントを見つけましょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, ・常勤講師、非常勤講師を経験した元小学校教員 ・転職後webライター、マーケター、ディレクター ・現在はフリーランス ・実は2019年BBJ出場 ・経験に基づいて発信. 自己PRと言われても、「自己PRとは何なのか?」「何をアピールすればいいのか?」と悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。面接の際の自己PRは、自分のセールスポイントを面接官に理解してもらうために必要不可欠なもの。選考結果を大きく左右する重要な要素です。面接という限られた時間の中で、しっかりとあなたの強みを伝えるために準備を行いましょう。, 企業が人材を採用するのは、企業を成長させるためです。そのため、企業は会社の成長や利益に貢献してくれる可能性がある人を採用したいと考えています。つまり、企業が自己PRを通して知りたいと思っているのは、その人が入社後に活躍してくれる人材かどうかということです。, あなたが入社後に活躍してくれる人材かどうかということは、同時に、同じ会社の仲間として同じ方向を目指して頑張っていけそうか?ということ。これが大きな判断材料になります。自分はどういう考え方を持つタイプの人間なのか、なぜ、そのような考えを持つようになったかなどを、これまでの経験や具体的な出来事を交えながら伝えることが大切です。また「自己PRをしてください」という尋ね方でなく、「あなたという人を教えてください」と言う面接官もいます。その場合、自己PRという言葉を使っていなくても、質問の意図、答えるべき内容は同じです。, 前職での経験や取り組んだことなどと絡めて、自分自身の売りとなる部分をきちんと伝えることは大切ですが、それだけで自己PRを完成させるのは不十分です。これまでの経験を通して何を学んだか、学んだことを志望企業でどのように活かしていくつもりなのかを伝えることが重要です。面接官から見ると、企業で働くことをきちんとイメージできている人に対しては入社への意欲が感じられ、一緒に働く姿が描きやすくなります。, 自分という人を知ってもらうために説明する、自己紹介と自己PR。似て非なるこの二つの違いは何でしょうか?, 自己紹介は、自分自身を簡単に知ってもらうための説明です。必要な情報は、氏名、専門分野、趣味、特技といった内容になります。じっくりと掘り下げて話すというよりは、どんな背景を持った人物なのかをわかりやすく伝えていくのが自己紹介です。, 簡潔に述べる自己紹介に対して、1つのテーマや経験を掘り下げて話をしていくのが自己PRです。氏名、専門分野、趣味、特技などの自己紹介に加えて、経験したことを通じて確立された自分の考え方や強み、そのときの経験で得たものをどう活かして仕事をしていきたいのかなど、この会社に入りたいと思っている強い意志を伝えるものになります。, 自己PRに限らず、面接官の質問に対しては結論から簡潔に述べるのが基本です。「自己PRをしてください」と言われたら、「私の強みは○○です」もしくは「私の長所は○○です」と簡潔に述べてから、「具体的には~」という流れで、経験したことや取り組んできたことの詳細へとつなげていくようにします。, 自己PRを話す際は、結論から始め、根拠となる経験などを伝えていきますが、その際に気をつけたいのは、経験はできるだけ具体的に話すということです。面接官は初対面の人です。あなた自身のことも、あなたがどのような経験をしたかも知りません。独りよがりな話で、「とても苦労した」「でも頑張って成功させた」と強調しても、「何を苦労したのか」「何を頑張ったのか」は具体的に言葉にしない限り、伝わりません。, また、過去の話に終始するのではなく、将来に向けた話も大切です。「私が前職の経験で得た○○は、御社で○○という形で役立てることができると思います」と、未来につなげようと意識していることを伝えましょう。「自分の経験や能力が入社したら役立てられる」という、将来に向けた話をすることが自己PRの大事なポイントになります。, 企業や職種によって、当然のことながら求められる能力も経験も変わってきます。例えば、「私の強みは、見知らぬ人ともすぐに人間関係を構築できることです」という自己PRは、接客業や営業職ならプラスになります。しかし、事務職など内勤の職種では、社内の人間関係を良好に築ける人といった程度で、自分が思っているほどのPRとはならないケースもあります。企業が求めるものを理解しないままアピールをしても、的外れなアピールになってしまいます。, 自己PRは、最後のまとめ方も大切です。自分の経験とそこから学んだこと、得たことなど強みを伝え、そして最後にその強みを活かして入社後どうしたいか、自分の思いを簡潔にまとめ、しっかりと伝えるのです。, また、自己PRを考えるときは、まとめの部分を先に考えると流れがスムーズになります。, 面接で企業側が自己PRを求める際、時間を設定してくることが多くあります。その中で一番多いのが1分間です。, 1分間に話せる文字数は、350~400文字程度と言われています。その中で自己PRの大事な要素を伝えるためには、経験談にあまり重きを置かず、成果とこれからの意欲をしっかり伝えるようにしましょう。, 私の強みは、責任感の強さです。自分の責任を全うし、周囲の人に最大限貢献するにはどうしたら良いのかを常に考えて行動します。前職では店舗スタッフをまとめるリーダーを任されました。自分だけでなくスタッフ全体を視野に入れて仕事をしていく中で、スタッフごとの接客スキルのバラつきに気付きました。そこで、週に1回接客勉強会を実施し、接客の見直しに努めました。さらにスタッフの意欲を喚起するため、チームを振り分けての接客コンテストも行いました。各チーム、接客で定評のある店舗に勉強に行ったり、接客の講習を受けたりして臨み、コンテストはとてもハイレベルになりました。接客スキルが不足していたスタッフも、プライドを持って丁寧な接客を行うようになり、お客様からお褒めの言葉をいただくことも増えました。御社でも自分の与えられた役割に責任を持ち、最大限の成果に結びつくよう行動したいと考えています。, 3分という時間は短いようで長く、長いようで短いものです。面接がうまくいっているときは短く感じ、逆に緊張して思ったとおりに話せないと長く感じます。, ですが、3分あれば、1000文字程度は話すことができます。400字詰めの原稿用紙2枚以上の情報を伝えられるのです。これだけの情報を話すには、しゃべりのプロのアナウンサーや、アドリブが得意な俳優でも難しいものがあります。そのため、事前に話したい内容をまとめておくことをおすすめします。, 文章にまとめたら、ストップウォッチなどで時間を計りながら、話す練習をしましょう。その際に気をつけるのは、ハッキリとした声で結論部分はゆっくりと話すことです。時間内に話せることが確認できたら、今度は文章を見ないで話してみる。丸暗記した文章を一語一句思い出しながら話すのではなく、話のポイント、結論が話せていれば大丈夫です。面接前にしっかり練習しておけば、本番も自信をもって臨めます。, 面接では前述した1分、3分などの時間指定の他、「短く」や「簡潔に」と言われるケースもあります。その場合はおおむね1分以内でまとめましょう。自己PRは何分間という決まりはないので、どんなケースにも対応できるように、何パターンか考えておくことをおすすめします。, これといった特技もないし、人にアピールできるようなことなんてない……と不安になる方もいるかもしれません。, 「自己PRできるようなことが何もない」という人がいますが、決してそんなことはありません。前職はもちろん、これまでの経験(学生時代、アルバイト、部活動など)の中で、何かを得た経験、自分の考え方に影響を与えた経験は必ずあるはずです。, 自己PRは、自慢話をするのではなく、「あなた」という人を知ってもらうための機会です。隣の誰かと比較するのではなく、自分の良さをきちんと伝えていきましょう。, 新卒の学生が就職活動をする際に最初に行うのが、自己分析です。「自分はどんな性格なのか」「どんなことに興味があるのか」など、自分を客観的に見つめ直すことで、良いところ、悪いところを自分自身で理解するのです。転職の際にも、改めて自分自身を客観的に見直し、自分という人間を再認識することで、転職への思いや目指す方向がクリアになります。, 転職の場合は、前職の経験は大きな自己PRの要素になります。また、前職に限らず社会人として経験してきたこと、仕事以外の趣味で得た経験や趣味を通じて知り合った人脈、その他、学生時代の経験などもPR要素です。, 自分自身のアピールポイントをより理解するために、これまでの人生を整理してみることも大切です。履歴書や経歴書を書く前に、自分が経験してきたことを紙に書き出し、そのときに感じたことや思ったことなども書いていくことで、これまでの経歴や経験を可視化するのです。それによって、自分自身の特長や仕事に対する考え方、目指していく方向が自然と見えてきます。, どんなに素晴らしい自己PRを準備しても、志望企業に合っていなければ意味がありません。企業が求めるものを理解しないまま自己PRをしても、的外れな自己PRになってしまいます。企業の求めている能力や経験を把握したうえで、自己PRするようにしましょう。, そのためには、希望する企業をしっかり研究して、そこで自分の経験や能力がどう活かせるかを考えて準備することが大切です。, 自己PRしたい内容が見つかっても、どのように表現することで強みを伝えられるかわからない方もいるでしょう。ここでは、自己PRを例文でご紹介します。例文を参考に、あなた独自の自己PRを作成してみてください。, 「私の強みは、集中力があることです。私は子どもの頃から将棋が好きで、将棋教室に通っていました。教室には練習相手がいましたが、自宅にはいません。そこで私は、イメージトレーニングをすることにしました。実際に人と向き合って駒を動かさないと練習にならないと思っていましたが、イメージトレーニングをすることで、次の日から打ち方が変わることを実感しました。それからは毎日1時間トレーニングを重ね、その結果、高校のときには県大会で1位となり、全国大会に出場できました。一人でじっくりとトレーニングをする中で、身についた集中力を活かして、御社でも仕事を進めていきたいと思います。」, 「私の長所は人とのつながりを大切にして仕事ができるところです。前職では、プロジェクトリーダーとして進行管理を担当していましたが、メンバーそれぞれの業務における得意分野、仕事の進め方の特長などを把握し、円滑に業務が進むように業務の割り振りを行ってきました。業務の進捗が滞りそうになったり、トラブルが発生しそうになったりした際にはメンバーの意見に耳を傾け、コミュニケーションを図りながら課題の解決、目標の達成に努めました。この仕事の進め方は、幼少期にりんご農家の祖父の手伝いをしていた経験が役に立っています。収穫時期に手伝いに来てくれた近所の人たちと一緒に作業を行うことで、相手の立場や状況を理解し、協力しあう考え方を学びました。今後は、御社のチームの一員として皆さんと協力し合いながら仕事を行い、事業の成長に貢献したいと考えております。」, 「前職では営業として、少々厳しいなという状況でも簡単には諦めず、打開策はないか?と粘り強く検討し、お客様の要望を極力かなえられるよう努力してきました。ある時お客さまから通常の3倍の発注をいただいたことがありました。納期にもあまり余裕がなく、自社の通常の生産計画では、対応は難しいというのが当初の判断でした。しかし、お客様へすぐにお断りするのではなく、社内の生産計画や在庫の確認を行い、各部門の担当者に相談しながら具体的、かつ実現性のある製造ラインや生産計画の見直しを社内へ提案。当初、既存の計画変更に難色を示す部署もありましたが、具体的にメリットを伝えることで協力を得ることができ、お客様のご要望に応えるだけでなく、自社の生産ラインの効率化、生産性を上げることにも成功しました。御社に入社できた暁には、御社とお客様の双方にメリットをもたらせるよう積極的にアクションし、誠意ある対応を続ける営業を目指します。」, その他にも、「何事も慎重に判断する」「計画性がある」など、アピールできるポイントは人それぞれです。自分に合ったPRポイントを見つけ、志望企業へ自身の魅力を最大限に伝えましょう。, どんなにしっかり準備をしていても、緊張してしまうことはあります。一瞬頭が真っ白になってしまっても、事前にしっかりと自分を振り返ったうえで、何を伝えたいのか整理し、練習を重ねていけば、いざという時にも言葉は出てきます。, 自己PRは、自分自身の強みを相手に伝えることです。ある商品を売り出す際、広告にキャッチフレーズをつけたり、商品の特長を簡潔にまとめた文章を作ったりします。自己PRはそれと同じです。「自分」という商品の特長を端的にまとめ、家族や友人などに聞いてもらいながら練習をして、本番の面接では志望企業にしっかりと自分自身の魅力を伝えられるようにしましょう。, 見知った人だと恥ずかしい。もしくは、その反応やアドバイスは本当に正解なの?と不安がある場合はぜひ、キャリアアドバイザーに相談してみてください。転職のプロの視点から、あなたの練習にお付き合いします。また、多くの転職者をサポートしている豊富な経験を活かし、面接官や第三者から見たあなたの良さ、強みをアドバイスすることも可能です。, ※ご来社いただいた方全員にプレゼントいたします。(求人がご紹介できない場合は、ご来社いただけない場合がございますことをご了承ください), パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。, 転職者にとってベストな選択になるような観点で、情報提供やサポートを頂いた。話しやすい雰囲気で、なんでも相談することができ、懸念等を解決できた。, 転職するならパソナの正社員転職サイト、パソナキャリア。非公開求人や転職ノウハウなど転職に関する情報・サービスを無料で提供します。.