看護師や看護助手に指導する形になります →入所中の基本的な医療は老健で担うことになっている 長くなりましたが、現在の状況で何か打つ手はないでしょうか?  そうすると,月額11万~17万になります。多床室ではなく,個室となると20万では足りないでしょう。 各都道府県介護保険主管部(局)長 殿 もちろん、加算が取れた方が良いですし、リピーターがいればベッドが大幅に空くようなことも少なくなりますから、経営的には良いと思いますが、それで本当に良いんでしょうか? もう一つの方法として、複数の老人保健施設をぐるぐるまわってもらう。3つくらい頼んでおいて、一つ退所したら次。とういう方法です。 きっと他にも事務的なことや環境のこと等ポイントがあると思うので、専門的な知識をお持ちの方や実際に身近な人が長期療養型病院に入院されている方などからお話をお伺いできればと思います。 本来ならば年金から費用をねん出することが可能なのですが、我が家では非常に厳しい状態です。 以前からいる特養待ちの人はそのままで、特養に申し込んでいるのに無理に家に帰らされる人もいるっていう現状もおかしい気がします。 老人保健施設の目的は、あくまで在宅復帰をめざすなので、...続きを読む, 新規で入所して、3か月後に家に帰らされ、また3か月後に再入所してもらうっていう流れは、在宅復帰をしているとはいえないですよね…。 連れて行くのはいいですが、もう一度5時間ほどかけて戻すなんてできっこない話でした。 平成12年3月31日 母には離れて暮らす兄弟が1人おりますが、リストラされたばかりでお金がありません。 ・保険請求 よくあるのは、診断だけしてもらって薬は老建で出しますってのが普通のやり方になっていると思います。 しかし、1週間経たないうちに、状態が悪くなり再入院しました。 わらをもすがる思いで入所を申し入れたところ、待機の1番だと言われほっとしたのもつかの間 参考URL:http://www.roken.or.jp/, 介護老人保健施設(通称老健)の入所は特別養護老人ホームよりは早く入れますが、すぐに入るというのは難しいというのが現状です。また入所者を決める基準や条件が各施設でまちまちなので、はっきりしたことを申し上げることは出来ません。以下、自分の経験を記しますので参考にしてください。 何はともあれ、下記URLにリストが出ていますので、急いでいる場合は都合の良い施設に何件か電話をしてみて複数の施設に申し込まれるように勧めます。 療養型病院で脳神経外科があるところは無いです 変形性膝関節症になりヒアルロン酸注射を2週に一度打つ状況になり、そろそろ介護も限界だということで特別擁護老人ホームを 私はそれを聞いて最初は嬉しかったけど、だんだん不安になってきました。 あき待ちの同じような境遇の方にお聞きしたいのですが、 うちも必死ですが、行き場をなくした老人を放棄するわけにはいきませんからケアマネさんも必死です。  あくまでも「契約」ですので,病院によって,食事療養費や居住費が異なります。 お義母さまの負担が重過ぎるので施設への入所を急ぎたいとお願いしてみてはいかがでしょう。 ケアマネさんに事情をアピールして、ほかの道を探ってみることはできませんか? 長文駄文すみません。 色々なサイトを見て勉強してはいるものの・・いまいちポイントがつかめていません。 利用者に対して必要な医療も行うことになっていますので、老健に入所していると「老健でやってもらってください。」という検査や処方、処置項目がたくさんあります。そして、介護保険と医療保険では介護保険が優先されるため、老健に入所中の場合は病院で思うような医療が受けられないことになってしまうのです。, 正しくは、受けられるけど老健でできる検査や処置などを病院で行った場合は医療保険が適用されませんので全額自費になります。なので、入院になったら一度退所をして、思う存分検査やそれに伴う治療を受けてくださいというという意味を込めて、施設の方も退所するように言ったのだと思います。, また、検査入院のみですぐに老健に戻れる予定であれば、部屋はそのまま取り置きしてくれる施設が多いです。こちらも施設により違いがありますが、おおよそ1週間くらいは部屋をそのままにしてくれている場合が多いです。ただし、緊急で入所(短期入所含む)する方がいたり、待機者が多い時期、または入院期間が曖昧な場合はこの限りではありません。, その他にも、老健から3ヶ月病院に入院して、退院後も老健に戻りたいといった場合があると思いますが、この場合は、再入所ということで、出来る限り優先的に部屋が空きしだい案内をしてくれる施設が多いです。退院の話がでたら、病院のメディカルソーシャルワーカーと老健の相談員に、退院日の目安と老健に再入所したいことを伝えましょう。, ※施設の運営方法や運営方針には違いがありますので、入院したときのことをあらかじめ聞いておくことをおすすめします。. そんなに早く終了すると悲しいです( ; ; ). ただ、大阪の特養で相談したところ、1年の待機で入所可能だろうといわれましたが ゼロ(や非常勤)のところもあるが   (2)国民健康保険被保険者証 よろしくお願いします。, うちは母がアルツハイマー型の認知症で要介護4で、父が自宅で介護していたものの苦しくなり 「退院時期は未定です。」という事だったので「ベッドを埋めても良いですか」と聞き、「良いです」という返事をもらいました。 長期入所の場合、現在は長くて、続けて一年半くらい。(施設ごとに違います。)それは家族背景とかいろいろ、カンファレンスして判定会で必要性を認められればの場合です、家族 ケアマネの希望のみではありません。とにかくずっとおいてほしい希望が多いからです。 今日、とんでもない苦情に合いました。 この様なケースで入所期間の延長をする事が可能なのでしょうか、また延長出来るとすれば、どのくらい延長可能なのか教えていただきませんか? ・介護保険改訂の対応 「介護老人保健施設入所者に係る往診及び通院(対診)について」(平成12年3月31日老企第59号) 厚生省老人保健福祉局企画課長 無いも同然であり、実際のリハは集団で行うか 世間のイメージとはそういうものなのでしょうか?. 結局うちは9時間かけて母を東京の特養に連れてくることができましたから ある程度上の方が言ったのであれば、これは支援相談員側との連携不足が問題になってきますから 早く申し込めば順番が回ってくるというたぐいのものではありません。 しかし家には、認知症の祖父がいます(要介護3)。 施設によっては事前に本人を連れてきて面接をするというところもあります。とにかく各施設で対応がまちまちなのが現状です。 父が老健に入所しています。先日尿が出なくなり、医師に相談したところ原因がわからないので専門医を受診し、検査入院するように言われました。そのことを職員さんに伝えると、施設を退所するようにいわれました。これはなぜなのでしょうか。 a. 母親84歳、車いす生活。日常介助必要状態。老人介護施設入所で、眼科受診(白内障手術)診察を受けようとすると、入所施設が費用を負担するので、入所施設側から診察を止められました。一度、退所するようにいわれましたが、自宅もでは、トイレや構造的に受け入れられません。介護保険を受けていると、医療保険が受けられないからとありました。 でも、本を買っても厚生労働省の通知を調べてもどん もう少しお金をたして、有料の介護付き老人ホームとかなら常に次の施設を探さなくてもいいので、老人保健施設と自宅と何回か行ったりきたりして、最終的にそちらに移られる利用者も過去いました。, 質問者さんと同じ立場の、家族の方はすごく多いです。 ありがたいです。 2010/8/7 15:07. 介護の職員の手も足りず、設備は明るかったもののそこは死を待つだけの場所でした。 療養型病院における理学療法士・作業療法士の人数は それは理想だという人がいます。でも、私が言いたいのは、こういう流れが当たり前になっていくことへの危惧です。リハビリの意味もなくなって、ただ施設が加算をとるためだけに施設を行ったり来たり…。相手は高齢ですから、どんどん体力も低下して、弱っていき、もしくは認知症が進行して、入院したら今度はもう帰る場所がなくなって、病院からは追い出され…。結局本人のためにもならなければ、家族の負担も増えます。もし最初に書いた考え方をただの理想というなら、ここであえてこう言いたい。最初から長期入所させておけばこんなことにならない…と。 東京や愛知県は厳しくて、3ヶ月ごとに別の施設に移ることの繰り返しを余儀なくされますが    今回は本当に有り難うございました。, ご回答有り難うございます。薬はメネシット100です。 のんびり待って...続きを読む, こんにちは。 介護老人保健施設入所者に係る往診及び通院(対診)について あとは もともとの考え方は老建には医師が配置されているので可能な範囲の治療はその医師がするべきであること。(いわゆるマルメ) >急性期病院でしたら、後期高齢者医療制度で月44400円で入院が出来るのです。   居住費      @500円×30日   =15,000円(1日320円というところが多いようです。)  もし,12万で済んだとしましょう。初めに「20万」と聞いていれば,「安く済んだなぁ。」と思うでしょう。逆に最初に「10万」と聞いていれば,「高いじゃないか!」と思うことでしょう。なので,医療ソーシャルワーカーは,最高額を示す傾向があります。 離婚して父はおりません。 検討し始めました。 とにかくケアマネさんの情報網を活用するのが一番です。 ◆入所サービス : ⓪ 高齢者施設における新型コロナウイルス感染症発生に備えた対応等について(介護保険最新情報vol.853), ④介護老人保健施設における新型コロナウイルス感染症 対応ガイド(日本老年医学会と共同製作), ・介護老人保健施設等における感染拡大防止のための留意点について(介護保険最新情報Vol.828), ・医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(第2版改訂版 (ver.2.1)), ◆通所リハビリテーション:① 通所・短期入所等のサービスにおける感染防止に向けた対応について, ◆訪問リハビリテーション: 居宅を訪問して行うサービスにおける 感染防止に向けた対応について, New!・介護現場における感染対策の手引き(第1版)等について(介護保険最新情報vol.878), ・高齢者施設等におけるオンラインでの面会の実施について(介護保険最新情報vol.834), ・高齢者施設における新型コロナウイルス感染者発生時の検査体制について(介護保険最新情報vol.866), ・「新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて」(厚生労働省のまとめページ), ◎施設類型について・・・ Q&A通知:介護保険最新情報vol.796vol.816, ◎リハビリ会議について・・・  Q&A通知:介護保険最新情報vol.818(問5)vol.454 (抜粋)(問82)vol.773(問9)vol.809(問4), ◎訪問リハビリにおける訪問診療について・・・  Q&A通知:介護保険最新情報vol.822, ◎会員施設からよくある問い合わせについて・・・ FAXニュースvol.41 全老健版Q&A, ◎報酬請求について・・・ 通知:新型コロナウイルス感染症対応に係る介護報酬等の請求(9月提出分及び10月提出分)の取扱いについて(依頼), ・行政によるマスク配布スキーム(通知:介護保険情報vol.785vol.789vol.794 vol.850), ・介護施設等への布製マスク配布希望の申出について(介護保険最新情報vol.863), (通知:新型コロナウイルスに関連した感染症の発生に伴う手指消毒用エタノールの優先供給について), ・地域医療介護総合確保基金追加メニュー(介護施設等における感染拡大防止対策に係る支援), ・介護従事者等に対する慰労金【第二次補正予算案】(感染者が発生した施設等の従事者に20万円、それ以外の施設等の従事者に5万円) FAXニュースvol.47, 様式は厚生労働省ホームページから 「介護サービス事業所・施設等における感染症対策支援事業等及び職員に対する慰労金の支給事業」について, ・介護サービスのかかり増し経費支援事業 (感染者が発生した施設等や応援職員派遣を行った施設等にかかった経費を支援), ・介護老人福祉施設(特養)のためのそうだったのか!感染対策①(外からウイルスをもちこまないために), ・介護老人福祉施設(特養)のためのそうだったのか!感染対策②(施設の中でウイルスを広めないために1), ・介護老人福祉施設(特養)のためのそうだったのか!感染対策②(施設の中でウイルスを広めないために2), ・(東京都作成:基礎知識2)標準予防策、日常業務における注意点、「3つの密」を避ける工夫, ・(東京都作成:実践編1)消毒液、個人防護具(マスク、手袋、ガウン等)の正しい使い方, ・(東京都作成:実践編2)施設内で感染が疑われる方が発生した際の衛生管理や食事、排せつ介助の注意点等, ・「介護事業所等向けの新型コロナウイルス対策等まとめページ」(厚生労働省のまとめサイト), ・介護現場における新型コロナウイルス感染者の対応について(要望)(全老健第2-14号), ・新型コロナウイルス対応に関する、利用者・ご家族向け注意喚起資料(日本老年医学会と共同製作), 高齢者施設における新型コロナウイルス感染症発生に備えた対応等について(介護保険最新情報vol.853), 介護老人保健施設における新型コロナウイルス感染症 対応ガイド(日本老年医学会と共同製作), 介護老人保健施設等における感染拡大防止のための留意点について(介護保険最新情報Vol.828), 医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(第2版改訂版 (ver.2.1)), 介護現場における感染対策の手引き(第1版)等について(介護保険最新情報vol.878), 高齢者施設等におけるオンラインでの面会の実施について(介護保険最新情報vol.834), 高齢者施設における新型コロナウイルス感染者発生時の検査体制について(介護保険最新情報vol.866), 「新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて」(厚生労働省のまとめページ), 新型コロナウイルス感染症対応に係る介護報酬等の請求(9月提出分及び10月提出分)の取扱いについて(依頼), 新型コロナウイルスに関連した感染症の発生に伴う手指消毒用エタノールの優先供給について, 介護従事者等に対する慰労金【第二次補正予算案】(感染者が発生した施設等の従事者に20万円、それ以外の施設等の従事者に5万円), 「介護サービス事業所・施設等における感染症対策支援事業等及び職員に対する慰労金の支給事業」について, 介護サービスのかかり増し経費支援事業 (感染者が発生した施設等や応援職員派遣を行った施設等にかかった経費を支援), 介護老人福祉施設(特養)のためのそうだったのか!感染対策①(外からウイルスをもちこまないために), 介護老人福祉施設(特養)のためのそうだったのか!感染対策②(施設の中でウイルスを広めないために1), 介護老人福祉施設(特養)のためのそうだったのか!感染対策②(施設の中でウイルスを広めないために2), (東京都作成:基礎知識2)標準予防策、日常業務における注意点、「3つの密」を避ける工夫, (東京都作成:実践編1)消毒液、個人防護具(マスク、手袋、ガウン等)の正しい使い方, (東京都作成:実践編2)施設内で感染が疑われる方が発生した際の衛生管理や食事、排せつ介助の注意点等, 「介護事業所等向けの新型コロナウイルス対策等まとめページ」(厚生労働省のまとめサイト), 介護現場における新型コロナウイルス感染者の対応について(要望)(全老健第2-14号), 新型コロナウイルス対応に関する、利用者・ご家族向け注意喚起資料(日本老年医学会と共同製作).