白い革靴を手入れするのに靴クリームの白やミンクオイルで手入れをしてきたのですが、さすがに8年も履き続けると黄ばみがひどくなります。, 夏だけのシーズン履きとはいえ8回もシーズンを超えるとソールもそこそこ削れて独特のパラゴムソールも硬化してきてます。, ※右は新品のゴム底、左は履き続けたソール。(写真のホワイトバランス悪くて本来の白に見えないが太陽光の下では新品が真っ白で古い方は黄色い感じ), 靴クリームでの手入れでは革全体の黄ばみも取りにくいのでダメ元で思い切って水洗いに挑戦してみた。, パラブーツはもともとフランス海軍の正規デッキシューズだし、革の材質も海水や水に強い特殊な素材です。実際自分も国内外問わず海や雨の日をメインに履き続けていたけどとても頑丈で色の変化も少ない革素材のバース。, 靴用ではないけど子どもたちの泥汚れしたスニーカーやズック靴を水洗いするのに重宝していると妻から聞く。, こうやって履きこんだバースを見ると脚の外側の関節部分なんかの塗装?染料が剥がれている。こういうところは白くならないけど黄ばんだ泥汚れ部分は綺麗に洗い流せる。, ズックリンのような固形石鹸みたいで靴洗いの時は石鹸を直接靴にこすりつけるように泡立てる。, パラブーツのデッキシューズは裸足で履き続けても臭くならないこの世で最も珍しい靴です。, 白い染料が剥がれた部分以外はなんとなく白くなった感じ。(デジカメのホワイトバランスがマッチしてないので黄色く見えますが、、), この乾いた革にミンクオイルをなじませて革に栄養与えれば新品時のような潤いと白さを復活させることが出来ます。, 一応白い革靴クリームも使いましたが、この洗いたてのしろさと大きな変化はなかったです。, 靴紐はさすがにスエード部分が年季はいった色になってるけど白革部分はネイビーの紐の白とくらべても悪くない白さに復活。, ビームスで購入したけど店員さんもこの7年もの見て白さに感動してたくらいなんでかなり白いはず。, ドル円レートで23000円~27000円程度で値動きするパラブーツのバースですが、夏用のデッキシューズと割りきって履けば5年どころか8年でも10年でも持ちそうです。, サイズ選びはネットではわかりにくいですが普段26cmか26.5cmのスニーカーを買う自分の場合サイズ7(25cm)を着用してます。, わかりやすく言うと、コンバースのオールスターなら26.5cmを履いてつま先を1cm~1.5cm余らせる。横幅が狭いコンバースのサイド面で密着感を維持して足先は通気性確保で履く感じ。, なので実際の脚のサイズは25.5cmなんだけど、裸足で臭くならないように通気性考えた選び方をするとパラブーツ以外は26や26.5を選ぶことが多い。, スリップオンで近所のコンビニまで行くときも下手なサンダルより履きやすいし何より馴染んだ時の履き心地はパラブーツならではの爽快感。. 高いシューケア用品を買うよりも安くきれいに維持をして、 ではさっそく磨いていきましょう!!, ピカーーン!!めちゃめちゃきれいに汚れが落ちるではないか!! 靴の全体を濡らしたら、靴を洗います。 実は、お酢を使うと黄ばみが綺麗になるんです。 散歩していたら、「靴丸洗いします」と張り紙がされたお店を見つけた。なんと、革靴もいけるようだ。 値段が安かったら試してみようかな、とお店をのぞいてみた所、めちゃくちゃ安い上に足の悩み相談なんかも聞いてくれるような、気のよさそうな店主が登場。 シャンプーは、普段髪を洗っているものでOK。 革靴を洗う前に確認したいことや、普段のお手入れについても詳しく紹介しています。, 起毛革は、毛羽だった繊維の間に汚れがたまりやすいです。その溜まった汚れは、ブラッシングで綺麗にできます。 泡を拭き取る 靴の素材が布か、革か、そして長靴のようにビニールやゴム製のものか、で分けて解説していきます♪, そんなに難しくないので、ご安心を。 ブラッシングの方法をご紹介しましょう…といいたいところですが、ブラッシングするだけなので、おすすめのブラシを紹介しておきますね。, ゴムブラシは、ゴムがスエードの繊維の奥の汚れも吸着して綺麗にしてくれます。 ソールの汚れなんて落ちるわけない…と諦めてしまっている方も多いのでは?, おすすめなのは、消しゴムを使う方法。 革靴の洗い方. 中古で白い(アイボリー?)革の鞄を購入しました。お店で見たときも汚れているので気にはなっていたのですが、デザインがとても気にいったので買ってしまいました。が、やっぱり汚れが気になります。ペンで落書きとかそういう致命的な汚 知ってるけど靴を洗濯機に入れるなんて嫌だし…というあなた。ポイントを押さえれば、洗濯機が壊れたり汚れたりする心配はないんです。 シャンプーをスポンジで取り除く とても気に入ってるので、毎日身に着けています。... チプカシの中でも一番安くてかっこいいのが欲しいな、、といろいろ調べました。 革靴は下着や t シャツのように洗濯機で洗えるわけではなく、たくさんの道具とステップを踏んで洗わなくてはいけません。 しかし、水洗いをすると臭いやカビが取れて、次に履くときは新品の靴を履き下ろすような気分になります。 そんなおすすめのチプカシから選びぬいた私の大事なカシオはこれ オイル系はなくてもおっけー。 ほら革靴ってオイルケアするじゃん?? 白の革スニーカーはとてもかわいいのですが、すぐ汚れが目立ちますよね。 データバンク アプリでらくらくミツモり依頼!写真&アイテム説明を送るだけで職人さんと修理の相談ができる! 好みのチープカシオを手に入れたい。 革靴の水洗いの様子は次回紹介します! というわけで予想外の大量の埃のせいで、洗濯する前の下準備に結構時間がかかっちゃったので、石鹸をつかってバシャバシャ洗うお洗濯の様子は後編でご紹介した … ちょっと手間はかかってしまいますが、お気に入りのスエード靴を水洗いしてさっぱりキレイにできるなら、やってみたいですね♪, 長靴を洗いたい!となることはあまりないかもしれませんが、履いていると汗をかきますよね。 暑い夏でも革靴で仕事してるまあくんです。暑い夏でもお仕事の時は革靴を履かなくちゃいけません!夏に革製品を着るひとなんていませんが、ビジネスパーソンの靴は年中革靴なんですよね。汗もかくし蒸れることだってあるので「清潔で気持ち良く過ごしたい」と思ってビジネス用の革靴を自分でお洗濯してみたので今回はその様子をご紹介!, こちらが私の使ってるビジネスシューズのひとつ。ホーキンズのプレミアムクールです。 いわゆる定番のブラックシューズで、イタリア製とかみたいにデザイン性は高くありませんが、軽くて底のクッションがあって気軽に履けるので重宝してます。, 恥ずかしながら毎日磨いているわけではないので、靴の表面には埃がついたりして革の光沢感はほぼなくなってます。それどころか白く曇った感じになってますね。 出張も多いので砂埃とかつきやすいのかも知れません。, ちなみにこの靴はプレミアムクールといって足底から通気して夏でも靴の中が爽やかに保たれるっていう快適機能搭載なんです。履いて歩くと通気してるのが感じられるくらい涼しいんですよ。真夏でも自転車通勤の私にはとっても頼もしい機能です。 そんな機能があるとはいえ、夏は結構汗をかくのできっと底のメッシュや側面の革のところは汗がついてるんだろうな~。ちなみに去年ひと夏はいて今年に至る靴なんです。きっと2年分の汗がついてるに違いありません。, こちらが裏側。大胆なくらい大きな通気口が見えてますね。この穴のおかげで空気がとおって涼しくなるわけです。もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、最大の弱点は雨。水たまりとかに踏み入ろうものならあっという間に靴の中がびしょびしょになっちゃいます(笑)。, 恒例の洗濯前の靴の状態確認です。 全体的に目立った汚れはありませんが、ちょっと埃っぽくなってて、底のソールと革のつなぎ目あたりに埃がたまってます。つま先には小さな傷がありますね。, サイドも革の艶はどこにいったのって感じで、汗シミこそありませんがきっとたくさんの汗を吸っているはずです。 よ~し!すっきり気持ちよく使うためにお洗濯をするぞ~!, というわけで、革靴の洗濯の下準備開始です! まずは靴底の下敷きを外します。このタイプの下敷きは入れてあるだけなのか、簡単にめくれました。, 下敷きを取り出してびっくり!つま先の部分にこんなに埃がたまってました。思わず笑っちゃうくらいのたまりっぷりに驚かされましたが、ほかの靴ではこんなことなかったので、靴底から通気している靴ならではの現象かもしれませんね。念のためにいっときますが、決して私の靴下が埃っぽいわけじゃないですよ(笑)。, 埃の量とつま先だけに固まってついてる状態にびっくりはしましたが、普通の埃のようなので指でつまんで取り除きました。いや~ほんとになんでこんなことになったんだろ~(汗)。, 裏側もみてみると、たくさんの埃で目詰まりしちゃってます。これじゃ通気の効果も半減しちゃいますね。, 埃は小さい穴にたまってたので、ブラシで丁寧にかき出すように掃除してみました。ところがある程度はとれるものの、すっきりきれいにはなりません。仕方ないのでひとつづつ指でつまんで取り除きました。, 続いて靴の中を見てみるとこっちもすごいことになってます! 通気用のネットの上に埃がたまりまくりです! まあ地面と直接触れる面に穴があいてるので埃やごみを吸い込みやすいのかも知れませんね。それにしてもこの靴を購入した方達はみんなこんな状態なんでしょうか? まさか私だけなんてことは・・・, 普通の革靴ではありえないことが次々に起こるのでちょっと動揺するとともに、「こんなのブログで紹介していいのかな?」とやや不安になってきてますが、とにもかくにも丁寧に指でつまんで取り除きました。 こちらは金網みたいなのに埃が引っ掛かるみたいで、ブラシはほとんど効果がないのでとにかく指でとりました。, 指を突っ込んでみたりブラシを使ってみたりといろいろやってみましたが、靴の奥の方は指が届かないので埃をとることができません。。。もどかしい限りですが、このまま次の工程に進みます。, というわけで完璧ではありませんが、こちらが埃を取り除いた状態です。まだ埃っていうか汚れが残ってますが、洗濯できれいにしていきたいと思います。, 気付くと取り除いた埃がこんなにたまってました!いままでこんな埃が入ってる靴を履いてたんだと思うとちょっと恥ずかしくなるっていうか、清潔にいつも掃除しないとだめだなと思うのでした。油断大敵、革靴の中の埃ですね。, というわけで予想外の大量の埃のせいで、洗濯する前の下準備に結構時間がかかっちゃったので、石鹸をつかってバシャバシャ洗うお洗濯の様子は後編でご紹介したいと思います。, ※最近ブログが長文になりがちなのでちょっとメリハリをつけて少しでも読みやすくしていきたいと思いま~す。, 毎日の暮らしをちょっぴり楽しくしてくれそうな新しいことをみつけてはワクワクしながらチャレンジしてます。ブログも自分も少しづず成長できたらいいな~(@^^)/.