標準治療(手術、放射線、化学療法)を批判する意見は多く、書籍も多く出版されています。 特に問題視されることが多いのが、抗がん剤などの薬物を使う「化学療法」です。 ... 2019年6月1日より、がんゲノム医療に関する「がん遺伝子パネル検査」が保険適応となりました。 テレビのニュースなどでは「がんゲノム医療が保険適応に」などとテロ ... 日本で最初に免疫チェックポイント阻害剤が使われたのは「2014年7月にメラノーマで承認されたオプジーボ(ニボルマブ)。 それ以来、様々な免疫チェックポイント阻害 ... 近年、話題になっている「がんゲノム医療」とは何か、というテーマの記事です。 専門用語、難解な言葉が登場しやすく「いまいち、理解できない」という人が多いので、でき ... 「がん患者さんに正しい選択を伝えること」をミッションに活動している、がん治療専門アドバイザーです。, 誰とも利害関係なく、中立的な立場で、これまで4,300名の患者さんをサポートしてきました。, 誰が味方で、誰が敵なのか分からないので、私はたったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。, 私の武器は【事実と正しい知識】だけです。それだけを軸に、がん患者さんやそのご家族を支援しています。, 選択を誤らず、無駄なことは一切せず、無駄なお金も使わず、最短距離でがんを克服する道を歩む。, そうやってがんを治すためには「何をどうしたら、どうなるのか」という事実を ”事前に” 知ること。, 私は多くの身内をがんで亡くした経験を経て、2008年から「素人の支援ではなく、仕事として」がん患者さんのサポートをしてきました。, ありがたいことに、たくさんの喜びや感謝の言葉を頂いてきましたので、その一部をこちらに掲載しています。, 私のノウハウの一部は無料で提供しています。ガイドブックとメール講座に関する詳細はこちら, プロフィールの続きは少し長くなるのでこちらに掲載しています。 ⇒ プロフィールの詳細はこちら. 脳みそは頭蓋骨に囲まれたスペースに存在しています。ガンが大きくなっても、外の殻が骨であるため、外側に膨らむことができません。 そのため、腫瘍が大きくなればなるほど、頭ガイ骨の中の圧力が上がります。いわゆる脳圧が高いという状態です。 脳圧が高くなる原因には、腫瘍のサイズが大きくなるだけでなく、腫瘍周囲の浮腫、不十分な脳脊髄液の吸収があります。 脳圧が高くなると、頭痛や嘔吐が生じます。頭痛は硬膜や脳血管にある痛みの受容体が刺激されて痛みを生じます。 脳の圧力が高く … 標準治療(手術、放射線、化学療法)を批判する意見は多く、書籍も多く出版されています。 特に問題視されることが多いのが、抗がん剤などの薬物を使う「化学療法」です。 書籍の中には、「99%の医者は抗がん剤を使わない」という内容のものがあります。これを執筆しているのは医師です。 その他にも「薬剤師は抗がん剤を使わない」という書籍もあります。 これも現役の薬剤師が書いています。 このような意見に対して、反発する医師も多く、 医者は自分にどんな「がん治療」をとる? 99%が抗がん剤を使わず #ldnews http ... 2019年6月1日より、がんゲノム医療に関する「がん遺伝子パネル検査」が保険適応となりました。 テレビのニュースなどでは「がんゲノム医療が保険適応に」などとテロップで流れることもあり、ゲノム医療全体が保険適応になるかのような印象を受ける人もいるかもしれません。 しかし保険適応となるのは「検査」についてのみ。 なおかつ保険が適応となるための条件もあります。そして検査を受けて何らかの遺伝子変異が見つかったとしても、そこから「治療」に入るためには、いくつかの難問があります。 この記事では、がんゲノム医療やパネル ... がん全般に関するツイートを忘備録として格納しています。 ※新しいニュースのほうが上。 ゲノム医療の体制などについてポイントがまとめられた良い記事。 がん遺伝子パネル検査等、保険診療上の留意事項を整理―厚労省 https://t.co/WMgzt0NpG9 — 本村ユウジ@がん治療専門 (@motomurayuji) 2019年6月4日 光免疫療法、第三相スタートのニュース。 米国での再発頭頸部扁平上皮がんに対する第2相試験で、奏効率28%(28人中8人)、完全奏効率14%(28人中4人)という ... 近年、話題になっている「がんゲノム医療」とは何か、というテーマの記事です。 専門用語、難解な言葉が登場しやすく「いまいち、理解できない」という人が多いので、できるだけ分かりやすく解説したいと思います。 ゲノムとゲノム医療 体の細胞の核の中にはDNAがあり、そこに刻み込まれた生命に関する情報が「ゲノム」と呼ばれるものです。 この体の設計図といえるゲノムに刻まれている「遺伝子の配列」を調べるのが「遺伝子検査」です。 遺伝子検査によって「その人固有の遺伝子情報」が明らかになります。 ゲノム医療とは、シンプルに表 ... がん治療では「セカンドオピニオンを受けましょう」とよく言われますが、いつ、どのタイミングで受けて、どんな質問をすればよいのか?は悩ましい問題だといえます。 がんに関するセカンドオピニオンはそもそもどの病院に行けばよいか分かりません。せっかくお金を払って(基本的に保険適応外で有料です)行くからには、有益な時間にしたいものです。 私もセカンドオピニオンについてはよく質問を受けます。最も難しいのが「どの病院で受けるべきか」ですが、これについては個別の対応になるのでこの記事では触れません。 この記事では、上手なセ ... セカンドオピニオンは「受けてよかった」というケースもあれば「受けてもあまり意味がなかった」ということもあります。 また、受ける以前に主治医との関係が悪くなったり、場合によっては医師が怒ってしまって「もう私は診ない」などと関係が断裂されてしまったりすることもあります(ここまでのことは稀ですが)。 セカンドオピニオンは受ける前、もとより「主治医に切り出す前」に色々と整理、準備しておことが大切になります。 ポイントは色々ありますが、ツイッターでこのようなことを書きました。 実際には個々のケースバイケースですし住 ... 個別サポートの中で、比較的多いのが「今はこの病院に通っているのですが、他に移ったほうがよいですか?他におすすめの病院はありますか?」という質問です。 がんについては「一度行けば終わり」ではなく、通院、入院などを含め長期化することが多いため、どの病院を選ぶか、は重要な点になります。 というわけで、ツイッターで「病院の選び方シリーズ」を書いてみました。 「その20」まで行ってしまったので、サイトにもまとめとして残しておきたいと思います。 がん治療 病院の選びかた、探しかた 【がん治療 病院の選びかた その1】 ... 経済的な理由で、希望どおりのがん治療を続けられなくなる人は少なくありません。でも、あきらめてしまう前に、公的な制度が利用できないかどうか、確かめてみましょう。 役所や公的機関に申請すれば戻ってくるお金や控除制度、手当金などがあります。 代表的なものとして、「高額療養費制度」「医療費控除」「傷病手当金」「雇用保険(失業手当)」「障害年金」などがあります。 医療費控除 患者さんまたは”生計を一にする家族”が、1年間に支払った医療費が10万円を超えた場合に、所得税の一部が戻ってくる制度です。 医療にかかった領収 ... ※この記事は、光免疫療法(近赤外線免疫療法)の解説+直近の臨床試験(治験)の結果について掲載しています。 2019年以降の臨床試験の進捗についてはその都度更新しています。 光免疫療法(近赤外線免疫療法)とは? テレビのリモコンでも使われている近赤外線。 そのレーザー光を体の表面に照射することでがん細胞を攻撃する、新しい治療法の実用化への期待が年々高まっています。 これは「がん光免疫療法(近赤外線免疫療法)」と呼ばれる治療法で、米国国立衛生研究所(NIH)主任研究員の小林久隆医師が10年以上の研究の成果とし ... 抗がん剤治療の副作用として「脱毛する」ことがよく知られています。抗がん剤治療を受けるとなぜ脱毛するのでしょうか? これは、毛髪の成長のメカニズムと関係があります。 毛根にある毛母細胞(もうぼさいぼう。毛を作るもとになる細胞)が細胞分裂することによって、毛が成長(伸びる)します。 毛髪は「成長期」「退行期」「休止期」のサイクルを繰り返しています。 毛母細胞は、全身の細胞の中でも分裂が速い細胞です。そのため、同じく分裂の速いがん細胞を標的とする化学療法(抗がん剤治療)は、毛母細胞にもダメージを与え、脱毛が起こ ... 人気コンテンツ 53,000名以上に読まれています。無料ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」プレゼント中です。, 主治医の先生が、スキルス癌で抗がん剤を中止したにもかかわらず今のところ全く問題がないので、驚いておりました。本村さんとの出会いが私ども家族を救って下さったと思っております。, がんが脳に転移したときは「転移性脳腫瘍」と呼ばれ、ふつうの脳腫瘍(原発性脳腫瘍)とは区別されます。, これらのがんが発見時に進行していたときは、がん細胞がすでに脳に到達している可能性を考えて、本格的な脳への転移を防ぐために脳に放射繰を照射することもあります。(とくに小細胞肺がん), しかしがんが大きくなると、がんに圧迫されてそのまわりの脳が腫れてきます。そのためしだいに頭痛や吐き気、めまいを感じるようになります。, また、脳のどこに転移したかによってさまざまな異なる神経症状が現れるようになります。, たとえば体の一部の麻痺やしびれ、突然のけいれん発作、目のかすみ、足のふらつき、どもりなどです。, 脳に転移したがんの治療法は、手術、放射線治療、化学療法、対症療法の4つに分けられます。, どの治療を選択するかは、患者さんの全身の状態、脳に転移したがんの大きさや場所、もとのがん(原発巣、原発がん)の成長が止まっているか、脳以外に転移があるかなどを総合して判断します。, 患者さんの体が手術に耐えられる状態で、原発がんの成長も止まるか縮小しており、他の臓器にも転移がないときには手術、つまり脳内のがん病巣の摘出が検討されます。, 手術ができる症例は一般に、脳への転移が1個だけで、手術により脳の深刻な機能低下を起こさないと予想される場所にがんがあるときですが、次の事項を総合的にみて判断されます。, ・水頭症対策(腫瘍が髄液の流れに悪影響をおよぼし、脳の真ん中にあって髄液をつくっている脳室が拡大してしまう症状)ができる, なお、直径3cm以上の大きな腫瘍の場合はまず手術によって腫瘍を摘出し、そのあとで放射線治療を行うのが一般的です。, 腫瘍が大きいと、放射線治療だけでは症状をうまくコントロールできないことがあるためです。, 手術は症状の改善が早い点で有意義な方法です。手術と放射線照射の組み合わせは、長期的な効果が期待できます。, 脳転移の再発率は、手術単独の場合が70%であるのに対し、術後に放射線をかけると18%にまで抑えられるという報告もあります, 定位照射のやり方や機器がいくつかあり、ガンマナイフ、ライナックナイフ(リニアックナイフ)、サイバーナイフなどが用いられます。, 定位照射は、転移がんの数が10個以内で、それぞれの大きさが直径3センチ以下(できれば2.5センチ以下)のときに選択されます。再発を防ぐために全脳照射を組み合わせることもあります。, この治療法は、手術や全脳照射に比べて後遺症や副作用が小さいとされるものの、照射後には脳が腫れたり壊死を起こす、がんが出血するなどの副作用が起こることもあります。, なお、がんの部位が壊死するのは治療効果によるものですが、周囲の正常な部分が壊死した場合は放射線障害であり、別にその治療が必要になることもあります。, ちなみに、ガンマナイフ、ライナックナイフ、サイバーナイフの違いは、おもに患者の治療の受け方にあります。, ガンマナイフでは、ガンマ線を放出するヘルメットのような装置を患者の頭部に装着します。, ライナックナイフでは金属製リングで頭を固定し、照射装置の内部に頭部を入れてX線を照射します。, サイバーナイフもライナックナイフと同様、X線を照射しますが、この方法では頭部を固定し、その周囲を自動制御式のロボットアームが動きながら照射していきます。, 全脳照射は、多発脳転移における標準的治療方法です。脳全体に放射線を当てることになります。, 基本的な照射方法は1日1回、週5日の照射を行い、30Gy/10回分割/2週間(1回3Gy)、または40Gy/20回分割/4週間(1回2Gy)のいずれかを行います。, 治療期間中に出現しうる一時的な副作用には、倦怠感・食欲低下・吐き気・ふらつき・めまいなどの放射線宿酔症状があります。, 照射部位の症状として、まれに頭痛・悪心・嘔吐などの脳庄亢進症状が生ずることもありますが、ステロイドの投与で改善できる可能性があります。, また、照射開始から2週間ほどたつと、徐々に脱毛してくるので、頭皮をこすったり、かいたりして刺激しないようにします。, 治療期間中でも、刺激の少ない洗髪なら可能ですので、指導に基づく適切な洗髪で頭皮の清潔を保つようにします。, なお、「脳全体に放射線をあてると記憶力の低下や痴呆をまねくのでは」と心配する人がいますが、脳細胞がひどくダメージを受けるような放射線量は使わないので、急に記憶力が低下するような可能性は低いといえます。, 現段階で脳転移がなくても、今後転移が出現してくる可能性が高いと判断されれば、予防的な治療として全脳照射を行うことがあります。, 予防的全脳照射が行われる代表的な疾患は、胸郭内にとどまっている限局型の小細胞肺がんです。, この場合、治療によってがんが制御された症例では、予防的全脳照射を行うことで脳転移発生のリスクを減らすことができます。, 無病で生存する確率も上昇し、3年生存率が15.3%から20.7%に増加するという報告もあります。, 予防的全脳照射は、限局型小細胞肺がんで病巣が消失した患者さんに対する標準的治療になっています。, 最初に発生したがん(原発がん)に対する化学療法がそのまま継続されるか、または脳内に入りやすいニトロソウレア剤(ニムスチンなど)を含む多剤併用法が行われます。, 脳内の血管には、「血液脳関門」と呼ばれる異物の侵入を防ぐしくみがあるため、脳内に入ることのできる抗がん剤の種類は限られています。, しかし転移がんの場合は、がん細胞が血管の血液脳関門を壊したり、血管壁を溶かして転移を引き起こすとみられるため、抗がん剤が脳内に入って効果を示す例もあります。, 脳に転移したがんの成長を抑えることによって患者さんの長期の延命が期待できるときには、手術、放射線、化学療法のような積極的な治療が行われます。, これに対して、積極的な治療を行っても延命効果があまりないと考えられるときは、対症的な医療が実施されます。, これは、患者の病状が悪化しているときに脳の転移がんを積極的に治療すると、治療中や治療直後に重い副作用が生じ、患者の余命をかえって短くするおそれがあるためです。, 対症療法としては脳圧を下げ脳の腫れやむくみを手段を講じることが多く、グリセオールとマンニトールという利尿剤やステロイドを用います。, がんが脳に転移したときの平均余命は約6カ月とされています。しかし最近では治療法の進歩により、長期間生存する患者も増えています。, 「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」, それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。, 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。, へたなセカンドオピニオンやサードオピニオンを受けるくらいなら、本村先生のアドバイスに従った治療を進めた方が、はるかに役に立ちます。, また、助言を受ける側にとっても、曖昧な返事しかされない医師に比べれば、格段の説得力があります。.