今も水以外は摂取しようとせず、病院からいただいた缶詰をあげてみても、大好きな鶏肉を茹でてみても食べてくれません。 私も、やせ細った猫に注射や点滴の針を刺すのがつらくて、毎日病院に通うなんてとんでもないし、       トイレの粗相もない また、通われている動物病院を変えてみるのも一つの手です。 失禁は何とも言えません。 また大変参考になるサイトのご紹介も感謝いたします。 現在、自宅で皮下輸液(電解質輸液)を200mlずつ毎日していましたが、輸液を始めて2週間目あたりから胸水と肺水種になりました。 「もうがんばらなくて良いから、ゆっくり寝るんだよ」と声をかけて撫ぜてください。 口もやや開き気味で舌が見えます。 輸液を再開して7日目の夜、家に帰ると、テーブルの上に座ったその子の口から血が垂れていました。近くのこたつにも大きな1滴。真っ赤な鮮血です。その子は小刻みに震えていました。血ははよだれと一緒に少しずつ出てくる感じで、たまに黒い塊もありました。歯の隙間から口の中を見るとまさに血だらけの状態でした。何故なのか訳が分からず、とにかく出てきた血を止まるまでの2~3時間拭いてやり、救急に行こうかと話もあがりましたが、その子自身穏やかだったこともあり、救急は見送りました。(この日の午前中に輸液とビタミン剤と抗生物質を打ちに病院に行っています)しかし翌日から元々弱かった後ろ足が更に軟弱になり、一度歩き出すと次の場所に着くときは倒れこむ感じでした。口からは薄茶色っぽいよだれが出るようになり、口の中もネバネバしているような感じでした。 こうなる前までは、私も猫に食べさせる努力をしてきました。品を変え、場所を変え・・・。それでも、強制給餌まではしませんでした。なぜしなかったのか、もっと生きられたかもしれないのに、あきらめが早すぎないか?今になって、心の中でいろんな声がします。それでも、なぜでしょうか、この子にはできない、そう感じてしまったのです。 皆さんは22歳なら大切にされての大往生だとおっしゃってくれますが、長生きすればするほど、もっと長生きして欲しいと思うものです。 )の注射をしました。 確かに値段ははりますが、飼い主である以上、それぐらいのことをするのは、当たり前だと思うのです。 実際に私も市販の安いフードを与えてました。 )ものと栄養の補給だと思われます…これを踏まえていただき) 質問者様のネコちゃんがそれかどうかは分かりませんが、すでにそういう病気を除外できているのであれば聞き流してくださいね。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 家に来た時とても弱っていて、もしかしたら春まで持たないと思っていたのにびっくりするくらい元...続きを読む, 22歳で大往生(そう思いたいです)した家の先代は、歯の調子が悪くなったのが最初でした。 心やすらかに 猫さんとの大切な時間を過ごしてくださいね, 先週、我家の猫(♀2.5才)が腎不全と宣告され1週間入院しており昨日退院しましたが、やはり御飯を食べないので今朝 再度病院に連れて行きましたが病院の先生から『慢性腎不全で今の状態が続けば1・2ヶ月で亡くなってしまう可能性があります』と言われました。 あなたは今、猫を失った上、治療や看護方法に疑問や後悔が残っていて、とても辛い時期だと思います。 …なので、皮下輸液を行い、尿量をさらに増やして尿...続きを読む, 15歳の老ネコが食べ物を全く受け付けなくなり、どんどん衰弱しています。(完全室内飼い)。1週間くらい前から徐々に食欲が減り、いつもなら回復するのに、遂に昨日から水も飲まなくなりました。猫用ミルク、水、ポカリスウェットなどを少しずつスポイトで与えますが、数分後には全て吐き出します。 少し咳き込む感じです。 きっと今も 母は猫達に甘え声でからみつかれて「はいはい 今あげるから待ってて」って   お恥ずかしい話、夫婦二人がかりでも薬もろくに飲ませられないほどです。 ③最期の瞬間のカッカッとなったのは苦しんでない、老衰だと家族は言いますが、そうなのでしょうか?尿毒症の症状なのか呼吸困難なのか老衰なのか…マヌカハニーが溶けきれず詰まってしまったのではと、可能性が絞れません。亡くなる1時間半前に一度起きた時は静かだったのですが、その後いつから始まったのかは不明です。 ⑤診察料が良心的でいつもお世話になっている病院なのですが、最初にポリープとの診断があったとき、年齢からくる免疫力の低下と言われただけでしたが、血液検査を勧めて欲しかったと今になっては思ってしまいます。特に口の中のものは腎臓からの場合が多いと後で調べてわかりました。出血の原因もそこまでさっぱりわからないものなのでしょうか?信頼したいのですが、少し疑心暗鬼になってしまっています。どちらの病院もこんなものでしょうか? 1.皮下輸液は、尿毒症の予防+身体の脱水改善が目的です。 1週間再入院しました。 口の周りを拭いて、ブラッシングでボコボコに絡まった毛玉を取り毛並を整え、準備していた猫柄の箱で眠ってもらっています。キレイ好きな子だったのに、ここ数か月は毛づくろいができず、ガリガリなのでブラッシングもできない状態で可哀想でした。 補液しないと脱水症状で苦しみながら(もうろうとしつつ?)死ぬのだろうかと思うのですが、それが自然と言えば自然だし、つらい日々をあまり長引かせないで逝けるでしょう。 当然固形物は食べる事もできません。また錠剤の薬を飲み込む力もありません。 !」ってとこでしょうか 呼吸はあまり苦しそうではありませんが、時折ゼイゼイします。 症状も多飲多尿以外の症状はほとんどないか、もしくはあっても軽度です。 フードを口に含むと、すごく痛がり、 きっとこの子の最後の親孝行の表れなのでしょう。頑張って長生きしてくれて本当に親孝行な子だと褒めてあげたいです。 費用が抑えられる方法があれば、合わせて教えて下さい。 文面からおそらくはしっかりと診察していただいたことと思います。 また、フードは、低リン、低Naで腎臓にやさしいものをあげてるのでしょうか? ④5日前くらいからほぼ透明で無臭のおしっこが出ていたのですが、亡くなる直前の2回分は濃い黄色(薄茶色?)でアンモニア臭もそれなりにしていました。残った老廃物を出したのか、強制給餌のフードやマヌカハニーの色がそのままおしっこに出ることはありますか? 今、猫は、静かな部屋の隅に置いてあるベッドでじっとしています。覚悟はしているものの動揺してしまって、乱文ですみません。, 愛猫(迷い猫だったので年齢不詳。若く見積もっても15歳)が慢性腎不全と診断され治療を続けてきました。1か月前の血液検査でBUN82、CRE5.2。内服薬(フォルテコール(R)1錠とカリウム2袋)を与え、2日に一度250mlの輸液を自宅で施しています。水は飲みますが食欲はなく、ペースト状のフードをほんの少し舐めるだけなので骨と皮です。なんとか自力でトイレには行っていますが、ふらふらです。臭い涎を垂らし始めたのでマヌカハニー+20を与えていたのですが、昨日から涎に血が混じり始めました。 強制給餌には反対派でしたが、もし食べたいのに痛くて食べられないのなら可哀想だと思いシリンジでお水をあげると、ガツガツと飲んでくれました。スープ状のフードは嫌がりましたが、少し無理やり、大匙1杯ほど飲ませました。たまに口を、カッ、カッと開けるような仕草をします。 次に病院に行けたのはその3日後の25日(金)で、先生曰く、ポリープがつぶれたのか歯が抜けたのか、吐血ではなく口の中からです。としか言われませんでした。体重はうんと減って1.7kg。抗生物質とビタミン剤と輸液を打ってもらい帰りましたが、後ろ足が立たずほぼ寝たきりになり、おしっこもそのままするようになりました。1日大匙1杯ほどに減ったご飯もこの日からは一切食べなくなりました。 水を濡れティッシュで与えても飲まなくなってから1日 この状態で、あと、どれくらいもつのでしょうか。 治療法としては、ステージ3の治療に加え、強制的な栄養補給、より積極的な点滴治療を行います。 エサを食べなくなってから5日 良く見ていないと気がつかないときもあります。 調べてみると、ステロイド注射&投薬での治療で一時的に回復するが再発する、ステロイドは腎不全を悪化させる、とあり、病院に連れて行っていいものかためらっています。 まだこんな姿をみせる猫に「病院に行っても治らず、ストレスをためるだけ」との思いで点滴をしないことは餓死させるということですよね… 本来は、かかりつけの先生に納得できるまでわかりやすく説明を求めるのが一番だとは思うのですが、簡単に回答すると、 ②もし口内炎であれば、輸液を怠った4日間で腎機能が低下もしくは尿毒症になり、潰瘍ができてしまったのでしょうか?輸液を続けていれば防げたのでしょうか?もしくは続けていても、数か月後いずれは同じ結末になったのでしょうか? どうぞ宜しくお願いいたします。, フードはドライフードでしょうか?ウェットフードでしょうか? うなりながらエサを噛み、それ以上はまったく食べません。 当然固形物は食べる事もできません。また錠剤の薬を飲み込む力もありません。 うちの猫の死因は癌で、腎不全の医学的に詳しいことは分からないのですが、 “多発性嚢胞腎”とは、腎臓にぶどうの房のように液体がたまった袋が無数にできることによって正常な腎臓の構造が破壊されていってしまう遺伝性の腎臓病で、中齢(平均して7歳程度)の猫で慢性腎不全の症状が強く表れるようになります。 撫ぜるとまだゴロゴロと鳴きます。 励ましのお言葉もありがとうございました。, 昨日初めて知ったことばかりだったので無知で申し訳ありませんでした。 実際に猫達の面倒をみていたのは母です (^_^;) ③老衰でも病死でも、死ぬ間際に発作症状とか痙攣をおこすという話はよく聞きます。それでは?マヌカハニーではないと思います。 その母が亡くなる前 2年程の間に 続けてバタバタと3匹の猫が亡くなりました もう一度調べなおしてから新しい質問として投稿させていただきたいと思っております。 腎不全や尿路疾患の病気の多くは、食事が原因です。 尿毒症も末期とのことですが、体力的にはまだ末期の状態ではありません。(下記参照)  ・反対に口から栄養が取れても尿毒症から死亡する? ステージ3では、生存期間の平均が約2年(最長が約6年) そう、猫の腎不全が病院で発覚したとき、その多くは末期と呼ばれるステージ3からステージ4である可能性が高いといわれています。 確かにもっと何かできることがあったのかもという思いは猫に限らず人間に対してもあると思います。 延命はしたくないが、猫の体や精神が、毎日少しでも楽になるようなことをしてあげたい。というのが私の猫に対する一番の望みです。 今年の秋頃から食欲が目に見えて落ち始めました。検査の結果、腎臓をはじめ、致命的な数値ではないが全体的に良くない、実年齢は不明だが、体は完全におばあちゃん猫で、総合的に見て老衰だろうとのことでした。 やわらかいレトルト風のもだめで、それをミキサーにかけてどろどろにしていましたが、最初のうちはお代わりをするくらいだったのが、やはり最後は全然食べてくれなくなりました。 後は静かに見守ってあげてください。, 腎不全と診断され、2週間入院後、退院して自宅へ連れ帰りました。 1.皮下輸液は、尿毒症の予防+身体の脱水改善が目的です。 御飯さえもっと食べてくれれば、慢性でも5年ぐらい頑張ってくれる猫ちゃんもいると聞きますが、全く手付かずで一口も食べず困っています。 そういう治療を極力避けていました。補液をあまりやらなかった結果、やはり脱水症状を起こし、食欲も続かず、結果的に余命を何日か縮めてしまったかもしれません。 調べてみると、ス...続きを読む, 私は数年前に飼い猫を腎不全で亡くしています。14歳になったばかりの猫でした。 次第に死後硬直がはじまります。 今朝、腎不全の猫が他界しました。17歳8か月の生涯でした。 3.残念ながら、腎臓は機能しなくなった部分が良くなる臓器ではないので、腎不全とわかった時点で、いかに機能している腎臓の部分を長く使っていくかがとても大切になります。 2.腎不全の猫ちゃんは、毎日水をたくさん飲むので、見た目に脱水になっている気はしないかもしれません。ですが、腎臓の働きである「必要な水分の再吸収」があまりできていないので、経口摂取した水分は身体を素通りし、細胞レベルでは脱水をしている状態です。 ありがとうございました。, 空回りなんてとんでもないです。 年齢からも無駄な延命は望んでおりませんが、最期までいかに苦痛なく逝かせてやれるのか…それだけがです。 いつ天国からお迎えが来るなんてわからないことですものね。できることはなんてもしてあげたたい気持ちは分かりますよ。 CREは腎機能が75%程度失われるまで上昇することがありませんが、SDMAは25〜40%程度失われると上昇することが分かっており、従来よりも早期に慢性腎不全を診断できる画期的な血液検査項目として注目されています。, 尿検査では特に尿比重、尿蛋白が特に重要な項目です。 うちの猫の死因は癌で、腎不全の医学的に詳しいことは分からないのですが、 時間の感覚はありません。 ストレスのある延命はやめようと常々言っていたのですが、やはり何もせずにはいられずに大っ嫌いな病院での点滴をうけることにしました。 撫ぜると反応があったりなかったりです。 タクシー送迎を使うなど(免許がないので)できるだけ時短でストレスのないよう通院させたいと思っています。, ご回答ありがとうございました。 )もぜず逝かせてあげたかったのですが… 私の周りの人達は、動物と暮らしてない人が多いので、「そこまでするか…」とか、人間の医療関係の仕事の人からも「余分なものを入れないほうがいいのに…」とか、色々言われています。 それで少しは栄養が採れて生き延びたかもしれません。でも亡くなる数日前などは、私が無理にミルクをあげるのを本当に嫌そうでした。 先ほど昨夜の点滴が効いたのか、口の中の痛みが和らいだのか少量のマグロの刺身を食べてくれました。 腎不全でも、癌でも、病気で死ぬ猫の最期は皆ある程度壮絶でかわいそうなものです。 また、もし高血圧やタンパク尿がみられるようであればACE阻害剤などの降圧剤の治療を開始します。, 血液検査でクレアチニン値は2.9〜5.0mg/dl未満、貧血やBUNの高値などの異常が見られるようになります。 こっちで食べてくれるならその方がいいです。 なぜならば、飼い主の方がどのくらい積極的な治療を希望するか、その間に他の病気になってしまうか、などの要素で大きく変わってしまうからです。 ※病院に行く前に投稿をさせていただいた質問をまだ締め切っていない状態です。 また、腎臓では赤血球を作るホルモンが分泌されるため、慢性腎不全が進行すると貧血が見られる場合があるのですが、その確認のために赤血球、白血球、血小板という血液の細胞成分を調べる全血球検査を行います。, SDMAとは、2016年から日本で測定することができるようになった新しい猫の腎機能マーカーで、こちらは特殊血液検査の項目になります。 時...続きを読む, 愛猫(迷い猫だったので年齢不詳。若く見積もっても15歳)が慢性腎不全と診断され治療を続けてきました。1か月前の血液検査でBUN82、CRE5.2。内服薬(フォルテコール(R)1錠とカリウム2袋)を与え、2日に一度250mlの輸液を自宅で施しています。水は飲みますが食欲はなく、ペースト状のフードをほんの少し舐めるだけなので骨と皮です。なんとか自力でトイレには行っていますが、ふらふらです。臭い涎を垂らし始めたのでマヌカハニー+20を与えていたのですが、昨日から涎に血が混じり始めました。 すでに自力は歩行は困難です。 猫は寝る時はおおむね体を丸めますが不自然に体を伸ばして横たわっている場合があります。  ・食べたい素振りがあるなら嫌がっても(潰瘍のために痛い? ?) //