3.1 肉球クリーム; 3.2 ワセリンやニベアなど人間用の保湿クリームやベビーオイル; 3.3 犬用化粧水やケアスプレー 指間炎治療 犬の皮膚炎治療 犬の被毛 毛の色が赤茶に変色した後、治った記録。 下痢や血便を繰り返し、IBD(炎症性腸炎)の疑いが強いと診断されたゴールデン・レトリーバーセナ4歳。 動物看護士、愛玩動物飼養管理士 犬の指間炎は、動物病院でもよく見る病気ですが、普段の生活の中で、その発症を見逃してしまうことも多い上に、治療も手間がかかる病気です。そこで今回は、犬の指間炎について、その原因や治療、早期発見方法などについてお伝えします。 森のいぬねこ病院グループ院長 青山ケンネルスクール認定 A級... 犬、猫のステロイドの副作用を減らすために(薬、治療法、サプリメント) 犬の夏対策(皮膚病対策、フードの保管、飲み水、お散歩の注意点など) 動物看護士、愛玩動物飼養管理士 日本獣医学会、動物臨床医学会、獣医... 執筆者:山之内さゆり先生 根強い人気犬種であるミニチュアダックスフ... 柴犬に多いアトピー性皮膚炎。アレルギーとの違いと、さまざまな治療方法をご紹介!【動物看護士執筆】, 繰り返す犬の指間炎(趾間皮膚炎)の原因、治療法と6つの予防法【ペットアドバイザー執筆】, トイプードルがかかりやすい皮膚炎5つの症状、治療法、予防法について【動物看護師執筆】. 気付くと出来てる犬の指の間のデキモノ最近またこうめさんの指の間に腫れが出てきてしまいました。一番最初にできた時は動物病院に連れて行ってどうしたらいいのか聞いてみたのです。腫瘍?とかってビビってたりしたんです。だって指の間にぷっくりとデキモノ トイプードル 指間炎の原因と対策 執筆者:ナルセノゾミ先生 動物看護士、愛玩動物飼養管理士 愛犬が足を舐めていたら、「指間炎」という病気を疑った方がいい場合がある。もし指間炎になっても薬を塗るだけでは完治せず、きちんと原因を突き止めなければいけない。犬の指間炎の症状、原因、5つの予防法、治療についてここで学んでおこう。 犬の指間炎とは、足の肉球... 柴犬の指間炎について あなたの愛犬は、肉球を気にして舐め続けていること... 犬の指間炎とは? #しつけ #ごはん #シニア犬 #健康管理 見た目からか弱い印象のチワワですが、まさにその見た目通りと言ってもいいくらい皮膚トラブルを起こしやすい傾向にあります。, その中でも指間炎はさまざまな原因のひとつとして起こる皮膚トラブルであり、実はその指間炎は免疫力・抵抗力の低下が原因になっている可能性があるんです。, そこで、今回はチワワの指間炎は治るのか?免疫力・抵抗力が本当に原因なのか?についてお話しします。, しかし、そんな小さなチワワの指の間や足の裏が赤く炎症を起こし、ひどいときには腫れてしまうこともある指間炎に悩まされている飼い主さんは少なくありません。, あまりにも繰り返す指間炎に対して「もう治らないのかな?」「本当にちゃんと治るの?」と不安に思う飼い主さんもいると思います。, ただ、指間炎に関して言えばちゃんと治療をすれば治る皮膚疾患ですので、その点は安心してください。, ですが、「どうせ薬を使っても一時的だったりなかなか治らないからもういいかな」と治療を諦めてしまうと、治るものも治らないのでしっかり治療してあげましょう。, チワワの指間炎は原因に合った薬を使用し、原因に対する治療を行うことで治療を進めていきます。, 言ってしまえば指間炎だけに目を向けて治療しても、原因が取り残されたままでは意味がありません。, そして、指間炎を起こす原因としてストレス、アレルギー、バリカンによる刺激や傷、お散歩中のケガ、湿気によるムレなどさまざまです。, このように考えられる原因を突き止め治療することが大事なのですが、こうした原因に対処しても指間炎を起こすこともあります。, 免疫力・抵抗力はチワワが毎日元気で健やかに過ごすためにとても重要で、もし免疫力・抵抗力が下がっているとすぐ病気になったり、治療しても治りにくいといったことが起こります。, 人間も疲れが溜まっていたり寝不足が続いたりすると、体調を崩しやすくなったり口内炎がやたらとできたり、肌が荒れてニキビや吹き出物がたくさんできたりしますよね。, これこそ免疫力・抵抗力が低下している証拠であり、まさにチワワにとっても全く同じことが言えるのです。, チワワの免疫力・抵抗力をアップすることができれば、病気に強く治りやすい体質にしてあげることが可能です。, そうすることで、指間炎を起こす原因を遠ざけたり発症したとしても軽度で治ったりするため、チワワにとっても飼い主にとっても負担が軽くなります。, では、具体的にどのような方法で免疫力・抵抗力のアップをすることができるのか?そちらをご紹介していきましょう。, 毎日の食事がどんなものかによって体の免疫力・抵抗力が高くなるか低くなるかが決まります。, 大げさに聞こえるかも知れませんが、わたしたち人間の細胞が食べ物から作られているように、チワワの体をつくっている細胞も食べ物からできているのです。, つまり、おやつを与え過ぎていたり着色料や低品質な原料のドッグフードを与えていると、それだけで免疫力・抵抗力の低下に繋がってしまいます。, 免疫力・抵抗力を上げるには着色料はもちろん使っていないもの、そして良質な原料を使ったドッグフードを毎日の食事として選んであげることです。, 良質な原料を使ったものというのは人間も食べることができる原料を使っているため、安いドッグフードに比べると値段は高くなりますが、体を作る細胞から質が変わるため免疫力・抵抗力のアップにつながります。, だいたいの目安として1kgあたり1,000円以上のものを選ぶようにすると、粗悪な原料を使っているものは避けることができるでしょう。, 着色料は見た目の美味しさのために作られているものですが、飼い主の購買意欲を高めることが目的。, チワワが食べ物に対して美味しそうかそうでないかを判断するのは見た目ではなく匂いです。, つまり、着色料で野菜や肉を表現したところで意味はなく、むしろそこで使われている着色料によってチワワの健康にも悪影響が及びます。, 食事を良質なものに変えるだけで皮膚の状態や毛艶がよくなり、必要以上に抜け毛があった子は抜け毛の量も減ることがあります。, しかし、指間炎を繰り返している場合食事だけではもう一歩足りない…といったケースもあります。, サプリメントにもいろいろなものがありますが、できるだけ体に負担のかからないもので効果を実感しやすいものだと嬉しいですよね。, これにピッタリなサプリメントがキングアガリクスで、キングアガリクスのすごいところはなんといっても完全無添加・自然栽培・人工加工なしの100%キングアガリクスだけで作られているということです。, 余計なものは一切含まれていないため体にはもちろん優しいですし、キングアガリクスには免疫力・抵抗力を大きくアップしてくれることが分かっているため、毎日の食事と一緒に取り入れるだけでどんどん強く元気な体にしてくれます。, また、キングアガリクスのサプリメントは人も飲めるサプリメントなので、愛犬のチワワだけでなく飼い主さんも一緒に毎日の健康のために取り入れるのもいいですね。, ちなみに、実は私もこのキングアガリクスのサプリメントを飲んだことがありますが、味は本当にキノコなので抵抗も感じませんし飲みやすいです。, たった1日飲んだだけでも「なんだかいつもより楽かも」といったわずかな変化を感じることができました。, 飲み続けて1週間経つ頃には明らかにエネルギーがみなぎる感覚を感じるようになり、「キノコなのにすごい…」とすごく感動したのを覚えています。, 食事やサプリメントが体の内側からのケアに対して、シャンプーやコンディショナーは体の外側からのケアになります。, 体の内側からのケアは変化を感じるまでは最低1ヶ月は時間を必要としますが、外側からのケアの場合ダイレクトに変化を与えるため、比較的違いをすぐに実感しやすいです。, そして、外側からケアする方法としておすすめするのが保湿をメインとしたスキンケア特化のシャンプーやコンディショナーを使うこと。, アミノ酸・セラミド・アロエといった保湿力の高い成分をたっぷり配合したシャンプーは、余分な汚れを洗い流しながら必要な皮脂は残しさらに保湿成分でしっかり保湿してくれます。, 皮膚が保湿されることで外部からの刺激にも強くなり、被毛もしっとりつやつやした状態になって毛玉や毛もつれにもなりにくくブラッシングでも取れやすいというメリットも。, ただし、選ぶ際はフードと同じように良質なものを選ばなければ意味はなく、質の善し悪しも値段に反映されるため注意が必要です。, 保湿力が高く皮膚の乾燥・フケ・かゆみに強いシャンプーとコンディショナーとしておすすめなのが、アロビーンシャンプー・アロビーンコンディショナーです。, 私が動物病院で勤務していた時に使っていたものでフケやかゆみで悩んでいる子に使うだけでかゆみが良くなり、フケも落ち着いていきました。, また、アロビーンコンディショナーは洗い流さないタイプなので保湿クリームとしても使うことができ、シャンプーをしない日も皮膚を保湿してあげるために塗ってあげることもできます。, このシャンプーとコンディショナーは私の一押しではありますが、他にもさまざまな保湿シャンプーがあるため、お気に入りのひとつを探して使うのもいいですね。, そして、選んだシャンプーが保湿機能として十分な役割を果たしているのかを見極めるポイントは次のようになります。, この3つがそろっているとしっかり保湿されていると言えますが、フケに関しては既にフケが出ている子は別です。, 乾燥によってフケが出ている場合ターンオーバーの乱れも影響しているため、保湿自体はしっかりされていてもフケがしばらく見え続けることがあります。, これもどのくらいの乾燥具合なのかによって違うので一概には言えませんが、毎月1回の保湿ならまずは1ヶ月から様子を見てあげてください。, 徐々にですが少しずつフケも落ち着いてくると思いますが、変化が感じられないようであればまた違うものも検討してみましょう。, 実際、動物病院と一口にいってもさまざまな疾患に対して得意・不得意があったりもするんです。, 特に皮膚疾患に対しては症状に対して薬で抑えましょうという先生は多いのですが、フードやシャンプー・コンディショナーを使って総合的にケアしていきましょうとする先生は意外にも少ない傾向にあります。, これも経験談になるのですが、私が勤めていた動物病院は皮膚疾患に強く薬浴はもちろんフードによるコントロール、さまざまな種類の保湿系シャンプーなどがあり、ひとつひとつの悩みに合わせてケアしていました。, 飼い主さんの間でも「他の動物病院だとダメで、知り合いからここだと良くなったと聞いたので…」と訪れてくださることが多かったです。, つまり、他の動物病院がダメということではなく皮膚疾患に強い動物病院とそうでない動物病院があるため、それを見極めることがとても大事ということです。, 見極めるポイントとしては飼い主さん同士の口コミも大事ですが、ホームページなどで皮膚疾患に対しる実績を載せている動物病院を選ぶのも信頼性があると思います。, また、実際に電話してシャンプーやフードなどをそろえているか?トリミングをしているのであれば、必ずカウンセリングと必要に応じて薬浴や適したシャンプー剤の提案・使用をしてくれるか?といったところも確認するといいですね。, この点がしっかりしていてちゃんと答えてくれるような動物病院であれば、皮膚疾患に対しても意識の高い動物病院の可能性が十分高くなります。, チワワの指間炎は正しく治療すれば治るものですが、それでも繰り返したりなかなか治らないというときは免疫力・抵抗力の低下が原因となっている可能性があります。, ピンポイントで指間炎だけを治そうと思っても、体づくりの土台となる部分が崩れていては一向に改善されません。, 治療をしたときに指間炎が治りやすく次また指間炎になってしまわないようにするためにも、体の内側から免疫力・抵抗力を強くし体の外側からの刺激に負けないようケアしてあげるようにしましょう。, 現場で得た知識と経験を情報として発信し、飼い主さんとペットが幸せに暮らせるためのお手伝いをしていきたいと思います。, 犬の指間炎は、動物病院でもよく見る病気ですが、普段の生活の中で、その発症を見逃してしまうことも多い上に、治療も手間がかかる病気です。そこで今回は、犬の指間炎について、その原因や治療、早期発見方法などについてお伝えします。. 日本獣医学会、動物臨床... 猫の秋対策(マダニ感染、換毛期トラブル、熱中症、フィラリア症など) 愛犬の足先... 柴犬に多いアトピー性皮膚炎とは 小動物看護士、小動物介護士、ペット飼育管理士 涙やけと指間炎は治ったのか愛犬フレンチブルドッグこうめさんの涙やけと指間炎を治したい!その想いから手作りごはんを2017年1月から始めて丸1年が経ちました。まずは結果からお伝えします涙やけは治って指間炎はまだ1ヵ所有ります(ヒドイ時には3・ 日本獣医学会、動物臨床医学会... ペット用キングアガリクス 犬、猫の皮膚病(原因、症状、治療)などの情報をご紹介します, ホームページ内のアガリクスに関する情報は、自社発表論文(番号を赤字で記載)を含め以下の公開論文の内容を元にご紹介しております, 1) S.P.Wasser et al.,Int J Med Mushrooms,4,267-290(2002), 2) RW.Kerrigan et al.,Mycologia,97,12-24(2005), 3) K.Wisitrassameewong et al.,Saudi J Biol Sci,19,131-146(2012), 4) Y.Liu et al.,Evid Based Complement Alternat Med,5,205-219(2008), 5) N.Ohno et al.,Pharm Pharmacol Lett,11,87-90(2001), 6) S.Hashimoto et al.,Int J Med Mushrooms,8,329-341(2006), 7) N.Ohno et al.,Biol Pharm Bull,24,820-828(2001), 8) D.Yamanaka et al.,BMC Complement Altern Med,14,454(2014), 9) D.Yamanaka et al.,Immunopharmacol Immunotoxicol,34,561-570(2012), 10) D.Yamanaka et al.,Int Immunopharmacol,14,311-319(2012), 11) N.Ohno et al.,Carbohydr Res,316,161-172(1999), 12) M. Motoi et al.,Int J Med Mushrooms,17,799-817(2015), 猫の秋対策(マダニ感染、換毛期トラブル、熱中症、フィラリア症など)【獣医師執筆コラム】, 犬の夏対策(皮膚病対策、フードの保管、飲み水、お散歩の注意点など)【獣医師執筆コラム】. チワワの指間炎について執筆者:山之内さゆり先生動物看護士・トリマー見た目からか弱い印象のチワワですが、まさにその見た目通りと言ってもいいくらい皮膚トラブルを起こしやすい傾向にあります。その中でも指間炎はさまざまな原因のひとつとして起こる皮膚 どの犬種でもなる可能性のある指間炎... 犬の指間炎の原因、治療、予防法【獣医師執筆】 犬の指間炎 猫の食物アレルギーってどういう病気? 日本獣医学会、動物臨床医学会、獣医がん学会所属 愛犬フレンチブルドッグこうめさんの涙やけと指間炎を治したい! その想いから手作りごはんを2017年1月から始めて丸1年が経ちました。, ドッグフードから手作りごはんに 開始当初は食べない問題と向き合い、その後は太らせる方法の模索をしつつ、涙やけと指間炎改善に向けて丸1年取り組んできて、涙やけの成果はきちんと出たと思ってます。, 指間炎については、ごはんももちろんだけど常に清潔に乾燥させておくことが大事だというのをしみじみ痛感してきたので、散歩後の足ふきとコットンによる乾燥を今後も力入れてやっていきます。, ということで 今回は手作りごはんによって愛犬こうめさんの涙やけが治ったその経緯とレシピをお伝えしたいと思います。, 手作りごはんのベースは主にこんな感じ (下記の動画6:29~で調理の様子お届けしています), 【食材】 鶏むね肉 300g (324kcal) にんじん 100g (37kcal) なす   50g (11kcal) キャベツ 100g (23kcal) しめじ  50g (9kcal) お米   100g (356kcal) 出汁   200ml (6kcal), 野菜の割合 :2:2:1:1 根菜類(にんじん等):2 果菜類(なす等):1 葉菜類(キャベツ等):2 きのこ:1, 【調理手順】 出汁にミキサーしたお野菜とキノコを煮込み その後、1センチ角に切った鶏むね肉を煮込む(皮は使ってません), 野菜がクタクタになって、鶏肉に火が通ったらお米を煮込みお野菜とお肉のうまみをたっぷりしみ込ませたら完成です。, 基本ベースはこのようなカタチで、鶏肉をささみにしたりモモ肉にしたり、お野菜を旬のものを取り入れたり、キノコ類を違うのにしたり, ちなみに愛犬こうめさんは現在9キロ、デブエット中です。 10キロの子に必要な1日のカロリーは大体630kcalとされていて、わが家はお散歩の時間が長いこと、体格的にもう少し太らせたほうがいいということでこの量を与えています。, サプリについては、こうめさん尿漏れがあるので以下のものを使用して尿漏れ対策とヘルニア予防を行っています。, ここからは涙やけに良いと思って行ってきた経緯と改善の決め手をお伝えしたいと思うのですが、文章では伝えきれない部分が多々あるので、出来れば動画と過去記事をご覧ください。, 季節の変わり目に涙焼けがひどくなる ↓ その度毎にドッグフードをより高品質なプレミアムドッグフードに ↓ 生の馬肉とドッグフードの半々(酵素への取り組み) 【ほんの少し涙焼け改善】 ↓ 完全手作り(馬肉)または(鶏肉) 【改善とぶり返しを行ったり来たり】 ↓ 馬肉をやめて、鶏肉のみに 【1か月ちょっとで涙焼け改善】, 手作りごはん開始当初は酵素による免疫力向上を目指して生の馬肉や生野菜を出来る限り取り入れようとしていたのですが、この本の35ページ下段にお肉の種類ごとの特徴というのがあって、白身肉は炎症を引き起こしにくいというのを参考に平飼いの鶏肉のみに変えたところ1か月ほどで涙焼けが改善しました。, 涙やけを治す上で、炎症を抑えるために免疫力を向上させようと思って酵素を取らせようと頑張っていましたが、炎症を引き起こさない食べ物にしたら酵素はなくても治るという結果になりました。, 【涙やけが良好に向かっていった流れ】手作りごはんが最適化されてから、目ヤニの量が減り、目ヤニの色も黄色っぽいのからどんどん白や透明な色味に変わっていきました。, 涙やけが酷いときは炎症を抑えるためにホウ酸水やケアスプレーなどを使ってメンテナンスしてきましたが、今では日々のお散歩後にほんの少しのケアスプレーと、コットンでシワの部分を拭き乾燥を保つことで涙やけの黒さはなくなりました。, なので、涙やけの経過を見る際は、目ヤニの色と量を頼りに愛犬の食事の最適化を目指していくと良いと思います。, これは季節の変わり目によるものかと思ったので、アレルギー検査をして原因を徹底的に調べてみることにしました。, 5年間涙やけの症状を発症・完治・再発と繰り返し、昨年やっと丸1年症状が出なかったので、これまでのトライ&エラーで知ることができた知識をシェアします, うめもと かん(梅本寛) 職業:プロ愛犬家として、犬と暮らす豊かさを動画(YouTube)と文章・写真(ブログ)でお届けするDepicter(表現者)です。. 愛犬がヒマさえあればペロペロと足先を舐めていることはないだろうか?もしかしたら単に癖なのかもしれないが、ストレスや病気が原因の可能性もある。そこで、今回は犬の足先に起こりやすい皮膚病である指間炎について、その原因や症状、治療方法などを解説しよう。, 舐めることで皮膚を舐め壊してしまったり、また、異物がはさまっていることで物理的圧迫が皮膚に加わり、炎症が起こってくる。, 砂や小石以外にも、草の実、トゲや木片、ガラスなどが傷口に入ったままの状態で皮膚がふさがってしまうこともある。, 異物反応が原因の場合は、異物がある場所だけだと単発でなることも多く、あっても数ヶ所。局所のみが腫れるという状態。, しかし、アレルギーやアトピーが原因で発症した場合は、だいたい全部の足に症状が出る。, そして、アトピーならば、足だけに皮膚の炎症が起きているのではなく、目や口の周り、耳、足でも指先だけではなく、腿の内側だったり、お腹周りなどにも症状があったりするもの。, また、4本の足にのみ炎症を起こしている場合には、アレルギーのひとつとして位置づけられるものに、かぶれ(接触性皮膚炎)というものもある。, 犬にとってなにか非常にストレスがかかることがあり、人間の赤ん坊が指しゃぶりをするように、足を舐める癖を持っている犬もいる。, そういった場合、たいていは前腕部分を舐めたりするが、中には足の裏や指の間を舐めたりする犬もいる。, しびれ感があるとすれば、椎間板ヘルニアなど、神経や筋肉になんらかの異常があることも考えられる。, これらの原因の他にも、ばい菌やニキビダニ(ダニ)、カビなどの感染症によっても指間炎は起こる。, ニキビダニの症状は全身に現れるものだが、初期の場合は足だけに症状がでることもある。, 指の間や肉球をケガした、異常がある場合には勝手に薬を塗らないようにして動物病院へ。, 同じところばかりを舐め続けていれば、その部分の被毛が変色してくるので、日頃から被毛のチェックをしておこう。, 足に痛みがある場合には蛇行することがあるので、愛犬の様子がいつもと違うと思ったら必ず動物病院へ。, 膿を持っているという場合でも、異物が原因の時と、単純にばい菌が入って膿んでいる場合では治療法は違う。, 多くの場合は異物が入っていて二次的にその周りに細菌が入ってきたりするが、必ずしも異物が入っているとは限らない。, 犬の足はもともとはだしで歩くようにできている構造なので、そこに異常が起こるということは、よほどなにかの刺激や異物が加わっていない限りめずらしいこと。, 異物や可能など局所的なものを除いては、ほとんどが全身性疾患のひとつの症状として足に出ているものと考えられる。, 指の関節に炎症があると、骨棘(こつきょく)が伸び、それが刺激になっていて、患部が晴れ上がる場合もある。, 何度も繰り返し炎症を起こす時には、切開して中に異物が入っていないか調べる必要がある。, 木片や草の実、フケや被毛など、レントゲンで写らないものが入っている可能性があるかもしれないからだ。, 指の間は神経や血管などがとても複雑に入り組んでいる部分なので、手術もしにくい箇所だ。, 薬を塗った部分を舐めてしまい、舐めることでさらに炎症を引き起こすことになってしまう。, そうなってから動物病院に連れてきても、何が原因なのか診断するのに時間がかかってしまうこともある。, 炎症を起こしているなと思ったら、なるべくそのままの状態で早めに病気を獣医師に診せること。, 足を洗ったらとにかくよく乾かすことが大切。タオルで拭くときはゴシゴシこすらずに。足を触らせないならタオルの上を歩かせて乾かす。, アレルギーやアトピーなど、皮膚病は梅雨時から夏場にかけてが悪化しやすい時期。季節柄、指の間もムレやすいので、こまめにチェックを。, 爪が伸びると指が浮き、足の位置にズレが生じる。関節に負担がかかり、それによって刺激が生じ、犬が気にして舐めることになりかねない。, 散歩によく行くと、足が鍛えられ、肉球が発達する。同時に指の間も鍛えられる。散歩が少ない犬ほどトラブルが起こりやすい。, 肥満になれば足に負担がかかるのは当然のこと。関節炎を起こし、しびれや痛みなどから足を舐めることになりかねない。, おとなしく足を触らせてくれない犬ならば、せめて足のかたちや被毛の色だけでも確認しておくようにしたい。, 痒がっている、赤くなっている、脱毛しているなど、いつもと違うなということに飼い主は気付いてあげたいもの。, 生まれつき皮膚が弱いということもなく、ある程度の年齢で皮膚に異常が出てきたときには、とくに気をつけてあげたいもの。, 4歳を過ぎて、皮膚病がでてきたなら、感染症によるもの、ばい菌やニキビダニ、カビなどが原因ならば、必ずその犬の置かれている日頃の生活環境や体のことなどをきちんと考えなければいけない。, 炎症を起こしている部分だけを治療し、今のところ様々な検査をして、どこも異常は見当たらないとしても、数ヵ月後に、そんな皮膚症状から実は癌があったとわかることもある。, 人気のキーワード: