Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. ?/船瀬 俊介 Kindle P130  (16).よくもここまで騙したな これが[人殺し医療サギ]の実態だ!/ベンジャミン・フルフォード、船瀬 俊介 P63  (17).医学不要論/内海 聡  Kindle P1098  (18). クスリは飲んではいけない! 「ボク」は金属バットを持って、復讐に向かいますが、暗殺者の「スニーカー」こと愛川に殺されました…。, クリスマス・イヴに不倫相手と桐子が車で会っているのを見つけた藤島は、その車に自分の運転する車をぶつけました。, 桐子に離婚され、16歳の娘・加奈子と分譲マンションを奪われた藤島は、現在は関東第一警備保障という警備会社の、警備員の仕事をしています。, 精神的にすさんだ藤島は、精神科から「統合失調症」「躁鬱病」の診断を受け、投薬治療中でした。, 医者に処方された薬を服用し続けないと、藤島は動くこともままなりません。薬漬けになっていると、藤島は自嘲的に笑います。, コンビニ店員・川本浩、飲食店従業員・安田彩花、写真専門学校生・小山順平が、全身をナイフで刺されて死亡した事件です。, しかし元刑事ということもあり、元後輩の刑事・浅井はちくちくと嫌味を混ぜつつ、重要参考人扱いをして、つきまといます。, ハリウッド注目のイケメン俳優!アーロン・テイラー=ジョンソンのおすすめ出演映画12選!, 子役時代から高評価!注目の若手女優、ダコタ・ファニング出演映画おすすめランキングTOP15, ドウェイン・ジョンソンの出演映画おすすめ人気ランキングTOP25!パワフルな魅力を体感しよう!. 第3回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた深町秋生の小説を、鬼才・中島哲也監督が映画化した『渇き。』。 その『渇き。』を実際に見たので、内容と感想をまとめてみました。 まだ観ていない方はネタバレになるので、ご注意ください。 渇き(映画) ネタバレと感想! 病気にならない人は知っている/ケヴィン トルドー P137  (23). 医学不要論/内海 聡 Kindle P2601  (13). 病院で殺される/船瀬 俊介 P184 (26). 人殺し医療 マフィアが支配する現代メディカル・システム/ベンジャミン・フルフォード P124〜25  (15). 「薬をやめる」と病気は治る/安保 徹 P92  (25). 医学不要論/内海 聡 Kindle P2601  (13). 24 -twenty four- の登場人物 ... 殺される直前、タリンが裏切り彼女を逃がしたと思われたがこれは陽動であり本当は彼女をctuに向かわせてemp (電磁パルス)爆弾を爆発させる事で陽動は成功し、彼女は無事 … 映画「渇き。 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。渇き。 のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。この映画のカテゴリーは サスペンス映画 です。 『渇き。』はちょっとわかりにくい映画だ。『渇き。』の物語のポイントは、加奈子の「やらかし」によって人々の利害関係が崩れてしまい、その混乱に父親の藤島が巻き込まれるという点だ。映画版『渇き。』は藤島が父親として娘の不始末をつけようとする物語で、原作版『果てしなき渇き』は藤島が娘から間接的に罰を受ける物語だ。, ところが映画版『渇き。』は物語の背景となる利害関係を勢いで描いているので、観客には物語が届きにくい。, 元ネタとなった事件が二つあります。しかも両方とも逮捕までいってません。俺の推測なので本当に元ネタなのかどうかはわかりませんが。, 一つは八王子スーパー強盗殺人事件です。銃殺の手口が鮮やかなことから銃の扱いに手だれな人物が犯人だと見られていますが、犯人の実像はつかめていません。定期的に警察やマスコミが真犯人説を報道しますが外国人犯人説や元自衛官説などバラバラです。, もう一つはプチエンジェル事件です。プチエンジェルとは女子小学生や女子中学生とセックスできる売春組織で、幼い少女たちをスカウトしたのは女子高生でした。この辺りは『渇き。』と同じです。現実のプチエンジェル事件は手配師の男が突然自殺して幕引きとなります。ビデオテープや顧客リストがあったにも関わらず顧客が誰も逮捕されなかったので「顧客に政治家か警察がいたのでは?」「手配師は本当に自殺なのか?」「手配師以外の黒幕がいるのでは?」と噂が出ました。ますます『渇き。』っぽいですね。, 売春組織の写真担当だったオガワを殺すためです。オガワは不良グループのメンバーでもありました。長野はオガワが殺されたので自分も殺されるのでは?と怯えます。, 映画では省かれているので原作の設定を説明します。チョウ(趙)はパチンコグループのトップでパチンコマネーを元に大きな権力を持っていました。そしてチョウは埼玉県大宮市でのショッピングモール建設計画を有利に進めるために、売春組織を使って町の有力者たちを囲います。, これは現実でもよくあることです。最近だとASKA容疑者と一緒にシャブセックスにハマっていた栩内容疑者は、人材派遣グループパソナの「接待」担当でした。パソナは福利厚生施設の「仁風林」を持っていますが、実態は財界人専用の超高級サロンです。ちなみに最近パソナは神奈川県の就職センター業務を受けることになりました。, 他にもグラビアアイドルを集めて愛人派遣をやっていた噂のある何とか連合や、押尾学にセックス部屋を提供していたピーチジョンもあります。80年代の話ですが明徳義塾高校は野球部を強化する名監督を獲得するために少女売春を使いました。そのとき逮捕された明徳義塾の部長はクビになるどころか現在では明徳義塾高校の校長になっています。, チョウの売春組織を大きくしたのは加奈子の力でした。加奈子はロリだろうがショタだろうが需要に応えるからです。そして、このロリやショタが悲劇の真相だったのです。, チョウを裏切って脅迫用の写真が存在することを権力者たちに教えました。一連の流れを説明します。, 不良グループのリーダー松永が加奈子に惚れていたからです。これは映画オリジナルの設定で、原作だと不良グループは内部崩壊を起こします。, チョウと不良グループを破滅させることです。チョウと不良グループはボーイフレンドの自殺の原因です。原作だと加奈子の目的を知った藤島が「俺がチョウを殺す!」と決意するのがクライマックスです。映画だとさらにトリックがありますが…。, 映像の色調で3年前と現在の違いを表現しているので時系列映画を見慣れてない人には難しいかも。「ボク」が出てくるのが3年前です。, これも映画だと省略されているので原作の設定を説明します。脅迫用の写真が存在することを知った一部の権力者たちはヤクザにチョウの抹殺を依頼します。ヤクザはチョウを拉致ろうとしますが、チョウの殺し屋であるスニーカーが邪魔で実行できません。, ここからは映画でも描かれていますが、ヤクザは藤島にスニーカーの排除を依頼します。藤島は娘の安全と引き換えに依頼を受けます。, ちなみに原作だとここらへんの展開は、それぞれの複雑な利害関係が藤島の「ぶっ殺してやる!」という想いに収束していく小説ならではの名シーンです。, 複数犯です。劇中では妻夫木が説明していましたが、ヤメデカ(警察を辞めた人たち)のゴロツキを集めた模様です。ただリーダーのスニーカーはヤメデカではなくて現役です。, 警察がチョウに預けた刑事です。ただしスニーカーは殺人マニアになってしまったため警察からも狙われていました。原作や映画の元の脚本では子どもの透析費用を稼ぐためにチョウの仕事を受けていましたが、映画本編では省略されています。, 現実でも警察はパチンコの元締めでパチンコ業界は警察の天下り先でもあるので、警察とパチンコ業界が協力関係にあるのはわりと自然な設定です。, オダギリジョーのことです。スニーカーを履いているから便宜上スニーカーと読んでます。ほとんどの殺人の実行犯はスニーカーです。, コンビニ強盗殺人事件と長野殺人事件を隠ぺいするためです。原作ではコンビニ強盗殺人事件に対する世間の反応は外国人犯罪説が主流になって未解決となります。, 偶然です。藤島の職業は警備員で、コンビニから警備会社に通報があったので藤島が駆けつけただけです。藤島が「俺が犯人」と言っているのは単にヤサぐれているからです。物語的な意味としては加奈子から藤島への罰が始まるシーンです。, 以上です。映画版は登場人物たちの感情のぶつかり合いが激しくて物語が入る余地がありません。映画の内容がわからなくてもそのぶつかり合いが醍醐味です。, hakaiyaさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog [断薬]のススメ/内海 聡 P30  (8).人殺し医療 マフィアが支配する現代メディカル・システム/ベンジャミン・フルフォード P95  (9).クスリは飲んではいけない! ?/船瀬 俊介 Kindle P124  (14). コンビニ殺人事件の現場に通報で駆け付けた警備員の藤島。元刑事で今は離婚し一人で暮らしている。, 藤島が殺人事件の重要参考人として警察からマークされていた頃、別れた妻から娘の加奈子が失踪したことを相談され久しぶりに家に行く。そこで娘の部屋に残されたカバンに覚醒剤が入っていることを知る。, 娘の行方を追う藤島は中学時代の同級生から緒方と松永の名前を聞き出す。緒方は3年前に自殺していたが、松永はいまも不良グループのリーダーとしてコンビニ殺人事件の容疑者にもなっていた。松永を追う藤島は逆に松永に捕まってしまう。だが突然現れた暴力団たちが松永を拉致していったため藤島は解放される。, 現在と3年前のストーリーが交互に展開され理解するのが難しい場面も多くあります。殺人シーン、血みどろシーンなどもかなり多くありますが、見るに堪えないような強烈にグロいシーンはありません。, 見どころは小松菜奈です。本格映画デビュー作となる本作で美しくて純粋で周りのすべてを振り回す悪魔的な美少女を演じています。, ストーリーは3年前と今の二つがあります。それが目まぐるしく入れ替わりながら進行するため混同してしまいそうになります。, 時系列は2012年12月24日~2013年12月24日の一年間が今です。その中でも2013年8月を中心に描かれています。3年前の日付はわかりません。, 加奈子は既に殺されているので加奈子が出てくるのはボク目線の3年前です。藤島の回想シーンや殺される場面の回想シーンで今ストーリーにも加奈子が出てきます。, 結局ほとんどの殺しをしていたのは殺人マニアのスニーカーです。そして中学教師の東も加奈子殺しの犯人です。スニーカーは警察に殺されますが東は生き残っています。(原作では東の自宅で藤島に死体の場所を告げた後、頭を打ちぬかれて殺されます。そして藤島一人で雪山を掘り返す場面で終わります), 東は藤島も加奈子も狂っていると言います。でも東も加奈子を殺して今なお罪を隠して生きています。藤島の聞き取りにも平然と嘘をつき自分の子供を汚した加奈子を殺したことを悔いているようには見えません。東もまだ加奈子に狂わされた一人ということになります。, 加奈子は狂っています。緒方の復讐のためとはいえやっていることは狂っています。だから人を惹きつけるということなのでしょうが、藤島さえも加奈子の前ではまともに見えます。, 同じくらい狂っているがスニーカーです。ボクが殺される場面で加奈子とスニーカーが一緒にいるのが象徴的だと思います。, そしてこの悪魔的な美少女は女教師にあっけなく殺されて消えてしまいます。自分がめちゃくちゃにして死に追いやっていった人たちと比べてあまりにもあっさりと誰も知らない場所で死んでいく対比がより狂人ぶりを際立たせています。, ネタバレ編 映画「渇き。」レビュー感想 3年前と今の物語を混同せずに観る | 映画レビューと本 with とーさんのブログ.