受身ができなければ、柔道をする資格はありません。 「受身」「礼法」「体さばき」は、柔道を始めたときに最初に教わります。 また何年柔道をやっても、何段になっても、柔道の練習メニューから受身が省かれることはないでしょう。 柔・・・ 129 0 obj endobj stream 最後に、体さばきです。 体さばきは、柔道において、技をかける前の位置移動のことをいいます。 柔道の体さばきをするに当たって、すり足をしながら、足と足を交差させてはいけません。 <> %%EOF 0 また何年柔道をやっても、何段になっても、柔道の練習メニューから受身が省かれることはないでしょう。, また受け身の練習を続け、上達すれば、最初は、痛かったものがまったく痛くなくなってきます。, 日々の柔道の練習メニューの冒頭に、アップを兼ねて、それぞれの種類の受身を徐々に強度を増しながら行いましょう。, 顎を引いていないと、頭を打って脳がダメージを負ったり、首を骨折したりするなど、大変なケガをしてしまうかもしれません。, 後受身の練習メニューは、「仰向けの姿勢から」座った姿勢から」「しゃがんだ姿勢から」「立った姿勢から」と徐々に強度を高めていき、その上達を目指します。, 横受身も他の受身と同様、倒れるときに顎を引いて背中を丸めることと、伸ばした腕で畳をはじくように叩きます。, また両足が重ならないように開いて、かつ足を痛めないように、足の強い部分で、畳にはじかれるように着地します。, 後受身の練習メニューも、「仰向けの姿勢から」「座った姿勢から」「立った姿勢から」と徐々に強度を高めていき、その上達を目指します。, チャレンジ精神を出して、自信をもって失敗してもいいので思い切って取り組んでみましょう。, 左前回受身は、左手と左足を前にした状態から、右前回受身は、右手と右足を前にした状態から転がっていきます。, このとき横受身と同様、左右の足が重ならないように、開いて、畳にはじまれるように着地します。, 慣れてくると、ここから転がる勢いと左手を叩いた力を利用して立ち上がることができるようになります。, 慣れてくると、ここから転がる勢いと右手を叩いた力を利用して立ち上がることができるようになります。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. endobj 最後に、体さばきです。 体さばきは、柔道において、技をかける前の位置移動のことをいいます。 柔道の体さばきをするに当たって、すり足をしながら、足と足を交差させてはいけません。 <>/PageLayout/OneColumn/PageMode/UseNone/Pages 126 0 R/Type/Catalog/ViewerPreferences<>>> 128 0 obj x�c```��,��@ (��KY�����z�=u��' n���\uzǜ��J����;��1�u�]���9����P�;X����W�+��7R�ٲ���ŶE ���quI}nwJ�?h�x��=�1�@�q������7H��*XăA�A��� ��gpo�vp�a4g: *��G�)CH�e3��X64`X���p+�цK�A�}���o�\�#ϰ�3)`� � �K\����iF > 0000000015 00000 n 0000000986 00000 n 0000001277 00000 n 0000001965 00000 n 0000002124 00000 n 0000002649 00000 n 0000002812 00000 n 0000002847 00000 n 0000005539 00000 n 0000005589 00000 n 0000006549 00000 n 0000006626 00000 n 0000006700 00000 n 0000006776 00000 n 0000006913 00000 n 0000007115 00000 n 0000007352 00000 n 0000007455 00000 n 0000008520 00000 n 0000008664 00000 n 0000008860 00000 n 0000009104 00000 n 0000009277 00000 n 0000018104 00000 n 0000018243 00000 n 0000018435 00000 n 0000018676 00000 n 0000018795 00000 n 0000001477 00000 n trailer <> <>/PageLayout/OneColumn/PageMode/UseNone/Pages 63 0 R/Type/Catalog/URI<>/ViewerPreferences<>>> endobj \��E��#�[J8���0r�ds��9��l��!��D� .��%Fx�U/n��u���~W3�>�I"��|������̻З��侼�4]&�ۣ� 㡴}]�g startxref %�/3u�Ɩ�l�%��xF&KNI�fF�}�T�̤��| 3. 103 0 obj ���~��[��^���o�~�V��R$Sqٓ�O���g��D�c�*Zv>F�H}���H�<8��n�Β�|�[��������y�$T�&{}��ɫG����sqq����,�������Y�~�鯱���y��,����~�p;�?u}�N��+ ��!%�ĵi.��c�� ~ڑ�"ow ?n$�7��w�7+ �w/��! 相手には襟をつかんでもらい、自分は両袖をつかみます。 そして、ぴょんぴょんジャンプしてもらいます。 ちょうど相手の重心が上がるタイミングで足払いをします。 endobj <> Copyright (C) 2020 柔道が上達する練習メニュー All Rights Reserved. `�H"��bw6Z-�gxhV�'L�쏓�5a� ��_��8"P��Q��/�6c�Ң ��RjI�t�"�S߬�� v�b�ks���S�e�40������=�9�� `�T6)"��Xe��T���&����L*Կ :6aM�\� g�X�?��T0fu�Yp��s�y�!��U{F�i|���A���j��އ ��Yo!`L�SK?,��҄L}}Z�^����Ѩ�bRM5��:��m��7�|N. 77 0 obj endobj <> x����u�O��t������y����ήfwvvvW�}�ꁄB�d$Y=" �R�Uv�()c��J%q�Hb�E�X!vH�'&�'�\`Sv�'�@m��i�@��T�1��~�sO��}��G�JU+��(D����ں}�Ȏ��B$���}��?�O}��IJ|�����3�&=MR�>���O>v~�v��2���t����;�>GRםD�?9���w����>�e�7HO���}���}�ؙ[�$���"I�S7�8����ϐԷ�����ɟA������;T,��$}��D��N�8}f��d��OO��'O:�����I�����#�ټ�G����fod�% <]/Info 74 0 R/Prev 284067/Root 76 0 R/Size 104>> 数ある柔道の技の中でも、非常に実戦的で、決まると一本になりやすいダイナミックな技です。 内股のやり方とコツは、相手をいかにうまく引き出し、両足爪先に重心を移す(前に崩す)かにあります。 そのためには釣り手、引き手の使い方・・・ 76 0 obj なぜなら、常に柔道は誰かの力や体重がかかった状態のため、理想とされるフォームで技をかけることができないからです。, そのため、一人で練習して理想とするフォームを確認することは、柔道の上達には必要です。, 一人でできる柔道の練習方法として鏡を使った一人打ち込み・壁を使った一人打ち込み・体さばきの3つといえます。, 先ほどもいいましたが、実際に柔道をしていると相手の力や体重があるので、自分が思い描いているフォームと違うことがあります。, ゆっくり一人打ち込みをして丁寧に自分のフォームを確認したり、早く一人打ち込みをして、フォームが崩れていないか確認をします。, そうすることで、実際に柔道をしていて、相手からの力や体重が掛かっても、フォームが崩れなくなります。, 払腰や内股など、上半身は相手の方を向いたまま、下半身を相手と同じ方向を向かないといけません。, そこで、釣手を壁について体をひねることを意識して一人打ち込みをすることで、しっかりと体をひねることができます。, 柔道の体さばきをするに当たって、すり足をしながら、足と足を交差させてはいけません。, 前に相手がいるのを想像して、ジグザクにすり足をしながら、足と足を交差させないように体さばきの練習をします。. 136 0 obj 体さばきについて説明します。 柔道をしている際に、相手を投げるタイミングをみたり、相手の技を防ぐために体をうごかさなければいけません。 体さばきは、これらの動作のことをいいます。 体さばきは、柔道をする上で、とても大切な動作になります。 大人の趣味探し趣味活ならファインドホビー All Rights Reserved. xref 131 0 obj 柔道の大腰(おおごし)は、自分の腰に相手を乗せて、一気に投げる技で、腰技の基本となる技です。, 柔道の大腰は、まず自然体に組み、釣り手を離して、相手の脇の下から背中に回し、その手で相手の後ろ帯辺りを掴み、体を反転させながら相手の腰を引き寄せます。, 背負投と同じ足さばきで回転します。自分の腰の位置は相手よりも低くし、相手を腰に乗せて回転するように一気に投げます。, 柔道の大腰のコツのひとつは、背中をつかんだ腕の肘を曲げて、相手をしっかりと引き寄せ密着させることが大切です。, 大腰の上達する練習メニューとして技をかけるときの釣り手の使い方を練習していきましょう。, 大腰はコツでも述べてように相手をしっかりと引き寄せて密着させることで、相手を自分の後腰にのせ投げることができます。, 引き手で前へ引き出し、相手の背中に回した釣り手でさらに引き寄せて密着させます。密着が不十分だと腰に上手く乗せられないので投げにくくなります。, また、自分が回り込む前に引きつけすぎると回転不足になるため、回転直後に引き寄せるようにしましょう。, つぎに大腰の上達する練習メニューとして、より実践的に練習をしていきましょう。大腰が実践で効果的な場面はケンカ四つでお互いの距離が遠いときです。, ケンカ四つは相四つよりも相手との距離ができる為、技がかけにくくなる状況が多くありますが、相手の横から入ることのできる大腰が効果的になります。, ケンカ四つのときの大腰の練習は、ケンカ四つで組みあい距離をとって技に入る練習をしていきましょう。, ここでポイントになるのは大腰をかける前の釣り手の使い方です。ケンカ四つなのでお互いに釣り手が交差している状況にあり、相手の釣り手の上から持っているか、下から持っているかでも使い方が違います。, 相手の釣り手の下から自分が釣り手を持っている場合は、自分の釣り手側の脇を開けるように肘を外側に開きます。こうすることで自分の上にある相手の釣り手側の脇を開かせて腕を回し込むスペースをつくり、腕を背中に回し込みます。, 相手の釣り手の上から自分が釣り手を持っている場合は、自分の釣り手側の脇を締め、相手の釣り手を畳みこむようにして引き寄せます。引き寄せたらそのまま腕の上から背中に回し込みます。, 背中に腕を回し込んだら、大きく一歩目の足を踏込み、体を回転させながら、片方の足を持ってきて腰に乗せて投げます。, ケンカ四つのときの難しい点は、足さばきです。ほぼ横から入り込むので大きく踏み込んでから、腰の回転と片方の足さばきと、引きつけることの3つをほぼ同時に行わなくてはいけません。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.