ジャぱん』は『週刊少年サンデー』に2001年から2007年まで連載された。パンの魅力に魅せられた少年が、プロのパン職人として理想のパン「ジャぱん」を追究する姿を描く。, 河内恭介(かわち きょうすけ)は数多の修行やリアクションにより、その風貌はかなりの頻度で移り変わっていった。, 地球温暖化を防ぐため、東和馬(あずまかずま)の素パンを食べてダルシムへと変化。全世界の陸地を浮遊させ地球温暖化から世界を救う。最終的にパン職人を辞める破目となり、リュウやケンと日夜戦い続けることになった(『ストリートファイターII』の世界へと活躍の場を移す)。そんな境遇に陥った彼の「なんやて! !」ではヒューマン1号(岩城淳一郎)は10話で戦死したと思われたが、11話で復活する。このコミカライズ版ではヒューマン1号は死んだことになっている。, 少年ジャンプの漫画誌アプリ「少年ジャンプ+」で連載されている『ナノハザード』は、2019年2月26日をもって完結したが、その最終話があまりにも超展開すぎるとネットで話題になっている。中ボスとラスボスを倒す最終決戦から、人類滅亡と人類創生までの超展開に読者は度肝を抜かれた。, 主人公の円城と中ボスの前園とラスボスの女王が同時に死ぬことで、最終決戦がたったの1コマで終わる。, 時が流れ400年前、誰もいない地球の上で、死んだ主人公とヒロインが復活してアダムとイヴに…。, 『武士沢レシーブ』(ぶしざわレシーブ)は、『週刊少年ジャンプ』で1999年に連載されたうすた京介作のギャグ漫画。, ヒーローにあこがれる武士沢、牛乳学園ヒーロー部の国本兄妹、不良グループ「鬼嶋組」をめぐる騒動から始まる。, 「武士沢レシーブ」の最終話は「ダイジェスト」によって僅か2ページでゼリー最高幹部四天王との戦い、ゼリーの内乱、トリ男が父を暗殺し恐怖政治でゼリーを支配する等の出来事を一気に説明した。さらに2ページの「年表」で作中の重要な出来事を説明した。, 『男坂』(おとこざか)は、車田正美による日本の漫画。集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』にて、1984年の第32号から1985年の第12号まで連載された。, 『SILENT KNIGHT翔』(サイレントナイト ショウ)は、車田正美による少年漫画作品。集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』にて、1992年第35号から1992年第48号まで連載。, 大ヒットした『聖闘士星矢』の連載終了後、その路線を継承して1992年に連載を開始したバトル漫画。 『聖闘士星矢』の焼き直しにしか見えない内容だったこともあって実際人気は振るわず、僅か13週で打ち切りという憂き目に遭ってしまう。, 最終回の最終ページは、見開きで地球をバックに「NEVER END」と大きく描かれるという、かの『男坂』にも匹敵する衝撃のラストであった。, 『シャーマンキング』は、武井宏之による日本の漫画、またそれを原作としたアニメ。『週刊少年ジャンプ』(集英社)において1998年(平成10年)31号(1998年7月13日号)から2004年(平成16年)40号(2004年9月13日号)まで連載された。通称は「マンキン」。, 霊能力者(シャーマン)の少年麻倉葉が、シャーマンの頂点を決める戦い「シャーマンファイト」に参加し、全知全能の力を持つシャーマンキングとなるための戦いを描く物語。, 連載末期には『週刊少年ジャンプ』のアンケート順位が最下位近くで低迷を続けた末、打ち切りという形で連載終了となった。ジャンプコミックス最終巻のラストシーンにはみかんが描かれているが、これはストーリーの未完を意味する武井のシャレである。, 最終コマの左端にちょこんと書かれた「みかん」のイラストがこの物語が「未完」であることをあらわしており(ちなみに扉絵でも葉がみかんを持っている)、この「みかん」オチ、「プリンセスハオ」夢オチと、ダブルでパンチの効いた最終回は当時のジャンプ読者にとって伝説の最終回となりました。, 『代紋TAKE2』(エンブレム テイクツー)は、1990年2月19日から2004年8月30日発売号まで講談社の漫画週刊誌『週刊ヤングマガジン』に連載されたSFヤクザ漫画。, 題名の「TAKE2」は映画などでの「2度目の撮り直し」にちなんでいる。タイムスリップしたヤクザが人生をやり直すという、SF(ループもの)とヤクザものを組み合わせた発想で人気となり、15年にわたっての長期連載となった。, 『東京大学物語』(とうきょうだいがくものがたり)は、江川達也による日本の漫画。1992年から2001年にかけて『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)に連載された。, 随所に見られる斬新な演出(延々と村上の心理描写が続けられたあとに決まって表示される「(この間0.-秒)」、村上の尋常ではない表情の変化など)が、本作の特徴である。連載初期はオナニーなど性的なネタを絡めつつもプラトニックな恋愛が描かれていたが、単行本第5集以降、過激な性描写が顕著となっていった。一話が丸々セックスシーンのみというエピソードも存在した。, 遥は実在せず、村上の妄想だったのか? 店長との関係を進展させてしまってズルズル続けてたら暗い未来しか見えなかったよ、確実に。, 大人にとっての3年なんて一瞬だから、JKがマズイってんならそんくらい待つだろフツー, JKという単語に囚われ過ぎて、大人になるまであと3年も無いという事実に気付けない馬鹿だけだぞ、あの結末に納得してるのは, 8マンはあの頃だから(わざわざアシスタントに代筆させて)取り敢えずの完結話書いてもらえた幸運な作品 今なら最終話の一つ前で無残に終わってたはず にじは英語圏でホロと競争する気がないのか? …趣味が「チ○コいじりと嫌がらせ」のくせに… 最終回が史上最悪なのは同意する. 妄想オチはそれまでの漫画の世界を全否定する最悪の締め方 「チ○コいじりと嫌がらせ」のくせに!!, 引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1528920747/. 作者がそうしたかったんだからそれでいいよ。, こう見るとほんとヤンジャンはろくな終わり方せんな そう考えるとまさにクソみたいな終わり方ではある, 集めてた漫画で初めて売った漫画だからアイアムアヒーローに一票で この人はほんとによく見てるファンなんだろうね, 詐欺した奴が謝罪もなく毎日のように配信してる方がえぐいだろ。 ヘルシング全巻持っとるわ! 炎上前日にメンバーシップのメンバーがスパチャで苦言を呈したらまるでアンチを... 【悲報】実写版『鬼滅の刃』本当に動き出す 炭治郎に山崎賢人、禰豆子に橋本環奈、無惨にGACKT, http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1519837573. 死にたくねえし痛いのも嫌だけど。死にたくねええええええええええええってテンションもちゃ... いや普通に全コンセプトパクりすぎ。医者は鎬紅葉だろ。理人は花山薫でプロレスラーは猪狩だし。 ネットで江川の漫画を「説教付きエロ漫画」って書き込んでいたけど、まさにその通りだと思う。, ベイビーステップは、最終話までで物語がすっきり終わってる。ラストシーンが序盤不利な展開の1ゲームだけで終わるけど、世界が期待してる相手をちゃんと分析して追いつけるって言ってた。きっとこの戦いも最後はいい勝負まで持ってくんだろうな…でもそれって最終話までに何度も描いてきてて、このマンガはやりきったんだな、と思った。 ヒューマン! くっつかなかった事じゃなく、随分長いことあんなメンヘラに !マサルさん』は、うすた京介による日本の漫画作品である。週刊少年ジャンプ(集英社)において、1995年から1997年まで連載された。全79話。単行本は全7巻で累計700万部以上が売れた。, 一応は全2部構成となっているが、第二部「地獄校長編」は最終回のみのたった1話で完結している。, 『幕張』(まくはり)は、『週刊少年ジャンプ』で1996年から1997年まで連載されていた木多康昭の少年漫画作品である。『週刊少年ジャンプ』誌内の『魁! …趣味が「チ○コいじりと嫌がらせ」のくせに… チャンピオンが「伝説の最終回」を集めた単行本を発売 これは買いでゲソ . 綺麗な終わりかたの理想例のひとつ。 『月刊チェヨンス』連載。ソードマスターヤマトという主人公の勇者が悪の化身ベルゼバブと戦うバトルファンタジー漫画。しかし、ありがちな設定や編集者の小島によるわざとらしい誤植などの問題から不人気でわずか10話で打ち切りとされた。その際、3ページで四天王全員が一斉に死に、ベルゼバブと対峙するなど最終話の伏線の回収に関しては一部で評価されている。コミックス1巻の発売日は未定とされている。, 劇中劇「ソードマスターヤマト」は、「これをアニメにしておくれ」ランキングで1位を獲得し、アニメの第2弾でアニメ化された。, アニメ版の「ソードマスターヤマト」では、打ち切り最終話の3Pの内容は、エンディングシーンで流されている。, ベルゼバブ配下の敵幹部四天王の登場と撃破までを2Pでまとめた。というギャグ。「超展開」の見本。, ラスボスのベルゼバブの登場!伏線は回収、最終決戦まで見事に1Pでまとめた。というギャグ。「超展開」の見本。, 生き別れの妹がいるような気がしたが、それは主人公ヤマトの勘違いだった。ベルゼバブは誘拐した両親をすでに解放していた。伏線は回収され、ヤマトとベルゼバブの最終決戦が始まる。ヤマトの勇気が世界を救うと信じて、物語りは終わった。, 「ソードマスターヤマト」は現実の作品ではなく、あくまでも「ギャグマンガ日和」の劇中劇にすぎないギャグマンガですが、最終話のまとめ方が見事な超展開だったので、打ち切りマンガの超展開の代名詞(ネタ)になっています。, 以降、打ち切り最終回での伏線回収が見事な「超展開」作品が、ソードマスターヤマトの引き合いに出されるようになる。, 『突撃! 東京大学物語が面白いって奴いるけど、あれが面白かったのは6巻までで、普通に読めるのも10巻まで あとの20巻以上はずっとつまらないだろ. 当初は全8話の予定であったが、編成の都合で連載前に4話に短縮された。しかし、この影響で終盤の展開は想像を絶するものとなり、ネット上では現在でも取り上げられることがある, 週刊少年チャンピオンで連載。全8話の短期集中連載だったのに誌面の都合で4話に短縮されたという伝説の漫画。 ヒロイン死んだまま主人公はどこかへ行っちまう、哀しい俺たたエンドだったよ, 嘘喰いは卍戦以上のバトルを描くのは無理っぽかったから、あの終わり方もしょうがないと思う。 ?」でこの作品は幕を閉じる。, 『ヤオヨロズガール』は漫画家、御船麻砥による漫画作品。かつて幻冬舎の「月刊コミックバーズ」(幻冬舎)にて連載されていた。, 『タカヤ-夜明けの炎刃王-』は週刊少年ジャンプ2006年13号〜2006年26号掲載。, 『ヤンキー君とメガネちゃん』は吉河美希による漫画作品。2005年に『増刊マガジンワンダー』(講談社)で読み切りとして初登場し、その後『週刊少年マガジン』(同)2006年27号より3号連続で集中連載。2006年46号から2011年25号まで本連載された。, 品川は教師になったもののやる気なし。そして、足立花は実は高校を中退し卒業していなかった。生徒時代と同じように社会見学なんか面倒くさいと品川がトイレにこもっていると、そこに突然足立花が初めての出会いと同じように現れて・・・。高校生をもう一度やり直しているというという強引な展開。, 紋白高校の先生になった品川がトイレにこもっていると・・・そこに突然、足立花が初めての出会いと同じように現れる。, 『極黒のブリュンヒルデ』は岡本倫による日本の漫画。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2012年9号から2016年18号まで連載された。岡本倫が2002年から2005年にかけて『週刊ヤングジャンプ』で発表した『エルフェンリート』の系統を継承したサイエンス・ファンタジー作品であり、陰惨描写要素の多い(いわゆる「ダーク系」ならび「ダーク・ファンタジー」を取り入れた)SF漫画でもある。, 『アイアムアヒーロー』(I Am a Hero)は、花沢健吾による日本の漫画。漫画雑誌『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、2009年22・23合併号から2017年13号まで連載された。謎の感染症による平凡な日常の崩壊を描いたSFホラー漫画。, 意味不明という評判のオチ。報われないヒーローとしての英雄は作者の狙い通りかもしれない。, 『嘘喰い』(うそぐい)は、迫稔雄による日本の漫画作品。2006年24号から2018年3・4合併号まで『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載された。, 『LIAR GAME』(ライアーゲーム)は『週刊ヤングジャンプ』2005年12号より2015年8号まで不定期連載された。嘘をつけない善良な女性『神崎直』が、謎の組織により開催される嘘つきのゲーム『ライアーゲーム』に巻き込まれ、天才詐欺師『秋山深一』と共にゲームに立ち向かっていく物語。, 『セクシーコマンドー外伝 すごいよ! エロ絵の一点突破で連載してたやろアレ, 恋は雨上がりのように は、良かったでしょう 後半ずっとつまんない 付き纏われてた事が可哀想で、詫びの一つも言いに来ない女に腹が立った, 嘘喰いはそんな言われるような悪い終わり方じゃ無いけど 蜂王で二人が協力して強敵打ち倒すって示唆もしてるし, ライアーゲームの挙げられてるコマは漫画家と編集者の間に何かあった闇を感じるぞ 編集部の都合なのか作者の腕の問題なのか, マガジンが特に多い気がするな !』は小学館の学年別学習雑誌「小学二年生」(1972年12月号-1973年2月号 作画:江原伸)に連載された作品。最終回は「ヒューマンの弟であるヒューマン2号が単独でグランドフラッシャーを倒し兄の仇を取る」という最終回。これをわずか2Pの「超展開」でまとめた。, 特撮「突撃!ヒューマン! 何も変わってないといえばそうとしか言いようがない. クソッ…ヒラコ―め… 主人公の父親が元凶以外の何者でもなく、他の漫画なら主人公が発狂するくらい周りに批判されてたレベルなのに、生存した中では一番被害を被ったラスボスからすら責められないどころか美化されたまま終わってる。, ヒラコ―確かにすげぇわ… 結構漫画の中で訴えかけたり表現してる漫画家は多いからね, 東京大学物語が面白いって奴いるけど、あれが面白かったのは6巻までで、普通に読めるのも10巻まで 駆け足とはいえラスボス倒して後日談に2話も貰えたんだからな, 恋雨はむしろ後腐れのないスッキリする終わりだと思うんだけど… 信じられない衝撃的な結末、最終回がひどいと話題の漫画、マンガ史に残る読者を置き去りにした酷い最終回のまとめ。終わり方が意味不明と評される酷い最終回の原因は、たいていが不人気による打ち切りです。完全ネタバレなので閲覧注意で。, 『ギャグマンガ日和』は増田こうすけによるギャグ漫画。現在は『ギャグマンガ日和GB』と改題し、『ジャンプスクエア』にて連載中。, 「ソードマスターヤマト」は『ギャグマンガ日和』の漫画家シリーズに登場する以下のような設定の劇中劇。 登場人物が全員異常者過ぎて心理戦になってない いろいろストレス溜まってたんだろうな, 自分が正しい面して全部アンチのせいにしてるってすごい的確だな 信じられない衝撃的な結末、最終回がひどいと話題の漫画、マンガ史に残る読者を置き去りにした酷い最終回のまとめ。酷い最終回の原因は、たいていが不人気による打ち切りです。完全ネタバレなので閲 … 知ってる人いる? 近年の作だけでもベクターボール、ベイビーステップ、エデンの檻, デビルマンはあれでも、アニメの3クール打ち切りに伴って ヒューマン! マンガ連載終了言い渡された末の結果なんだよなあ え⁉︎これで終わり?とはなったけど, GANTZのラストはザンボット3の引用でしょ。 !』(とつげき ヒューマン)は、1972年10月7日から同年12月30日まで日本テレビ系で全13話が放送されたヒーロー番組。, コミカライズ版『突撃! 何故か引き込まれるわ… 描かずとも希望的な余韻の残る終わり方で、個人的にはすごく好き。, RAVE あんなにあっさり終わるにはおじさんが振り回され過ぎてて可哀想 ちょっとでも意に反するコメントするとアンチ認定するからもう誰も何も言えない状態だったからな ・コメントの反映まで時間がかかる場合があります。・卑猥な言葉、過激な表現はお控え下さい。, 漫画、アニメ関連の2ちゃんねるまとめサイトです。ニュースや雑談、面白ネタなどをお届けします。. リアルなイメトレするとこまで一緒。訴えられていいレベル。よく恥ずかしくない... 切り抜き見る限りキレる要素ないのにいきなりキレるからやばい 後からじわる。, ジャンプは平成よりも昭和40年代以前のほうが突き抜けた作品多かった 世界累計3000万部突破したダークファンタジー「東京喰種トーキョーグール」作者:石田スイ。 デビュー作でありながら3度のアニメ化をはじめ 舞台、映画、ovaと多彩なジャンルで人気を博し 4度目のアニメ化。 そこで今回はこ・・・ 唐突に登場人物が全員死亡し、世界が崩壊して終了。投げっぱなしどころの話ではない。, 『BAKUDAN』(ばくだん)は宮下あきらによる日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載されていた。日本一のヤクザを目指そうとした不良少年、瀑僚介が地上げできたボクシングジムで才能を見出され日本人初のヘビー級チャンピオンを目指す。, 最終回ではプロデビューから日本王者、世界戦までを一回で描ききった。最終回は、3ページ、5コマで5人のボクサーをなぎ倒して日本チャンプになり、さらに世界チャンピオンになるところまで描写される怒涛の展開で話題になった。, 宿命のライバルであった鷹条ユウキを倒して、日本ヘビー級王者になった。わずか5コマで5人のボクサーをなぎ倒して日本チャンプになる。怒涛の展開。, 「バクダンは頂点に立ったのだ」ラストシーンで、世界チャンピオンになるところまで描写される怒涛の展開。, 国内外の社会ニュースの解説から芸能情報、ネット上やSNS上で話題になっている出来事のまとめ。, おもちゃ、フイギュア、ガンプラ・プラモデル、ミニ四駆など多様な趣味に関する情報や話題を集めたまとめ。新商品や作品、グッズに関する情報やイベントなどの話題や情報を集めたまとめ。, 酷い最終回を迎えた漫画のまとめ。打ち切りによる投げっぱなし、意味不明や超展開エンドなど。, ゲーム史上最強のトラウマ級の「鬱ゲー」12選 エログロゲー中心。陰鬱なグロ描写多いので閲覧注意。, 【鬱ゲー】ゲームの歴史に残る衝撃的かつ悲劇的なシーン(80年代から90年代までのレトロゲーム中心), ゲーム史上最もキモい姿のトラウマ級の敵キャラ 27選 悪趣味デザインのグロ画像が多いので閲覧注意。.