All rights reserved. 結婚生活や夫婦関係は人生における重要な要素ですから、もしパートナーシップや家庭生活に悩みを抱えている方が目の前にいたら、ホロスコープを活用して、何か有益なアドバイスをしたいと思うのは自然なことです。, そこで、ホロスコープから2人の相性を見るために必要な読み方を、この記事ではお伝えします。, ホロスコープには2人の本来の気質が現れており、それを突き合わせることで、2人の相性を見ることができます。, 結婚生活は、他人同士だった2人が家族になる行為です。家族になれば、同じ屋根の下で日々の生活を過ごします。だからこそ、日常生活における相性が特に重要になります。, 会社でだけ会えばいい同僚や、デートのときだけ会えばいい恋人同士とは違って、毎日毎日を共に過ごす必要があります。, そこで、ホロスコープを見るときにも何より重要になるのは「日常生活」を表す天体である「月」なのです。, サインには次の4つのエレメントがあり、エレメントの組み合わせによって相性の特性が変わってきます。, 例えば、月星座が魚座の男性、月星座が水瓶座の女性であれば、男性が水のエレメント、女性が風のエレメントの組み合わせのご夫婦です。, ご夫婦2人ともの月星座が火のエレメントの場合、お互いの個性がぶつかり合うかもしれません。お互いがそれぞれオリジナリティを追求していて、家庭内における主張においては、どちらも譲らないでしょう。お互いを認め合えば、個性的で楽しい夫婦になれます。, お互いが自分の性質を知り「あなたはあなた」「私は私」であり「それぞれの個性が素晴らしい」ことを、お互いに認め合うことが大切です。, また、火のエレメントのサインの人は個性を大切にしますが、同時に、自分より優れてると感じる大きな存在に対して尊敬の念を抱く傾向があります。だからこそ、夫婦がお互いに高め合い、尊敬しあえる関係を築くことが重要です。, 土は踏み固める性質です。自分のポリシーを大切にします。現実主義で一歩ずつ努力します。, ご夫婦の月星座が、火と土のエレメントの場合、やや意見がすれ違う傾向があります。火のタイプの方は、自分の感性を頼りにしますが、一方で土のタイプの方は、現実主義者です。そもそもの視点が違うため、話がかみ合わないと感じることも。, どちらも”自分らしさ”を大切にするエレメントなので、お互いの個性を認めあうことができると良いでしょう。, 火のタイプの方は、個性を押し付けないことを意識して、相手のポリシーを尊重してください。土のタイプの方は、火のタイプの人の個性を批判せずに、自分のやるべきことに集中しましょう。, ご夫婦の月星座が、火と風のエレメントの場合、賑やかで快活な良い関係を築けるでしょう。ただし、喧嘩に発展したときには、周囲を巻き込むほど、騒動が激しくなる場合も。, 火のタイプは、自分らしい個性を大切にしています。一方で、風のタイプの人は、自分の個性を抑えて、火のタイプの人を支持することが、それほど苦ではありません。相手の強い個性を好きだと感じる限りは、その個性を引き立て、伸ばすことができるでしょう。, しかし、一度熱が冷めてしまうと、風サインの方はさっと居なくなってしまう傾向もあるため、夫婦関係が冷めないような注意が必要でしょう。, ご夫婦の月星座が、火と水のエレメントの場合、自分らしさを追求する火のタイプの人に、やや水タイプの人が振り回されるような傾向があるでしょう。水タイプの人は優しいので、自己犠牲的に振る舞いやすく「自分さえ我慢すれば」と、やり過ごしてしまうのです。, 火のタイプは、自分らしい個性を大切にしています。一方で、水のタイプの人は、自分よりも他者を優先したり、誰かのために自己犠牲的になりやすいタイプです。ですから、火のタイプの人は、自分を大事にするのと同じくらいに、相手を大切にすることを心がけてください。水タイプの人は、パートナーだけに依存するのではなく、他の家族や仲間とも、親しい関係を築いて下さい。水タイプの人は、一人ぼっちだと感じると、孤独に耐えられないのです。, ご夫婦の月星座が、2人とも土同士の場合には、お互いに頑固さを発揮するはず。とはいえ、基本的に同じ性質同士は相性が良いのです。相手のことを「芯のある相手」だと認め合って生活することができます。, それぞれのポリシーを頭ごなしに批判せず、論理的にお互いの考えを話あって、議論を深めていきましょう。たくさん会話して、話し合うことが土同士の夫婦のポイントです。, ご夫婦の月星座が、土の風エレメントの場合、土のタイプの方が現実的な作業を好み、風のタイプの方は社交を好みます。そのため、たとえば、家事は土タイプの方が、親戚付き合いは風タイプの方が担当するなど、お互いに役割分担がしやすいです。, 土のタイプの方は、自分のポリシーが強いのです。家族のことも、家族で決めたがります。一方で、風のタイプの方は、自分の強いポリシーを主張しないので、他人の意見も柔軟に取り入れようとします。土のタイプの方は、家族の方針を外から「蹴散らされた」ように感じる可能性があるのですが、お互いに歩みよって、十分に話し合いができる関係性を構築してください。, ご夫婦の月星座が、土の水エレメントの場合、とても相性のよい関係です。土タイプの方は現実主義で自分のポリシーを貫きますが、水タイプの人はその方針に従い、適度にサポートします。お互いがお互いを必要とする関係です。, 土のタイプの方は、自分のポリシーが強いのです。水タイプの人は、サポーター気質なので、土タイプの人のことを支えます。ただし、土タイプの人は自分仕事のことに一生懸命になりやすく、その結果、水タイプの人のことを一切気にかけないようになってしまうと、水タイプの人は孤独に耐えられません。土タイプの人が、水タイプの人に感謝を伝え続けることが、良好な関係を維持するためのポイントでしょう。, ご夫婦の月星座が、風と風のエレメントの場合、お互いに干渉しすぎない関係となります。放っておくと、それぞれ好きなことをバラバラに始める傾向も。, 風のタイプは、社交的です。一か所に留まりません。お互いにずっと家の中にいることはなく、各々がアクティブに活動していることが多いので、共通の趣味や、共通の友人を巻き込んで、一緒にイベントを楽しめるように工夫すると良いでしょう。, ご夫婦の月星座が、風と水のエレメントの場合、自由な風にタイプの人に、優しい水のタイプの人がやや振り回されるかもしれません。風タイプの人が、家庭の外から情報や新しい風を持ち込み、水タイプの人が家庭生活を維持するような関係になるでしょう。, 風のタイプは、社交的で、広い交流関係を望みます。一方で水タイプの人は、親しい人や心を許した人と信頼関係を築くことを好みます。風タイプの人にとっては、水タイプの人がいつも側にいてくれることに感謝の気持ちを忘れないこと。そして、水タイプの人は、風タイプの人に自分の気持ちをその都度しっかり伝えましょう。, ご夫婦の月星座が、水エレメント同士の場合、相性のよい関係です。水タイプの人は、他人を必要としますので、お互いにちょどよい相互依存関係を築くことができます。家庭内にはゆったりとした空気が流れるでしょう。, ともに過ごす時間を十分にとるようにしましょう。一方の仕事が忙しすぎていつも帰りが遅い、出張が多い、単身赴任・・といった状況はあまり望ましくありません。「一緒に何をするか」よりも、「どれだけ一緒の時間を過ごすか」が大切なのです。, また、コンジャンクションは、お互いの影響を無意識で取り込み合います。まさに一心同体の関係です。お互いの感情やコンディションが手に取るようにわかるので、ツーカーの関係になります。, とはいえ、何らかの事情により、いがみ合っている関係の場合は、同族嫌悪のような状態になることも考えられます。, セクスタイルの場合、夫婦がお互いに友達のような協力関係を築くことができます。いわゆる仲の良い夫婦が多いです。, 一緒にいて楽しく、協働して生産性のある仕事をすることもできます。良い化学反応が起きやすい関係です。, スクエアの場合、お互いの気持ちがぶつかり合うようなところがあります。それをストレスだと感じることも多いでしょう。, スクエアの関係の夫婦は、夫婦関係から大きな学びを得ることを魂の目的にしている場合も多く、お互いに葛藤を乗り越えて成長しながら、時間をかけて家族になっていくスタイルを選択しています。, お互いに気が合う関係です。一緒にいて楽しく過ごすことができます。気が合いすぎて、逆に物足りないと感じるほどでしょう。, また、生産性のある活動を一緒にすることは苦手なので、協働して仕事をすることには向きません。, 月同士がオポジションの場合、夫婦になっても恋人同士のような距離感を保てます。互いに相手のことを気にしあって、惹かれ合う関係です。いつまでも女性として見られたい、男性として見られたい、という想いが一番強く表れる関係です。. 月と土星のアスペクトがスクエアや合になっていた時、その意味が気になりますよね。月は感情、土星は堅実さや忍耐を表すので、この二つの惑星がアスペクトをとるとどうなるのか…興味深いですよね。今回は、月と土星の関係性を、スクエアや合といったアスペクト別で見ていきます! コンジャンクションの関係は似た者同士になり過ぎるので、余り良くないようです。その他の惑星次第で、相性を判断すべきです。 太陽と月が何らかのアスペクトを有しているのも、最も相性が良い関係のようです。この場合、月を太陽が可愛がる。 ※合は吉凶両方の作用がありますが、シナストリーではソフトアスペクトに入れています。, 感情の「月」と堅実さの「土星」がソフトなアスペクトを組む場合、精神面で導いてくれる存在となります。土星はいわば教育をしてくれる「先生」のような存在であるので、月土星でソフトアスペクトを形成する相手は、あなたを精神的に大人にしてくれます。, 時に「厳しいなぁ、嫌だなぁ」と思うことがあっても、長い目で見るとこの人との付き合いは決して無駄にはなりません。, ソフトアスペクト同様に「導いてくれる相手」ではありますが、ハードアスペクトの場合は、束縛されるような圧迫感が出て来ます。一緒にいると息苦しさや緊張感を覚える相手かも…。, 本来月はのびのびとしたリラックスした状態を表すので、プライベートな関係であればあるほど、束縛感・圧迫感は強くなります。, サイト管理者:やなかえつこ Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details. }(document, 'script', 'facebook-jssdk')); 【ホロマム公式】 恋愛においてお互いの金星と火星がどのようなアスペクトをとっているかは重要だといわれます。しかしそれだけで男女の相性は判断できません。実際にはそれだけでは現実的な関係をつくることができないことも多くあり、ほかの要素が大きな効力を発揮する場合も多くあるからです。, 金星火星はあくまでも恋愛においてフィーリングがあうか、男女のときめき感があるかという要素であり、そこしかなければいきなり惹かれあったとしてもワンナイトラヴで終わってしまうような関係になることもあります。, 金星火星の組み合わせだけでなく、ほかのいろいろなアスペクトも含め総合的に判断しましょう。今回は相性を判断するときにまずチェックするとよい主なものを10個あげてみます。, リリス・ジュノー・ベスタなどの小惑星や、アングルなどの感受点へのアスペクトが相性に大きく影響する場合ももちろん多くありますが、今回は主要な個人天体をメインにしています。, 【太陽と月がどうか】 お互いの太陽と月がどういうアスペクトをとっているかは、人間関係の基本の判断要素でもあります。ソフトであれハードであれ何らかのアスペクトをとっていればお互いに意識する相手であり縁の強い人です。, コンジャンクションは夫婦の相性といわれます。太陽が男性側であるのが望ましいですが、男性側が月であっても、男性が女性より年下であるとか何らかの理由で立場的に下であれば(同じ会社にいて女性側が上司とか)スムーズな関係になります。, 月は太陽の公の顔に寄り添っていける、相手を受け入れやすい関係ということです。太陽に対して尊敬の念が湧きやすいので夫婦でない関係でもうまくいきやすいです。, トラインやセクスタイルのようなソフトアスペクトであれば、まずは人間同士としての意思の疎通はうまくいくでしょう。第一段階はクリアできたという感じです。, ハードでもオポジションの場合は、男女はかなり強く惹かれあいます。相手は自分の真正面にいる個性です。非常に意識しやすく存在感がお互いの中で大きくなります。, この場合も太陽側が男性であるのが望ましい。こちらも夫婦に多いアスペクトですが、オポジションの場合は長く関係が続いてくると、感性や趣向の違いが見えてきてしんどくなる場合もあります。, 問題はスクエアの場合。横にいるでもなく、真正面から向き合うでもない、斜から様子を伺っている状態です。意識することにかわりはありませんが、関係はなかなかスムーズにはいきません。, 男女であっても相手をライバル視してしまったり、お互いのテンポやタイミングも合わないので、親密になるきっかけも出来にくい。男女でなくても、この人間関係は親密にはなりにくいでしょう。, 理想はお互いの太陽と月が2組のソフトアスペクトで結びついている関係(コンジャンクションも含む)ですが、1組のアスペクトが成立している場合も十分効果はあります。, 一番避けたいのは、お互いの太陽と月が2組のスクエアを形成している場合でしょう。まったくウマの合わない二人のはずです。, 月と月がコンジャンクション、セクスタイル、トラインであれば関係は良くなります。月はその人の内面や感性、ありのままの素の部分を表しています。ここがスムーズであればお互いに無理をせずに二人の時間を過ごすことができます。, 以前記事にも書きましたが、特にコンジャンクションであれば、相手のことを自分の事のように理解でき、思いやることができます。自分にとって心強い大切な人物です。それは相手にとっても同じことです。, ハードでもオポジションであれば、引きあいや縁も強くて仲良くなります。たまに相手が理解できないこともありますが、自分と違った個性でも基本的にお互いを尊重することができます。, 問題はスクエア。お互いに気にはなりますが、どうしても相手の趣味・嗜好・感性や考えを理解し尊重することが難しい相手です。最初から一定の距離を置いたほうがいい相手でしょう。, 金星火星はどのようなアスペクトであれ、男女の関係にはあればあっただけ良い。一番の理想は男性の火星と女性の金星のコンジャンクションで、恋愛においては最も望ましい組み合わせです。, またオポジションは惹き合いが、最も強く起こります。スクエアでさえ、お互いに刺激を与え合う関係です。ただアクシデントが起こりやすい面があります。, 実際のカップルのシナストリーを見ると、ハードであれソフトであれ金星と火星のアスペクトが形成されている二人はホントに多いです。, 恋愛関係になりやすい天体の組み合わせとしては非常に大きな要素ではありますが、関係の持続性や安定性について考えると、このアスペクトだけでは片手落ちです。, しかし男女の関係におけるこの組み合わせは、ときめきや相手に対する情熱やロマンティックさが確実にもたらされ、大恋愛に発展するような要素であることに間違いありません。, お互いの金星火星の両方に何かしらのアスペクトがあるのが理想ですが、一組だけの成立でも男女関係には十分効果が出ます。, 金星と金星がソフトアスペクトであれば、感性や美意識があうので男女の相性も良くなります。, 特に男性と女性の金星同士がコンジャンクションの場合は、男性側は理性を抑えるのが厳しくなるほど、女性に惚れ込む可能性が高くなります。男性の中にある理想の女性像とぴったりの相手が、男性の金星と同じ位置に金星を持つ女性だからです。, 金星火星よりももっと根源的な深い感情を男性にもたらす、強い縁です。たとえ深い関係にならなくても、その男性にとってはいつまでも忘れられない女性になるでしょう。, 今まで見てきたケースでは、女性の場合は相手の男性への好感はもちますが、惚れ込んでしまうといったことがないケースが多く、男性は明らかに好きで好きで仕方がないといった様子が多いです。, 女性は自分の金星とコンジャンクションの位置に金星を持つ男性と付き合えば、ずっと大事にしてもらえるかもしれませんね。, 金星と冥王星のつながりは、金星と火星の関係性よりも、もっと濃密で欲情に動かされるような、ある意味で強烈な恋愛をあらわします。つねに一体感を求め、相手のすべてを支配したくなるような気持ちをお互いに引き起こします。, アスペクトがソフトであれハードであれ、金星火星同様に男女の惹き合いは非常に強くなりますが、ハードであればその気持ちが強い嫉妬心や怨恨にまで達して、ドロドロとした関係になってしまうことにもなりかねません。, しかし、金星と冥王星が絡む関係の二人には、そんな愛情関係さえも実は求めていたもの、喜びであるのかもしれません。相手との関係の中で、自分はこんなにも激しい感情を内に秘めていたのだと気づかされるような、そんな事態を二人にもたらします。, 金星側が冥王星にロックオンされる、引き寄せられる、逆らえない、離れられないという感じです。, 金星火星の恋愛感情は情熱的ではありますが、どちらかといえばスッキリしてわかりやすい感じ。かたや金星と冥王星の恋愛感情は心身両面で常にしっかりと相手とつながっていたいといったような粘着質の感情です。濃密な関係の男女です。, 金星と木星がアスペクトをとる場合は、ソフトアスペクトが良いでしょう。ハードであれば、木星は金星を甘やかしてしまう相手になりかねません。, いつも一緒にいることで傲慢さを助長してしまったり、楽な状態に胡坐をかいているのを当たり前と感じさせてしまう人がハードで絡む木星です。よって金星の人間的な成長には必ずしもプラスにはならない。でも経済的・物質的な恩恵を与えてくれる人でしょう。, ソフトであれば木星は金星のもつポジティブな面をより増幅させ大きくすることに貢献してくれるでしょう。女性にはうれしい効果がたくさん得られます。, 特にコンジャンクションの場合、木星は金星が本来もっている美しさや富、高級感や贅沢といったような、現実的で資本主義的なわかりやすい幸せを大きく拡張し増やしてくれます。, また公明正大でおおらかで人当たりの良い木星は、金星を和ませ、癒し、ホットさせてくれます。刺激的で情熱的なときめく恋愛ではないかもしれませんが、自分の金星に木星を乗せてくる相手からは、自分が気が付いていなくてもあらゆる恩恵を受けていることでしょう。, よって、一緒にいる時間が長くなればなるほど金星は木星の大切さに気付き、絆が深くなります。, しかしこのアスペクトだけで恋愛がスタートするのは、なかなか難しいかもしれません。そういう相手であることに気づくには長い時間が必要です。恋愛関係になった人との間にこのアスペクトを発見した時には、喜びましょう。, 女性はこのような関係性の男性とともにいることで、客観的な幸せ、誰にでもわかる幸せという面において恵まれていける可能性が非常に高くなります。, 火星同士のアスペクトでは、精神面というよりはフィジカル面での相性がわかります。恋愛においてはハードアスペクトであっても刺激があるので二人の関係を盛り上げる要素の一つになります。, これは男女の関係において根本的な部分をあらわすシナストリーですし、ここだけで繋がっているカップルも世の中には案外多くいるかもしれません。, しかしこのアスペクトはあくまでも二次的要素であり、あっていればいいかな、というレベルのものであると私は思っています。, この2天体のつながりは、規律や秩序や堅実さを与えて人生自体をより良い方向に導いてくれる関係なのか、もしくは重さや束縛を感じ窮屈に感じる関係なのかに分かれます。, 土星は太陽に対してある一定の縛りを課しますが、それが人間的な成長をもたらしたり、社会で生きていくために必要な秩序を身につけさせたりと太陽の成長に貢献する天体です。, ソフトのほうが太陽は土星の影響をストレスを感じずに受け入れられるので楽だと思います。, 恋愛において重要なのは、土星は関係の持続性をあらわすということです。良きにつけ悪きにつけ個人天体に土星が絡んでくると、その関係は長く続きやすいです。, 自分の太陽にコンジャンクションやソフトアスペクトで絡んでくる木星をもっている相手は、経済的・社会的にいろいろな恩恵を与えてくれる、自分にとってのラッキーパーソンです。, ハード(スクエア・オポジション)であっても木星は太陽に好意的ではありますが、いかんせん太陽を甘やかしすぎるきらいがあります。太陽はラクが出来て楽しいのかもしれませんが。, この関係性も恋愛にとっては二次的なものですが、あればそれだけともに過ごす時間が有意義になるでしょう。, 主に太陽と月をみますが、金星とドラゴンヘッドがコンジャンクションでも金星側はヘッドに強い魅力を感じて惚れ込みやすい傾向です。, ドラゴンヘッドと太陽や月がコンジャンクションであれば非常に御縁のある関係です。意図していなくても、いろいろな偶然が起こってつながりが自然にできていき仲良くなります。縁を結ぶことに運命の後押しがある関係です。, ご夫婦にも多くみられるシナストリーです。両方のドラゴンヘッドに両方の個人天体がコンジャンクションしている例もざらにあります。どちらか一方にあっても、影響は大きいです。, ドラゴンテイルと違って、これからの未来に向かって発展性のある関係を築ける相手です。, ドラゴンヘッドは、その天体の守備範囲の事象に対して応援し援助します。太陽なら自己実現、社会的な発展、自己成長など。月であれば内面の充実、心の支え、自信の獲得など。, 自分の太陽や月にドラゴンヘッドを重ねてくる人は縁も深いし、つながりも強く、自分の人生にとって非常に重要な人物になる可能性の高い相手です。, 相性を読むのはとっても難しく、あらゆる面を総合的に見ないといけませんが、相手との関係の中でココはみておいたほうがいいと思ったものをとりあえず10個選んでみました。, また太陽と金星の相性も重要ではありますが今回の10選には入れませんでした。気になる方は過去記事をご覧ください。, 兵庫県在住。小学生の頃からの占星術好き。24歳で結婚。四人家族(大学生の息子が二人)。フルタイム勤務と主婦業の傍ら、ブログを更新中。. ・ js.src = 'https://connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.12'; Error: API requests are being delayed for this account. 簡単にいうと、西洋占星術で相性を見るための手法です。自分のネイタルチャートとお相手のネイタルチャートを重ね合わせて、どの星とどの星がアスペクトを持つかを一つ一つ確認していきます。, シナストリー法では一つ一つの星を見ていきますので、この星とこの星の角度(相性)は良くても、この星とこの星の角度は良くない、ということも十分にありえることです。, 例えば、公の自分を表す【太陽】とお相手の【太陽】は良い角度(ソフト・アスペクト)を取っていたとしても、プライベートな自分を表す【月】とお相手の【月】が悪い角度(ハード・アスペクト)を取っていたりすると、会社やある程度ビジネスライクな場面では意気投合できる相性ですが、日常生活やプライベートではなかなか上手く行きづらい相性になる、いうことです。, さらに、【太陽】同士、【月】同士と同一の星同士のアスペクトではなく、【月】と【太陽】とか、【金星】と【木星】とか、組み合わせは無数です…!さらには、前世・来世のご縁を見るためにドラゴンヘッド・テイルを確認したり、セクシャルな相性などを見る時にはリリスを確認したり…もします。, 2つのホロスコープを重ね合わせて作る2重円のチャートを作れるサイトでホロスコープを作成しましょう。, 【月】は「感情」や「内面的な自分」などを表し【土星】は「制限」「課題」「ルール付けをする」などを司る星。月と土星がシナストリー法でアスペクトを持つ場合、ソフト・アスペクトかハードアスペクトかで相性の現れ方が変わってきます。, ※相性鑑定では、ハード・アスペクトの関係は必ずしも悪い作用だけではありません。むしろ、男女の関係においては恋に落ちるスピードを速めたりすることもあります。 今年の3月に、大阪の法律事務所で行われた松村先生の占星術講座に出ました。テーマは「相性」です。窓から見える風景。2日間の講座の中から、相性を読む上でポイントと… 【土星】は「堅実」「ルール付け」「地に足をつける」「課題」「責任」などを表す星。シナストリー法で自分の【土星】と相手の【10惑星】のいずれかにアスペクトがある場合は、自分が相手のどこに対して「厳しさ」が出やすくなるのかが分かります。 New posts will not be retrieved. fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); ホロスコープを感じてみませんか? シナストリー様相 月と土星のハードアスペクト 外惑星のシナストリーコンタクトはカルマ的な繋がりとも言いますが、ハード様相でも縁というのは不思議なもので、良くも悪くも引き合うというのは実証されてます。その中でも人間関係で土星のシナストリーは長期関係に現れやすい。 月と月のコンジャンクションの相性についての記事はこちら ハードでもオポジションであれば、引きあいや縁も強くて仲良くなります。 たまに相手が理解できないこともありますが、自分と違った個性でも基本的にお互いを尊重することができます。 (function(d, s, id) { if (d.getElementById(id)) return; シナストリー・合におけるオーブは10度前後までは有効と考えられます(同一サインであることが前提)。 有名人のサンプルでは夫婦の例を取り上げていますが、 シナストリーの影響は夫婦に限りません。 実生活で関係の深い人物であれば誰でも、シナストリーの影響があります。 This error message is only visible to WordPress admins. 感情の「月」と堅実さの「土星」がソフトなアスペクトを組む場合、精神面で導いてくれる存在となります。土星はいわば教育をしてくれる「先生」のような存在であるので、月土星でソフトアスペクトを形成する相手は、あなたを精神的に大人にしてくれます。 イラストは占星術専門イラスト屋さんNigjtOWLより. 西洋占星術 楽天 占い : アスペクト結婚相性 結婚の基本編 :遠い昔から人々は天空の星の輝きに、運命や心を映してきました。月と星のメッセージから、あなた自身を見つめなおしてみませんか?秋月さやかの月と星の占いメッセージは、心安らぐ占いサンクチュアリ: js = d.createElement(s); js.id = id; 【西洋占星術・四柱推命】鑑定師・講師(初めましてのかたへ→自己紹介), 1ハウス|2ハウス|3ハウス|4ハウス|5ハウス|6ハウス|7ハウス|8ハウス|9ハウス|10ハウス|11ハウス|12ハウス, 牡羊座|牡牛座|双子座|蟹座|獅子座|乙女座|天秤座|蠍座|射手座|山羊座|水瓶座|魚座, 牡羊座|牡牛座|双子座|蟹座|獅子座|乙女座|天秤座|蠍座|射手座|山羊座|水瓶|魚座, アセンダント牡羊座|アセンダント牡牛座|アセンダント双子座|アセンダント蟹座|アセンダント獅子座|アセンダント乙女座|アセンダント天秤座|アセンダント蠍座|アセンダント射手座|アセンダント山羊座|アセンダント水瓶座|アセンダント魚座. © Copyright 2020 Horoscope Heart & Momstrology ~ ホロスコープを感じてみませんか?.