例えば、時価額が100万円の車で、修理費に150万円かかったとします。この場合、仮に新車価格が200万円であったとしても、法的には車の価値は時価額である100万円であるため、修理費のうち50万円分は「損害」として評価されません。 !」って思うことがほとんどだと思います。これは保険会社がお金の帳尻が合わないことを理由に言い出す処理で、何と何の帳尻か、というと修理代とクルマの時価額です。基本的に保険会社の賠償はクルマの価値を事故直前の価値に戻すことを建前としているので、修理代がクルマの時価額(価値)を超えると釣り合いが取れなくなって修理ができない=全損と言ってくるのです。, しかも保険会社が査定する時価額は「減価償却」的なもので毎年半額になり続けたり、変なあんちょこ本を元に査定したりして非常に低いです。, 保険会社だって景気良く払ってばかりだと自社の利益を圧迫しますから査定額には当然低いものを採用します。しかし被害者としてはクルマの流通価格と大きくかけ離れているので、廃車だ時価額だと言われても、そんな金額では次のクルマを買うことができません。保険会社のデフォルト理論でいくと被害者は追い剥ぎにあったようなもので、泣くかモメるかの二択を迫られます。, 古いクルマほど保険屋の時価査定は加速的に下がりますので、この問題は顕著です。ちなみに保険会社の初期設定では、クラシックカーやビンテージカーであってもまずは無知なフリして「古い中古車扱い」で連絡してきますので、彼らの「論拠」を知らないとびっくりします。こうした保険会社のファーストコンタクトは、はっきり言って「ダメもと」の域に達しており、向こうもまさか被害者がすんなり了承するとは思っていない筈ですが、さも揺るがしようのない口調で「できません」「仕方ありません」などと言ってきます。, そもそも保険会社の時価額査定は「あくまでひとつの見解に過ぎない」という泣きどころがあるので、ここを押さえます。, 話し合い(交渉)によって時価額が見直されたとしたら、状況は経済的全損から覆ります。「時価額(大)」>「修理代金(小)」となるので、保険会社は自社の言い分に従って時価額以内の賠償をすることとなり、自動的に全ての理屈と問題が解決します。実勢価値に見合った賠償なら受け入れて買い換えるか、修理するかの現実的な判断もできようというものです。, 僕の感覚では今回の事故は軽微な物損に過ぎないと思うので修理でなんとかしたいです。車両の買い替えは時間もかかるし面倒です。では実際に時価額を見直させる=ひき上げるために何をするかですが、それは情報収集です。ぶっちゃけ今は全てネットで揃います。, なぜ保険会社が知らんふりするかと言うと、彼らにそれを証明する義務がないからです。こちらに大事なことでも向こうの利益にならないことや義務のないことは全てスルーです。どんな虫の良い条件でもこちらがOKしてしまうと保険会社は「相手が了承した」として処理してしまいます。当たり前のことですが保険会社のクライアントは加害者なので、被害者の利益のために何かをしてくれることは一切ありません。, 逆にこちらの主張が妥当であることを主張しようとするなら、その証明義務はこちらにありますので、必要な情報は自分で集めて提示するという訳です。, のんびりやってたらそのうち諦めるかも...なんて思われたら面倒なので、回答の期限も定めます。期限内に回答できない場合は、円満解決に向けて重要なことのでいつ回答するのか返答するよう協力を依頼します。, 長々と書きましたが、こうしておくと次のターンであっけなく円満解決します。どういうことかと言うと、保険会社が個々の質問に答える代わりに修理OKの結論を出すからです。もちろん代車を含めて費用は全て保険会社持ちです。, 多分、保険会社としても1件のやりとりに手間かけるより、次々処理しないとそのことが却って企業としての損失になるので、賠償金額と処理に要する時間のバランスで「この事案は切り上げて次行こう!おつかれ!」みたいな感じなのかなと思います(真相は知りません)。, 相手はプロなんで理屈と筋が通っていれば「裁判にしてくれ」とか「査定は変えられません」とか意固地なことは言わないようです。, 修理着手の連絡は保険会社より工場からの方が早かったです。七夕には作業が終わる予定と言っていました。, ただ実際のところ、早々に切り上げて修理を決定してくれた保険会社は優しいと思います。企業対個人で長引くとしんどいのは個人の方なので。, banbrs147さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 交通事故の被害者です(100%相手方に非があり、相手方も認めております)。いろいろと調べると、修理にかかる費用よりも、車の時価額(レッドブック)が低い場合には、時価額までしか出ないということです。まず、時価額では、同等の車が ブログを報告する, はネットで自分のクルマに近いやつを調べて、ついでに平均値も出しておきます。2〜3件見積りを取らせてもらうとなお良いです。, は先人たちが訴訟を起こしており、「賠償は実勢価値に沿った額を、通常の範囲において買い換えに必要な経費も含む」って趣旨で. (※)法律上の損害賠償責任額だけではカバーできない、「時価額を超えた修理費用(対物超過修理費用)」を一定額まで補償することをいいます。 (「対物超過修理費用の補償」の詳細につきましては、こちらをご参照ください。 車の時価の調べ方について紹介!その他、時価評価に関する判例集もまとめています。交通事故に巻き込まれて車が損傷した時、修理費用が自動車の時価を超過してしまう場合があります。この時、相手の保険会社から対物賠償保険によって補償される金額は車の時価が限度額となっています。 | 時価額と修理額を比べ、低いほうが保障されます。 今回は「経済的全損」になりますね。 ・中古パーツで修理費を抑えるか ・足りない部分を出して修理 ・足りない部分を出して車購入 この3パーターンにな … B”»—áãA‘Ε¨Ž–ŒÌ‚̏ꍇA¸_“I‘¹ŠQ‚ɂ‚¢‚ĈԎӗ¿¿‹‚ª”F‚ß‚ç‚ꂽ—á‚Í‚Ù‚Æ‚ñ‚Ç‚ ‚è‚Ü‚¹‚ñB. 事故より数日。相手の保険会社から電話が掛かってきて、「修理の見積りが時価額を超えるので全損扱いとなり修理できません」と言ってきました。(以下長文) がびーん∑(゚Д゚) 保険会社の第一声を聞いて思い出しましたが、これは古いクルマにつきまとう経済的全損といわれるケースです。 事故より数日。相手の保険会社から電話が掛かってきて、「修理の見積りが時価額を超えるので全損扱いとなり修理できません」と言ってきました。(以下長文), がびーん∑(゚Д゚)保険会社の第一声を聞いて思い出しましたが、これは古いクルマにつきまとう経済的全損といわれるケースです。加害者は超過特約に加入していなかったようです。, 全損告知は初めて経験すると結構腹が立ちます。世間で保険会社に怒ってる人はたいていこの問題、と言っても過言ではない...気がする事案です。, ご存知の方も多いと思いますが念のため「全損」についてばっくり説明しますと事故における全損には2種類あります。ひとつは文字通りぐっちゃぐちゃの「物理的全損」、もうひとつは保険会社が修理・賠償できませーんと言ってくる「経済的全損」です。, 「経済的全損」は大事故でなくてもちょこちょこ発生するケースで「大破した訳でもないのに何で? 先日、弊社のドライバーが、昔流行したスポーツカーに追突してしまいました。スポーツカーの運転者は、「この車は愛着があって、エンジンや足回りにも高額の改造費を使っている。」として、スポーツカーの値段に比較すると高額の損害賠償を求めてきました。 ョンサイトの内容について, なぜ保険会社の補償は時価なのでしょう・・・.