(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 Pokke Magazine.All Rights Reserved. 文庫×世界文学 名著60 ... アクセスランキング. 海外文学には多くの名作品があります。しかし海外文学の作者の国や文化、生い立ちなどにより、日本人には馴染みづらい話もあります。今回は読んで欲しい海外文学作品をランキング形式でご紹介するとともに、どんな選び方があるのかも合わせてご紹介します。 村上春樹さんと言えば、小説を読まないような人でも名前くらいは聞いたことがあるとても有名な小説家です。 イギリス文学おすすめ本ランキングtop30 このようにイギリス文学には、古いものから新しいものまで注目すべき作品が山ほどあります。 今回はその中から筆者が独断と偏見でTOP30作品を紹介していきま … Copyright 2020 BELCY All Rights Reserved. ●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。. 【2019年最新版】村上春樹の名作おすすめ人気ランキング10選. 小説 2019.8.3 【海外の文学】現代文学の作家とおすすめ小説を紹介【世界の小説家】 健康 2019.6.23 正しい歯磨きの仕方と、おすすめの歯ブラシを紹介 美容 2019.6.20 根拠を重視する男性のための「スキンケア」の方法【メンズ肌美容】 美容 2019.6.26 海外文学には多くの名作品があります。しかし海外文学の作者の国や文化、生い立ちなどにより、日本人には馴染みづらい話もあります。今回は読んで欲しい海外文学作品をランキング形式でご紹介するとともに、どんな選び方があるのかも合わせてご紹介します。, 多くの国や地域で多くの人を感動させている海外文学作品ですが、あなたは読んだことはありますか。それとも一度も読んだことがありませんか。もしまだの人にはぜひ読んで欲しい作品を独自のランキングでご紹介します。, 映画では観たことはあるけど原作が海外文学作品と言うものもあるので、映画を観てから原作を読んでみると、作品の良さが何倍にも膨れ上がります。また子供の時に読んだ記憶のある作品を、もう一度子供と一緒に読んでみると楽しいです。, 今回は海外文学の人気サイト、Amazon売り上げランキング、海外文学ファンの口コミを基準にランキングを作成しました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/517s7BEgWnL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E9%258F%25A1%25E3%2581%25AE%25E5%259B%25BD%25E3%2581%25AE%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B9%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E9%258F%25A1%25E3%2581%25AE%25E5%259B%25BD%25E3%2581%25AE%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B9%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4042118046?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4042118046"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E9%258F%25A1%25E3%2581%25AE%25E5%259B%25BD%25E3%2581%25AE%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B9%25E3%2580%2580%25E5%25B0%258F%25E8%25AA%25AC%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 1865年に発表された「不思議の国のアリス」はルイスキャロル著の有名な児童書です。本作は鏡を通り抜けて異世界に迷い込むアリスはチェスのルールが元になったマス目で区切られた鏡の国と現実を行き来するファンタジーです。知的な構成が読み応えがあり、今回ランキング30位にランクインしました。, [{"key":"ページ数","value":"238ページ"},{"key":"発売日","value":"2010/2/25"}], 鏡の国のアリスをくわしく読んだことがないので大変楽しみにしてます。摩訶不思議な世界が本当に実在するかの様な錯覚におちいります。大人をファンタジーの世界へ連れ戻す決定版だと思います。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51L%2Bn8Xi3AL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%258F%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2599%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25B3%25E3%2581%25AE%25E5%2586%2592%25E3%2581%2591%25E3%2582%2593%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%258F%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2599%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25B3%25E3%2581%25AE%25E5%2586%2592%25E3%2581%2591%25E3%2582%2593%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4327492019?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4327492019"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%258F%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2599%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25B3%25E3%2581%25AE%25E5%2586%2592%25E3%2581%2591%25E3%2582%2593%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1885年にマークトウェインことサミュエルクレメンズが発表した作品です。「トムソーヤーの冒険」のハックルベリーによって語り口調で書かれているのが特徴です。口語体で書かれている小説としては最初の一冊です。当時は「下品な主題による手法」や「粗暴な言葉」などと言われ禁書になりました。, [{"key":"ページ数","value":"558ページ"},{"key":"発売日","value":"2017/12/19"}], 今のアメリカがいかにして作られたか納得の内容に加えて、修学途中の子供が書いた雰囲気の文章が面白く、分かりやすい。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51IrOzF%2BjkL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25BB%258A%25E8%25BC%25AA%25E3%2581%25AE%25E4%25B8%258B%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25BB%258A%25E8%25BC%25AA%25E3%2581%25AE%25E4%25B8%258B%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102001034?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102001034"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E8%25BB%258A%25E8%25BC%25AA%25E3%2581%25AE%25E4%25B8%258B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1905年にヘルマンヘッセの作品でもっとも有名な一冊です。車輪は期待や軋轢の中で押しつぶされそうな少年ハンスの多感で繊細な心を社会を表現していると言われています。少年ハンスはエリート少年でしたが、退学をし挫折しながら、慣れない酒を飲み溺死したようように見えるが真相は闇の中です。自分で読んで確認してみるのもいいです。, [{"key":"ページ数","value":"246ページ"},{"key":"発売日","value":"1951/12/4"}], 高校生時代に一回読んだはず。50歳を超えて、ちょっとした機会に思い出し、妙に読み返したくなったのです。自分少年~青年時代が、ある意味二重写しになっている作品であり、今回人生のこの時点で再び出会えたことで、今までの生き方に就いて大きな再確認が出来ました。私にとって、まさに「心の一書」です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51tHtXHaL-L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2588%25E6%2580%25A5%25E8%25A1%258C%25E3%2581%25AE%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2588%25E6%2580%25A5%25E8%25A1%258C%25E3%2581%25AE%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4151310088?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4151310088"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2588%25E6%2580%25A5%25E8%25A1%258C%25E3%2581%25AE%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ミステリー作家アガサクリスティの1934年の長編小説です。名探偵ポワロが難事件を解決していくシリーズ作品です。もちろん映画でも公開されていますので、多くの人がご存知の作品です。乗客にはそれぞれがアリバイがあり、誰一人容疑者はいない。そんな中ポアロが真相を語り出す。犯人は誰なのか。本作品で明らかになります。, [{"key":"ページ数","value":"413ページ"},{"key":"発売日","value":"2011/4/5"}], 兄から映画を見るよりお前は本を読んだ方がきっと面白いだろうと言われ、エルキュール・ポアロシリーズを初めて読みました。何なら推理小説は初めて読みました。証言、整理、推理の鍵までは少しずつ読み進めて、ポアロの推理が披露されるところから一気に読みました。想像と疑問が限りなく膨らんで、ポアロの推理で収束していく。本当に面白かったです。少し余韻に浸ってからもう一度読み返します。他のシリーズも間もなく読んで見ようと思います。映画も終わらないうちに見ます。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61p4X97t2wL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25AA%25E3%2582%25BA%25E3%2581%25AE%25E9%25AD%2594%25E6%25B3%2595%25E4%25BD%25BF%25E3%2581%2584%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25AA%25E3%2582%25BA%25E3%2581%25AE%25E9%25AD%2594%25E6%25B3%2595%25E4%25BD%25BF%25E3%2581%2584%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102181512?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102181512"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2582%25AA%25E3%2582%25BA%25E3%2581%25AE%25E9%25AD%2594%25E6%25B3%2595%25E4%25BD%25BF%25E3%2581%2584%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1900年に初版が発表されてからミュージカルや映画で公開された人気作品、「マザー・グースの物語」をヒットさせた童話作家ライマン・フランク・ボームの作品です。この作品は世界中の多くで翻訳されています。ドロシーとトトをは台風によりオズの飛ばされたところから物語は始まり、カカシやライオン、ブリキ人形たちと出会い旅で出ます。, [{"key":"ページ数","value":"253ページ"},{"key":"発売日","value":"2012/7/28"}], 小学1年生の子供のために購入しました。けっこう字が多いので最初は、親が読んであげていました。素敵な鮮明なカラーの絵に見入って聞いておりました。話は長いので、少しづつ読み聞かせていましたが、先を早く知りたいようで、自分であっというまに、最後まで読んでしまっていました。何度も、読み返していました。素敵な本ですので、これからも、大事にしていきます。次は、ミュージカル「ウイキッド」で楽しみたいと思っています。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/510wTCgVItL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A1%25E3%2583%258B%25E3%2583%25BC%25E3%2581%25A7%25E6%259C%259D%25E9%25A3%259F%25E3%2582%2592%25E3%2580%2580%25E5%25B0%258F%25E8%25AA%25AC%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A1%25E3%2583%258B%25E3%2583%25BC%25E3%2581%25A7%25E6%259C%259D%25E9%25A3%259F%25E3%2582%2592%25E3%2580%2580%25E5%25B0%258F%25E8%25AA%25AC%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/410209508X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=410209508X"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A1%25E3%2583%258B%25E3%2583%25BC%25E3%2581%25A7%25E6%259C%259D%25E9%25A3%259F%25E3%2582%2592%25E3%2580%2580%25E5%25B0%258F%25E8%25AA%25AC%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1958年にトルーマン・カポーティにより発表されました。一躍有名にしたのは、1961年にオードリー・ヘプバーン主演の映画でこのタイトルが世界中に知れ渡りました。ティファニーは宝石店なので、そこで朝食を食べることができないのに、タイトルはティファニーで朝食を食べる身分になりたいという例えからつけられました。, [{"key":"ページ数","value":"282ページ"},{"key":"発売日","value":"2008/11/27"}], いままで映画も小説も読んだことが無く、ただオードリー・ヘップバーンの有名な肘をついたポーズの写真しか知らなかった。それがよかったのかもしれない。とても情緒的で楽しい体験をすることができた。ホリー・ゴライトリーの小悪魔的で魅力的な主人公をたっぷりと楽しむ。その奔放な私生活は、逆立ちしたって勝てっこない僕をホリーはたぶん相手にもしないだろうことに、じりじりと魅了する。『花盛りの家』は茶目っ気のあるオチを、『ダイアモンドのギター』は取り残されてしまった、でもそれが真実だと考える囚人を、『クリスマスの思い出』は、『バースディ・ストーリー』の中の一篇の再訳だが、おばあさんのクリスマスフルーツケーキがとても牧歌的に綴られている。装丁は色も綺麗だし、キャットがいてとても愛おしい。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51N-J77WAkL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%259A%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2580%2580%25E3%2582%25AB%25E3%2583%259F%25E3%2583%25A5%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%259A%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2580%2580%25E3%2582%25AB%25E3%2583%259F%25E3%2583%25A5%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102114033?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102114033"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%259A%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2580%2580%25E3%2582%25AB%25E3%2583%259F%25E3%2583%25A5%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1947年にアルベール・カミュがアルジェリアのオラン市にペストが蔓延し苦境に立たされた民衆が団結していく様子を描いています。抗えない運命の中、人間はどう立ち向かうのか。階級が違う人間たちが、民衆を襲うペストからの脅威を助け合いながら立ち向かっていきます。, [{"key":"ページ数","value":"476ページ"},{"key":"発売日","value":"1969/10/30"}], 21世紀世界の逆境という文脈の中でこそ再び輝きを放つ小説でしょう。「不条理」という手垢にまみれた言葉で捉えてしまうと若い読者には余計なバイアスがかかるかも。驚くほどイマジネーション豊かに書かれているが、これはおそらく著者が戦争を経験しているからだろう。遅れること数十年のサラマーゴの『白の闇』の評価は、『ペスト』読後の今ではどうしてもカミュに一歩譲る感じだ。どちらもノーベル文学賞をとってはいるのだが。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51WqsPvB8oL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%25BD%25AA%25E3%2581%25A8%25E7%25BD%25B0%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%25BD%25AA%25E3%2581%25A8%25E7%25BD%25B0%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102010211?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102010211"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E7%25BD%25AA%25E3%2581%25A8%25E7%25BD%25B0%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0 検索結果"}], 1866年ロシアの雑誌にドストエフスキーが連載を開始。主人公のラスコリーニフは、奪った金で世の中のために使うはずが、妹を殺害してしまう。罪に苛まれながら、娼婦ソーニャに出会い、自己犠牲の精神に心を打たれ、罰を受けるために自首する事になる。悩みながら正しい道を模索する人間ドラマを書いた長編大作です。, [{"key":"ページ数","value":"585ページ"},{"key":"発売日","value":"1987/6/9"}], 僕は昔、ある罪を犯した。まだ少年だったので施設に入った。そこは毎日退屈だったが、週に1度か2度かもう古い記憶なのではっきりしないが図書の時間があった。そこでその時間にこの本に出合った。夢中になって読んだ。〈上〉を読み終わり〈下〉の後半の中頃くらいでそこを出ることになった。最後まで読めなかった。ラスコーリニコフ、ドゥーニャ、ラズミーヒンの3人はどうなったのだろう?久しぶりに読みたくなった。この年になり、また違う角度で読むことができた。ラスコーリニコフの心情を読むとあの頃を思い出す。名作だと思う。次は〈下〉を買わなきゃ。死ぬまでには最後まで読みたいと思う。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/512O%2B04pgyL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%258B%2595%25E7%2589%25A9%25E8%25BE%25B2%25E5%25A0%25B4%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%258B%2595%25E7%2589%25A9%25E8%25BE%25B2%25E5%25A0%25B4%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4151200878?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4151200878"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%258B%2595%25E7%2589%25A9%25E8%25BE%25B2%25E5%25A0%25B4%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1945年にジョージ・オーウェルが農場に飼われていた動物たちが、飲んだくれの農場の主人に反抗し、追い出して理想の共和国を築こうとして「豚」が指導者になり動物主義の動物農場を作り安定を望んだが、争いや不協和音が起き、人間に支配されていた頃より、混乱と恐怖に溢れてしまいます。支配者が変わっても同じことが起きてしまいます。, [{"key":"ページ数","value":"208ページ"},{"key":"発売日","value":"2017/1/7"}], 起承転結のある物語仕立てになっており、ページ数も少ないので活字嫌いの人でも読みやすいです。子ども向けの物語と同じぐらいの語彙で難しい言葉が一つも出てこないので、スラスラ読めます。まさに大人の教訓童話です。古典文学なのに全く古臭さがなく、最近書かれたものと言われても全く疑わないでしょう。楽しく読んで、いつのまにか教養を得られますよ。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/31dcshvdQZL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25A4%25E9%25BA%25A6%25E7%2595%2591%25E3%2581%25A7%25E3%2581%25A4%25E3%2581%258B%25E3%2581%25BE%25E3%2581%2588%25E3%2581%25A6%2B%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25A4%25E9%25BA%25A6%25E7%2595%2591%25E3%2581%25A7%25E3%2581%25A4%25E3%2581%258B%25E3%2581%25BE%25E3%2581%2588%25E3%2581%25A6%2B%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4560070512?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4560070512"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25A4%25E9%25BA%25A6%25E7%2595%2591%25E3%2581%25A7%25E3%2581%25A4%25E3%2581%258B%25E3%2581%25BE%25E3%2581%2588%25E3%2581%25A6%2B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1951年サリンジャーの手によって発表された長編小説。主人公のホールデンは社会や大人の建前などに嫌気が差し、家を飛び出し、クリスマス前のニューヨークを舞台に口語的な叙述で読者に不満を投げかける。いつの時代の若者に共感され青春時代を生き抜くバイブルのような作品です。, [{"key":"ページ数","value":"339ページ"},{"key":"発売日","value":"1984/5/20"}], 間違いなく名作だ。文にリアリティがあり引き込まれてしまう。古い作品は余り読まないが、偶然手にした。やっぱり名作は時代を超えても名作だ。なんとなく夏目漱石を読んだ時のようなリアリティを感じた。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/518f0pwCtmL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25A0%2585%25E3%2581%25AE%25E7%258E%258B%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25A0%2585%25E3%2581%25AE%25E7%258E%258B%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4151200908?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4151200908"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E8%25A0%2585%25E3%2581%25AE%25E7%258E%258B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1954年ウィリアム・ゴールデンの作品。「蠅の王」とは聖書に出てくるベルゼブブという悪魔のことです。無人島に置き去りにされた少年ラルフとピギーの2人を中心に物語が進みます。仲間であったジャックがリーダーとなり、ラルフは一人どんどん追い詰められていく。ジャックたちはピギーを殺し、島中を逃げるラルフを追いかけるのであった。, [{"key":"ページ数","value":"367ページ"},{"key":"発売日","value":"2017/4/20"}], 訳については、無駄がなく簡潔で、読みやすいと思います。年齢が上がってから読んだからかもしれませんが、情景が絵画のように浮かんできて、この世界にすんなり入っていけます。内容は、評価が定まっているので、今更加えることはないのですが、人間のネガティブ面を、まざまざと見せつけてくれる迫真の内容です。ストーリー展開、情景描写、人物設定などがすばらしく、しかもエンタメ性もある(これは映画化したくなるでしょう)まさに神がかり的な傑作です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61XdTVDI87L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%25B0%25B7%25E3%2581%25A8%25E7%2582%258E%25E3%2581%25A8%25E6%25AD%258C%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%25B0%25B7%25E3%2581%25A8%25E7%2582%258E%25E3%2581%25A8%25E6%25AD%258C%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4150118442?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4150118442"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%25B0%25B7%25E3%2581%25A8%25E7%2582%258E%25E3%2581%25A8%25E6%25AD%258C%25E3%2580%2580%25E5%25B0%258F%25E8%25AA%25AC%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1996年にジョージ・マーティンにより「七王国の玉座」が発表された。ご存知人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作です。当初は3部作の予定だったが、2018年2月の時点で5部が出版され最終的には7部作の超大作になる予定。原作の内容を忠実にドラマ化されているのがこの世界観のすごいところです。, [{"key":"ページ数","value":"704ページ"},{"key":"発売日","value":"2012/3/31"}], ドラマを気に入り原作も読んでみようと購入。あっちで言うところのS1の5話あたりまでの展開。ドラマと比較するとスターク家の息子たちが幼い(青年というよりは少年というべき年齢)のと、だいたいのキャラクターの当たりが強めな印象を受けた。キャトリンはここまで苛烈にジョンを嫌ってたけとか、ネッドもここまではっきりとラニスター家への嫌悪感を露わにしてたっけとか・・・聖人はいないし善人でも罪を犯す、そんな本作の重厚な人物描写の印象がより強まった。また、ジョンとティリオンが最初こそ悪印象を互いに抱きつつも対話する中で無二の友になってくあたりの描写が良い。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51rMLmN1GDL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25A2%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A5%25E3%2583%25B4%25E3%2582%25A3%25E3%2583%2583%25E3%2583%2584%25E3%2581%25AE%25E5%259B%25B3%25E6%259B%25B8%25E4%25BF%2582%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25A2%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A5%25E3%2583%25B4%25E3%2582%25A3%25E3%2583%2583%25E3%2583%2584%25E3%2581%25AE%25E5%259B%25B3%25E6%259B%25B8%25E4%25BF%2582%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4087734870?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4087734870"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2582%25A2%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A5%25E3%2583%25B4%25E3%2582%25A3%25E3%2583%2583%25E3%2583%2584%25E3%2581%25AE%25E5%259B%25B3%25E6%259B%25B8%25E4%25BF%2582%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ジャーナリストでもあるアントニオ・イトゥベルが書いた感動作です。アウシュビッツ強制収容所にある学校で図書館員になった14歳の少女ディタが主人公の物語で、第二次世界大戦の最中、暗いテーマで読む方も辛いですが、彼女に与えられた使命はたった8冊の本をナチスから守ることでした。懸命に守る少女はどうなるのでしょうか。, [{"key":"ページ数","value":"448ページ"},{"key":"発売日","value":"2016/7/5"}], 「夜と霧」を彷彿とさせる本。ナチスの登場人物はすべて実在で、実名で書かれている。今、世界ではトランプを生み出して以来、各国で同様の狂気を隠そうともしない人物が国家権力を握る状況を考えると、狂気としか思えないナチスの蛮行の萌芽が残っているのではないかと警鐘を鳴らす本。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41o9mm%2BXJ7L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B8%25B0%25E3%2581%25A3%25E3%2581%25A6%25E3%2581%258D%25E3%2581%259F%25E3%2583%2592%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25BC%2B%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B8%25B0%25E3%2581%25A3%25E3%2581%25A6%25E3%2581%258D%25E3%2581%259F%25E3%2583%2592%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25BC%2B%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/430946422X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=430946422X"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25B8%25B0%25E3%2581%25A3%25E3%2581%25A6%25E3%2581%258D%25E3%2581%259F%25E3%2583%2592%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25BC%2B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 2012年ドイツのティムール・ヴェルメシュが書いた社会風刺小説です。あのヒトラーが現代に蘇えり様々な騒動を巻き起こしていく。物語は1945年に自殺したヒトラーが自殺直前に記憶を失くし、2011年にベルリンの空き地で目を覚ます。ヒトラーはキオスクで働きながら有名なコメディアンになっていき、いよいよ政界にも進出なのか。, [{"key":"ページ数","value":"292ページ"},{"key":"発売日","value":"2016/4/23"}], 書評等では現代社会への警鐘として扱われることが多い本作ですが、単純にコメディとしても面白いです。主人公ヒトラーとその他の登場人物との会話は、会話として成立しているのに一切かみ合っていない。一種のコントのような面白さと、テンポの良い文章はナチスドイツについての知識が無くて楽しめると思います。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51NOAtCg-DL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%2595%25B0%25E9%2582%25A6%25E4%25BA%25BA%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%2595%25B0%25E9%2582%25A6%25E4%25BA%25BA%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102114017?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102114017"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E7%2595%25B0%25E9%2582%25A6%25E4%25BA%25BA%25E3%2580%2580%25E3%2582%25AB%25E3%2583%259F%25E3%2583%25A5%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1942年にアルベール・カミュによって刊行された「異邦人」は人間社会の不条理を書いている作品です。アルジェリアに住む主人公ムルソーが母を亡くしてから、トラブルに巻き込まれアラブ人を射殺してしまう。冷酷な人間と叫弾されたムルソーは死刑を宣告され、死刑の際には多くの人から罵声を浴びて死刑を受けることを希望とした。, [{"key":"ページ数","value":"143ページ"},{"key":"発売日","value":"1963/7/2"}], こんなに魅力的な文学作品があるだろうか?フランスでの絶大な人気も頷ける。若い頃は、アラブ人を殺した理由はと聞かれ、『太陽がまぶしすぎたからさ』なんて応えるムルソーがとにかく格好良く見えたものだ。でも、それだけじゃなかったんだ。この簡潔で研ぎ澄まされたような短い文体。美しすぎて惚れぼれとする。そういえば、カミュ以前はどの文豪も長たらしい文章を書いていた。そして、こんなアンチ・ヒーロを主人公にした小説なんてあっただろうか?もしかしたら、現代文学のグランド・ゼロは『異邦人』なのかもしれない。ムルソーは、裁判で有利不利など気にしない。はなから損得などどうでも良いのだ。ムルソーにとっては、自分自身が感じたことに対して決して嘘をつかないということが真理なのだ。嘘をつくと、偽った自分自身を造りだすことになり、結局、自己も世界も征服できない。若い頃は気づかなかったが、今読むと、何とも身につまされる。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51quK1SrP2L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%2580%25E3%2583%2596%25E3%2583%25AA%25E3%2583%258A%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BA%2B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/410209203X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=410209203X"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%2580%25E3%2583%2596%25E3%2583%25AA%25E3%2583%258A%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BA%2B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1914年に紆余曲折しながらジェイムス・ジョイスは「ダブリナーズ」をロンドンで出版した。文字通りダブリン市民を書いたダブリナーズは15編からなる連作短編集です。2人の少年が冒険をして変質者に出会う「ある出会い」や「レースのあとで」「下宿屋」「痛ましい事故」「母親」「死者たち」などが収録してあります。, [{"key":"ページ数","value":"391ページ"},{"key":"発売日","value":"2009/3/2"}], 文学部の出身でもなく、ましてや英国文学の専攻でもない私でも、ジェイムズ・ジョイスくらいは知っている。彼はアイルランド出身の画家ではなく作家で、「ユリシーズ」の作者であることぐらいは知っている。 アイルランドといえば、エンヤさんの故郷であり、U2の出身地でもあり、The Beatlesのメンバーの出生DNAも何らかの形で関係がなくもない。そのジョイスの"Dubliners"の新訳ということで、ましてやあのうるさ型の柳瀬尚紀の訳ということで、日本のジョイス・オタクとかジョイス専門家は戦々恐々のはずのはず。「ダブリン市民」とか「ダブリンの人々」より「ダブリナーズ」のほうが、「そのままやんけ」と言われようが、なんと言われようがそのままだからいいのだ。「長いお別れ」ではなく、「ロング・グッドバイ」であり、「助けてくれ!」ではなく、「ヘルプ!」なのだ。 「解説」で棚瀬が自ら述べているが、訳文の懲り方は尋常ではない。この「解説」、実に面白い。英文科でなくても、ましてやジョイスの専門家でなくても面白い。経営コンサルタントを生業としている者にとっても面白い。新教徒の「メソジスト」に対しては「めそ児ッたれ!」とする心意気、「執達吏」には「ひったくり」とルビを振る小気味よさ、"winnowed"を「簸(ひ)られた」と訳す日本語力。本人も言うように『日本語は天才である』。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/512b39oPnLL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25B7%25E3%2583%2583%25E3%2583%2580%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25BF%2B%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25B7%25E3%2583%2583%25E3%2583%2580%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25BF%2B%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102001115?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102001115"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2582%25B7%25E3%2583%2583%25E3%2583%2580%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25BF%2B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1922年にヘルマン・ヘッセによって書かれた作品。みんなから寵愛を受けるシッダールタはこのままでは自分の幸せは満たされないことを知り、悟りの境地を知るべく、沙門の道を開くが限界を感じ、仏陀へ向かい遊女カマーラと渡るが、結局「川」に辿り着くシッダールタはあるがままに愛する境地に到達するのであった。, [{"key":"ページ数","value":"164ページ"},{"key":"発売日","value":"1959年/5/4"}], 本書はアメリカのレビューを見る限り、同著者の車輪の下等を抑えて圧倒的な人気を誇っているのだが、日本では同国ほど親しまれていないという事を残念に思う。日本人は自分自身を無宗教者だと多くの人は答えると思うが、その実アニミズムや仏教の思想が地盤に据わっている。そういった意味で本書は日本人が自分自身を見つめ直すのに大いに役に立つであろう。仏教が舞台であり、仏教用語が幾つか出てくるが、日本人であれば理解には苦しまないと思う。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/511NNPY0aLL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%2582%25AA%25E7%25AB%25A5%25E6%2597%25A5%25E8%25A8%2598%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%2582%25AA%25E7%25AB%25A5%25E6%2597%25A5%25E8%25A8%2598%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4151200029?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4151200029"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%2582%25AA%25E7%25AB%25A5%25E6%2597%25A5%25E8%25A8%2598%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1986年アゴタ・クリストフのデビュー作品。戦時下のある国が舞台で、双子の少年が混乱の世の中で懸命に生きる姿を、彼らの日記に書き続けた作文として紹介されています。「二人の証拠」「第三の嘘」とその後続編が刊行されています。作者はハンガリー出身で、ハンガリー動乱の際に西側に亡命したと言われています。, [{"key":"ページ数","value":"301ページ"},{"key":"発売日","value":"2001/5/1"}], 「ぼくら」という複数なのに一人しか感じさせない一体感、過酷な状況の中、感情を一切はさまない淡々とした叙述等、何とも似ていない、それで面白い展開にただ驚きました。続きがとても楽しみ。現実に不条理を感じるときの乗り切り方のお手本として、あるいは下手なビジネス書や啓発書よりためになるのでは。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/412n5Db19eL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25B0%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25AE%25E3%2583%25A3%25E3%2583%2584%25E3%2583%2593%25E3%2583%25BC%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25B0%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25AE%25E3%2583%25A3%25E3%2583%2584%25E3%2583%2593%25E3%2583%25BC%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4124035047?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4124035047"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2582%25B0%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25AE%25E3%2583%25A3%25E3%2583%2584%25E3%2583%2593%25E3%2583%25BC%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1925年アメリカのスコット・フィッツジェラルドが書いて出版された。この作品は彼の代表作でありながらアメリカ文学の代表作とも評されている作品です。数々の翻訳版もありますが、村上春樹が人生で巡り会った大切な小説を自ら翻訳し、構想20年の集大成をあなたに届けたいと執筆した作品でもあります。, [{"key":"ページ数","value":"356ページ"},{"key":"発売日","value":"2006/11/1"}], 昔(30年くらい前)村上氏が強く勧めるので、他の方の翻訳で読みましたが、全くその良さが分からなかった(というよりも本を読み通すのが大変で、ストーリーも後に映画で見返さないと分からないくらいだった)。その時のトラウマがあったので、村上版を購入後しばらく寝かせてました。しかし、恐る恐る読んでみると目から鱗でした!確かに素晴らしい作品!「描写と表現」がこの本の魅力であることに気づかされました。「訳者あとがき」と「愛蔵版付録・1920年代のNY」での解説も面白く、この本の内容をより深く理解し楽しめる大きな手助けになりました。何度も読み返したい1冊です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51uwe8X9LiL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2581%25B5%25E3%2581%259F%25E3%2582%258A%25E3%2581%25AE%25E8%25A8%25BC%25E6%258B%25A0%2B%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2581%25B5%25E3%2581%259F%25E3%2582%258A%25E3%2581%25AE%25E8%25A8%25BC%25E6%258B%25A0%2B%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4151200126?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4151200126"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2581%25B5%25E3%2581%259F%25E3%2582%258A%25E3%2581%25AE%25E8%25A8%25BC%25E6%258B%25A0%2B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 悪童日記の続編で、双子のリュカとクラウスのうち地元に残ったリュカ(当時15歳)はヤスミーヌと障害を持つマティアスと知り合い同居を始める。リュカは図書館の女クララと関係を持ったり、もしかしたらヤスミーヌを殺したりと、波乱の人生を送る。終盤には村を出て行ったクラウスが35年ぶりに登場と最後まで驚かせてくれます。, [{"key":"ページ数","value":"302ページ"},{"key":"発売日","value":"2001/11/1"}], 「悪童日記」の続編は、文体とテーマを変え、しかし同等の重圧で読み手に迫る力作だ。愛するということはどういうことか、多彩な角度でショッキングに描いている。双子の兄弟が一人で生きていくというだけで、すでに前作と根本的に違うのだが、前作と同じに圧倒的な内容だ。 愛とは何か、幸せとは何か、人の存在とは何か、ギリギリと問いかけてくる。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51325JZBCFL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25AD%2598%25E5%259C%25A8%25E3%2581%25AE%25E8%2580%2590%25E3%2581%2588%25E3%2582%2589%25E3%2582%258C%25E3%2581%25AA%25E3%2581%2584%25E8%25BB%25BD%25E3%2581%2595%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25AD%2598%25E5%259C%25A8%25E3%2581%25AE%25E8%2580%2590%25E3%2581%2588%25E3%2582%2589%25E3%2582%258C%25E3%2581%25AA%25E3%2581%2584%25E8%25BB%25BD%25E3%2581%2595%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4087603512?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4087603512"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25AD%2598%25E5%259C%25A8%25E3%2581%25AE%25E8%2580%2590%25E3%2581%2588%25E3%2582%2589%25E3%2582%258C%25E3%2581%25AA%25E3%2581%2584%25E8%25BB%25BD%25E3%2581%2595%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], チェコ出身でのちにフランスに亡命したミラン・クンデラが1984年に発表した作品。彼がフランス亡命時代に全世界に衝撃を与えた。優秀な外科医の男性、田舎娘、奔放な画家の女の3人が織りなす不思議な三角関係を鮮烈でエロチックに綴った。プラハの春から凋落を時代背景に男が男に特別の感情を抱く究極の哲学的恋愛小説です。, [{"key":"ページ数","value":"400ページ"},{"key":"発売日","value":"1998/11/20"}], ミラン・クンデラの代表作であるとともに、20世紀の代表作とも言えるだろう。第1級の文学作品にして、哲学書でもあり、それでいて、エンターテイメント性も備えている。構成に音楽的技法が使われており手法も斬新である。主人公のトマーシュは奔放な性生活をやめることができない外科医。舞台は共産主義時代のチェコスロバキアであり、人生、性、政治、文化の全てが濃厚に書かれている。「1度は数のうちに入らない」というドイツの諺を引用し、ただ1度の人生とは何であるのかを説く。ヨーロッパの文化、思考、美意識が背景に敷き詰められており、また、チェコの悲しい歴史も十分に書き込まれている。タイトルには軽さ、とあるが内容は相当に重い。本格的な文学を読みたい方には、私はこの「存在の耐えられない軽さ」をお薦めする。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/31TV5ADQ12L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25A9%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BE%25E3%2583%2595%25E3%2581%25AE%25E5%2585%2584%25E5%25BC%259F%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25A9%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BE%25E3%2583%2595%25E3%2581%25AE%25E5%2585%2584%25E5%25BC%259F%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102010106?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102010106"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25A9%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BE%25E3%2583%2595%25E3%2581%25AE%25E5%2585%2584%25E5%25BC%259F%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1880年にフョードル・ドストエフスキーが単行本として出版した、最後の長編小説作品です。ドミートリイ、イヴァン、アレクセイの三兄弟を軸に複雑な人間関係が絡み、信仰や死、国家と教会、貧困、児童虐待などさまざまなテーマを提示しています。テーマが重いわりには人間ドラマが単純に読みやすくしています。, [{"key":"ページ数","value":"667ページ"},{"key":"発売日","value":"1978/7/20"}], 強欲で好色下品な父、フョードル・カラマーゾフ。放埒で堕落した生活から抜けられない直情型の長男ドミートリィ。大学出の秀才、合理主義者、無神論者を気取っている次男イワン。修道僧であり純情で真面目で素直な三男アレクセイ。長男ドミートリィが財産と娼婦をめぐって父フョードルと醜悪な争いを繰り広げ事件は起こってしまう。愛情と思いやりを持って事態の打開に奔走する三男アレクセイ、あくまで冷静沈着な次男イワン。カラマーゾフ家の人々が織り成す情景を面白おかしく描いています。ロマンス、思想、ドラマ、サスペンス、コメディー、アクション、全てごちゃ混ぜだけれどもそれでいて上手く纏まっている。読めば納得いくハズです。カラマーゾフの兄弟(上巻)オススメです!, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41AeCVTeKPL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25B8%25E3%2583%25A3%25E3%2583%25BC%25E3%2583%258E%25E3%2583%25B3%25E3%2581%25AB%25E8%258A%25B1%25E6%259D%259F%25E3%2582%2592%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25B8%25E3%2583%25A3%25E3%2583%25BC%25E3%2583%258E%25E3%2583%25B3%25E3%2581%25AB%25E8%258A%25B1%25E6%259D%259F%25E3%2582%2592%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4150413339?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4150413339"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25B8%25E3%2583%25A3%25E3%2583%25BC%25E3%2583%258E%25E3%2583%25B3%25E3%2581%25AB%25E8%258A%25B1%25E6%259D%259F%25E3%2582%2592%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1959年にアメリカのダニエル・キイスが書いた中編のSF小説で、のちに1966年に長編小説として改作されました。日本でも本作品を原作としてドラマ化されました。主人公チャーリイ・ゴードンの視点で作品は一人称で書かれています。知的障害者である主人公の知能を高める手術などが登場するためにSF作品と位置付けられています。, [{"key":"ページ数","value":"464ページ"},{"key":"発売日","value":"2015/3/13"}], 知的障害の男性が主人公なのだが、その主人公が書く報告書という体で、物語が進んでいく。最初は誤字やひらがなが多くとても読みづらいが、物語が進むにつれてどんどんと読みやすくなっていく。この対比が実に面白く報告書という体もあったが、実際にこの主人公がいるのかと思った程であった。あまり本は読まないのだが、物語としては面白く満足した。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/415GQPHR34L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%25A0%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2591%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25B9%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%25A0%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2591%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25B9%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102451048?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102451048"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%25A0%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2591%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25B9%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1989年にアメリカの作家ポール・オースターが書いた本作品。人類が初めて月を歩いた頃の時代背景で主人公のフォッグは肉親を全て失い、人生を放棄し餓死寸前で友人に助けられた。その後奇妙な仕事を始めるうちに、自分の本当の過去が明らかになっていく。自分の肉親は本当は誰なのか。これは偶然なのか必然なのかフォッグの人生は。, [{"key":"ページ数","value":"532ページ"},{"key":"発売日","value":"1997/9/30"}], ポール・オースターの1989年に発表された小説です。幽霊たち(Ghosts)が1986年で、リバイアサン(Leviathan)が1992年ですから(ついでに鍵のかかった部屋は1986年)、その間に発表されています。 僕は、このムーン・パレスを積ん読にしておいたのですが、一度読み始めると、そのくだらなさ、冗長さに、いやになりながらも惹かれてしまいました。なにしろ、3代にわたる、父に棄てられた、もしくは父親の存在を知らなかった男たちの物語なのです。しかも、それぞれの代の男たちが物語をもち、また、物語を語るのです。 もちろん、語り部のマーコに一番感情が移入されるようにできているのですが、いつの間にか、エフィングという老人の物語に心ひかれ、つぎに、彼の息子であると判明するバーバーの純粋で悲しい人生に惹かれてしまうのです。 とても、面白く、悲しい物語です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51Y8BNNFB7L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2581%2597%25E3%2581%2582%25E3%2582%258F%25E3%2581%259B%25E3%2581%25AE%25E7%2590%2586%25E7%2594%25B1%2B%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2581%2597%25E3%2581%2582%25E3%2582%258F%25E3%2581%259B%25E3%2581%25AE%25E7%2590%2586%25E7%2594%25B1%2B%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/415011451X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=415011451X"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2581%2597%25E3%2581%2582%25E3%2582%258F%25E3%2581%259B%25E3%2581%25AE%25E7%2590%2586%25E7%2594%25B1%2B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], オーストラリアのSF作家グレッグ・イーガンの作品で「適切な愛」「闇の中へ」「愛撫」など表題を含め9作品が収録された日本版オリジナル作品集です。いつもしあわせでいられるように脳内の化学物質により感情を左右する内容の表題作です。SF作家の真骨頂の作品を集めた作品で読んでいるうちに現実なのかSFの世界なのかわからなくなります。, [{"key":"ページ数","value":"447ページ"},{"key":"発売日","value":"2003/7/1"}], 部分的に商業利用に差し掛かりつつある医療の世界の技術に関連して、認知・死・宗教といったテーマを取り扱った内容が多いので、グレッグイーガンのSFは技術背景を重視したリアルなSFが多い中で、この短編集は特にリアル(身近という意味でも)で読み応えがあった。位相夢は認知科学の分野では順列都市のアイディアと関連が深く、ストーリーは早すぎた埋葬のSF版といったテイストでお気に入り。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51-E4Qx3hvL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%25B4%25AA%25E6%25B0%25B4%25E3%2581%25AE%25E5%25B9%25B4%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%25B4%25AA%25E6%25B0%25B4%25E3%2581%25AE%25E5%25B9%25B4%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4000229400?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4000229400"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%25B4%25AA%25E6%25B0%25B4%25E3%2581%25AE%25E5%25B9%25B4%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], カナダの女性作家マーガレット・アドウッドの最新作品です。自然破壊が進み、遺伝子操作で新しい生物を次々と生み出す巨大企業に支配される世の中。人工世界に意義を唱えるエコ原理集団「神の庭師たち」にいたトビーとレンは廃墟になった地上で生き延びる。二人の結末はどうなるのか、息もつかせぬストーリーです。, [{"key":"ページ数","value":"304ページ"},{"key":"発売日","value":"2018/9/22"}], とりあえず、「上巻」だけをなんとか読み終わったのですが、なんだか狐につままれたみたいな感じで、筋が良く分かりません。早く「下巻」も読み終わって、すっきり、まとまった読後感に浸りたいです。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41ZAgdWin2L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E4%25B8%2580%25E4%25B9%259D%25E5%2585%25AB%25E5%259B%259B%25E5%25B9%25B4%25E3%2580%2580%25E5%25B0%258F%25E8%25AA%25AC%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E4%25B8%2580%25E4%25B9%259D%25E5%2585%25AB%25E5%259B%259B%25E5%25B9%25B4%25E3%2580%2580%25E5%25B0%258F%25E8%25AA%25AC%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4151200533?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4151200533"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E4%25B8%2580%25E4%25B9%259D%25E5%2585%25AB%25E5%259B%259B%25E5%25B9%25B4%255B%25E6%2596%25B0%25E8%25A8%25B3%25E7%2589%2588%255D%2B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], イギリスのジョージ・オーウェルが1949年に刊行した。物語は1950年代に核戦争が起こりオセアニア、ユーラシア、イースタシアにより分割統治された近未来の恐怖が描かれています。舞台はオセアニアに内属する真理省記録局に勤務してるウィンストン・スミスが美女ジュリアと出会って、反政府地下活動にひかれていく。, [{"key":"ページ数","value":"512ページ"},{"key":"発売日","value":"2009/7/18"}], 真実とは何か、客観とは何かを改めて考えた一冊でした。カラマーゾフの兄弟の大審問官の章と並を彷彿とさせる登場人物の台詞が印象に残っています。果たして我々は正しく世界を認識しているのか、自己のアイデンティティを揺さぶるインパクトある一冊です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41%2BEYaQ-ULL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2581%2584%25E3%2581%25A1%25E3%2581%25B0%25E3%2582%2593%25E3%2581%2593%25E3%2581%2593%25E3%2581%25AB%25E4%25BC%25BC%25E5%2590%2588%25E3%2581%2586%25E4%25BA%25BA%2B%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2581%2584%25E3%2581%25A1%25E3%2581%25B0%25E3%2582%2593%25E3%2581%2593%25E3%2581%2593%25E3%2581%25AB%25E4%25BC%25BC%25E5%2590%2588%25E3%2581%2586%25E4%25BA%25BA%2B%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4105900854?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4105900854"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2581%2584%25E3%2581%25A1%25E3%2581%25B0%25E3%2582%2593%25E3%2581%2593%25E3%2581%2593%25E3%2581%25AB%25E4%25BC%25BC%25E5%2590%2588%25E3%2581%2586%25E4%25BA%25BA%2B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], アメリカの作家ミランダ・ジュライが2007年に初めての短編集「いちばんここに似合う人」を出版。「共同パティオ」「水泳チーム」「マジェスティ」など16作品が収録されています。この中で作者は一番好きなのは「水泳チーム」だと語っています。作者自身は泳げないのになぜ水泳を題材に書いたのか覚えていないことを頭に入れて読んで欲しいです。, [{"key":"ページ数","value":"282ページ"},{"key":"発売日","value":"2010/8/31"}], とてもおもしろかった。ミランダ・ジュライの映像作品は、『君とボクの虹色の世界』を観ただけだけど、小説はまるでこの映画の世界のような体感を覚える。実験的でキュートだけど切実な、わくわくするけど不安で、ちょっとブッ飛んだものが、小説にも映像にも展示にも、根底にあって、これがこのひとの中心なのかなと思った。どんな作品にもこういう哲学みたいなものがあって、それに強く惹かれるのだと思った。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41rnQeBo4VL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%258F%25E3%2581%259F%25E3%2581%2597%25E3%2582%2592%25E9%259B%25A2%25E3%2581%2595%25E3%2581%25AA%25E3%2581%2584%25E3%2581%25A7%2B%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%258F%25E3%2581%259F%25E3%2581%2597%25E3%2582%2592%25E9%259B%25A2%25E3%2581%2595%25E3%2581%25AA%25E3%2581%2584%25E3%2581%25A7%2B%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4151200517?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4151200517"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2582%258F%25E3%2581%259F%25E3%2581%2597%25E3%2582%2592%25E9%259B%25A2%25E3%2581%2595%25E3%2581%25AA%25E3%2581%2584%25E3%2581%25A7%2B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ノーベル文学賞作家カズオ・イグシロが2005年に長編小説として刊行しました。イギリスで映画化され、日本では舞台とテレビドラマ化されていますので、原作を読んでいなくても知っている方は多いでしょう。31歳のキャシーは奇妙な少女時代や卒業後を回想し、自分達の秘密を紐解いていく。実は私たちは臓器提供者でクローン人間だった。, [{"key":"ページ数","value":"450ページ"},{"key":"発売日","value":"2008/8/22"}], これは凄い作品ですね。実話ではないけど、どこかで実際にありそうな、起こりそうな話。いや、ひょっとしたら実話なのかも。ある人種にとっては他人の命なんて取るに足らないもの、自分たちは特別、優遇されるべき人種。そんな輩が世界を牛耳っている。これからの未来に対する警告か。人の命の価値を考えさせられました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41cE-Mu4Y-L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%2598%259F%25E3%2581%25AE%25E7%258E%258B%25E5%25AD%2590%25E3%2581%2595%25E3%2581%25BE%2B%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%2598%259F%25E3%2581%25AE%25E7%258E%258B%25E5%25AD%2590%25E3%2581%2595%25E3%2581%25BE%2B%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102122044?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102122044"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%2598%259F%25E3%2581%25AE%25E7%258E%258B%25E5%25AD%2590%25E3%2581%2595%25E3%2581%25BE%2B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1943年アメリカで飛行士でもあるアントワーヌ・サン=テグジュペリが手がけた本作品が刊行されました。長きにわたり200以上の国と地域で1億5千万冊を超えたロングベストセラーで誰からも愛された一冊です。実は児童文学のようで、内容は大人に向けて書かれていて困難に陥った大人に捧げられたと作者は語っています。, [{"key":"ページ数","value":"160ページ"},{"key":"発売日","value":"2006/3/28"}], しくじり先生でオリラジのあっちゃんの話を聞いて購入。普段本は読みませんが、あっという間に読みきっていました。人間の性質を描いたすばらしい作品です。でも、そのしくじり先生を見ていなければ4ページ目くらいでやめていたかも。ネットでもあっちゃんの解説がまとめてあるサイトなどがあるので見てから読むことをおすすめします。もしくは読んでから解説を見て、もう一度読むとかしたらさらに面白いかもしれません。, 海外作品を読むときには、好きな作家だから読むとか、なんとなく表紙が気に入ったから読んでみるとか、選ぶ方法は様々です。ここではランキング以外で選ぶ方法をご紹介します。, 海外文学には映像化しやすい作品が多くあり、原作となっている作品を多いです。その中で海外で映画化された作品や、日本で映像化された作品をご紹介します。, 海外文学作品が原作になった海外映画を選ぶときには、原作も読んでみたいけど、まずは気軽に映画を観てから原作を読んでみるのはいかがですか。きっと新たな発見がありより一層小説を読むのが楽しくなります。, 海外文学作品の「グレート・ギャツビー」が原作でバズ・ルーマン監督で撮影された「華麗なるギャッツビー」です。主演はご存知レオナルド・ディカプリオで謎の富豪を演じています。, ランキング1位の「星の王子さま」は児童文学の位置付けですが、どちらかと言うと大人向けかもしれません。そこでアニメになった作品を子供一緒にご覧になると良いでしょう。, 冒険の部類に入るのかもしれませんが、この物語は農場の納屋に住む子豚のウィルバーが無邪気に暮らしていたが、ある日殺されてしまうことを知る。それを嘆くウィルバーに声をかけたのは、牝クモのシャーロットでした。彼女はウィルバーを助けるために「奇跡」を起こすのです。, 実はこの作品は2006年に実写リメイクで映画化されています。アニメ映画として1973年に公開されています。アニメ映画と言うとディズニー作品なのかと思ったら違いました。, イギリスでは映画化された作品ですが、日本では2016年TBSで主演は綾瀬はるかで放送されました。全10話で舞台を日本に変えて放送され社会に衝撃を与えました。主人公はキャシーを恭子に、施設ヘールシャムは陽光学苑に置き換えています。, 物語は恭子が過去に遡って語りながら進行しています。主演の綾瀬はるかは撮影に入る前に作者のカズオ・イシグロと4時間に渡り対談をして作者の伝えたいことを演じる材料にしています。, 海外文学と一口で言っても児童書から大人が読む作品まであります。そこで子供のときに読んでおきたい、読ませたい本の選び方をご紹介します。, 子供が読んでワクワクするのは冒険ものや探偵ものでしょう。その中で「オタバリの少年探偵たち」は子供たちに勇気と正義を教えてくれるはずです。得てして大人対子供という構図になり、子供は必ず大人に負けてしまいます。, しかし勇気ある行動で子供から、子供たちと大勢で集まって行動すれば正義を貫けるはずです。大人顔負けの結果を出すでしょう。大人が読んでも改めて思い知らされる内容なので、子供にぜひ読んで欲しい一冊です。, 冒険物語でわかりやすいのは行って帰ると言うわかりやすいストーリーで安心して読めます。「ホビットの物語」は指輪物語と同じ作者のトールキン作です。竜のスマウグが持っている宝を求めて、ビルボやドワーフたちが戦う物語で冒険につぐ冒険で読んでいてワクワクします。, 海外文学にはノーベル文学賞作家が書いた本や、哲学的で難しい本や、いろいろあります。その中でも大人になってから読んだ方が良い作品をご紹介します。, サリンジャー作品で1955年に「フラニー」、1957年に「ゾーイー」を発表し、この作品を一つにまとめて1961年に刊行した。物語はグラース家の末っ子である女子大生と、兄であり俳優のゾーイーをめぐり、1955年11月のある土曜日午前中から翌週の月曜日にかけて若者の悩み悶え、焦燥などを描写した作品です。, サリンジャーの代表作とも言われ、芸能界でもファンの多い作品です。読めばすぐに若い頃の自分を思い出し、感情移入できる作品です。, 海外文学作品をランキングを中心にご紹介してきましたがいかがですか。発表された時期が古い作品でもみんなに愛されている作品は上位にランキングされています。特徴としては新しい作品よりも子供から大人までが読んで楽しめる作品を読んでみてください。, ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2019年05月01日)やレビューをもとに作成しております。.