収入金額とは 収入金額の定義・意味・意義. 法第165条の4((所得税額から控除する外国税額の必要経費不算入))関係 165の4-1 (必要経費算入と税額控除との選択方法) 法第165条の6((非居住者に係る外国税額の控除))関係 165の6-1 (非居住者に係る外国税額の控除) 法第174条《内国法人に係る所得税の課税標準》関係 ®é¡ç­‰ã«å¯¾ã™ã‚‹ç¨Žé¡ã®è¨ˆç®—), 214-1 (届出書を提出していない非居住者), 216-1 (常時10人未満であるかどうかの判定), 216-2 (納期の特例の承認の効果), 219-1 (納期の特例の承認の取消し等があった場合の納期限の例示), 221-1 (支払者が税額を負担する場合の税額計算), 1000-1 (附則 経過的取扱い 平29年課個2-22、課法10-13、課審5-8). ÷“nŠ“¾‚̉ېł̓Á—á@Žû—p“™‚Ì5,000–œ‰~“Á•ÊTœ, “y’n‹æ‰æ®—Ž–‹Æ“™‚Ì‚½‚ß‚É“y’n“™‚ð÷“n‚µ‚½ê‡‚Ì“Á•ÊTœ, “Á’èZ‘î’n‘¢¬Ž–‹Æ“™‚Ì‚½‚ß‚É“y’n“™‚ð÷“n‚µ‚½ê‡‚Ì“Á•ÊTœ, ”_’n•Û—L‚̍‡—‰»‚Ì‚½‚ß‚É”_’n“™‚ð÷“n‚µ‚½ê‡‚Ì“Á•ÊTœ. 36-2利子所得の収入金額の収入すべき時期は、法第36条第3項に規定するものを除き、それぞれ次に掲げる日によるものとする。(平4課法8-5、課所4-3改正、平13課法8-6、課個2-17、課審3-89改正) (1) 定期預金(貯金及び令第2条第1号《預貯金の範囲》に掲げる貯蓄金でこれに類するものを含む。)の利子については、次に掲げる日 イ その契約により定められた預入期間(以下この項において「契約期間」という。)の満了後に支払を受ける利子で、その契約期間が満了するまでの期間に係るもの … ここでは大まかな計算方法を記述したのち、細かな計算方法について解説していく。, まず所得を10種類に分け、種類ごとに「所得の金額」を収入金額の形態で計算する(21条1項1号)。その計算を元に、所得税法上の課税標準(総所得金額・退職所得金額・山林所得金額)の計算(21条1項2号)、損益通算、損失の繰越控除が行われる。この時、退職所得・山林所得は他の所得と合計しないで課税標準を計算し(申告分離課税)、残りの8種類の所得は合計して計算する(総合課税)。, その後は各所得から所得控除をして講学上の課税所得(課税総所得金額・課税退職金額・課税山林所得金)を計算し(21条1項3号)、それらの金額に税率を適用する(21条1項4号)。この時、高い累進課税を緩和するための平準化措置(89,90条)として、山林所得には五分五乗制度、変動所得・臨時所得には平均課税制度が適用される。, 最後に上記の額から税額控除(配当控除・住宅借入金等特別控除等)を行い算出された額が「所得税の額」(21条1項5号)・「納付すべき所得税の額」(120条1項3号)となる。, 収入金額とは「その年において収入すべき金額」(36条1項)。他の者から受ける(外部から流入する)経済的価値[10]。対価性のない無償の経済的利益や金銭以外の経済的利益(権利・物など)も含まれる。所得税の課税標準における計算手続の入口。, 現物(金銭以外)の所得は現物所得とよばれる。現物所得の収入金額は現物の取得・享受時の価格(時価相当額)である。, 所得税は所得によって「収入金額」と「総収入金額」の用語を使い分けている。内容が比較的単純で類型化しやすい利子・配当・給与・退職などは「収入金額」、活動・種類・範囲が複雑な事業・不動産・山林などは「総収入金額」として使い分けている。所得の金額計算上、「収入金額」は収入とそれを得るための支出との個別対応を定め(費用収益対応の原則)、「総収入金額」は収入とそれを得るための支出を合わせて把握し両者の総体対応を定めていることを表す。, 収入金額参入規定は、外部からの経済的価値の流入がないのに収入金額があるとする規定。対義語は収入金額不参入規定。, 収入金額不参入規定は、外部からの経済的価値の流入があるのに収入金額がないとする規定。, 損益通算とは、ある種類の所得に生じたマイナスの金額(損失)を他の種類の所得に生じたプラスの金額(利益)から控除する手続(69条)。分類所得税的要素(所得分類など)を持つ日本の所得税の総合所得税的側面。順所得課税の原則(純額主義)・担税力に応じた課税の原則(担税力原則)からの要請。分離課税の方法が採られている退職所得・山林所得にも損益通算が行われる。, 不動産・事業・山林・譲渡の所得に損失が生じた場合、他の所得の金額から控除できる(69条1項)。利子・退職所得は所得税法上損失が生じることは無い(マイナス金利の利子所得は0円として扱う[11])。配当・給与・一時・雑所得の損失は他の所得の金額から控除することはできない。また、損失を控除できる4種の所得も、控除できない場合の例外規定が色々と存在する。注意点として、これは損失(赤字)の話であり、所得(黒字)の方は別のルールである。配当・給与・一時・雑所得の所得(黒字)を他の損失(赤字)で引ける。[12], 長期譲渡所得・一時所得の金額は、損益通算後の残額の合計額の2分の1相当金額だけが総合所得金額に算入される(二分の一控除=二分の一課税)。損益通算後の残高には繰越控除が行われる。, 損失の繰越控除とは、ある年に生まれた損失を翌年の損失に算入すること。下記のほかに、租税特別措置法上の特例が設けられている(租税特別措置法37条の12の2第6項、37条の13の2第4項、41条の15第1項)。, 日本の所得税は総合所得税として原則総合課税の制度をとっている。しかし、一部の所得は分離課税の方法を採っている。退職所得や山林所得は長年の勤労の成果が一時点に実現する性質のものであり、一度に大金が手に入るため税率が高くなってしまう。そこで他の所得とは別に課税標準を計算することで累進税率を緩和している。, さらに租税特別措置法は、上記のほか、一定の譲渡所得を申告分離課税の対象としている(租税特別措置法31条以下)。その理由は、譲渡所得が経常的な所得とは異なり、その実現のタイミングを選択することが可能であることから、損益通算による租税回避に用いられ易いことにある。一定の長期譲渡所得(租税特別措置法31条の2・31条の3)や特殊な様態による譲渡(租税特別措置法33条 - 37条の9の4)には軽減税率・特別控除・課税延期などの措置が採られている。, 税率を適用する段階で適用される措置。所得税は所得を合計して課税すると高い税率が適用されるようになる(累進税率の束ね効果)ため、特別な制度を設けて高い累進課税を抑えられる仕組になっている。, 所得控除は家事費(消費のための支出)や家事的性格を持つ、やむをえざる支出・損失を担税力の減殺理由とされる控除。このほか政策的・公益的理由による所得控除もある。, 所得控除は「所得税法上の課税標準(所得税法22条1項)」に対して行われる。所得控除された所得金額は「講学上の所得控除(税率適用の直接の基礎となる金額)」となる。, 所得税を含む国税(地価税を除く)の収納後の年度帰属については、国税収納金整理資金に関する法律施行令(昭和29年政令第51号)第3条第1項第1号イの規定により「当該国税の納税義務が成立した日(一定の期間内に納税義務が成立した国税を一括して申告し、又は納付すべきものとされている場合にあつては、その期間の末日)の属する年度」となっている。所得税の納税義務は、確定申告によるものは国税通則法第2条第2項第1号の規定により「暦年の終了の時」に成立し、源泉徴収によるものは国税通則法第2条第2項第2号、「所得の支払の時」に成立する。従って例えば2018年の所得については、翌2019年3月15日までに確定申告、納税がされ、延納の場合も5月31日までに納付されるため、滞納にならない限り2018年度の歳入となる。, この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。, 第113回国会 衆議院本会議 第8号 (昭和63年9月22日)所得税法等の一部を改正する法律案の大蔵大臣の趣旨説明, 1 利子所得の金額の計算 - 所得税法(令和2年度版)|税大講本|税務大学校|国税庁, 第7節 損益通算及び損失の繰越控除 - 所得税法(令和2年度版)|税大講本|税務大学校|国税庁, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=所得税法&oldid=80309702. 所得金額 = 収入金額 - 必要経費. 所得税法施行規則第36条の4(青色専従者給与に関する届出書の記載事項等). 所得税法(しょとくぜいほう、昭和40年3月31日法律第33号)は、広義の所得に対する税のうち、個人の所得に対する税金について定めた日本の法律。所管官庁は、制度の立案に関しては財務省主税局、執行に関しては国税庁である。所得税法(昭和22年法律第27号)を全部改正して制定された。, 日本は租税法律主義を採っており、所得税については、主に所得税法で定められている。一方、租税特別措置法による修正が採られていることも多く、特に個人が金融に投資する場合や不動産を譲渡する場合、租税特別措置法なしに正確な課税関係を語るのはほぼ不可能である[1]。, 理念としては純資産増加説、包括的所得概念に基づいている[2]。建前としては所得の合計額をまとめて課税する総合所得税の方式を採用している。一方で、所得分類の存在など、源泉ごとに所得を分けそれぞれに異なった税率を適用する分類所得税的な要素もある。, 日本の所得税は1887年に、所得税法(明治20年3月23日勅令第5号)3月23日公布、7月1日実施により導入された。導入の当初は、所得金額300円以上の高額所得者のみを納税義務者としていたことから、名誉税とも呼ばれた。税率は最小1%、最大3%であり、税収に占める割合は僅かなものであった。しかし、酒税と地租以外有力な税収を持たない明治政府にとって、将来的には公平な負担をもたらす有力な税収となるとして期待されていた。帝国議会制定前に制定され、かつ、「所得税法」という題名が付されていたが、法形式が勅令であったので、大日本帝国憲法施行後は、大日本帝国憲法第63条の適用により有効とされた。1899年に所得税法 (明治32年2月13日法律第17号)が制定[3]され、法人所得を第一種所得として課税するようになった(日清戦争後第2次増税の一環)。, 20世紀に入ると税収構造が変化する。産業革命によって産業構造が変化し、産業の高度化が進展する(ペティ・クラークの法則)。それに伴い所得税の税収が伸び、地租の税収を追い抜いた。1913年4月8日、所得税法改正、非常特別税法廃止がそれぞれ公布され、非常特別税を所得税に併合して減額した。日露戦争後の税制整理が終わった。1918年以降は酒税と首位を争い、1920年に、全部改正され、所得税法 (大正9年7月31日法律第11号)で増税され、所得税は、基幹税としての姿を整える。関東大震災後の頃には所得税が税制の中心的存在と認識される。, 昭和に入ると、日本の対外進出が積極化する。日中戦争(1937年 – 1945年)・太平洋戦争(1939年 – 1945年)などの第二次世界大戦に突入することで多額の税収が必要になり、税制も戦時体制に組み込まれる。1940年の全部改正で、所得税法 (昭和15年3月29日法律第24号)となり、所得税から法人への課税(法人税)が分離し法人税法 (昭和15年3月29日法律第25号)が制定された。そして、総合所得税と分類所得税を採り入れ、所得税を分類し基礎控除を引き下げることで所得税を大衆化した。さらに源泉徴収も拡充し現代の所得税の仕組みが整う(「1940年体制」)。, 1945年、日本は第二次世界大戦で敗戦し、GHQの統治下に下る。日本国憲法の制定に伴う、所得税法の全部改正で、所得税法 (昭和22年3月31日法律第27号)となり、申告納税制度の導入や総合課税への一本化が行われた。1948年には租税法学者カール・シャウプらがシャウプ勧告を提出、総合累進所得税や各種控除、青色申告制度などを提唱した。日本政府はこれを受けて税制を改正、1950年に所得税法の一部を改正する法律(昭和25年3月31日法律第71号)として、法律となった(シャウプ税制)。しかし、1953年の改正(所得税法の一部を改正する法律(昭和28年8月7日法律第173号)では逆コースの流れで多くの修正がくわえられた。その後、日本は高度経済成長によって税制の自然増が続く時代を迎える。, 1965年に、所得税法は全部改正される。大蔵大臣田中角榮の説明では、この理由は「納税者の理解を容易にする見地から、規定の体系的な整備と表現の平明化を中心とする税法の整備をはかるため」、また「租税法律主義をたてまえとしつつ、同時に、一般の納税者にわかりやすい法令体系にするため、現在政令または省令で規定されている事項で重要なものは法律において規定することとするとともに、規定の配列、表現の平明化等についても理解しやすいものにする」ため[4]。, 1973年のオイルショック以降、日本の経済成長率は低下し、社会構造の変化に税制が対応できていないと認識されるようになる。そのような認識を受けて、1988年に、「所得課税を軽減し、消費に広く薄く負担を求め、資産に対する負担を適正化すること[5]」とする税制の抜本改革が行われる(昭和63年改正[6])。個人所得税の税率が簡素化、最高税率も引き下げられた。, 「国税(源泉徴収による国税を除く)を納める義務がある者」(国税通則法2条5号)。本来の納税義務者。, 所得税法には人的非課税(人的課税除外)は定められておらず、すべての個人は課税要件が定められたら所得税の納税義務を持つ。外交官は例外的に納税義務がない(外交関係に関するウィーン条約)。, 源泉徴収義務者とは、「源泉徴収による国税を徴収して国に納付しなければならないもの」(国税通則法2条5号)。, 人を雇って給与を支払ったり、税理士、弁護士等に報酬を支払ったりする場合には、会社等や個人事業者は原則として支払金額に応じた所得税を差し引き、支払った月の翌月10日までに国に納める義務がある。関連して、給与の支払者には年末調整や源泉徴収票の交付が義務付けられている。, 給与所得者で年末調整されている場合や年金受給者で年金収入が400万円以下の場合(他所得が20万円以下)などを除き、各種所得金額の合計から所得控除を差し引き、課税所得金額に税率を乗じて計算した算出税額から配当控除を差し引いた後に納税額がある納税者は、基本的に翌年2月16日から3月15日までの間に所得税の確定申告が必要となる。(120条), 所得税の課税単位(税額算定の基礎となる人的単位、担税力の測定単位)を個人とする個人単位主義と家族(夫婦)を単位とする家族単位主義(夫婦単位主義)がある。, 個人単位主義は家庭内で恣意的な所得分割による累進課税の軽減、排除が行われることがあるという欠点を持つ。家族単位主義も家族(夫婦)が同じ消費単位で共同生活をしているという実態には即しているが、既婚者に比べ独身者の税額が高くなりがちなため税制の婚姻中立性に反する。, 日本の所得税法は個人単位主義を採用し、上記の欠点を克服するために、事業主が家族に支払った対価を必要経費に算入できないようにする規定がある(56条)。また、所得控除の一部(配偶者控除、扶養控除など)も家族制度を前提とした規定が採られている。, 所得分類は各所得の金額計算方法の違いによってタックス・シェルター(所得種類の転換によって所得税の軽減、排除を図る措置)の余地を生むことになる。しかし、損益通算の法定順序や制限と結びつくことで費用、損失の彼此流用(タックス・シェルターの1種)を防ぐことができる。, 所得税は総合課税の方法をとっている一方で、所得分類という分類所得税的な制度を組込んでいる。, 居住者(永住者)への所得税の基本的な計算方法は所得税法21条・22条に定められている。それに加え損益通算、平準化措置などの調整が行われている[9]。 体事例, 確定申告―確定所得申告―イレギュラーな場合, 確定申告―確定所得申告―電子申告(e-Tax), 贈与税の課税対象と税額の計算方法, 相続税の課税対象と税額の計算方法, 法人税の基本・基礎・原理・仕組み・体系, その他法人税法の基本用語・概念, その年において収入すべき金額, 金銭以外の物又は権利その他経済的な利益の価額, その年において収入すべき金額 → , 金銭以外の物又は権利その他経済的な利益の価額 → 収入金額の評価の問題(=物又は権利による収入金額の計算の仕方は?). ①所得税申告書の特例適用条文欄に「措置法33条」と記載 ②申告書とともに「譲渡所得計の内訳書」の提出 ‘åã•{‚’ÎŽs“ìŠHì’¬1-7-401, TEL 072-682-1728 所得税法(しょとくぜいほう、昭和40年3月31日法律第33号)は、広義の所得に対する税のうち、個人の所得に対する税金について定めた日本の法律。 所管官庁は、制度の立案に関しては財務省主税局、執行に関しては国税庁である。 所得税法(昭和22年法律第27号)を全部改正して制定された。 No.2508 給与所得となるもの 法第36条((収入金額))関係 〔収入金額〕 〔収入金額の収入すべき時期〕 〔経済的利益〕 〔給与等に係る経済的利益〕 〔給与等とされる経済的利益の評価〕 投稿者 taxtool 時刻: 0:00. 一 利子所得の金額、配当所得の金額、不動産所得の金額、事業所得の金額、給与所得の金額、譲渡所得の金額(第三十三条第三項第一号(譲渡所得の金額の計算)に掲げる所得に係る部分の金額に限る。)及び雑所得の金額(これらの金額につき第六十九条(損益通算)の規定の適用がある場合には、その適用後の金額)の合計額 FAX 072-682-1728. copyright©since2006 ¼–{ŽõˆêÅ—ŽmŽ––±Š. メールで送信 BlogThis! 申告の手続. B, §569-1124 Twitter で共有する Facebook で共有する Pinterest に共有. 第三十六条の四 法第五十七条第二項( 事業に専従する親族がある場合の必要経費の特例等 ) に規定する財務省令で定める事項は、次に掲げる事項とする。. all rights reserved. ⑥所得金額=④-⑤ 総合課税の総所得金額に含まれます。長期分は⑥×1/2. 所得税法上定められている10種類の各所得の金額は、原則として収入金額から必要経費を控除することで計算されます。. 所得税においては、「相続人」には、包括遺贈者を含み、「被相続人」には、包括遺贈者を含みます。 所得税の収入金額・所得税法第36条(所得税) ☆ 所得税の収入金額について所得税法の条文を掲載して … 第三十六条  その年分の各種所得の金額の計算上収入金額とすべき金額又は総収入金額に算入すべき金額は、別段の定めがあるものを除き、その年において, 無記名の公募公社債等運用投資信託以外の公社債等運用投資信託の受益証券及び無記名の社債的受益権に係る受益証券を含む。, 漁業経営に関する補償制度の改善のための漁船損害等補償法及び漁業災害補償法の一部を改正する等の法律, 所得税法第41条の2(発行法人から与えられた株式を取得する権利の譲渡による収入金額), 地方税法第45条の3の3(個人の道府県民税に係る公的年金等受給者の扶養親族申告書), 租特法第42条の12の5(生産性向上設備等を取得した場合の特別償却又は法人税額の特別控除), 租特法第42条の12(特定の地域において雇用者の数が増加した場合の法人税額の特別控除), 地方税法施行令第48条の9の7(法第三百十七条の二第一項の政令で定める社会保険料控除額), 地方税法第72条の22(この法律の施行地外において事業を行う内国法人等の資本割の課税標準の算定), 法人税法施行令第123条の10(非適格合併等により移転を受ける資産等に係る調整勘定の損金算入等), 法人税法第62条の8(非適格合併等により移転を受ける資産等に係る調整勘定の損金算入等), 法人税法施行規則第29条(外国税額控除の対象とならない外国法人税の額の計算に係る総収入金額等), 租特法施行規則第20条の3(中小企業者等が機械等を取得した場合の特別償却又は法人税額の特別控除), 租特法施行令第27条の6(中小企業者等が機械等を取得した場合の特別償却又は法人税額の特別控除), 租特法第42条の6(中小企業者等が機械等を取得した場合の特別償却又は法人税額の特別控除). 二 法第五十七条第一項 に規定する青色事業専従者(以下この条において「青色事業専従者」という。. 36-21 使用者が永年勤続した役員又は使用人の表彰に当たり、その記念として旅行、観劇等に招待し、又は記念品(現物に代えて支給する金銭は含まない。)を支給することにより当該役員又は使用人が受ける利益で、次に掲げる要件のいずれにも該当するものについては、課税しなくて差し支えない。(昭46直審(所)19改正) (1) 当該利益の額が、当該役員又は使用人の勤続期間等に照らし、社会通念上相当と認められること。 (2) 当該表彰が、おおむね10年以上の勤続年数の者を対象とし、かつ、2回以 … 36-36使用者が役員又は使用人に対して支給する有価証券(令第84条第2項各号に掲げる権利で同項の規定の適用を受けるもの及び株主等として発行法人から与えられた株式(これに準ずるものを含む。)を取得する権利を除く。)については、その支給時の価額により評価する。この場合における支給時の価額については、23~35共-9及び昭和39年4月25日付直資56ほか1課共同「財産評価基本通達」の第8章第2節《公社債》の取扱いに準じて評価する。(昭50直所3-4、昭52直所3-33、直法6-10、直資3-15、平…