サードパーティのブラウザプラグインによる詳細情報は下記のリンクよりご覧いただけます。. 大阪府立大学周辺の賃貸[アパート・賃貸マンション]を検索・物件情報なら【lifull home's/ライフルホームズ】(4ページ)。大阪府立大学に進学・通学する学生向けの部屋探し。最寄駅までの通学時間や学校周辺地図から希望条件を指定した検索もできます。 大阪府立大学 〒599-8531 堺市中区学園町1番1号 Tel 072-252-1161(代表). 本学が「企業の人事担当者から見た大学イメージ調査」で公立大学1位、関西3位にランキング|大阪府立大学, http://www.osakafu-u.ac.jp/data/open/cnt/3/5951/1/teigen_20130118.pdf, http://www.osakafu-u.ac.jp/affiliate/21c/index.html, 大阪府立大学 ハーモニー博物館(創基130年記念に伴い大学によって開設されたweb博物館), 公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会 掲載リストに基づく(2017年4月1日 時点), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=大阪府立大学&oldid=80236686, 白鷺門通りにある石の彫刻「process(プロセス)」は大学のシンボルとなっている。, 共通教育推進センターでは、幅広い視野や適切な判断力、国際化・情報化社会に対応する能力を養う教養教育と、基礎知識に支えられた応用能力を養う基礎教育についての企画及び編成を行い、全学的な共通教育の実施を推進している。, 「外国語教育センター」では、外国語によるコミュニケーション能力の強化を目指し、共通教育における外国語科目を統括し、全学における外国語教育を推進している。, 高等教育開発センターでは、「データに基づく教育改善のための教学IR(Institutional Research)」、「ICTを活用した教育・学習支援」を扱う部門を設置している。, 応用生命科学類の生命機能化学課程では食品化学、食品製造学、さらに食品衛生学や公衆衛生学など、食品や食環境にかかわる幅広い科目を履修し、食品分野の専門職業人を目指す, 2009年に東大阪の民間企業によって、初めて打ち上げられた人工衛星「まいど1号」の開発と運用に携わった。, プロレス研究会「WMA」は、日本で唯一プロレス系で「文化部」として活動している学生クラブだと言われている, 「大阪府立大学環境報告書作成学生委員会」は、2010年12月に発足し、大学の環境活動をまとめた『環境報告書』を作成することを目的として活動を始めた。そして2012年11月、その第一号が発行された。, 学園祭は、春の友好祭、夏の笹の葉祭、秋の大学祭(白鷺祭と杏樹祭)と他の大学に比べて多く計4回行われる。, 友好祭は概ね5月末から6月始めの週末の3日間に行なわれる学園祭で、元々は府立系大学の学費値上げに対抗する為に大学間で団結するために行なわれたが、現在は時期的に新入生歓迎や出会いの場的な意味合いを持っている。, 七夕祭は主に中百舌鳥周辺の地域住民との交流等を目的に行なわれている。他の学園祭とは異なり、平日の授業終了後に数時間だけ行なわれる縁日的祭りである。慣例的に学生自治会が呼びかけ、有志の委員会が結成されて実行される。, 白鷺祭は大阪府立大学の学園祭の中で最も歴史のある祭りで2008年には60回目をむかえた。11月の第一週の週末の3日間に中百舌鳥キャンパスで行なわれる。もともとは単なる「大学祭」という名称だったが、いつの頃からか最寄り駅が南海高野線白鷺駅であることにちなんで「白鷺」の名を冠するようになった。毎年30,000人近くの人々が訪れる, 中百舌鳥キャンパスでは、新入生が入学後に必ず学生団体に配属される。この配属について大学側は、「直接関与しておらず、学生の自主的活動」としており、配属後はたとえ当日であっても脱退は自由である(しかし、新入生側がそのことを知らない場合や、学生団体側が間違った解釈を新入生に与える場合もある)。配属先は主に「中百舌鳥・りんくうキャンパス学生自治会」「友好祭実行委員会」「白鷺祭実行委員会」「生協学生委員会」「白鷺音響企画共同体S.T.A.F.-1」の5つの内のどれかである。, 「中百舌鳥・りんくうキャンパス学生自治会」は中百舌鳥キャンパスとりんくうキャンパスの学生を活動対象とした学生自治会である。主な活動としては、学園祭や文化系クラブ全般への資金面での支援の他、新入生歓迎企画、研究室やゼミの紹介、学生の要望を大学に伝える活動等を行っている。また、学生団体のまとめ役も担っている。学生自治会の運営方針を決める会議は「自治委員会総会」と呼ばれ、一般の学生が参加する。学生自治会から提議された決議案が承認されることで学生自治会は活動できる。, 大阪府立大学に存在する全ての学生団体間の連絡、調整、意見交換を行う機関として「学生団体連絡会議」が行われている。参加団体は「中百舌鳥・りんくうキャンパス学生自治会」「体育会」「羽曳野キャンパス学生自治会」「社会福祉学科学生自治会」「友好祭実行委員会」「白鷺祭実行委員会」「生協学生委員会」「白鷺音響企画共同体S.T.A.F.-1」「外国人留学生総会」「文化部連合」である。, 使用学域:現代システム科学域、工学域、生命環境科学域、地域保健学域(教育福祉学類), 使用研究科:工学研究科、生命環境科学研究科、理学系研究科、経済学研究科、人間社会学研究科, 使用附属施設:学術情報センター・Uホール白鷺・学術交流会館・生産技術センター・先端科学研究センター・科学技術共同研究センター・生物資源開発センター・植物工場研究センター・附属教育研究フィールド(附属農場), 南海バス府立大学前・府大研究所前停留所(堺駅南口-三国ヶ丘駅前-中もず駅前-府立大学前-府大研究所前-北野田駅前), 学術情報センター:図書・雑誌等の情報提供を行う図書館機能、情報教育や実習をサポートする情報処理・情報通信機能などを併せ持ち教育研究のサポートを行う。, Uホール白鷺:学術情報センターに併設された客席数1,200を有するホールで、教育研究活動を通じての交流の場や公開講座等に利用される。, 学術交流会館:300人規模の会議が開催できる国内・海外に開かれた学術交流施設である。. 大阪で285人感染 1日最多更新 大阪府立大学(おおさかふりつだいがく、英語: Osaka Prefecture University)は、大阪府堺市中区学園町1番1号に本部を置く日本の公立大学である。2005年に設置された。大学の略称は府大、OPU。, 2020年6月、日本経済新聞社と日経HRが実施した、「企業の人事担当者からみたイメージ調査」(全上場企業と一部有力未上場企業の人事担当者を対象に、2018年4月から2020年3月までの間に採用した学生から見た大学のイメージなどを聞いた調査)において、大阪府立大学は、公立大学1位、エリア別では関西3位、全国総合で16位、評価基準となる側面項目では「行動力(10位)」「対人力(8位)」の2項目で特に高評価となった[1][2]。, 大阪府立大学は、2005年に旧大阪府立大学、大阪女子大学、大阪府立看護大学の3大学を統合し誕生した。現在、4学域13学類、7研究科を設置している。日本の公立大学の中で最も規模の大きな大学である。また近畿の大学で唯一の獣医学領域を設置している。学術情報センター図書館は大阪府民も利用することができる。, 日本のみならず世界の研究型大学の変革の起点となり、地域に信頼される知の拠点となるべき基本理念を表す言葉として、「高度研究型大学 ―世界に翔く地域の信頼拠点―」を掲げている。そのために「多様」「融合」「国際」という3つの視点を重んじている。, 大阪府立大学は、2005年に大阪府立の3大学を統合し誕生した。その中の旧大阪府立大学は、1949年の学制改革に伴い誕生した新制浪速大学が1955年に改称したものである。大学の起源となる獣医学講習所が1883年に設置された事から、大阪府立大学は2013年を創基130年と位置づけている。, 大阪府知事や大阪市長らをメンバーとする大阪府市統合本部において、大阪市立大学との統合が議論されており、2013年1月、外部有識者からなる「大阪府市新大学構想会議」が「新大学構想〈提言〉」[3]を出した。提言によると、両大学を取り巻く現状について、国際的な大学間競争が激化する中で、両大学とも規模も小さく、このままでは埋没しかねないと指摘している。そして、市立大の工学部と府立大の工学域など、両大学で重複する分野を見直し、今後集中すべき分野や補強が必要な分野に人的資源を再配分することも必要だとしている。新大学は、文学部、法学部、商学部、経済学部、理学部、地球未来理工学部、獣医学部、看護学部、医学部、工学域、生命環境科学域、現代システム科学域、人間科学域、都市経営研究科で構成される構想である。学生数を単純合計すると、全国の公立大学で最大規模となる。, 当初は2016年度の統合を目指していたが、2014年4月25日、延期が発表された[4]。, その後、2015年2月に両大学間で『「新・公立大学」大阪モデル(基本構想)』が取りまとめられた[5]。2017年4月1日に両大学の法人統合に向けた「新法人設立準備室」を設置。両大学の運営法人を2019年4月に統一する関連議案が大阪府議会で2017年11月8日に可決、大阪市議会でも2018年2月23日に可決された。2019年4月1日、両法人の統合により新しく公立大学法人大阪が発足した。2020年6月26日、新大学の名称が「大阪公立大学」に決定した[6]。, 入学試験では、受験者は各学類を出願時に選択する。学類に課程が設置されている場合、学生は各課程を2年次以降に選択する。ただし、地域保健学域総合リハビリテーション学類の各専攻は出願時に選択。, 21世紀科学研究機構は、学部(現学域)・研究科の枠を超えた学際あるいは分野横断型研究を進める「21世紀科学研究所」で構成する研究組織で、大阪府立大学の研究活動の一層の活性化を図ることを目的として平成21年4月に設立された。, 地域連携研究機構は、大阪府立大学の教育・研究を地域社会につなぎ、シンクタンク機能や生涯教育機能、産学官連携など同大学の地域貢献活動を総合的に推進することを目的として平成23年4月に設立された研究組織である。, 高等教育推進機構は、平成17年に創設された総合教育研究機構の役割を受け継ぎ、大阪府立大学の基礎・教養教育の運営とファカルティ・ディベロップメント(FD)の取組の中核を担うことを目的として設立された組織である。「共通教育推進センター」、「外国語教育センター」、「高等教育開発センター」の3つのセンターが設置されている。, 国際交流推進機構は、大阪府立大学の国際交流戦略の起案、部局における国際共同研究推進の支援、学生の外国語コミュニケーション能力の強化、留学生と日本人学生双方への国際化教育など留学生交流の強化のための研究教育を行い、国際交流を推進することを目的とする組織である。平成23年4月に設立された。, また、国際交流推進機構には、「全学的な国際交流事業ならびに学域・研究科等部局が実施する国際交流事業の支援」、「学生の国際的流動性を高めるための国際化教育や留学生に対する日本語教育の強化」、その他大阪府立大学の国際化に必要な事業等を進める、「国際交流センター」が設置されている。, 小型宇宙機システム研究センター、通称SSSRC(Small Spacecraft System Reseach Center)は、小型人工衛星SOHLA-1(「まいど1号」)プロジェクトに大阪府立大学の学生・院生たちが参加し、設計・開発を行ったことをきっかけに大阪府立大学と包括協力協定を締結した宇宙航空研究開発機構(JAXA)の支援の下、平成17年4月に工学研究科に設置された研究センターである。学生が主体となって活動していることが特徴で、学部1回生から大学院生まで研究センターに所属できる(学部1回生の間は前期に新入生教育としてプログラミングと回路の勉強会、夏休みは課題、後期には種子島で行われるロケットコンテストに向けてCanSatと呼ばれる空き缶サイズの模擬衛星を製作するなど、ものづくりの経験をした後、2回生から本格的にプロジェクトに参加することになる)。, また、平成23年12月には、研究センターが開発を進めている超小型衛星OPUSAT(オプサット)が宇宙航空研究開発機構のH-ⅡAロケット相乗り公募小型副衛星に香川大学のSTARS-Ⅱ、筑波大学のITF-1などと共に選ばれた。21世紀科学研究機構に属する宇宙科学技術研究センターをはじめとする研究機関や専門家・研究者の協力のもと、人工衛星の設計・開発・試験・運用すべてを小型宇宙機システム研究センターに所属する学生が行った。OPUSATは平成26年2月28日にH-IIAロケット23号機によって打ち上げられた。5ヶ月間の運用が行われた後、平成26年7月24日に大気圏へ突入し消滅した。, その後、OPUSATの設計を基にした人工衛星キットOPUSAT-KITの開発が企業とともに平成26年より開始された。平成28年12月には受注受付が開始されている。, さらに小型衛星だけでなく、航空宇宙工学分野宇宙環境利用工学研究室と共同で、液体窒素と熱湯を推進剤として使用する非燃焼型小型ロケットであるCEESロケットの設計・開発・試験も行っている。現在CEES-4Bまで開発が進められており、到達高度は250mを超える。次号機は能代宇宙イベントやコスモパーク加太において打ち上げ予定である。, 大阪府立大学では、平成17年4月の大学法人化とともに、「産学官連携機構」(現・地域連携研究機構)が設置され、産学官が連携した共同研究、外部資金獲得や知財確保に関する取り組みが、それまで以上にさかんに行われてきた。平成16~22年度の間には、産業界や官庁との共同研究が年間平均約270件、受託研究が年間平均約150件行われた。平成24年現在行われている、または過去に行われた産業界や官庁との共同研究の例として、次のようなものが挙げられる。, 植物工場研究センターは、閉鎖環境で太陽光を用いずに栽培する「完全人工光型」の植物工場に特化した先進的な研究開発の拠点をめざして設置された、上記の21世紀科学研究機構に属する研究所である。経済産業省による「先進的植物工場施設整備事業」、農林水産省による「モデルハウス型植物工場実証・展示・研修事業」の両方の採択を受け、平成23年4月に国内最大規模の完全人工光型植物工場研究施設が中百舌鳥キャンパス内に整備された。100社近い企業が参加するコンソーシアムを形成し、産学官連携のもとで、開発・実証・展示・研修などの事業に取り組んでいる。, また、サンドイッチ店の日本サブウェイ株式会社が、「学産学消」をテーマにした「野菜ラボ大阪府立大学店」を中百舌鳥キャンパス内にオープンし、植物工場研究施設で栽培された野菜を使用したサンドイッチを販売している。, 前身のEV開発研究センターは、EV(電気自動車)及び関連分野の市場ポテンシャルを背景に大阪産業の活性化を図るため、ものづくり中小企業等との共同研究を展開する中核的拠点として設置。2013年4月に、次世代電動車両開発研究センターに改組した。上記の21世紀科学研究機構に属する研究所である。また、「大阪府立大学大阪産EV開発コンソーシアム」を形成し、「EV要素技術の開発研究 」、「大阪産EVの開発研究」、「充電インフラの最適配置等の研究」、「EVに関する経済的アプローチ」の研究に、ものづくり中小企業等とともに取り組み、大阪府が推進する「大阪EVアクションプログラム」にも参加して大阪府内のものづくり企業による大阪産EV開発を目指してきたが、2013年4月に「次世代電動車両開発開発コンソーシアム」に改組。2013年9月現在、76団体、31人の個人が参加している。 効率よく成績を伸ばし大阪市立大学に余裕で合格するなら武田塾!) . 化するよう府民に呼びかける見通しです。. 大阪府立大学は、2005年に旧大阪府立大学、大阪女子大学、大阪府立看護大学の3大学を統合し誕生した。 現在、4学域13学類、7研究科を設置している。日本の公立大学の中で最も規模の大きな大学である。また近畿の大学で唯一の獣医学領域を設置している。 大阪市立大学の雰囲気ですが、 穏やかな学生 ... 今後の大阪府立大学との統合でさらに人気大学になることが予想されるので、入るなら今がチャンスです! (予備校ガイドイチオシ. 大阪府立大学は、2005年に旧大阪府立大学、大阪女子大学、大阪府立看護大学の3大学を統合し誕生した。 現在、4学域13学類、7研究科を設置している。日本の公立大学の中で最も規模の大きな大学である。また近畿の大学で唯一の獣医学領域を設置している。 こんにちは。私は現在、京都府立大学 人間環境学部 環境情報学科を目指して勉強をしている者です。府立大学のことを知ろうと資料を取りよせたり、ホームページなどを参考にして情報を集めています。しかし、やはりそれだけでは研究内容な 8月に行った大阪府立大学オープンキャンパスでは、理系大学院生チームiris(アイリス)が自分の研究や学生生活などについて紹介し、女子の理系分野の進学に対する不安や悩み、疑問にお答えする座談会をwebで実施しました。 そこで、irisが用意したスライドを今回の記事に掲載させて頂きます。 学生団体には大学祭実行委員や生協運営の補助があり、これらに加入することによっていろいろな学部の人たちと関係を気付くことができます。, また、加入した学生たちは主体性を発揮し自分の力で考えながら学校を良くしていくため日々活動しています。, >>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら, 学生団体は五つあり、中百舌鳥・りんくうキャンパス学生自治体、友好祭実行委員会、白鷺祭実行委員会、白鷺音響企画共同体S.T.A.F.-1、生協学生委員会のいずれかに生徒は加入します。, どの団体に所属するかは入学後の説明会の後で決定できるのでよく考えて選ぶことができます。, 学生団体だけではなく、クラブ活動やサークルについても大阪府立大学は充実しています。, 定番の野球部、サッカー部などの運動部、美術部、軽音部などの文科系と多くのサークルで学生は活動を行っています。, その中でも注目すべき部活はHuman-Powered Aircraft Works WindMill Clubというクラブです。, このクラブは人力飛行機の制作を行っているクラブで鳥人間コンテストというテレビ番組にも何度も出演しています。, このように学生主体でいろいろなことをやっている大学なので新しいことを今まで始める勇気がなかった方でも変わるきっかけができます。, 学域ごとに学習する内容が違いますがどの学生もしっかりと日々の勉強を怠らずに自分の夢へと向かっていきます。, 1年次には初年次ゼミナールという授業があり学域が違う生徒も一緒の教室に集まって少人数で授業を行います。, この授業では講義だけではなくグループディスカッションやプレゼンテーション、レポートの書き方などを学び大学でこれからどのように学習を進めるか、高校までとの勉強の違いは何かをしっかりと学ぶことができます。, 少人数の授業のため全員の顔をすぐに覚えられるので、学域の違う友人を作るきっかけにもなります。, 1年次に学習する科目にはコンピュータや英語など研究において役に立つ科目が多いです。, 授業はとても早く進んでいきますが、どの学生も毎日の予習復習をしっかり行っていてレベルの高さが感じられます。, また、学年が上がるにつれて勉強の専門性は上がっていきますが、1年次の勉強が土台となるため少しも気を抜くことはできません。, ですが卒業研究を行うのにこれらの科目は必要不可欠なのでできるだけ欠席しないようにしましょう。, ほかには教養科目や体育がありますが教養科目は受講人数が制限されているため何人かは自分の好きな科目を受講することができません。, また、教養科目は先輩たちから単位の取りやすい科目を教えてもらえますが、取りやすい科目は大抵教室の雰囲気が悪くなってしまいます。, 食堂は広めなので多くの学生が座ることもできますが、昼休みの時間帯や外部から人が来たときなどは混雑しています。, 昼の時間帯は席を譲り合うようにしていますので大勢で行くと席がとりにくいですが、少人数ならすぐに座ることができます。, メニューはそれほど多いわけではありませんが、バランスよく栄養を取ることができるようにサイドメニューなどが用意されています。, なかもずキャンパスには多くの学生が通学しており、1年次のうちはすべての学生がなかもずキャンパスに通うことになっています。, 獣医学類の学生はりんくうキャンパス、地域保健学域の医療系学生は羽曳野キャンパスに通い、その他の学生は全員なかもずキャンパスで4年間を過ごします。, なかもずキャンパスは南海電気鉄道高野線白鷺駅もしくは地下鉄御堂筋線中百舌鳥駅から徒歩10分から15分で通うことができます。, 1年次に多くの学生が利用することになるB3棟の教室までは中百舌鳥駅からは遠いので近くで購入することをお勧めします。, 大学内は学習環境が非常に整っていてキャンパス内には自習スペースがいくつかあります。, 学習を効率よく進めるため、数学の質問を受付している先生の所に質問に行く学生もいます。, やることは大体似ているのですが、白鷺祭のほうは3日間開催されるので規模が大きいものになります。, 学祭が始まる前には軽音部や学生団体が自分たちの活動をアピールすべく生協前で様々な活動を行っていて、学祭の楽しさが伝わってきます。, いろいろな出店があり、値段もお手ごろなのでお金があまりなくても十分に楽しむことができます。, また、教授たちも研究内容の発表などを行っており、学問に興味がない人でも楽しめる展示が多いです。, 当サイトの運営責任者、および記事の執筆者。 最終学歴は早稲田大学卒業。 大学受験の予備校講師として3年間の勤務、その経験を活かして東京都内に自ら予備校を立ち上げる。 現在はオンラインで「大学受験の英語長文の読み方」を指導し、5年以上の間運営をし続けており、生徒数は累計1500人を超える。 TOEIC900点以上のスコアを保有。 長い指導歴を活かした「事実に基づいた、専門性の高い分かりやすい内容」を、責任を持ってお伝えしていきます! 「独自の英語長文読解法」は無料で公開しています。. . また、平成23年10月には、株式会社TGMYがEV開発研究センターと連携して開発した電気自動車、「550 REVolution〔TGMY EV Himiko〕」が、587.3kmの一充電走行距離(満充電の状態で走行し途中無充電で走破した走行距離)を達成した。, 平成16年、大阪府立大学は、シャープとウォーターオーブン・ヘルシオを共同開発した。それまで業務用としてしか使用されていなかった加熱水蒸気オーブン(ウォーターオーブン)の家庭向けとして開発され、第3回産学官連携功労者表彰において、日本経済団体連合会会長賞を受賞した。その後、大阪府立大学とシャープは平成21年に「包括的連携に関する協定」を締結した。, 古代米酒・なにわの育は、大阪府立大学生命環境科学研究科と天野酒醸造元/西条合資会社が共同開発した清酒である。「なにわの育」という名前は、人類が古代から「育んできた」貴重な遺伝資源を、歴史ある地「なにわ」の大阪府立大学で「育んできた」技術によって、地域社会に貢献するという思いから命名された。生命環境科学研究科が発足させた「府大発ブランド品開発研究会」の府大発ブランド品開発商品第1号。古代米として注目されている赤米や黒紫米といった有色米のひとつであり、生命環境科学部(現生命環境科学域)が収集・保存してきたイネのひとつでもある「アサムラサキ」を原料にしてつくられている。平成22年4月に天野酒醸造元/西条合資会社より一般発売が開始された。天野酒オンラインストアでも販売されている。, アサムラサキにはアントシアニン含量が多いため、アサムラサキからつくられたなにわの育みはピンク色をしている。またアントシアニンには抗酸化作用・抗がん作用等の生理活性作用があり、現在、機能性についても検討を加えるとともに、さらに多様な品種・系統を利用しての新しい酒類の開発を研究中である。, 2011年4月現在、中百舌鳥キャンパス(堺市中区学園町)、羽曳野キャンパス(羽曳野市はびきの)、りんくうキャンパス(泉佐野市りんくう往来北)の3つである。りんくうキャンパスは2009年4月に開設された。また、社会人大学院生を対象にした施設もあり、経済学研究科の「なんばサテライト教室」、看護学研究科の「森之宮サテライト教室」の2つが開設されている。他に社会人教育の拠点として公開講座や大学院教育を主に行う「中之島サテライト」が大阪府立中之島図書館にある。