ジェームスでは上記2種類ともご用意しておりますので、ハイブリッド車の作業も可能です。, エアコン作動時のパワーダウンや燃焼悪化対策には同時作業がおすすめ。同時作業の場合520円(税込572円)お得に!. 新基準である次世代ガス「R-1234yf」などさまざまな種類があります。 車のエアコンガスには、現在主流の「R-134a」や主に平成6年以前の車に使用されていた「R12」、 新基準である次世代ガス「R-1234yf」などさまざまな種類があります。 現在、ジェームスでは「R134a」のエアコンガス充填車のみ作業可能です。 この「R134a」ガスは水素系の為、湿気を含みやすいといわれ、エアコンシステムが密閉されているといっても、車の経年により水分や不純物が混入してしまいます。その結果、冷却効率を落としてしまうことがあるといわれています。, また、配管の接合部などから微量のガスが漏れることもあり、ガスが減れば当然エアコンの効きは悪くなります。, 専用機器を使用し、冷媒ガスを真空引きですべて吸い出し、冷媒ガスの中の水分や不純物を取り除いたあと、新オイルとガスを適正量入れ直す作業です。, 専用機器を使用し、冷媒ガスを真空引きですべて吸い出し、冷媒ガスの中の水分や不純物を取り除いたあと、抜けた分のオイル量を新しく補充、決められた量のガスを充填する作業です。, エアコンの性能を最大限引き出します ド定番の高額修理になる 弱点部品といえるコンプレッサー。 エアコンのガスを圧縮する このコンプレッサーですが. 2~3年でエアコンガスはかなり減ります! 冷えが悪くなった?と感じたら、ガスが少なくなっているかもしれません。 補充することで、応急的に冷えを回復することができます。 1本:2,000円(税抜)/作業工賃:1,000円(税抜) エアコンガス量 目安本数 (200g/1本) 軽自動車 エアコンガスとは、外気温を変えるための冷却装置。 エアコンガスが不足していると、エアコンの効きが悪くなります。 3,000〜5,000円ほどの比較的安い費用で交換が行えます。 エアコンガスの漏れ. 良く言われているのは、「エアコンガス1本補充したら良く冷える!」と書かれているのもがありますがこれは大きな間違いです。エアコンガス量の基準は、クルマによってまちまちです。 例えば、 ワゴンrの場合 「320±30gが規定充填量」  物や古い潤滑オイルを除去します。, まず、エアコンガスの状態を点検いたします。 © Toyota Mobility Parts All Rights Reserved.  従来のエアコンガス圧による充填方法では成し得 ※エアコンシステムに故障がある場合は、故障個所修理後の作業となります。, 車のエアコンガスには、現在主流の「R-134a」や主に平成6年以前の車に使用されていた「R12」、 車のエアコンが壊れると、効きが悪く感じるところから始まり最終的には温風が出るという酷い状況になります。, 車に中期間乗っていた方ならば、真夏にこそエアコンを掛けて快適になりたいところなのに、温風が出てきた地獄のような体験をしたことがあるはずです。, せっかくのドライブもこれでは台無しで、通勤に車を利用しているならば仕事に着く前にヘトヘトに、帰りならば仕事で疲れた体へさらにムチを打つようなものです。, 車での移動が生活の一部に取り入れられているような状況ならば速やかに何とかしたいですよね?, ただ、エアコンの修理というものは思っている以上に高額になるケースが多く、それゆえエアコンの故障が原因で車の買換えを考える人がいるぐらいです。, ここでは、車のエアコン修理費用がどの程度になるのか、また安く済むことはないかを確認していきます。, なお、多くの場合にはエアコン自体が壊れるというよりも、その多くはエアコンガスが原因でカーエアコンが効きにくい状況になっていることが大半です。, 意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。, 「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。, 逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。, またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。, もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。, 特に注目して欲しいのが機械部品系が故障すると非常に高くつく反面、おそらくエアコンが効かない理由のトップであるエアコンガス補充が思ったよりも安いというところに注目してください。, ※「ガス交換・補充」と表しているのは、ガス漏れがあればガス不足による補充だが、そうでなければ交換になるため, エアコンガスが漏れているということは、どこかしらに故障の原因があると考えることが出来るので、それ以外の部品も交換が必要になることも多いです。, 一番高く付くのは、コンデンサーやコンプレッサー、またエバポレータという部品の故障で、驚くような値段のカーエアコン修理見積もりとなるのは、多くの場合これらの故障によるものです。, さらには、あまり考えたくないことですが、こういった修理というものは想定よりも高くつくケースがほとんどです。, なぜ想定よりも修理費が高くなるかといえば、工賃を考慮していないケースや壊れてもいないのに修理してしまうような状況があるからです。, これは意図的に行っている場合もありますし、実際に原因が特定しにくいので老朽化が予想されている部品も交換してしまうという不可避的なものもあります。, 基本的に修理費用がどの程度が妥当なのか、直ってみて初めてわかることで直す前では分からないことも多いのです。, 修理工場なのにそんなことあるの?と思うかもしれませんが、機械部品というのは組み合わせで出来ているので、修理が容易に思えるのですが、部品同士の相性やブラックボックス化した部品であれば、どこが故障したのかわからないことも少なくありません。, ガス補充だけで済むのに、老朽化で可能性があるからあれもこれも交換といわれても、複雑な機構のカーエアコンですから普通は知識がありませんので信じるしかありません。, 途中でも申し上げたように、カーエアコンの修理費用について納得できないと考えるならば、ディーラーを中心に数社見積もりを取れば確実です。, 手間を惜しむと高く付くケースも多いですから、特に高額な見積もりをもらったときには慎重に修理契約をするようにしてくださいね。, 冒頭でいったように、多くのカーエアコン故障についてはエアコンガス関連の故障によるものが多いです。, エアコンガスはある意味で消耗品ですから、補充や調整などをすればしっかりとエアコンが機能するということがほとんどです。, ただし、これはエアコンガス関連の故障による場合であり、それ以外の故障ケースでは修理費用が高額になる場合が多いです。, このことから、エアコン修理をするかしないかで車を手放すことを考えるということも少なくありません。, 一般に最も車買い替えの理由となる車検費用は、15万円~30万円ぐらいになる場合が多いですが、実はエアコンの費用も車検の費用に匹敵する場合があり、多くの車ユーザーが買い替えを行っている原因のひとつでもあります。, そして、修理を依頼する場合に注意したいのが、エアコンガスだけで済むようなケースで、それ以外についても修理されることによって、かなり高額になってしまう場合があるからです。, そして最も注意してほしいのが、カーエアコンの修理は夏の暑さもあって、緊急性を要するので高い費用でも容認して払ってしまうことです。, エアコン修理費用の見積もりはいくらなんでも高すぎる!ということならば、ディーラーを含めて数店舗周って見積もりを取ることが最良でしょう。, カーエアコンの修理費用が高いので、自分でdiy修理をするという人がいますが、整備技能がある場合を除けばやめておいたほうが無難です。, その理由はエアコンガスの補充程度ならば出来るのでは?「よしっ!エアコンガスチャージ!」なんて思いますが、実際はそれほど簡単なものではありません。, 何故かといえば、エアコンガスは不足しているからエアコンガスを入れればよいというものでないからです。, 実際にはエアコンガスの調整については真空引きなど、とても専門的な内容といえるほどのものではないのですが、よく知らないのに調べてやってみるレベルの修理ではありません。, また、クーラーガスが足りなくなっているということは、どこかしらに漏れる原因があるとも考えられますし、そのようなときには抜本的に修理しなければいけないでしょう。(もちろん修理費用は高くつきますが^^;), いくら危険な種類のガスではないとはいっても、圧力がかかったものであるために取り扱いを間違えると怪我をする可能性も否めません。, 他方、ガスを補充したからといって抜けないとも限りませんし、何よりガスは多すぎても少なく過ぎてもうまく機能しないときがあります。, エアコンは適切なガス圧力が維持できるからこそ、機能するシステムであるので、高い技能や適切な設備を持っているなら別として、そうでないならば素直に業者に任せたほうが無難でしょう。, 車のエアコンが故障するのは、大体の場合ガスが足りなくなるような状況ですが、そのほか機械部品の故障も考えられます。, エアコンという機械の複雑性を考えると、一部の故障で全体的な機能を損ねてしまうことも少なくありません。, また、エアコンガスが多すぎても少なすぎても問題があり、適切な量を適切な圧力をかけられることでエアコンが正常に動きます。, エアコンガスの補充で済むのなら良いですが、機械部品まで交換となると10万円を超えるケースは珍しくありません。, ユーザーが損をしやすい理由として、エアコンガスの補充だけで済むケースであっても部品交換と診断されたら従うほか無い場合が多いです。, そのため、判断が難しいですが、何社か修理工場に見てもらいセカンドオピニオンを得ることで平均化した意見と比較することができるので判断に困る方は数件当たってみると良いでしょう。, 知り合いに整備工場の整備士がいるなら見てもらうと心強いですが、基本的には数社に修理の見積もりを依頼することでこのような不安を小さくすることができます。, エアコンのききが悪いと感じるのは、エアコンシステムの老朽化が進んだ結果起こるころが多く、多くの場合にはガスが悪くなるというよりも、機械的な故障が原因である場合が多いです。, 特にゴム部品については、経年劣化による損傷が大きいために、ある意味では消耗品に分類してもよいぐらいです。, また、複雑な機械構造となっていることを考えるならば、壊れるのは仕方ないことであり、その原因は老朽化が最も多く、次には機械使用時の故障というところでしょうか。, つまり、放っておいてもエアコンガスが抜けるといえばそうですし、気まぐれ的な面でも抜けてしまうこともあるでしょう。, そのため、一概にエアコンガスの寿命というのは難しいですが、新車保証があるうちならば、修理を無償で行ってくれることを考えれば3年は安心で、5年から7年ぐらいにかけて危険なのではないかと考えています。, もちろん、技術革新やメンテナンス頻度によるところも大きいために、新車保証がなくなってからはいつ壊れてもおかしくないと考えておくのが、カーエアコンの寿命を推定する上では望ましいと思います。, エアコンの使用について、重過失があるような使い方をして故障させるという方は少ないはずですから、ほとんどの場合には適用があるでしょう。, さらに、中古車で買ったとしても新車登録から3年以内ならば、ディーラー保証の適用も可能です。, ただし、エアコンガスに関しては消耗品なので、その代金は必要かもしれませんが、現代の車を普通に乗っていた場合には2年や3年でガスが無くなるようなケースはほとんどありません。, そのため、エアコンガス漏れの故障に起因するものとして、エアコンガスも消耗品であっても無償で修理・補充をしてくれる可能性はあります。, いずれにしても、ディーラー保障期間内であればエアコンガス点検を行う、期間を過ぎてしまった場合には有料であったとしても心配ならば定期点検で見てもらうのが望ましいでしょう。, 定期的なメンテナンスは車の品質を保ってくれると同時に、大きな出費を避けることが出来るのです。, インターネットの情報を見ると様々な評判を見ることができ、カーエアコンのガス補充関連についてオートバックスやガソリンスタンドでの記事を見ることが出来ます。, このような評判があるなかで、中立的な立場を取ったうえでの意見をさせていただくと、どうしても不安であればディーラーで修理を依頼するのが一番でしょう。, もちろん、ディーラーでのカーエアコンの修理費用がオートバックスやガソリンスタンドでの修理より高いのは当然のことです。, ディーラーで出された高い修理見積もりも、アフターケアを考えれば安いもので、何よりもあなたが納得できる可能性が高いはずです。, 私はカー用品店の店員やディーラーの修理工が知人にいたので、修理技量などについても話を聞く機会はあります。, 確かに、イエローハットやオートバックスなどのカー用品店やガソリンスタンドでは、ディーラーに比べて技量が低い修理工がいる可能性があることや、仮に失敗したときに説明責任を果たせないようなケースも多々あると聞いています。, しかしながら、このようなことは一部であり、多くの場合には修理を適切に行う技能を持ったスタッフが修理を担当することが期待できます。, 重要なのは、あなたが納得して車のエアコン修理に出せるかどうか、つまりその選択についての責任もありますよね。, 高いお金を出してアフターケアを含めた安心を買うか、もしくは安価で済ませたいので多少のリスクをとってみるかということです。, ちなみにエアコンガス不足であるならば、安価に修理が出来そうだと期待してディーラー以外で見積もりを出す人も多いようですが、そのような場合でも誤解を招かないように配慮するオートバックスに好感をもてます。, 車のエアコンもスイッチひとつでつけられますが、実は車の暖房とエアコンは家庭用のそれ以上に異なるのをご存知でしょうか?, そのため、ただ風を送るためのファンを回して温度調整をしているだけなので燃費はほとんど変わりません。, それに対して、エアコンのシステムは非常に複雑なものであり、複雑であるがゆえに故障することはある程度仕方ないのかもしれません。, この複雑なカーエアコンシステムについて、かなり噛み砕いた言い方をすると、エアコンは冷媒を圧縮させてそれを膨張させたときに熱を奪うことで空気を冷やすため、強力な圧縮を行う必要があること。, また圧縮に際しては熱を発生させて、それを戻すという過程で「エネルギーを奪っている」ために冷やすという機能は、暖房を動かすという機能とは比べ物にならないほど複雑なのです。, 両者は、スイッチひとつで切り替えができるものですが、機械的にもシステム的にも異なるものなのです。, 何社が修理工場で意見を聞いても、やはり修理に10万円近くかかってしまうとなれば、車を売ることも考えるでしょう。, さて、いずれにしても高くつくことが確定した場合において、車を売る決断をしたならばエアコンを直してから査定に出すほうが良いのかどうか考えると思います。, 結論から申し上げると、エアコンを修理せずに査定に出したほうがお得である場合が多いです。, エアコン修理にあなたが10万円かかったとしても、車買取業者は専属の修理工場などを持っているので、もっと安く修理することができます。, 従って、かけた費用以上に査定額を獲得することは難しいということでエアコンは故障したままで査定に出したほうが得であるというわけです。, 冬が終わって夏が始まるときに、エアコン故障で車を売る人は意外に多いようですが、できるだけ損なく高く売りたいものです。, ここまで見てきたように、エアコン故障というのは特に夏の車内において、修理は緊急性を伴うもので、命の危険すらあるわけですからすぐにでも何とかしたいものです。, ただ、そのカーエアコン修理費用については、エアコンガスの補充で済んだら安くて早くて良い!と期待する半面、特に老朽化での故障ではエアコンガス補充だけで済むことも少ないのが現状です。, その結果、思ったよりも高い費用の見積もりが出てくるなんてケースで、特に暑くてイライラしているところに追い討ちをかけられるわけですから、信じられないという気持ちは分かります。, エアコンというのはとても複雑な機械部品ですから、故障しないで長い期間動くのはとても運のよいことと割り切ってしまったほうが心が楽になるでしょう。, 大切なのは出来る限り安く済ませるというよりも、法外な値段を払わないように気をつけることで、心配な方はディーラーに、費用が気になる方は複数社に見積もりを取って、エアコン修理費用が妥当なのかどうか、それを確認するようにしてください。, 暑いときにカーエアコンが効かないなんて最悪だと思いますが、しっかりとエアコンが直ったときには、また車を買ったときのような気分に戻れると思います!(しばらくの間は・・・^^;), 大切なことなのでもう一度言いますが、カーエアコン修理に法外な値段だけは払わないように気をつけてくださいね!, 余分に1円も払いたくないという方は仕方ないとしても、段階的に修理したいという方はまずはエアコンガスについての修理を検討したのちに、その他の部分についても考えると大きな損はないでしょう。, ※ナビクル車査定実施アンケート(2018年12月及び2019年2月)、ホームページより実績抜粋, 車消耗品の交換時期と費用の目安を表にまとめました。 交換部品 交換目安年数 大体の交換費用 エンジンオイル 1年か5千km~1万km 5000円~15000円 バッテリー 5年(地域差あり) 5000円ほど デフオイル …, 保証継承を受ける方法:3行まとめ 保証継承を受けられる条件は保証書があって5年落ちまでの中古車 保証継承にはディーラーで法定12か月点検を受けて代理店印を必要とする 費用は1万5千円からで法定12か月点検は半日で終わる …, 車のエアコン修理費用がどの程度になるのか、また安く済むことはないかを確認していきます。, 特に注目して欲しいのが機械部品系が故障すると非常に高くつく反面、おそらくエアコンが効かない理由のトップであるエアコンガス補充が思ったよりも安い, 何社か修理工場に見てもらいセカンドオピニオンを得ることで平均化した意見と比較することができる, ディーラーやガソリンスタンドなど費用に不安があれば複数の場所で点検・修理見積もりを依頼する, https://chicken1029.xsrv.jp/car-knowledge/2372/, 新車の保証継承を中古車・新古車で受ける方法【費用や条件を解説!】 | 車査定のトリセツ, https://chicken1029.xsrv.jp/q-and-a/10312/. 現在、ジェームスでは「R134a」のエアコンガス充填車のみ作業可能です。, コンプレッサーオイルには、  なかった適正量のガス充填により、エアコンの冷 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"【自動首振り&超静音】KEYNICE 扇風機 小型 充電式 卓上扇風機 usb扇風機 クリップ リズム風搭載 ミニ扇風機 超強風 大容量バッテリー 風量3段階調節 長時間連続使用 ホワイト","b":"KEYNICE","t":"QD-618J-PG","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/41PjxYF8XHL.jpg","\/51ssMZwvsOL.jpg","\/51QeFc5haXL.jpg","\/41NNkKQ5aBL.jpg","\/515MQsworWL.jpg","\/51zpjZEmkYL.jpg","\/51ASxfBFTYL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B086GX8JZZ","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"2113518","rakuten":"2113519"},"eid":"eLR7w","s":"s"}); 信頼できる・付き合いがある整備工場がいれば、そちらに頼む手も。ディーラーより値段も安く、さらに値引きしてくれる可能性もあります。, 電装屋は、修理も早く終わる可能性があり、値段もディーラーより安上がりになります。急ぎの方なら、電装屋への連絡がお勧めです。, エアコンの故障箇所によって、修理(交換)費用は変わります。症状を確認することによって、故障箇所が判断できるので確認をしてください。, どこの業者に頼むかは、それぞれの特徴があり、状況に合わせて変わります。早く安く修理をしたいないなら、電装屋へと連絡することがおすすめ。電話で事前に見積もりをしてみてください。, 冷房が効かない・暖房が効かない・風が出ない、といった症状から、エアコンの故障箇所を推測できます。これらを踏まえた上で、↑の修理費用の相場価格を確認してください, 一方で、ディーラーは安心して行きやすい、保証期間であれば無料で受けられることもあるので、一度相談してみることをお勧めします。, ディーラー以上に技術力が高いことも多く、修理費用は一般的にディーラーよりも安い傾向があります。, ホームページを持っているような業者であれば、ほぼ直接受け付けに対応しています。いちど相談されるのもお勧め。, 【キーン】車から異音!異音で判断する原因・対処法・修理費用を解説!【キュルキュル】.  却性能を最大限に引き出すことができます。, エアコンに関するトラブルを予防します エアコンガスが漏れているということは、どこかしらに故障の原因があると考えることが出来るので、それ以外の部品も交換が必要になることも多いです。 一番高く付� 特に、夏や冬の時期に、エアコンが故障したら死活問題。運転できる状態ではありません。, 今回の記事では、エアコンの修理費用・時間はどれくらいかかる?どの業者に頼んだらいいの?といった疑問にお答えしていきます。, もしも古い車でこの機会に廃車を検討されるかたは、廃車買取のハイシャルがおすすめです。廃車費用がかからず車の処分ができます。, エアコンの故障と言っても、故障箇所・故障具合によって値段は変わるので、目安として捉えてください。, 「エアコンの修理部分を知りたい」というかたは、下記の項目を参考にしてください。症状ごとに、故障箇所を判断できます。, エアコンガスの残量が充分あるのに冷房が効かない場合、エアコンガスが漏れている可能性も。, 車のエアコンでは、液体(冷媒)が密閉されたエアコンシステム内を循環させ、気化(蒸発)→液化→気化を繰り返し行っています。, サーモスタットとは、エンジンが過度に低温に高温にならないように調整する部品のこと。水温の調節をしています。, 冷却水とは、エンジンを冷やしてオーバーヒートを起こさないようにする、エンジンの錆を防ぐためのもの。, エアコンは、エンジンの冷却水の熱を利用しているため、冷却水が不足していると暖房が効かなくなります。, エアコンから風が出ない・異音が聞こえる場合は、ファンモーターの故障の可能性が高いです。, そして、エアコンの修理は分類上「電装系」と呼ばれます。そのため、通常の自動車整備士では対応できないことも。, 一般的な自動車整備士は、車両本体の整備が専門となり、電装系の整備や修理は行いません。この点を踏まえながら、各業者の特徴を紹介していきます。, 安心感が強いのはディーラーでしょう。しかし、ディーラーでのエアコン(電装系)修理は、割高になることも。, 先ほど説明した理由から、結局は、ディーラーから電装屋への外注になります。そのため、金額面だけで考えるならば、電装屋へ頼んだほうが安上がりになります。, 街の整備工場であれば、個人あるいは少人数で運営しています。付き合いによっては値引きをしてくれることも。, 電装関連のパーツのプロが修理をします。修理費用は、一般的にはディーラーより安く、整備工場と同程度の相場価格。, 専門職なので、ディーラーや整備工場よりも電装関連の技術があります。ただし、業者の中には、職人気質なところもあり、対応に難ありのケースも存在します(あくまでも一部の業者), 昔は、ディーラーを通さないと注文を受け付けない業者もいましたが、最近では直接受け付け可能の業者も増えています。, 故障している箇所によって時間は変わります。エアコンガスの補充・冷却水の補充程度なら2時間程度。ただし、故障・交換になると3日〜7日程度で考えてください。, 部品の在庫があれば、即日対応してくれることもありますが、パーツ取り寄せになると数日間かかります。どうしても急ぎの場合は、電装屋なら在庫がありやすく、早めに対応してくれることも。, そして、エアコン修理は高額になることもあるので、事前に連絡して、見積もりを取ることをお勧めします。, 修理までに日にちがある場合は応急処置として小型の扇風機などで対策をとることもお勧めです。.