"カオスな我々の長距離走" is episode no. 場所によってはすでに積雪が記録されているところもあり、日に日に増す寒さはまさに冬の訪れを感じさせます。, 皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか?私はいたって元気に過ごしております。, さて、今週はゲリラ的に生放送を行わせていただきました。多くのコメント、声援を頂きまして誠にありがとうございました。感想などのコメントを頂けるととても嬉しいです。, ただ、事前の予告なしに行ったため、ツイッターなどで見たい方が見られなかったというお声をいくつかお見かけしました。その点、お詫び申し上げます。, その場合、生放送の数時間前からガチガチに緊張して、食事も喉を通らなくなることが多いです。(前に言ったことがあるかもしれませんが、私は極度の緊張「しい」です。), そのため、他の方には申し訳ないのですが、やる気になったら突発的にやってみるというのが、自分の精神的負担が軽くする方法になっています。, また、もう一つの理由として、個人的に突発的な、予告なしのイベントが好きというのもあります。なんというか、決まり決まったものではなく、ほんとうに偶然、その場に立ち会えた人だけで共有する機会やイベントというのが何となくいいなぁと思う部分があるからです。, とはいえ、この方法ですと見たかった方が見られなかったのも事実。以後はその点も注意しつつ、可能な限りお知らせするようにしようとは思います。, 生放送や毎日更新のブロマガ、オリジナル動画などで、豊饒な「享楽」や「知識」を提供します。. 【実l況l者】嗚呼、愛しの母よ。 ーーーーーーそろそろええか。 たった2分で背筋が凍るくらい怖い話や胸がキュンキュンする恋バナが読めるチャット小説!50万を超える圧倒的なストーリー数で怖い話、恋バナが無限に読めちゃう!自分だけのストーリーを作ってファンを集めることもできます。 脳内メーカー 嫌や、ロボロが俺の前から消えていく。分かっているのに声が思うようにでない。やっと出た頃にはもうロボロはそこにいなくて。 そう思うと急に心臓がドキドキしてきた。  ▴ TOP. rb)「大丈夫?シャオさんうなされてたで?ほら… そう言ってロボロは立ち去っていった。 嫌や、ロボロが俺の前から消えていく。分かっているのに声が思うようにでない。やっと出た頃にはもうロボロはそこにいなくて。 syo)「なぁ、待ってや!行かないでロボロ!取り消すから、嘘やから…お願いや…」 ーーーーーー そう言ってロボロは立ち去っていった。 関連する小説. 画像 | そう言って俺に向かって手を伸ばして流れていた涙をはらってくれた。 言わなければよかった。こうなることは分かっていたはずなんに。なんで言うてしまったんやろ? 今…告ってみようか… ⚠注意⚠ ・厨二病計画様、戦争屋様の名前を 使わせて頂いた捏造小説です。 ・御本人様とは無関係です。 ・無断転載、晒しはおやめ下さい。 ・関西兼北海道在住でないため 方言がおかしい点 … …オさん、…ャオさん、シャオロン! 同じような小説を簡単に作れます → 作成 今日の星座占い (毎日更新), 占いツクール | お知らせ | 不具合報告 | 提案 | お問合せ  ロボロの天の紙は、 ... ツイート line ... #サスペンス #ヤンデレ #カップル #学園 #いじめ #短編 #友情 #真夜中文庫 #恐怖. もう俺とロボロしかおらんのか… そう言いながら俺に向ける目はいつものロボロの目ではなくなっていた。 syo)「俺ロボロのこと好きや」 ] …ん、ここはどこや…?目を開けるとそこにはロボロがいた。 楽しいブロマガ!毎日更新!(原則)我々だ!メンバーの戯言、生放送の議事録、クッソややこやしい時事解説、グルッペン氏の脳内予定表(仮)まで網羅的に掲載していきます。要望があったら、順次新しいコンテンツを掲載しまする。 rb)「大丈夫、大丈夫や」 ~ロボロ視点~ ロボロはずっと弓を構えている。 視界にショッピをとらえた。 スッ!! 19 of the novel series "カオスな我々のSNS". if(typeof(adingoFluct)!="undefined") adingoFluct.showAd('1000119377'); rb)「シャオさん!?」 rb)「…それガチで言うてん?」 ショッピ「アッ・・・ぶねっ!」 ロボロ「くっそ…」 大先生「ロボロ君、出ておいで。人狼でしょ、一緒に行動しよう。」 ロボロ「だいせんせ~~い。 [CDATA[ 夢小説 | It’s tagged "LINE". syo)「ーッロボロぉぉ…」 ただ、涙が止まらなかった。手を前に伸ばした。届かないとわかっていても伸ばしていた。そんな時、手に暖かい温もりを感じた。 そう思って立とうと思って、ロボロを離したらロボロがスッと立ち上がり、手を差し出してくれた。それに掴まって立とうとしたら、足を滑らして倒れてしまった。 ガバッと起き上がると、ロボロが俺の伸ばしていた手を握り、心配そうにこちらを見ていた。 rb)「なんや?シャオさん」 syo)「なあ、ロボロ」 ロボロに床ドンされとる状態やった。 コミュニティ | ULOG | rb)「ふっ、嘘つくんならもっとまともな嘘つきやーよw」 rb)「シャオさん、ごめん、俺女にしか興味無いねん…それに、俺好きな人おんねん。ごめんな。」 //]]>, 個性豊かな子供たち 【男主】 wrwrd短編集続々編, 作品は全て携帯でも見れます rb)「お、起きたな、気持ちよさげに寝てたから起こさん方がええなと思って。」 今回ちょっと、ロボロの性格が… やばい。地面に頭ぶつける…そう思って目をつぶった。 //