ケース ケース メモリアルボックス 納骨 分骨 収骨 火葬. ペットの亡骸が土に還るまでの期間. 火葬されているので、土葬ほどは掘らなくても大丈夫ですが、, 骨壷が陶器の場合、骨壷に入ったままご遺骨を埋葬してしまうと土に還るまで倍以上の時間がかかってしまいます。, 抵抗がある場合は化学繊維が使われていない布や和紙などでお骨を包んでから埋葬されるとよろしいかと思います。, あくまで容器であって、容器に霊が宿っているワケではありませんから、安心して各個人で処分できます。 歳をとっても、病気になっても、ペットは愛くるしい姿をしていますね。「その姿のまま埋葬したい」「火葬するのはしのびない」と思われ、土葬を選択したい方もいるでしょう。昨今ではペットの葬送方法もたくさんあります。その中で土葬を選ぶのなら、予備知識が必要です。 歳をとっても、病気になっても、ペットは愛くるしい姿をしていますね。「その姿のまま埋葬したい」「火葬するのはしのびない」と思われ、土葬を選択したい方もいるでしょう。昨今ではペットの葬送方法もたくさんあります。その中で土葬を選ぶのなら、予備知識が必要です。, ペットは飼い主にとっては大切な家族です。犬や猫だったり、さらに小さいリスや鳥だったりする場合もあるでしょう。どんなペットを飼っている場合でも、お別れのときはやってきます。いざというときに困らないよう、納得のいく見送り方ができるようにペットの埋葬方法について知っておきましょう。, 今回「終活ねっと」では、ペットの土葬について以下の点を中心にして解説していきます。, ペットの土葬をお考えの方にとても役立つ内容となっています。ぜひ最後までお読みいただき、土葬の注意点を踏まえた上で、ペットの葬送方法を考えてみてください。, 亡くなったペットのからだは、飼い主にとっては『大切な家族の遺体』です。「亡くなっても愛らしいその姿のまま、思い出の場所に埋めてあげたい」と思われる方もいるでしょう。ですが、他人にとっては『動物の死体』です。ペットは、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律第2条第1項、第2項」により、「一般廃棄物」として位置づけられています。つまり、一般的には「ゴミ」なのです。たとえ誰かのペットであっても、他人にとってはただの動物の死体ですから、それが好ましく思えることはないでしょう。ペットを土葬するには、法律に抵触しないように気をつけなくてはいけません。, 他人の土地や公共の場に埋めることは、軽犯罪法(1条27号)に抵触します。法律に定められている、「公共の利益に反してみだりにごみ、鳥獣の死体その他の汚物または廃物を棄てた者」という部分に該当します。ゴミの不法投棄と同じ、犯罪ですね。ただし、自分の土地に埋める分には、法律には抵触しません。私有地であれば、「公共の利益に反する」ことにはならないからです。, 「公共の利益に反しない場所」、つまり自分に権利のある自己所有の私有地であれば、ペットの遺体を土葬しても、法律に抵触することはありません。「よく庭を走り回っていた犬だから、思い出のあるこの庭に埋めてあげたい」という場合もあるでしょう。「犬を飼ったときに植えた記念樹の根元に埋葬したい」という場合もあるでしょう。この場合も、私有地であれば可能ということになります。ただし、土地は売却や譲渡などで他人の手に渡る場合もあります。その時のことを考えて、葬送方法を選択しましょう。いくら土が多くても、公共の場所である公園にペットを土葬してはいけません。また、ペットは土葬以外にも永代供養することが可能です。下記の記事では、ペットを永代供養する方法や費用について紹介しています。ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。, 大事なペットが亡くなってしまったらどうすればいいのでしょうか。ペットを永代供養をする場合にはどのような手続きが必要なのか、その費用はどのくらいかかるのかご紹介します。また永代供養以外の供養の方法もご紹介します。, 動物の死体は、独特のニオイがします。埋める場所が浅いと野良猫やたぬき、カラスなどがそのニオイを嗅ぎつけて掘り返してしまうおそれがあります。また、遺体に虫がわき、それが地表に露出してしまうかもしれません。最低でも1メートルくらいの深さに埋葬し、こんもりと土を盛り上げるようにしましょう。, 遺体を包むときは、タオルを使いましょう。ポリエステルなどの化繊ではなく、木綿や絹などで100%自然素材のものを選びます。化繊のものは土に還りにくいためです。ビニールに入れたり、化繊製のシートに包むのはよくありません。土にも還りにくく、湿気を中に封じ込めてしまうおそれがあります。, 遺体を埋めたあとは、土をかぶせていきますね。これを「埋め戻す」といいます。このときに、土はこんもりと高く盛るようにしましょう。埋める際に土を固めながら埋めることも大切ですが、いくら固めたつもりでも、あとで土が減っていきます。そうなると、穴を掘った部分にへこみができてしまいます。, 土葬した遺体は、すぐに土に還るわけではありません。条件がそろえば、土の中でミイラ化して、長い時間そのまま残っている可能性もあります。土地は、譲渡したり売却したりして、ほかの人の手に渡る可能性もあります。あたらしくその土地に住んだ方が、家庭菜園をしたり増築工事などをしたりして、ペットを埋めた場所を掘りかえすこともあるかもしれないのです。ペットを自分の土地に土葬する場合は、そういったリスクがあることを知っておきましょう。, 「思い出の場所に埋めてあげたい」という場合、火葬してからお骨を埋葬する方法もあります。この方法であれば、埋めたあとに動物に掘り返されるリスクもなく、また、土地を譲渡・売買した際にも、掘り返されて遺体が見つけられてしまう心配をしなくて済むようになります。, 石灰は、有機物の分解をうながす効果をもっています。殺菌効果もあるので、遺体が腐敗することで病原菌の元となる有害物質が発生しないように抑える効果も期待できます。石灰は、ホームセンターなどで手軽に入手することができます。家庭菜園や園芸などにも応用できるので、余ってしまっても困ることはありません。, ペットを火葬せずに土葬するときは、生きていたときのままの姿を保ったまま埋めることになります。飼い主としては、ペットが変わってしまった姿を見ることなく埋めることができるので、土葬という選択肢をとりたくなってしまうかもしれません。また、「土葬だと費用がかからないから」と思われる方もいるかもしれません。ですが、土葬するということは、いろいろなリスクをもっています。土葬は、動物の死体をまるごと土のなかに埋める、ということです。安易な選択をせず、リスクと手間をしっかりと考えましょう。土葬する場合は、埋めた後も責任をもつことが必要です。, 終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。, 長年連れ添ったペットが亡くなると、悲しみも強く直ぐにお別れが出来ないという人も多いでしょう。しかし大切だからこそ、お墓を作ったりして丁重に供養してあげたいと思うもの。そこで今回はペットの供養について、お墓や埋葬方法などもご紹介します。, 日本では、埋葬の方法については法律で定められています。火葬も土葬もできますが、土葬の場合には、許可などの条件が厳しいです。そのため、日本の埋葬は、ほとんど火葬です。この記事では、埋葬の方法について、動物の埋葬も含めて説明します。, 墓地で土葬をしたいとお考えの方もいるでしょう。宗派によってという事もあります。日本の墓地で土葬の許可は下りるのでしょうか?詳しく説明していきます。, ペットも家族同然。そのような想いでペットと生活している人は多いでしょう。でも、命あるものはいつか必ず死を迎えます。ペットのお墓について考えたことはありますか?どのように供養してあげたいですか?また、一緒のお墓に入れることは可能なのでしょうか?, 最近はペットを家族同然に可愛がり、亡くなった際にはやはり人と同じように葬儀を出し埋葬を規模する方が数多くいます。 土葬の仕方は、穴を掘って埋めるという事ですが、チョッとその場合の注意事項について書いてみます。 1. 2018年05月08日更新 ネコポス便(ポスト投函)にて発送します: ネコポス対象外品と同梱の場合送料がかかる場合があります: お使いのパソコンやモニタの状況によって、若干色味の異なる場合がございますのでご了承ください。. 葬法を決める際に、土葬にしてほしいと希望する方は少なくありません。ですが、日本に土葬が可能な墓地はあるのでしょうか?今回は、日本の墓地で土葬をする方法について、そのメリットやデメリットも交えて解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。 2.1 1mの深さの穴を掘る; 2.2 ペットを天然素材の布でくるんであげる; 2.3 死体の周りに石灰を撒く; 2.4 土は残さず元に戻す; 3 土葬するときに注意すべきポイント. お住いの自治体の決まりに基づき分別して処分いただくのがよいかと思います。, お花型のシードペーパーには花の種子が埋め込まれており、埋葬時の目印に土の表面に植えれば、芽を出しお花が咲きます。, 下記の記事にはペットちゃんの火葬後のご遺骨のお取り扱いについても詳しく書いておりますのでご覧になってみてください。. ペットの遺骨をいつかは自然に還してあげよう。そんなことを考えつつも自宅にずっと骨壺を置いたままにしている方も多いのではないでしょうか。, 最近ではご火葬後のご遺骨をお手元に置かれ、お気持ちが落ち着いてから遺骨をお庭の木の下に埋葬されたり、お墓をつくって埋めてあげたりする方も多くいらっしゃるようです。, との質問を受ける場合がございます。その際にご家族様へお話させていただいている方法などを含めご紹介できればと思います。, ご火葬後のペットちゃんのご遺骨が土に還るまでの時間は、4年以上はかかると言われています。, できるだけ早く土に還してあげたいのであればお骨を細かくしてあげてから埋葬するとよいでしょう。, ご自身でご遺骨を細かくされることに抵抗のある方は弊社にてご遺骨をパウダー状に加工することも可能ですので、相談ください。, また、私が粉骨パウダーをした理由、しなかった理由の記事ではペットのご遺骨を皆さんがパウダーにしようと思った理由やしなかった理由についてのお話をご紹介していますので読んでみて下さい。, 穴の深さは約30㎝くらいは掘りましょう。 今回はペットの埋葬について説明します。, 葬法を決める際に、土葬にしてほしいと希望する方は少なくありません。ですが、日本に土葬が可能な墓地はあるのでしょうか?今回は、日本の墓地で土葬をする方法について、そのメリットやデメリットも交えて解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。, 家族の一員であるペットとの悲しい別れが来たらお墓に入れてあげたいと思いませんか?しかしペットのお墓の費用っていくらぐらいが相場なのでしょうか?そこでペットのお墓の費用について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。, 大切なペットを自宅に埋葬したいとき、自宅でのお墓の作り方を知っておく必要があります。自宅に庭があればお墓を作れそうですが、庭がないマンションでもお墓は作れるのでしょうか?正しいペットのお墓の作り方が分かれば、供養を適切に行うことができます。ぜひご覧ください。, 飼っている動物が亡くなった時、お墓や供養はどうすればよいのでしょうか?人間のお墓との違いはどこにあるのでしょうか?動物のお墓、供養方法、飼っている動物が亡くなったらやることについて詳しく解説していきます。, ペットの寿命はヒトよりは短くていつかは別れの時がやってきます。亡くなってもずっとそばにいてくれるように自宅にお墓を作ってあげたいと思われている方もいるのではありませんか?そこで愛するペットが亡くなった時に自宅でお墓を作って供養する方法をご紹介します。, 墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。, 近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。, 近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。, 近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。, 近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。, 東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。. 多くの安心安全な犬用、猫用フードを取り扱っています。. それぞれのペットちゃんの遺骨を骨壷から「遺骨袋」に移し変え、 骨壷のかわりとしてお使いになるケースもございます。 土に還る、自然にやさしい木綿100%製なので、 ペットちゃんの埋葬(土葬)を考えている…という方にもおすすめです。 国産無添加ドッグフード、キャットフード、おかず等、 遺体を埋めて土を戻す」の部分です。, あまりに浅い場所に遺体を埋葬すると、死臭がにおい立ち、カラスや野良猫といった鳥獣が土を掘り返し、そこから病原菌などが蔓延してしまう可能性もあります。, そのためできだけ深く穴を掘ってください。大雨などで土が流れていってしまうことを考えれば50cm以上の深さは必要です。また犬や猫などの大きめのペットを埋葬する場合や、タヌキやイノシシなどの野生動物が現れるような場所であれば、1メートルぐらいの深さの穴を用意したいところです。, 土を戻す際ですが、これも野生動物に掘り返されないことを意識するため、埋め固めるようにきつく土を戻してください。, また一度掘った場所は土が流れていきやすくなるため、山のように高く盛ってあげるとよいです。もしくは墓石など重量のあるものを上に配置するのもありです。, 土葬しようという気持ちにブレーキをかけてしまうかもしれませんが、大事なことなのでお伝えしておくと、生き物はそんなに簡単に土には還りません。, 土壌の状態が悪く微生物による分解が進まなければ、何年たっても土には還りません。完全に土に還るまでとなると、数十年という長い時間が必要となります。, 何年も経過して掘り返してみたら、まったく土に還らずミイラ化したような状態になっており、しかたなく火葬をお願いしたという話もあります。そんな状態のペットと向き合うのは非常につらいことですので、衛生的な問題もあるため掘り返すことは極力避けましょう。, また私有地とはいっても将来的に譲渡するような予定があるのであれば、「土の中から動物の遺体が見つかった」といって、後々にトラブルになる可能性もあります。そうしたリスクも理解しておく必要があります。, ここまでお読みになって土葬を躊躇された方もいるのではないでしょうか? ですがどうしても地中に埋葬してあげたいなら、火葬した後の遺骨を埋めてあげるのはいかがでしょう。そうすれば公衆衛生という面でも安心です。, ちなみに火葬後の遺骨を土に埋める場合は、火葬によって遺骨の表面がセラミック状になるため、土に還るまでは百年単位というもっと永い時間を要します。より早く土に還したいということなら、粉骨した状態の遺骨を埋めるようにしましょう。, あと遺骨を自宅の庭に散骨することで私有地以外に骨が舞ってしまっては、近隣住民としては決して良い気持ちにはなりません。ご近所トラブルにならぬよう、しっかりと土を掘って埋葬するようにしましょう。, ちなみに火葬については以下の記事で詳しくご説明しておりますので、こちらをご覧ください。, マンションやアパート住まいなどで、ペットを土葬したくても埋葬する土地がない飼い主さんのために、プランター葬をご紹介させていただきます。, プランター葬とは地中ではなく、プランター・植木鉢の中にペットの遺体を埋葬する方法で、ハムスターなどの小動物にぴったりの埋葬方法となります。引っ越しがあってもプランターごと新居に移動させることが可能です。, プランター葬については以下の記事で詳しく説明しておりますので、興味のある方はこちらをご覧ください。, 亡くなってしまったペットを身近に感じたいという想いや、自然に還したいという想いから土葬を選択したいとお考えの飼い主さんもおりますが、今回ご説明したような注意点はご理解いただけましたでしょうか。, 土葬自体が禁止されていることはありませんので、もし土葬をするのであれば、しっかりとルールを守って適切な方法で埋葬してあげましょう。. c Copyright 2020 福島県の訪問ペット火葬【そよふく】. 最近はペットの埋葬方法も様々で、火葬して納骨堂や共同墓地に入れることも増えてきました。ですが、慣れ親しんだ場所に眠らせてあげたいと、自宅の庭に埋葬する家庭もあると思います。しかし、ペットを庭に埋葬してもいいのでしょうか? ペットの遺体や遺骨は、私有地であれば埋葬しても構いません。 ですが、公共の土地や他人の敷地に埋めることはできません。公園や山などに埋葬した場合、違法行為になります。自宅に埋葬できない、広い土地で眠らせてあげたい、ペットのお気に入りの場所 …