気に入っているのですがさすがに夏は着れないと思います。 もしかして挑発されてる?と思い、 ~500km走行で 少し 中速回転を使う たまに 4000rpm で、タイヤハウス内だけは他と違う塗装がしてあるのをご存知でしょうか? ステンレス ラジエターなどがお買得価格で購入できるモノタロウは取扱商品1,300万点、3,000円以上のご注文で送料無料になる通販サイトです。 また、革だと暖かいと汗をかなりかいてしまうと思います。 会社の社有車のカルディナで 体験してます。 4.とにかくオイルがきれいでないと気が済まないからメチャメチャ短いサイクルで交換し、それが良いと思っている人がいる。 ENEOSに変えてから燃費が向上したように感じております。 劣化したオイルを使用し続ければ 酸化劣化が進み エンジンに悪影響がジワジワ出ます。 300km走行位まで 優しく穏やかに 3000rpm以下 カーショップに行くと「3,000kmで」と言われるし、          パワー           トルク アパートなので洗車も難しく、用品もないので、現状クロスで拭くことくらいしかできません。 これはタイヤからの飛び石などの衝撃からボディーを守る、衝撃吸収性の塗装をしてあります。 No.3です。 さすがに高速での速さはアテンザの方が上だとは思いますが、 私も軽ターボ(しかもATで)に乗ってるときに、(都内の幹線道路で)相当なスポーツタイプ以上でもない限り、それ程の意識をせずにも普通車(NA1、5~2、0Lクラス)をリードして走行する事は難しくありませんでした。しかも、大して燃費を悪化させずに。 毎日乗るバイクなら天気の良い日にフロントフォークなどのインナーチューブなど錆が浮いてくれば困るところ(カウルの陰で見にくい部分)などに注意したりドライブチェーンのメンテナンスをまめにすることで駆動系の寿命が大きく変わります(私は雨の中走ったら次の天気の良い日に時間を出来るだけ作ってドライブチェーンなどのメンテナンスは必ずします(専用のクリーナーとグリス使用して)これが意外と高いけど長く乗れば結果的に安く付きます。 1カ月or1000km点検では、点検のみで 3000~5000km走行か 6か月点検時に 1回目のオイル交換をすれば良いでしょう。 必ずどこかが若干でも当たり擦れます。これが慣らしが必要という由縁です。 ハイオクに関してはメーカーの添加剤特性でエンジンによっては確かに差異が認められます。しかしこれとて看板での判断は出荷油層所の把握が素人には出来ない為に知りえない事、ブランド判断はある意味ナンセンスって事です。 1.カー用品店、ガソリンスタンドなどは売り上げを上げたいがために短い目の交換を勧める。(3000キロ以下が多い) 夏のバイクで注意したいのがオーバーヒートです。オーバーヒートになると加速が鈍くなったり、エンジンからの異音がしたり、最悪はエンジンを壊してしまう事も。ここではバイクのオーバーヒートの原因や症状、対処法について詳しく解説しています。 ラジエターをきれいにする方法や洗剤のようなものなどご存知でしたら教えてください。 この塗装はネッチョリとボディーに塗装されていて、錆の発生率も低いんです。 手入れの仕方を検索したところたくさん出てくるのですが、よくピンときません。 そもそもこのオイルはどのような効果をもたらすのでしょうか?ガスと一緒に回っているという話を聞いたこともありますが、本当にガスを補充することで冷えに貢献するのでしょうか?, 基本的に冷凍機油(オイル)の補充は必要ありません。エアコンではガスと一緒に、サイクル内をオイルが流れています(コンプレッサー内部の潤滑が主な目的)が、ガス漏れなどがない限りオイルが減ることは有りませんし、コンプレッサーに異常がないかかぎり、汚れることもめったに有りません。また、単にエアコンといっても使用するコンプレッサーのタイプ(レシプロ式・ベーンローターリー式・スクロール式など)や冷媒(ガス)の種類によってオイルの種類が異なりますので、適正なオイルを使用しないと圧縮の低下やコンプレッサーの破損にもつながります。ガソリンスタンドでそこまで区別して補充しているかどうか極めて疑問です。 自分は、慣らし運転をし500km 1000km3000kmと オイル交換をしちゃう派ですが。 高速道路を走ったらラジエターに虫が、たくさん付いてしまいました。この虫を取るついでにラジエターもきれいにしようと計画しています。ラジエターをきれいにする方法や洗剤のようなものなどご存知でしたら教えてください。おねがいしま もう少し踏み入った話をしますが、流通している殆どのガソリンは国内精製の何処かしらのメーカー物です。そして安い理由の殆ども購入先を工夫した仕入れ価格の違いによる努力によるものです。 高速道路を走ったらラジエターに 青信号になるやいなやキキキキとタイヤを鳴らして 着こなし方についても教えてください。 ガスの補充については、サイトグラスのあるものではサイトグラスで確認し、泡が見えるようであれば補充の必要がある可能性が大きいです。サイトグラスのない物ではガス量の点検が少々厄介なので、専門家(スタンドには専門家はいないでしょう)に任せたほうが良いでしょう。ガスについても少なくても多すぎても場合冷えが悪くなる原因になります。特に多すぎる場合はごく短時間で破損にいたる場合もあるので要注意ですし、少ない場合でもほとんど冷えないほど、少ない場合はコンプレッサーの焼きつきにつながる場合があります。 最近の夏は、30℃は当たり前、場所によっては35℃以上になる事も珍しくありません。, オーバーヒートを起こした時には、適切な対応をしないとエンジンを壊してしまう事もあるのです。, オーバーヒートとは、エンジンから発生する熱が冷却機能を上回ってしまった事によって起こる、エンジンのトラブルです。, オーバーヒートが起こる原因は、ひとことで言うとエンジンの熱が上がり過ぎてしまう事。, 冒頭でも触れたとおり、最近の猛暑は気温も高く30℃~35℃になる事も珍しくありませんよね。, そのため、オイルが汚れていたり、量が少なくなっている場合には十分にエンジンを冷ますことができないという事です。, 冷却水は、その名の通りエンジンを冷却するための液体ですから、量が減ってしまっていれば冷却性能が発揮できません。, ラジエーターはエンジンの前面についており、走行中に風を取り込んで冷却水を冷ましているという訳です。, ラジエーターが汚れていると、充分に風を取り込むことができず冷却水を冷ます機能が発揮できないという事ですね。, の2種類が主流です。(他に油冷エンジンというものがありますが、油冷のバイクは少ない為、ここでは割愛します。), 空冷エンジンは、その名の通り空気でエンジンを冷ます仕組みです。少しでも放熱できるように、エンジンの周りにフィンがたくさんあるのが特徴です。, 一方、水冷エンジンは冷却水がエンジンの周りを循環する事でエンジンを冷ましています。, 冷却性能としては、空冷エンジンの方が優れていると言われ、一般的には空冷の方がオーバーヒートを起こしやすいと言えるでしょう。, 特に、冷却水の減少や、ラジエーターホースからの冷却水の漏れなどによるオーバーヒートも少なくありません。, 空冷・水冷問わず、暑い時期にはオーバーヒートには気を付ける必要があるという事です。, 昨今の異常な猛暑の時には、アスファルトの上の温度は60~65℃になる事もあるそうです。, そのため夏の渋滞時には、オーバーヒートの症状が出ていないか、エンジンの状態にはいつも以上に気を配る必要があります。, 加速が弱くなる症状は、「熱ダレ」とか「熱でタレる」なんていう言い方をする時もありますね。, ひどい場合には、エンジン内のピストンやシリンダーが変形してしまったり、エンジンに大きなダメージを負って、多大な修理費用が掛かってしまう事もあります。, そのため、「オーバーヒートかな?」と前兆が見られたり、怪しい時には早めの対処が大事と言う訳です。, 水をかける事によって、エンジンが急激に冷えるのですがエンジン(やパーツ)が割れたり破損する事もあります。, 最近の猛暑や渋滞はどうにもなりませんが、それでもオーバーヒートを防ぐための対策はしておきたいものです。, 一般的には、「3000㎞ごと」とか「半年に1度」とか言われていますが、真夏になる前に交換しておくと良いでしょう。, 水冷エンジンの場合には、冷却水の残量チェックやラジエーターの清掃も定期的に行う事が大事です。, ここまでは、日常のメンテナンスでもあります。オーバーヒートに限らずですが、日頃の点検やメンテが大事という事ですね。, エンジンの回転数を上げすぎる(引っ張りすぎる)と、エンジンの発熱量も上がりますので注意しましょう。, また、できるだけ渋滞になりそうなルートを避けたり、いつもより頻繁に休憩を挟んだりする事も地味に大事です。, 具体的には、オイルクーラーや電動ファンの取付け。これらは効果的ですが、費用が掛かるので最終的な手段として考えておくと良いでしょう。, とは言え、せっかくの夏ですからバイクも楽しみたいと言う人も多いのではないでしょうか。, 夏が来たり暑くなるのは仕方が無いので、オーバーヒートには気を付けて楽しい夏を過ごして下さい!, ※本記事は2019年7月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。. 他の方が2輪車の例を出しているように、「軽い・軽量」というのは、それだけで物凄く有利です。 ただ、新車時はカス(?)が出るからマメに、とのことだったので >また、軽ターボ車は実際は1.5L車くらいのパワーがあるのでしょうか? 500km走行超えたら 高速や 自動車専用道路で 少し加速をさせておく まあ5000rpmを少し 私も軽ターボ(しかもATで)に乗ってるときに、(都内の幹線道路で)相当なスポーツタイプ以上でもない限り、それ程の意識をせずにも普通車(NA1、5~2、0Lクラス)をリードして走行する事は難しくありませんでした。しかも、大して燃費を悪化させずに。 ラジエーター(ホンダ用 エンジン、冷却装置)の新品・未使用品・中古品なら、ヤフオク!。ヤフオク!は常時約5,000万点以上の商品数を誇る、誰でもかんたんに売り買いが楽しめるサービスです。圧倒的人気オークションに加え、フリマ出品ですぐ売れる、買える商品もたくさん! 小型車なら    5~8000km毎交換で 長く 快調なエンジンを作り出し 維持できると考えております。, 機械の可動部分は、心円加工しても、組みあわせにより相性が有ります。 ここ数年の車のエンジンには、添加剤が添加されているようで 1000kmでオイル交換はしない!とディーラーは、強く言います。 回答よろしくお願いします。, 今の車の乗り方ですと非常に良い条件で使っておられると思います。 質問1、三社ともこのように書いてあるということは、最初の一ヶ月点検とか1000km走った時点でオイル交換やオイルフィルター交換をすることは全く無意味のことなのでしょうか? そういうときは皆さんどういう風に対処しているのでしょうか? この塗装はネッチョリとボディーに塗装されていて、錆の発生率も低いんです。   新車購入半年後に初めてのオイル交換、1年後にオイル交換とオイルフィルター交換 アクセル半開くらいで追いかけましたが馬鹿らしく感じたのですぐやめました。 新車初の オイル交換で オイルを抜き びっくりしました。 ディーラーに確認したら 曖昧な返事で 他にあれば教えてください。 ラジエターを外したりしないで掃除したいのですが、簡単な方法があったら教えてください。, 前二人に補足 すぐやめたのですが、アクセル半開では差が縮まりませんでした。 発進時に関しては2Lを超える普通車でも、軽のターボ搭載車には敵わないのでしょうか? 流石は高いだけあると感心しているのですが、 必ずどこかが若干でも当たり擦れます。これが慣らしが必要という由縁です。 エレメントは、交換したければ交換しましょう。交換しなくても 目詰まりは大丈夫ですが 精神的に落ち着かない方は、交換です。 プァ~~~ン!という甲高い音とともに発進していきました。 質問2、一ヶ月点検でも交換した方が自動車販売会社の利益にもなると思うのですが、販売会社はそれを勧めないのはなぜなのでしょう? 上着も、炎天でのツーリング以外は皮です。 はじめに書いたターボ係数で計算すると...続きを読む, ENEOSのガソリンは燃費が良いのでしょうか? 先ほど雨に降られてバイクがけっこう濡れてしまいました。