その日、ナルトは任務で猫探しをしていた。 サクラが作戦を練り、サスケのサポートでナルトが猫を捕獲する事に成功した。 「やったってばよ」 猫は前足を枝に引っかけてしまったのか、怪我していた。 その怪我のお陰で素早く移動する事が出来ず、ナルト達は簡単に捕まえる事が出来たの� 最後の止めを刺そうとした時 ガッ 手首を何者かに掴まれ 「そこまでだ!」 やっと見つけ駆けつけたミナト達だった。 「オレの大事な息子を返して貰うよ。 ‚Á‚©‚è—₽‚­‚È‚Á‚Ä‚µ‚Ü‚Á‚½ƒiƒ‹ƒg‚ð‚±‚Ì‚Ü‚Ü‚É‚Í‚Å‚«‚È‚¢B, •à‚«o‚»‚¤‚Æ‚µ‚½‚çAŒ©’m‚ç‚ʏ—‚ª—§‚Á‚Ä‚¢‚½B, EEE‚¶‚á‚È‚¢A‚±‚ê‚©‚çA‚Ç‚¤‚È‚Á‚čs‚­‚©‚ȁH, @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@, ”N‚à‚ÌŠÔ‚æ‚­‚à”²‚¯‚Ê‚¯‚Ɛ¶‚«‚Ä‚¢‚ç‚ê‚é‚à‚Ì‚¾‚ȁB‹ã”ö‚̌ςȂñ‚¼A‚±‚Ì—¢‚É‚Í—v‚ç‚È‚¢‚ñ‚¾B, uŽç‚Á‚Ä‚à‚ç‚Á‚½Šo‚¦‚ª–³‚¢‚¾‚ƁH‚¨‘OA‰½Œ¾‚Á‚Ä‚ñ‚Ì‚©‚í‚©‚Á‚Ä‚ñ‚Ì‚©H. 固まる子供たちと、瞳に光を映さないで微笑むナルト。 それはひどく不気味な静けさをまとっていて、少しでも動けば殺されてしまうのではないかという錯覚に陥ってしまうほどだ。 けれどナルトはそれがなんだか可笑しくなってしまう。大人の時に、この少年に戦争で大変お世話になってい� ナルトの痛みは、こんな生易しいものではない。 けど、心の傷は治らない。 治ったとしても、何かがきっかけでぶり返すこともある。 見事にこの子たちは、ナルトの傷を再生不可能にまで引き裂いてくれた。 "打ち砕かれた心 後編" is episode no. naruto小説(短編)目次 naruto-ナルト小説のページです。 本編1~9 本編10~13 本編14~16 本編17~22 本編23~27 本編28~33 本編34~36 本編37~38 本編39~40 本編41~ ☆目次☆ 1.『兄さんの背中に』 (サスケ視点・シリアス) 2 of the novel series "ナルト暗部設定". 小説情報 ; 一括表示 ... だが彼は迫害を受けており、その心の傷は相当深いものであった。 ナルトの心は真っ二つになる直前であったことに、本人を含めて誰も気づいてはいなかった。 心無い大人のたった一つの言動が引き金になるとも知らず。 崩壊の胎動. おかげで日中は動き出せず、カカシは入院したナルトの様子を見ずじまいになっていた。 忍犬に様子を窺わせてはいたものの、自分の目で確認したいとは考えていた。空き時間ができた時にナルトを思い浮かべたのは当然だった。 つまり最初はカカシも冷静でいたのだ。 遠目に病院のベッドを 里人はどれだけコイツを傷づければ気が済むのだろう。 ナルトはもう人の何十倍も苦しんだ。 もういいんじゃないか? コイツが幸せになっても神様は許してくれるだろ? ナルトはいつから泣かないんだろう。 少なくとも俺は泣いたところを見たことがない。 It includes tags such as "NARUTO", "暗部ナルト" and more. 生まれてきてくれてありがとう〜ナルト誕生日記念小説〜 ... 外は明るく太陽はキラキラ輝いているが、ナルトの心は真っ黒な雲に覆われていた。 ************** サスケとサクラはナルトの誕生日とカカシから聞いていたのでプレゼントを買いに来ていた。 「ねぇ、サスケくん�