> SQLコマンドでCOUNT関数とSUM関数の違いがいまいち理解できない > のですが、すいませんが教えてください。 1 2 3 ---- Count = 3, Sum = 6 Count はデータの個数、Sum はデータの合計です。(^^)/ #よって、Count は、文字データにだって使えます。 sqlでselectする際に、ある項目でGroup byしながら、countしたりsumしたりすることがあります。その際に、カウントもしくは合計するレコードにフィルタ条件をつけたい場合のやり方です。よく、BIなどで利用される構文ですが、慣れるとすごく便利なので、メモしておきます。 結果は、以下のとおりです。 上記テーブルに対してカテゴリ(category)ごとの件数を求めます。 select category,count(category) as cnt from sales group by category; 1行目は、countでcategoryの件数を求めています。 3行目は、group byでcategory単位でまとめています。 結果. まとめ. SQLを書く前に、テーブルの構造や特徴を十分理解してください。 Copyright (C) 2020 ぱーくん plus idea All Rights Reserved. SQL. ¤ç¤¦¡£, ¡Ê¢¨ ¹½À®¤Î¸í¤ê¡¢¹­¹ðÅù¤ÎÉÔŬÀڤʵ­»ö¡¢¥ê¥ó¥¯Àڤ졢Æɤá¤Ê¤¤¥Ú¡¼¥¸¤ÎÊó¹ð¤Ê¤É¡Ë, .RowCount¤ÈCount(*)¤Î°ã¤¤¤Ë¤Ä¤¤¤Æ¶µ¤¨¤Æ¤¯¤À¤µ¤¤. 昔のSQLコードには、count(*)とすべきところを、count(1)と記述していることがあります。 今回はcountの集計関数でdistinctを使用しましたが、sumなどの他の集計関数でも使用することができます。. countやsumに1などを入れている人は 自分が どんなデータが取りたいのか理解できていない ことを意味します。. 試しにdistinctを使用せずに実行した場合を見てみます。 sqlでselectする際に、ある項目でGroup byしながら、countしたりsumしたりすることがあります。, その際に、カウントもしくは合計するレコードにフィルタ条件をつけたい場合のやり方です。, よく、BIなどで利用される構文ですが、慣れるとすごく便利なので、メモしておきます。, 上記のように集計関数の中にCASE文を使用し、カウントしたい条件の時にだけ、その値を評価するようにします。, 上記の場合は、「項目B = 0」のときにだけ、「項目A 」を有効にし、それ以外の場合にNULL(無効)とします。, トランザクションテーブルのレコードの件数をカウントする場合に、ある項目の値によって、カウントする/しないを判断するのに使えます。, 例えば、サイトのアクセスのレコードを集計する際に、ある項目が「1」ならクリック、「2」ならボタン押下などを判断して、そのレコード件数を集計する場合などです。. count、sum、avgなどの集約関数の条件はhavingで指定します。 count(1)と記述しても、実行速度は速くならない. SQLで小計行や合計行を出力して集計するにはGROUP BYの処理でROLLUPを使用します。合計行や小計行を含めて以下のような取得をしたい場合があります。上記出力結果の集計元として、都道府県(prefecture)ごとの売上のテーブル(sales)があるとします。また、都道府県は地方(region)に属す … 重複するデータを1カウントとして集計したい場合はcountの集計関数にdistinctを追加します。. ステム日付をYYYYMMDD形式などの文字列型に変換する, SQL GROUP BYで複数の行を集計して1行で取得する. 初歩的な質問で恐縮なのですが、SQLの書き方です。pythonとsqliteを使っています。 所定の条件で検索した際に、そのレコードと共に、ヒット件数を表示させたいと思っています。 select count(*) from table where age>20;などとすればもちろん件数は分 ShadowsocksRサーバをVPSにインストールする方法(中国の金盾・GFW対策), dockerのイメージ作成が「cgroups: cannot find cgroup mount destination: unknown.」でエラーになる, pluginsインストール済&ユーザ作成済のJenkins用Dockerイメージを作る手順, proxy背後でJenkinsのプラグインをインストールする時のエラーの対処(docker&windows). このように、SQLの関数の引数に*や1を入れないことで、 意図が明確になりトラブルが減る と思います。.