欲を言えば、チュモンの名で表されているヘモス直伝の弓の技を見たかったな・・・ 最後の戦闘なので、名前がある一人一人の武士が殺陣も顔も映って嬉しかったです。ナロでさえカッコよく映ってたのにフクチ将軍が分からなかったのがチョット残念・・・ チュモンが着ていた制服をナロが次の日着ていたときには 本当に腹立たしかったです。 チビ、ブサイク!!!って叫んでいました。 最後まで生きていたのも腹立たしかったです。 見所はやっぱりチュモンのサクセスストーリーですよね。 しかし、すぐに宮中の生活には未来がないと悟り宮殿を立ち去る。 チュモンが助けに入り、テソ王子を救出するのであった。チョルボン…と疑うテソに、いかにもケールだと分かる姿で奇襲をするはずがない。ケールの振りをしてやったと進言するチュモン。調べろと護衛長官(ナロ)に命じるテソ王子。 ヤンジョンはすぐに遼東軍と長安に援軍を求める。, チュモンたちは流民たちを蜂起させ、城の内部から混乱させる策だったが、ヤンジョンは城内の流民たちを盾にしようと考える。, ファン大人に頼るために、ヒョント城内にいたヨンポもヤンジョンの画策を知るが… 今回は、「朱蒙(チュモン)」(67話~69話)のあらすじと感想を紹介していきますね! それでは、一緒に見ていきましょう☆ ⇒朱蒙(チュモン)の相関図・キャスト情報はこちら チュモン、ひと足遅れの帰還!「朱蒙」第37-39話のあらすじと見どころ-GyaO!無料配信中 [2012年04月04日17時26分] 【映画】 しかも、亡骸を引き取らせてもらえないなんて、クムワは冷酷だね。。, ユリとイェソヤを生きたまま送り届けることを条件に、ヨンポとの取引に応じたチュモン。 チュモンが帰ると、すぐにクムワが重臣会議を開催したのは、テソにチュモンに手を出すなという、暗黙のメッセージだったのかもね。, 再会した兄弟同士が心から喜べない事態って、心苦しくなるね…。 チュモンへの想いを断ち切れないソソノに心を痛め、彼のことを諦めるよう伝言するユファだった。, その頃、チュモンはモパルモやイェソヤたちとともに、プヨ宮殿の近くまで帰還していた。 韓国時代劇・韓国歴史ドラマ・韓国ドラマあらすじ 韓国時代劇(歴史ドラマ)・韓国ドラマのあらすじ掲載。イサン(正祖大王)・朱蒙(チュモン)・同伊(トンイ)・善徳女王(ソンドク女王)・王と私・風の国・千秋太后(チョンチュ太后)・武神・大王の夢 ・・・他多数掲載。 最高視聴率52.67%を記録した国民的ドラマ! 彼はそのことが信用しきれず、鉄騎兵を使って確認しようとする。 高句麗の宮殿で、ユリをを見つけ、チュモンの息子のユリであることを知るナロ護衛長官であった。 プヨ国、神女マウリョンが祭壇の前で、プヨの暗雲を取り除いて、チュモンを排除してくれと天に祈ったのだが、突然、風が吹き、雷が鳴り、稲妻が祭壇に落ちるのであった。 涙を流して再会を喜ぶユファ。, しかし、テソの画策に気をつけるよう注意を促される。 上の記事検索でドラマ名を検索すれば、1話~最終話までがサイト画面上に現れますので、検索してお読みください。. 毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡, 今回は、「朱蒙(チュモン)」(37話~39話)のあらすじと感想を紹介していきますね! そのとき、テソの命で偵察にやってきたナロを、ユファは堂々とした態度で追い返す。, 一方、ユファからチュモンの生存とテソの画策を聞いて驚いたクムワは、すぐに重臣会議を開催し、そこへチュモンを出席させる。 今回は、「朱蒙(チュモン)」(37話~39話)のあらすじと感想を紹介していきますね! それでは、一緒に見ていきましょう☆ ⇒朱蒙(チュモン)の相関図・キャスト情報はこちら ソルタクもテソと同じように暴挙を震い、イェソヤを自分の妻にしようとする。 その頃、ファン大人の支援を得ようとヒョント城を訪問するヨンポは、ファン大人の屋敷にユリとイェソヤが軟禁されていることを知る。, その後、チョルボンの各君長を集めたチュモンは、ヒョント郡を攻略する戦争を行うと宣言する。, ヒョント郡を攻略したいチュモンは、チョルボン軍を増強しながら入念に開戦の準備を進めていく。 朱蒙(チュモン)は、2006年5月15日から2007年3月13日まで韓国MBCで放送されたテレビドラマ(時代劇) チュモンに危険が迫っていることを知らせるためにも 受け取った地図で チュモンは流民(るみん)たちを引き連れて出発。クムワは時間稼ぎのために意図的に遠方へ湯治に出かけ、チュモンの監視役だったナロを自分の護衛に付けるように命じる。道中、チュモンから今回の真実を告げられた流民たちは喜びにわくのだった。 それでは、一緒に見ていきましょう☆, 彼は腹心プドゥクプルの助言を得て、サチュルトの勢力と同調しながら勢力が均衡するように考え抜いた、人事改革案を作ろうとする。, その頃、フクチ大将軍やオイたちは配下の兵のことを考え、やむを得ずテソに従い宮殿へ戻ることに。 彼は至急プヨ宮殿にいるテソへ密使を遣わす。, ちょうど宮殿ではソソノとヨンタバルが、クムワに別れの挨拶を告げていた。 少し前まで抗戦していた敵なのに。, とうとうユファがなくなっちゃった…。 こんにちは。 韓国時代劇(韓国歴史ドラマ)・韓国ドラマのあらすじや日本ドラマなどの感想などを掲載しています。 字幕なしで韓国ドラマを見る際の手助けに・・・ また、放映中の韓国時代劇(韓国歴史ドラマ)・韓国ドラマを見過ごしてしまった時など ・・・にお役立てして頂けたらと思います(^^) あらすじは、ネタばれなので内容を知りたくないという方はご注意を!!! ユファはテソの話を盗み聞きした侍女から、チュモンに危機が迫っていると分かり、チュモンに会おうと宮殿を脱出する。, ユリとイェソヤを引き連れて、やっとのことで山中まで逃れるが… その頃テソは クムワ王とチュモンがヨンチョン族の村で会った時に. Copyright(c)MBC, iMBC All Rights Reserved. また、チュモンの生存に希望を持たせてくれた、ヨミウルの存在も大きかったと思う(>_<), そして、「チュモン&ソソノ」、「チュモン&イェソヤ」の関係もどうなっていくんだろう?気になるー! - 検法男女 - 死生決断ロマンス - バッドパパ - 悪い刑事, アイテム - チェックメイト!〜正義の番人〜 - 検法男女2 - ウェルカム2ライフ, 当初全60話の予定だったものを視聴率の高さや反響の大きさ等により延長され全81話となった。, チュモン夫人の苗字が「イェ(禮)」であることは史実では明らかとされているが、名前のソヤはドラマオリジナルである。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=朱蒙_(テレビドラマ)&oldid=78875516. チュモンは流民(るみん)たちを引き連れて出発。クムワは時間稼ぎのために意図的に遠方へ湯治に出かけ、チュモンの監視役だったナロを自分の護衛に付けるように命じる。道中、チュモンから今回の真実を告げられた流民たちは喜びにわくのだった。 ユリと必死に逃げるイェソヤは、漢へ帰る途中のファン大人に見つかる。, 流民だから見逃してほしいという芝居はすぐに見抜かれ、すぐさまヒョント城まで連行される。, クムワと交渉する場所に、刺客を待機させているとは思いも寄らないチュモンは、予定通りチョルボンを出る準備をする。, しかし、そこに偵察任務から戻ったオイとムゴルから、イェソヤとユファがプヨ脱出に失敗して亡くなったと伝えられる。, チュモンは、プヨ宮殿からの逃亡に失敗して、無念の死を遂げた母ユファを川辺で嘆いていた。 また、オイたちはユリとイェソヤの亡骸だけでも見つけたいと思い、プヨからケルへ向かう道をくまなく捜索する。, 一方、プヨ宮殿ではユファの葬儀を始祖山で、王妃と同等の格式をもって行われることになる。, それを知った王妃やヨンポ、テソは反逆者に王妃の格式を与えるのは間違っていると、激しく非難する。, オイと共に密かに極秘で始祖山へ向かうチュモンはクムワに面会し、ユファの遺骸を引き受けたいと申し出る。, しかし、クムワはこれを断固拒否したため、愛を育んでくれた生母に最期の別れを伝えて、チュモンはチョルボンへ引き返す。, 心に深手を負ったチュモンを元気づけようと、ソソノはユファとイェソヤの霊を鎮めようと祭儀を計画する。, ところがその祭儀の最中、一匹の不思議な鳥が舞い降りてくる。 紀元前108年、古朝鮮(コジョソン)は漢により滅亡。ヘモス将軍と扶余(プヨ)の太子クムワは流民(るみん)となった古朝鮮の人々を率いて漢に抵抗した。しかしヘモスは漢軍の槍に倒れてしまい…。, 河伯(ハベク)族のユファ姫に助けられたヘモスは、漢の鉄騎軍から逃れ、商団に拾われる。そこで、河伯族がヘモスを匿(かくま)った罪で鉄騎軍に皆殺しにされた事を知る…。, 漢軍に囚われたヘモスをクムワが救出するが、再び漢軍の弓矢に倒れ、帰らぬ人に。ヘモスの子を身ごもっていたユファは、男児チュモンを出産。そして、20年後…。, 祭儀を欠席した事で、王クムワの怒りを買ったチュモンだったが、テソの取りなしで重罰を逃れる。しかし、テソの真意は、チュモンを翌日からの長旅に連れ出し、山中で命を落すよう仕向ける事だった…。, チュモンからテソとヨンポに命を狙われていると聞いたユファは、チュモンに武芸を習わせる為に、牢獄の看守長のムソンを紹介する。ある日、ムソンに牢獄を見させてもらったチュモンは両目が見えない囚人と出会う…。, 頻繁に宮殿の外へ出かけるチュモンを不審に思うテソは、行き先を明かさないチュモンに対し、自分の稽古の相手をさせ、圧倒的な強さを思い知らせる。チュモンは鉄器工場の親方モパルモに教えを請い、ひとり工場に籠もって強靭な剣を作り始める…。, 宮殿を追放されたチュモンは、テソとヨンポが送り込んだ刺客に襲われる。瀕死のケガで倒れていたチュモンを救ったのはオイ、マリ、ヒョッポだった。三人はチュモンをプヨンのもとに連れて行くが…。, チュモンは囚われの身となったソソノを逃がすが、自分はオイ、マリ、ヒョッポにつかまり殴る蹴るの暴行を受ける。それを見たプヨンはチュモンの命を救う為に、チュモンが扶余(プヨ)の王子であることを明かす…。, 牢獄でヘモスの武術の腕前を見たチュモンは弟子入りを決心。そこへテソとヨンポが兵を率いて襲撃するが、ヘモスの凄まじい強さで撃退し、二人は危機を脱する。しかし、その最中ヘモスとテソは互いに深い傷を負ってしまう…。, 牢獄が襲撃された事件でプドゥクプルとヨミウルを問い詰めたクムワは、ヘモスが20年間投獄され生きていた事を知り、衝撃を受ける。一方、牢獄から脱出したチュモンは、ヘモスと古い小屋に身を潜めるが…。, チュモンはヘモスと共に、小屋で武術の稽古に励む。そんな折、チュモンはマリたちを雇ってもらえるようソソノを訪ねるが、そこでテソと顔を合わせてしまう。チュモンはテソに「命だけは助けてください」と懇願するが…。, 遂に再会を果たしたヘモスとユファ。宮殿へ戻ったユファはクムワに対し恩を感じながらも、余生をヘモスと共に過ごしたいと暇乞いをする。クムワは寂しさを覚えつつも、ヘモスに会いに出発するが…。, クムワに母が病気だと聞かされたチュモンは、看病する為に宮殿へ戻る。そこでクムワは、チュモン、テソ、ヨンポに対して「兄弟三人を競わせ、最も優れた者を世継ぎに選ぶ」と宣言するのだった…。, チュモンは力を蓄え、太子の座を勝ち取る為に、ヨンタバル商団に働き手として雇ってもらう。一方、テソはヤンジョンに、ヨンポはトチに接触し、それぞれ手柄を挙げようと動きだす。, テソが漢との塩の交易を再開させ、水をあけられたチュモンを周りの者たちは歯がゆく思う。しかし、チュモンは「漢に頼らず自由に塩を調達する事こそが、真の問題解決になる」と別の道を模索する。, チュモンはコサン国の塩の話をソソノにする。ソソノは父ヨンタバルを説得し、「扶余(プヨ)への塩の提供は卒本(チョルボン)に不利になる」と反対するサヨンや、ウテの心配を押し切って、自ら商団を率いてコサン国へと旅立つのだった…。, 宿に侵入した賊はチュモンが撃退したが、ソソノは危険を感じ、商団の行首(ヘンス)として撤退を決断。しかし、チュモンは「解決するので2日待ってくれ」とソソノに告げる。, チュモンはペマンに捕らえられる。ソソノはチュモンを救出する為、ペマンにコサン国にあるといわれる塩の山の話を持ちかけ、解放するよう交渉する。, 見事に塩を確保して戻ったチュモン。テソとヨンポは、情けなかったはずの弟に大差をつけられ口惜しくて仕方ない。さらに、チュモンとソソノの仲が急接近した事に焦るテソは、チュモンを超える手柄を立てようと躍起になる。, チュモンはヒョント城での任務を果たし、クムワ王に賞賛される。それを見て焦るテソとヨンポ。ヨンポはトチを通じて、プヨンを救えないチュモンに不満を持つオイを利用するのだった…。, クムワ王は三人の王子を呼び、武芸対決を行わせる。武芸でチュモンに負けるはずは無いと自信満々のテソとヨンポは、弓の対決で矢を次々と的に命中させる。しかし、チュモンは自分の番になると目隠しをして…。, 何者かの放った刺客が神殿を襲撃、危うく逃げ出したヨミウルは山中の洞窟に身を隠す。扶余(プヨ)はヨミウルが姿を消したことで大混乱に陥るが、そんな中、ヨンポを王妃とテソが問い詰めると…。, ヘモスが実の父親である事をヨミウルに聞かされたチュモンは、その事実に打ちのめされ慟哭する。後悔、無念、迷い、クムワへの不信感…。様々な感情でチュモンの心は乱れ、太子の座への意欲も冷めてしまう。, チュモンはオイ、マリ、ヒョッポを連れ扶余(プヨ)を旅立つ。一方扶余では、ヨミウルが神殿を出たため各地で異変が起こり、動揺が走る。そんな中、大臣たちはチュモンが競い合いを降りたので、テソを太子にするようクムワに進言する。, チュモンは鉄騎軍を奇襲作戦と神業的な弓矢で退け、流民(るみん)をヒョント領の外へ逃がすことに成功する。一方、ヤンジョンは娘のヤンソルランとの結婚を条件に、漢の鍛冶職人を扶余(プヨ)へ送ることをテソに承諾するが…。, テソが連れてきた鍛冶職人達は、扶余(プヨ)の剣よりはるかに強度のある剣を作り上げた。クムワはテソの手柄だと褒め称えるが、その陰でモパルモは自分が強度のある剣が作れないことを嘆く。そんな中、宮殿に戻ってきたチュモンだったが…。, テソを皇太子にするのを拒むクムワに激怒する王妃は、四出道(サチュルト)を味方につけ目的を遂げようと企む。一方、ヨンポはチュモンとテソを対立させようとチュモンを懐柔。しかし、チュモンは冷静を装いながらも二人の兄への復讐心を胸に秘めるのだった。, チュモンは、勢力の衰えた真番(チンボン)、臨屯(イムドゥン)を攻めるのは今しかないと、クムワに進言する。そんな中、ソソノは軍商として自分も戦地へ赴くことを決意。さらに、ソソノはテソが連れて来た鍛冶職人たちに注意するようチュモンに警告する。, 四出道(サチュルト)が犬使者(キョンサジャ)の首をはね、派兵を拒否したことで、クムワの真番(チンボン)、臨屯(イムドゥン)攻撃は暗礁に乗り上げた。そんなある日、宮殿の前に大勢の人たちが集まってきた。それは、扶余(プヨ)が漢との戦に臨むと聞きつけ集まった流民(るみん)たちだった。, テソは、チュモンの指揮のもと先方部隊の一兵卒として出征することを条件に、罪を免れる。チュモンは、クムワに目上である兄を従えることはできないと訴えるが、クムワは王の権威を守るためには、チュモンが戦を主導しなければならないと諭す。, チュモン率いる別働隊についてテソから内通を受けたヤンジョンは、楽浪(ナンナン)からの補給部隊を迂回させた。しかしテソの動きを見抜いていたチュモンは補給部隊の位置を正確に予測。奇襲をかけて物資の奪取に成功した。, チュモンはソソノたちを救い出し、扶余(プヨ)宮殿に戻る。そこで、チュモンはテソがヤンジョンと内通していた事、ヨンポがトチと闇取引をしていた事を暴く。そして、兄たちに「今までの事は見逃すが、今度やったら承知しない」と忠告するのだった。, 凧作戦でヤンジョン率いる漢軍を混乱させた扶余(プヨ)軍は、奮闘し見事に漢軍を敗走させる。チュモンは真番(チンボン)太守を仕留めたものの、臨屯(イムドゥン)太守は逃してしまう。少年兵の死に怒るチュモンは、本隊を離れ臨屯太守を追うのだった。, 行方不明となったチュモンと、意識不明のクムワに代わり、テソが国政を担うことになった。テソはナロを護衛総官(ごえいそうかん)に任命し、クムワの忠臣たちを次々に粛清、ヤンソルランとの婚礼も家臣たちに認めさせ、自分の権力の基盤を固めてゆくのだった。, ユファは、テソにより軟禁されてしまう。一方、ヨミウルはクムワを治療する為危険を冒し扶余(プヨ)に戻るが、クムワの意識は戻らず、予断を許さない状態が続く。そんな中、テソはモパルモに、「漢よりも優れた鋼鉄剣を作らなければ殺す」と脅すのだった。, チュモンは、負傷して川に流されているところを、ハンベク族の長イェチョンに救われる。イェチョンの娘、イェソヤの献身的な看病の甲斐ありチュモンは息を吹き返す。扶余(プヨ)に戻るべく、ハンベク族の村で体力を回復させていたチュモンだが…。, 摂政(せっしょう)として扶余(プヨ)の実権を握ったテソは、早速プドゥクプルと人事改革に着手する。その一環として官職から外されたヨンポはテソに抗議するが、テソは耳を貸さない。そんな中、オイ、マリ、ヒョッポは希望のない宮中暮らしに見切りをつける。, オイ、マリ、ヒョッポとモパルモ、ムソン、そしてヤンタクたちは無事チュモンの奪還に成功。チュモンはテソが謀反同然のやりかたでクムワを追いやり、国政を牛耳っているという扶余(プヨ)の現状を知らされ愕然とする。, チュモンは宮殿に忍び込みユファに再会する。ユファは泣いて喜ぶが、テソに用心するようチュモンに警告する。ユファからチュモンが生きていてテソに狙われている事を聞いたクムワは、重臣会議を開きテソや家臣達がいる前でチュモンを温かく迎え入れる。, 拉致されたモパルモが、扶余(プヨ)へ引き渡されるという情報をつかんだチュモン達は、ヨンタバルに兵の動員を要請する。その際、チュモンはソソノと再会。すれ違ってしまった運命に二人は心の中で涙を流す…。, チュモンに長安行きを言い渡すテソだったが、プドゥクプルの「チュモンは目の届くところに置くべき」との忠告を聞き入れ、ヨンポを行かせようとする。危機を脱したかに見えたチュモンだが、王妃がヨンポの長安行きに猛反対するのだった…。, テソは宮殿に戻り、暗殺を企てたヨンポを斬り殺そうとする。王妃が身を挺して止めた為、ヨンポは一命を取り止めるが投獄される。テソはヨンポの命を助けるよう懇願する王妃と、殺すべきだと主張するヤンソルランの間で思い悩む。, チュモンは、ヘモスの首がテソによりヤンジョンに差し出された事を知り、ますますテソへの憎しみを深める。そんな中、テソはチュモンに、扶余(プヨ)にいる流民(るみん)たちを漢へ奴隷として差し出すため、捕らえるよう命じる。, チュモンは流民(るみん)を連れて扶余(プヨ)を脱出する計画を実行しようとする。ところが、マウリョンから三足烏(サンソクカラス)を見たと聞いた王妃が、テソにチュモンを警戒するよう戒める。テソはその忠告に従い、チュモンを流民護送の任務から外すのだが…。, チュモンは流民(るみん)たちを引き連れて出発。クムワは時間稼ぎのために意図的に遠方へ湯治に出かけ、チュモンの監視役だったナロを自分の護衛に付けるように命じる。道中、チュモンから今回の真実を告げられた流民たちは喜びにわくのだった。, タムル軍は、漢の手先と化したハンベク族をモパルモが開発した鋼鉄剣で打ち破る。残されたハンベク族の民は、タムル軍に入り漢に抵抗する事を決意する。チュモンがタムル軍を引き連れて砦に戻ると、そこにはヨミウルの姿があった。, テソは、扶余(プヨ)の精鋭部隊と漢の鉄騎軍を率いてタムル軍の砦を攻撃する。ところが、チュモンの策略にはまり大敗を喫してしまう。そのことをヤンジョンから責められたテソは、チュモンを許すまいと心に決める。, チュモンは流民(るみん)の護送はテソの罠だとヨミウルから教えられ、玄菟(ヒョント)郡の手前で扶余(プヨ)軍と鉄騎軍が分かれたところで奇襲をかけ両軍を全滅させる。激怒したテソは、不本意ながらも王妃の提案通りユファとイェソヤを人質に取る作戦にでる。, オイ、マリ、ヒョッポの三人は、人質として囚われの身となったユファとイェソヤを救出する為に独断で扶余(プヨ)に向かう。一方、扶余ではユファやクムワに対して毅然とした態度を取れないテソに対してヤンソルランが業を煮やしていた。, サヨンは、扶余(プヨ)宮殿への秘密の通路が記されている地図をチュモンに渡す。チュモン達はその地図を使い、ユファとイェソヤの救出計画を練る。その頃、宮殿内では危篤状態のユファをイェソヤが懸命に看病していたのだった。, 漢のチン大人を味方につけ扶余(プヨ)に戻り、テソへの敵愾心(てきがいしん)をあらわにするヨンポ。そんなヨンポを警戒するテソは、ナロに監視を命じる。その頃、ヤンジョンはチャンチョン谷の部族の族長に、鉱山での人手を増やすよう無理な要求を突きつけていた。, 空に出現した、突然の日蝕。チュモンはヨミウルに「古い国が消え、新たな国が立つ兆し」と告げられ、それを動揺するタムル軍や流民(るみん)に話し安心させる。一方、扶余(プヨ)の宮殿内はパニックに陥り、民の間でも不吉だと騒がれ、国中が大混乱となる。, タムル軍の砦にやって来たフクチ大将軍(テジャングン)は、チュモンに、クムワが復位を決意した事を告げ、自分達はタムル軍ではなく四出道(サチュルト)を攻撃するつもりだと伝える。チュモンはフクチ大将軍に、漢軍が扶余(プヨ)を攻めて来た場合、タムル軍がそれを阻止する事を約束する。, タムル軍を解散して扶余(プヨ)へ戻るよう、クムワに勧められたチュモン。悩んだ末に、チュモンは提案を断るつもりだとユファに伝える。一方プドゥクプルは、チュモンが提案を受け入れない場合、暗殺するようフクチ大将軍に密かに指示を出す…。, 牢獄に囚われたチュモン達は脱出計画の実行を決意。一方同じく獄中にいるテソも再起を誓い屈辱に耐えていた。その頃、桂婁(ケル)ではヨンチェリョンが実の兄であるヨンタバルを監禁するという暴挙に出る。, ヨンタバルとソソノは、表向きにはソンヤンとヨンチェリョンの勢力に服従しつつ、密かに傭兵の大軍を養成。この傭兵でソンヤンを襲って、権力を奪還する計画を練る。一方ソンヤンは、玄菟(ヒョント)城でヤンジョンに更なる忠誠を誓うのだった。, ヤンジョンはテソに、衰退の一途を辿る扶余(プヨ)に漢がいつ攻撃を仕掛けてもおかしくないので、今のうちに漢側に寝返るよう説得する。しかし、テソは扶余の王子としての誇りと愛国心ゆえに決然と断るのだった。, チュモンは始祖山(シジョさん)の洞窟で、折ったはずのタムル弓(ゆみ)が元に戻っている事に驚愕する。そこへ現れた巫女(みこ)ピグムソンから、タムル弓は本来古朝鮮(コジョソン)の神器だった事を告げられる。ピグムソンはチュモンに、残る二つの神器も探し出し朝鮮の王になれと言い残して姿を消す。, テソからチュモン暗殺の命を受けたプブンノはタムル軍の野営地に潜入するが、そこで彼が見たのはチュモンに対する真の忠誠心によって固く結ばれたタムル軍の結束力だった。プブンノは畏怖の念から暗殺を断念し、その場を後にするが…。, チュモンは負傷したソソノを救い出し、ソンヤン陣営に向かう漢の援軍に奇襲をかけ、消炭(ソタン)と煙霧炭(ヨンムタン)を使った見事な奇襲作戦で鉄器軍を全滅させた。一方扶余(プヨ)では、タムル軍と桂婁(ケル)が手を組んだという知らせにクムワやテソ、その臣下達は衝撃を受けていた。, 扶世(プヨ)宮殿を脱出したユファとイェソヤは、やっとの思いで卒本(チョルボン)との国境までたどり着く。警備されている国境を通過するため、偶然再会したチョン大人(たいじん)の商団に紛れ込ませてもらう。ところが国境を越えようとしたとき、テソの部下ナロ率いる捜索隊が現れて…。, チュモンは単身ソンヤンの陣営へと乗り込み、沸流(ピリュ)とタムル軍が力を合わせて統一卒本(チョルボン)を建国しようと説得する。チュモンを試したソンヤンは、チュモンの大胆さと情熱に負け、チュモンの傘下に入ることを決意する。同時に椽那(ヨンナ)も同調し、ついに無血で統一卒本が誕生した。, 扶余(プヨ)と漢が同盟を結び、統一卒本(チョルボン)との交易封鎖令を諸国及び諸部族に発した事で、統一卒本は危機に陥る。流民(るみん)が続々と集結するにもかかわらず、穀物の入手経路が断たれて食糧が不足する状況に、ソンヤンをはじめとする君長(くんちょう)達の間では不満が募っていった。, チュモンたちは海賊に兵糧の協力を求めるため国境を突破し、ユウ婁へ向かう。そこで頭目のプウィヨムと接触するが、チュモン本人であるのを信じてもらえず、交渉は難航する。一方、扶余(プヨ)ではチュモン暗殺成功の報を受け、本格的に卒本(チョルボン)攻略に乗り出す。, 桂婁(ケル)に戻ったチュモンの無事を喜ぶソンヤンだったが、チュモンの策略の真相を知らなかった各部族の君長(くんちょう)と共に、独断で扶余(プヨ)と不戦協定を結んでいた。チュモンはそれを逆手にとり、ソンヤンに密約通り、表面上はテソに従うように指示を出す。, 卒本(チョルボン)で疫病が蔓延し、人々を苦しめていた。チュモンは民のため悪天候の中、神に加護を祈るが、無理がたたり倒れてしまう。一方、扶余(プヨ)ではクムワがテソとヨンポに命じ国境付近にある卒本の村を襲撃させる。これに対し卒本に動揺が走るが…。, 卒本(チョルボン)とタムル軍は扶余(プヨ)・漢の連合軍に勝利するが、チュモンは飢えに苦しむ扶余の民の援助を決心する。そしてソソノが交渉役として扶余に赴く。その返答に悩むクムワに、テソはチュモン殺害を進言する。一方、ユファはソソノから抜け道の地図を受け取る。, 亡くなった母ユファと、扶余(プヨ)からの脱出中に死亡したと知らされたイェソヤとユリを思い慟哭するチュモン。扶余ではユファの葬儀が歴代王妃と同様に始祖山(シジョさん)で行われることになった。チュモンはそこに姿を現し、クムワに遺骸を渡すよう要求するが…。, 古朝鮮(コジョソン)の三種の神器を手に入れたチュモンは軍を率い、玄菟(ヒョント)郡を攻撃するべく準備を進める。この動きは扶余(プヨ)と玄菟城に察知される。しかし、クムワはユファの死により自失状態に、そのためテソとプドゥクプルは独断で玄菟郡への援軍派遣を決める。, ヨンポは、イェソヤとユリを返す代わりに玄菟(ヒョント)軍攻撃を撤回するよう、チュモンに取引を持ちかける。イェソヤとユリの安否を確認するため、マリは玄菟城へ行くが、二人は既に脱走した後だった。拘束されそうになるも、何とか卒本(チョルボン)に戻ったマリは、ヨンポの提案は罠だったことをチュモンに報告する。, チュモン率いるタムル軍が玄菟(ヒョント)城を占領。玄菟軍の危機を知ったプドゥクプルは、援軍を送るようクムワに進言するが、クムワは「チュモンの勝利は天の定めだ」と言いこれを退ける。一方、降伏を促すチュモンの書簡に挑発されたヤンジョンとテソは、卒本(チョルボン)攻撃に出る。, チュモンはついに玄菟(ヒョント)郡を陥落。敗戦を喫して扶余(プヨ)に戻ったテソは、憤りのあまり神殿に祀られたユファの位牌を燃やせと命ずる。これを止めようとしたクムワは言い争ううちに吐血し倒れてしまう。一方チュモンは捕虜となった漢の貴族と流民(るみん)との交換を漢にもちかける。, 高句麗(コグリョ)建国の準備が整ったチュモンたち。だがソソノを王にしようとする卒本(チョルボン)勢力と、チュモンを王にと考えるタムル軍側の対立が生まれてしまう。チュモンが内輪もめはやめるよう一喝するが収まらない。そこでヨンダバルはある打開策を提案する。, 成長したユリは病気の母イェソヤに楽をさせようと闇取引きを手伝い、金を稼いでいた。一方、高句麗(コグリョ)は着々と領土を拡大させ、ソソノの息子ピリュとオンジョも国のために貢献していた。そんな中、チュモンから北沃沮(プゴクチョ)へ送る商団を任されたピリュは、襲撃に遭い…。, ユリは高句麗(コグリョ)の商団を襲ったことにより捕まることを恐れ、イェソヤと共に逃亡。この事件を通してイェソヤの生存を知ったチュモンはオイたちに捜させるが、見つからず気を落とす。その頃扶余(プヨ)では、漢のファン大人(たいじん)に同盟を申し込まれたテソがこれを拒否する。それを聞いたクムワは、テソを認め王位を譲るのだった…。, テソの即位式に出席するためチュモンら高句麗(コグリョ)と漢の使節団が扶余(プヨ)の宮殿に集まった。同盟を求める両国の間で迷うテソに、プドゥクプルは扶余に有益な方を選ぶべきと助言、クムワもテソに判断を一任する。そんな中、祝賀記念の武術大会でピリュとユリが対戦することに…。, チュモン一行はチョンム山で刺客に襲われるが、ユリに助けられる。漢による刺客と察したチュモンは扶余(プヨ)に戻り、テソに真相究明を要求。高句麗(コグリョ)と漢のいずれと同盟を結ぶか迷っていたテソは、チュモン暗殺計画の責任追及を逃れるため、仕方なく高句麗と同盟を結ぶ。, ついに父子の対面を果たしたチュモンとユリ。しかし、ユリの父に対するわだかまりは深かった。イェソヤが生きていると知ったチュモンはユリと共に扶余(プヨ)へ向かう。懸命な捜索の末、山中に身を潜めていたイェソヤを発見するが、イェソヤは衰弱の余りその場で意識を失ってしまうのだった。, 漢との決戦前夜に、高句麗(コグリョ)では鍛冶職人の宿舎から出火し鉄器工場も全焼してしまう。宿舎に寝ていたユリも死んだと思い悲嘆するチュモンだったが、ユリは放火した漢の刺客を捕らえてくる。鉄器工場が全焼したため、戦いを前に武器生産ができなくなり、高句麗は危機に直面する。, 国境地帯を巡回中のチュモンを襲おうとしたヨンチェリョン一派をソソノらが阻止。なんと、その一派にはピリュの姿もあった。ソソノはピリュがユリとの太子争いの不安から彼らに加担していたと知り、母としての思いやりが足りなかったことを反省するのだった…。, テソの改心により正式な連合軍となった高句麗(コグリョ)・扶余(プヨ)はついに遼東(りょうとう)軍との決戦に挑む。チュモンの巧みな情報操作で敵を欺き要地であるコヒョン城を攻略。最後はファン太守(たいしゅ)がチュモンの手にかかり、連合軍が圧勝する。そんな中、ソソノはある決意を固めていた。, ©2019 ZheJiang Talent Television & Film Co., Ltd. All Rights Reserved.