>ほしいのです。 どなたかご存じでしたら、ぜひお教え下さい。 エクセルで簡単便利に作るシフト表・勤務表の無料テンプレートです。リストからシフト名を選択するだけで、時間毎や日付毎の人数の集計もできます。保護解除のパスワードはかけていないのでご自由にカスタマイズしてお使いください。           nTarget(j) = nTarget(j + 1) い A B A B A A A ・・・     list(nRn) = nTmp b = Cells(Rows.Count, "B").End(xlUp).Row 'B列最終行取得   nMax = 9 '3で割り切れる数(9~24)。9以外にする場合はここを変更 「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」, マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。, ボクシルとボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト・高効率・最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。, また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。, 記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。. よろしくおねがいします。, AABB ABAB ABBA BAAB BABA BBAA           nTarget(j) = nTarget(j + 1)       For i = 0 To (nMax - 1) マクロでやるならその通りの処理をOpenイベントで実行すればできますし、関数利用でも別に難しいことではありません。 と思われますが、これら94の組み合わせの中から、任意の1つをランダムに表示出来るようにしたい、できればEXCEL(関数またはマクロ)で。 あ A A B B A A B ・・・ ・トマト       If nCount >= 1000 Then エクセルで簡単便利に作るシフト表・勤務表の無料テンプレートです。リストからシフト名を選択するだけで、時間毎や日付毎の人数の集計もできます。保護解除のパスワードはかけていないのでご自由にカスタマイズしてお使いください。 9つを3つずつ・・・は手書きでもなんとかなると思いますが 1~15を5つずつ3グループに重複しないで・・・ 1~12を4つずつ3グループに重複しないで・・・     End If 以下の手順をおためしください。 Private Function fSortTarget(nTarget) B2に1、C2に2と入力し、2つのセルを同時に選択します。そして、そのまま右へオートフィルでコピーします。     Do While nSwap <> 0 上記のようにしてください。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。   nGrCount = (UBound(nTarget) + 1) / 3         MsgBox ("GiveUP!") 【最新】リモートワーク、フレックス制、時短勤務など働き方の多様になる現代に必須のクラウド型勤怠管理システム。ボクシ... 異動の挨拶向け例文 - スピーチとメール | 前職や異動先、社外へ | ボクシルマガジン. http://www.eurus.dti.ne.jp/~yoneyama/Excel/kansu/count.htm#countif のようにすべての回で重複しないようにしたいと思っています。 5_式  [ 佐藤 ][ 76 ][ 250 ]   Dim nTarget()   fChkTarget = True For n = 1 To b '1行からB列最終行まで繰り返し   Dim nCount Aは 早番 としてC1セルまでオートフィルでコピー! バドミントンの対戦表 …           nTarget(j + 1) = nSwap __A__B__C__D シフト管理・シフト表作成に役立つサービスを厳選して紹介。「提出されたシフトがない」「シフトが集まらない」「変更通知... 無料の勤怠管理システム・ソフト9選|トライアルありのクラウド型・アプリまで比較 | ボクシルマガジン. 中途採用の応募が来た場合、メールで日程のやりとりを行うことが多いと思います。その際に送る面接日程案内のメールの書き... 会食のお礼メールが作成できる無料テンプレート | 書き方・注意点 | ボクシルマガジン.         Cells(nRow + 1, i + 2) = nTarget(i)   ReDim nTarget(nMax - 1)     '配列に重複が無いか確認 あともう一歩なのでさらにお聞き出来たら幸いなのですが、、、 Private Function fShuffle(list)   nRow = 1   Dim nDataInt(2), i           nTarget(j + 1) = nSwap     nGroupData(3 * (nRow - 1) + i) = nWork(i) また、シフト表を作成したことがない方でも簡単に作成できるように、記事の後半では書き方について紹介しています!, ボクシルでは、エクセルで必要な箇所を記入するだけで簡単にシフト表が発行できる無料のテンプレートをダウンロードできます。, 5色×4種類のテンプレートの中からお好きなデザインのテンプレートをダウンロードして、以下の記事を参考にシフト表を発行してくださいね。, 一週間の給料合計と勤怠時間が一目でわかります。どの時間帯にだれがいたか視覚的にもわかりやすいので管理が楽になりますね。, 一週間の勤怠時間が一目でわかります。   '対象配列を作成 よろしくおねがい致します。, こんにちは!       For j = (i * nGrCount + 1) To ((i + 1) * nGrCount - 2) Step 2 Private Function fChkTarget(nTarget) As Boolean     nSwap = 1000 Excelの文字列の全通りの組み合わせを出力がしたいのですが、その方法が分かりません。 Excel(エクセル)の勤怠管理表テンプレートを無料でダウンロードできるサイトを厳選して紹介します。使えてはかどる... シフト管理システム・作成ソフト無料&有料 | 複数人でも使えるツールのおすすめは? | ボクシルマガジン. これでできます。 Excelでは関数を使って乱数を生成できます。乱数の範囲を指定したり、発生した乱数を固定することも可能です。また重複しないランダムな数字も関数を組み合わせることでできます。他にもランダムに並び替えたいときに役立つ方法を解説します。 エクセルでランダムにチーム分けをしたいです。 Windows Vista・XP. 基本的なことで恐縮ですが、現在ノートパソコンとモニターを繋いで2つのモニターを見ながら作業をしてます. Cells(x, "C") = Cells(i, "A") & " " & Cells(n, "B") 'C列に結合して転記       '乱数に頼っているので1000回やっても重複なしにならなかったらGiveUp       Next i   Dim nGrCount As Long 数値をB2セル以降に入れています。 チーム1,2,3とありその下のセルに、例えばB2のセルにAE、C2のセルにBDと1つのセルに2名分が入っていますが、Aはひとつのセルに、Eも隣のひとつのセルに入れ別々のセルに入れたいのです。その上でN2セルにどのような式を入れたらうまく集計できるでしょうか? COMBIN(10,2)+COMBIN(8,2)+COMBIN(6,2)+COMBIN(4,2)=94通り http://pc.nikkeibp.co.jp/pc21/tech/excel36/07/index.shtml 本記事ではシフト表について紹介していきますが、勤怠管理システムを使うとより簡単にシフト表が作成できます。こちらもあわせてご参照ください。, 提出の形式も日付もバラバラで管理が何かと面倒なシフト。それをまとめてシフト表を作成するのはさらに手間がかかりますよね。, 本記事ではボクシルが作成したシフト表のテンプレート(ひな形)を紹介します。ワードで簡単に使える、さまざまなデザインのシフト表のフォーマットが無料でダウンロードできるので、ぜひご活用ください。   fSortTarget = nTarget   nDataInt(1) = Int((nData Mod 65536) / 256) 他の方の回答も含めて、そのつもりで回答されていると思いますけれど、何を人手でやるおつもりなのでしょうか?        nWorkOne = nWorkOne + 2 ^ (nTarget(i * nGrCount + j - 1) - 1)   Loop B1セルに      nCount = 0 その他(コンピューター・テクノロジー) 15. 前回VBAを使ってカウンターを作りましたが、それが2017年6月の話。今回はシフトを自動生成する仕組みを作ってみました。何やってんだって話ですよね(笑)カウンターの記事はこちらwww.htmllifehack.xyzシフト自動生成のコード編はこちらwww.htmllifehack.xyz 遊びで作りはじめて … (めんどくさがりすぎですかね?^^;)         End If シフト表(勤怠管理表)は会社などのシフト管理で1つは作成すると思います。シフト表には日付計算、日数計算、書式設定など見た目とは裏腹に複雑なことを行います。様々なエクセル関数を駆使してシフト表を作成することで、エクセル関数を組み合わせて思い通りの結果を表示させることができるようになるでしょう。, 次に日付を入力します。C3のセルに1、D3のセルに2を入力し、D3のセルを選択した状態で右下をAD3のセルまでドラッグします。※解説の都合上、列幅を狭めています。, 次にAE3のセルに「=IF(DAY(DATE($A$3,$A$4,29))=29,29,"")」を入力します。これで設定している年月に29日が存在する場合だけ29日が表示されます。, 次にAF3のセルに「=IF(DAY(DATE($A$3,$A$4,30))=30,30,"")」を入力します。これで設定している年月に30日が存在する場合だけ30日が表示されます。, 次にAG3のセルに「=IF(DAY(DATE($A$3,$A$4,31))=31,31,"")」を入力します。これで設定している年月に31日が存在する場合だけ31日が表示されます。, 次に曜日を入力します。C4のセルに「=TEXT(DATE($A$3,$A$4,C3),"aaa")」を入力します。これで設定している年月と上記で入力した日付に対応する曜日を省略形式で表示します。, 最後にAE4のセルに「=IF(AE3="","",TEXT(DATE($A$3,$A$4,AE3),"aaa"))」を入力し、右下をAG4のセルまでドラッグします。これで29日~31日がそれぞれ存在している場合に曜日が表示されます。, 次に出勤日数を計算する準備をします。AH3のセルに「出勤日数」と入力します。そしてAH5のセルに「=COUNTA(C5:AG5)」を入力します。, 入力したAH5のセルを選択した状態で右下をAH14のセルまでドラッグします。このようになれば成功です。, 次に出勤人数を計算する準備をします。C15のセルに「=COUNTIF(C5:C14,"A")」を入力します。これでシフトが入力されている場合に、勤務体系Aを選択している人数が表示されます。, 続けてC16のセルに「=COUNTIF(C5:C14,"B")」を入力します。これでシフトが入力されている場合に、勤務体系Bを選択している人数が表示されます。, 続けてC17のセルに「=COUNTIF(C5:C14,"C")」を入力します。これでシフトが入力されている場合に、勤務体系Cを選択している人数が表示されます。, 最後に入力したC15~C17のセルを選択した状態で、右下をAG列までドラッグして完了です。, いよいよシフトを入力するのですが、単純にA、B、Cを入力してしまうと表記ゆれが発生する上に入力の手間がかかります。そのためここではリスト機能を使用します。B5のセルを選択して「データの入力規則」ボタンをクリックし、入力値の種類から「リスト」を選択します。, 次に「元の値」の右側にあるボタンを押します。押すとセルを選択できる状態になるので、A20~A22のセルを選択してEnterキーを押して確定します。, するとC5のセルに三角ボタンが表示されてリストからA~Cを選択できるようになります。これを他のセルにも適用させるために、C5のセルを選択してCtrl+Cでコピーします。コピーしたらShiftを押しながらAG15のセルを選択してCtrl+Vでペーストします。, 全てのセルがリストからA~Cを選択できるようになるので、それぞれのシフトを選択して完了です。, なくてもシフト表として機能しますが、練習のためにどの人が一番出勤日数が多いか、または少ないかを抜粋として表示します。A2のセルに「=INDIRECT("A"&MATCH(MAX(AH5:AH14),AH1:AH14,0))&"さんが出勤日数"&MAX(AH5:AH14)&"日で最多、"&INDIRECT("A"&MATCH(MIN(AH5:AH14),AH1:AH14,0))&"さんが出勤日数"&MIN(AH5:AH14)&"日で最小です。"」を入力します。, すると例では「浜崎 正征さんが出勤日数17日で最多、長野 政年さんが出勤日数8日で最小です」と表示されます。, なぜ上記のようになるか順番に説明します。まず「=INDIRECT("A"&MATCH(MAX(AH5:AH14),AH1:AH14,0))」の「INDIRECT()」は文字列からセル参照を返す関数で、例えばA1に「あ」と入力されている状態でB1のセルに「=INDIRECT("A"&1)」と入力すると、B1のセルにも「あ」と表示されます。このように文字列でセルを参照させる際に使用する関数です。, 次に「"A"&」は、Aとその後に続くものを連結するという意味です。例えば後に続くものが1の場合はA1となります。, 次に「MATCH()」は範囲内で項目を選択して相対的な位置を返す関数です。「MATCH(検索値,検索範囲,照合の型)」という指定方法で、例えば「MATCH("apple",A1:A3,0)」と入力するとA1~A3の中でappleが入力されているセルのA1から数えた番号が返されます。最後に0を指定した場合、検索値と等しい最初の値を返します。, 次に「MAX()」は範囲内の最大の数値を返す関数で、指定されているAH5~AH14のセルの最大値である18が返されます。つまり, となります。最小出勤日がMAX()がMIN()になるだけでやり方は同じです。※同じ日数の人が複数いる場合は、1人目しか表示されません。, ここからは線や色を付けて見栄えを調整します。まずA1~AH1のセルを選択して「セルを結合して中央揃え」のボタン、「左揃え」のボタンの順番にクリックします。※解説のために文字サイズがセルの幅を変更しているため、若干表示が異なります。, 次にAH3~AH4、B19~E19、B20~E20、B21~E21、B22~E22のセルをそれぞれ結合します。※「出勤日数」は勤日の間でAlt+Enterを押して改行します。, 次に罫線を付けます。A3~AH13のセルを選択した状態でCtrlを押しながらA19~E22のセルを選択し、罫線のボタンから「格子」を選択します。, そして5行目~17行目のAとBをドラッグして罫線を削除します。削除できたらEscキーを押して削除機能を解除します。, 罫線を引けたら次はセルに色を付けていきます。C3~AH4のセルを選択し、Ctrlを押しながらA19~B19のセルを選択します。そして灰色に塗りつぶします。, 次にA15~B15のセルを選択してオレンジ色、A16~B16のセルを選択して青色、A17~B17のセルを選択して緑色に塗りつぶします。, 次は条件付き書式を使ってセルを塗りつぶします。C5~AG14のセルを選択して「条件付き書式」のボタンを押して「新しいルール」を選択します。, ダイアログボックスが表示されるので「指定の値を含むセルだけを書式設定」「セルの値」「次の値に等しい」を選択して「A」を入力します。入力したら「書式」をクリックします。, さらにダイアログボックスが表示されるので「塗りつぶし」タブでオレンジ色を選択してOKを押し、前のダイアログボックスもOKを押して確定します。, 次に出勤の人数が0の場合にセルが赤色になるように設定します。C15~AG17のセルを選択して「条件付き書式」のボタンを押して「新しいルール」を選択します。ダイアログボックスが表示されるので「指定の値を含むセルだけを書式設定」「セルの値」「次の値に等しい」を選択して「0」を入力します。入力したら「書式」をクリックします。, さらにダイアログボックスが表示されるので「塗りつぶし」タブで赤色を選択してOKを押し、前のダイアログボックスもOKを押して確定します。, このようになれば成功です。最後にA2~AH2のセルを結合させればエクセル関数を活用したシフト表の作成は終了です。お疲れ様でした。, Windows 10やExcelなどで使用できる便利なショートカットを確認できます。, エクセル関数を活用したシフト表の作成方法をご紹介します | ちょっとした時にあると便利なWebブラウザ上で使用できるツール集です。, 「=INDIRECT("A"&MATCH(MAX(AH5:AH14),AH1:AH14,0))」.